アウトドア用品の買取店「買うトドア」とは?

引用:Pixabay

使わなくなったアウトドア用品、どうされていますか?「壊れていないものを捨ててしまうのはもったいない。でもリサイクルショップは近くにないし、ネットに出品するのも面倒くさい」そんなこんなで、押し入れにしまい込まれていませんか?「買うトドア」は、不要になったアウトドア用品を宅配で買い取り、中古販売しているショップです。「買うトドア」の利用方法や評判、また、その他のアウトドア用品買取店についてもご紹介します。
重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

買うトドアとは

 

View this post on Instagram

 

nassy.37さん(@nassy.37)がシェアした投稿


「使わなくなったアウトドア用品を売りたい!でもリサイクルショップは近くにないし、ネットに出品するのも面倒くさい」そんな方には、宅配での買取が便利です。

「買うトドア」とは何か

「買うトドア」は、不要になったアウトドア用品を宅配で買い取り、中古販売しているショップです。ユーザーは、不要になったアウトドア用品をダンボールに詰め、「買うトドア」へ送るだけ!かさ張るアウトドア用品をわざわざ店に持ち込む必要がなく、ネットで購入者を募ったり、購入者と連絡を取り合ったりする手間もありません。自宅にいながら、不用なアウトドア用品を、簡単に整理できます。

「買うトドア」は、「なっぷ」「YAMA HACK」「TSURI HACK」「CAMP HACK」など、アウトドア情報サイトを複数持つ、株式会社スペースキーが運営している買取ショップです。アウトドア用品の価値を知っている、アウトドア用品のプロが査定するので、一般的なリサイクルショップより高額で買い取ってもらえます。ただし実店舗はありませんので、宅配買取専門です。

取り扱いアイテム

「買うトドア」の取り扱いアイテムは、キャンプ用品、登山・トレッキング用品、釣り・フィッシング用品、スノーボード用品です。多少の汚れや、付属品が欠品していても大丈夫。ただし、以下のようなアイテムは買取対象外となります。

買取対象外

・ナイフ・刃物

・クライミング用品

・燃料

・正規品でないもの

・べたつきの激しいもの

・破損の大きいもの

・消耗品以外が欠品しているもの

買うトドア・買取の利用方法

 

View this post on Instagram

 

meiさん(@mei_camp)がシェアした投稿


ここからは、不要になったアウトドア用品を「買うトドア」で買い取ってもらう具体的な利用方法を、5つのステップでご説明します。

1. 査定申込・宅配キットの受け取り

まずは、Webまたは電話で査定の申し込みをして、宅配キットをもらいましょう。宅配キットのダンボールは、3箱まで。大・中・小とフィッシングロッド用の巻きダンボールの中から選べます。ダンボールを自分で用意し、宅配キットが不要な場合は、査定額500円アップ!査定の申し込み時に、宅配業者の集荷を日時指定で依頼することも可能です。

2. 買取申込

次に、買取申込書に名前や振込先などの個人情報と、査定を受けたいアイテムの商品名を記入します。Webでも、手書きでもOKです。買取申込には、運転免許証や健康保険証の写しなどの、本人確認書類が必要となります。

3. 梱包・発送

査定を受けたいアイテムをダンボールに梱包し、発送します。買取岳1,000円以上のアイテムを、5点以上まとめて依頼すると、査定金額が1,000円アップ!まとめて送ると、断然お得です。買取申込の手続きをWebで行わなかった場合は、買取申込書と本人確認書類も一緒に梱包してください。

4. 査定・振込

査定の結果は、メールで送られてきます。査定金額に満足しなければ、買取キャンセルも可能。キャンセルしたアイテムは、無料で返送してくれます。査定金額に満足したら、買取OKの連絡をしましょう。連絡から2営業日前後で、買い取り代金が振り込まれます。

0.事前査定

「買うトドア」では、LINEで事前査定もできます。査定を受けたいアイテムを写真に撮り、メーカー、商品名、購入時期、状態などをコメントで入れるだけ!買取可能か分からなかったり、先に大まかな金額を知りたいときに便利です。

買うトドア・買取の評判

引用:pixabay

「買うトドア」は、中古品の買取業者を比較するサイト「ヒカカク」で、☆4.33pt/5pt(2019年1月16日時点)の高評価を得ています。ヒカカクから、買うトドア利用者の口コミをご紹介しますので、参考にしてください。

『キャンプ道具は大きいし箱がないものも多いため自分で出品して郵送するのは大変…。と思い口コミよかったこちらにお願いしました。わからないことも電話で丁寧に説明してくれました。粗大ゴミに出すのもお金かかるし家にあっても邪魔だしというものを送りましたが無事に買い取って頂き感謝です!』(引用:ヒカカク

『2回目の利用です。前回スピーディーで満足できる金額にしてもらえましたが、今回もよかったです。よくキャンペーンやってるので確認した方がお得だと思います。』
引用:ヒカカク

買うトドアの購入はヤフオクで

引用:Pixabay
「買うトドア」では、ユーザーから買い取った中古のアウトドア用品を、ヤフオクで販売しています。ヤフオクでは2019年1月16日現在、99.2%のユーザーが買うトドアを「非常に良い」または「良い」と評価しています。

『商品無事受け取りました。迅速丁寧な対応で好感が持て、安心して取引きさせていただきました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。ありがとうございました。』(引用:買うトドア ヤフオク店

『本日試し張りしてきました!欲しかったものが予定より安く買えてとても満足しています!またよろしくおねがいします!』(引用:買うトドア ヤフオク店

要らなくなったアウトドア用品を売る方法

引用:Mountain City

不要になったアウトドア用品を売却する方法には、以下のような3つのパターンがあります。

・オークションやフリマアプリに出品する

・一般的なリサイクルショップに持ち込む

・アウトドア専門の宅配買取業者に依頼する

それぞれの方法にメリットとデメリットがありますので、最も自分に合う方法を検討しましょう。

ネットに出品

オークションやフリマアプリなどに出品するという方法があります。

メリット

購入者と直接やり取りするので、売却額が高額になります。モノによっては、購入時以上の高額になることも。

デメリット

出品や購入希望者とのやり取りが面倒。購入者のクレームにも、自分で対応しなければなりません。

リサイクルショップ

一般的なリサイクルショップに、直接持ち込む方法があります。

メリット

売却に持ち込むと、その場で現金化できます。

デメリット

査定は一般的なブランド品や家具と同様に評価されるので、アウトドア用品の機能的な価値や希少価値はあまり考慮されません。買取額が低くなりがちです。

アウトドア用品専門買取店

アウトドア用品専門の買取店に依頼する方法があります。実店舗は少ないので、宅配で依頼するケースが多いです。

メリット

アウトドア用品の専門家が査定するので、使用状態や市場価値に照らして、適正な価格で売却できます。宅配業者が自宅まで取りに来てくれるうえ、面倒な手間もありません。

デメリット

手間がない分、自分でネットに出品するよりは、売却額は低くなります。査定依頼から振込までに数日かかります。

その他の中古アウトドア用品取扱店

引用:Mountain City

アウトドア用品の買取店は、「買うトドア」以外にもたくさんあるので、その中から3社ご紹介します。

マウンテンシティ

当サイトを運営するマウンテンシティでも、アウトドア用品の買取・販売を行っています。取り扱いアイテムは、登山用品、キャンプ用品、釣り具です。埼玉と福岡に実店舗が3店舗あり、アウトドア用品の知識豊富な専門スタッフが常駐。店頭買取、宅配買取、出張買取と、3種類の買取方法から選択できます。

マウンテンシティの買取はこちら

A-SPORTS

アウトドア用品以外のスポーツ用品も取り扱っている買取店です。名古屋に実店舗を持ち、店頭買取、宅配買取、出張買取が選べます。取り扱いアイテムは、登山用品、キャンプ用品、スキー用品、スノーボード用品、野球・ゴルフなどのスポーツ用品です。

A-SPORTSの買取はこちら

マウンガ

アウトドア用品専門の買取店です。JR青梅線御嶽駅と吉祥寺駅のそばに実店舗があり、専門スタッフが常駐しています。取り扱いアイテムは、登山用品、キャンプ用品、クライミング用品、トレイルランニング用品です。店頭買取、宅配買取、出張買取が選べます。

マウンガの買取はこちら

まとめ

引用:Pixabay

「買うトドア」をお得に利用するコツは、以下の2点です。

・ダンボールを自分で用意する→査定金額500円アップ!

・5点以上まとめて買取を依頼する→査定金額1,000円アップ!

他にもさまざま買取店がありますので、比較して、賢く利用しましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。