ヒルバーグのテントは用途に合わせてレーベルで選ぶ!おすすめテント10選

2020.05.27

引用:Amazon

重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

高い耐久性と強度で、過酷な環境でも耐えられるヒルバーグのテント。個性的なデザインが人気で、キャンプ場でも注目を集める憧れのメーカーです。

実際にテントを購入しようと思っても、ラインナップが豊富でどれを選んだらいいのか悩んだことはありませんか?

ヒルバーグのテントは用途に合わせて簡単に選ぶことができます。今回はヒルバーグのテントの選び方と、おすすめのテントを紹介します。ぜひテント選びの参考にしてくださいね!

ヒルバーグとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUYA(@yuya10874)がシェアした投稿

ヒルバーグはボー・ヒルバーグが1971年に設立した、北欧スウェーデンのテントメーカーです。

世界には数多くのテントメーカーがありますが、ヒルバーグのテントはユーザーから高い信頼を得ています。それはヒルバーグがテントの部品ひとつひとつにまでこだわって、厳選した素材を使ったテント作りをしているからです。

まずはヒルバーグ社の誕生について紹介します。

ヒルバーグの歴史

引用:ヒルバーグ公式サイト

ヒルバーグ社を創業する以前、ボー・ヒルバーグは森林管理官をしながら、副業でテントを製造していました。

アウトドアを趣味にしていたボー・ヒルバーグは、インナーを張ってからアウターを被せる一般的なテントの設営方法に不満を持っており、インナーとアウターを同時に張る構想を持っていましたが、形にする技術は持ち合わせていませんでした。

その構想を実現してくれたのは、オーストリアで出会った妻レネーの裁縫技術でした。ヒルバーグのテントは夫婦の共同作業で誕生したのです。今では娘のペトラが最高経営責任者(CEO)に就くなど、家族が一致団結して素晴らしいテントを世に送り出しています。

ヒルバーグのテント最大の特長

 

この投稿をInstagramで見る

 

KJ(@keijiro68)がシェアした投稿

ヒルバーグのテントは気軽に購入できる金額ではありません。しかし安全性はもちろんのこと、耐久性が非常に高く、一度購入すると長く使えるため、結果的にコストパフォーマンスに優れています

ヒルバーグのテントの最大の特長である高い耐久性の秘密は、独自に開発したケルロンという生地にあります。

ケルロン生地

引用:ヒルバーグ公式サイト

ヒルバーグのテントには、リップストップナイロンにシリコンコーティングをしたケルロンという生地が使われています。ケルロンは丈夫なだけでなく、防水性能が高く劣化にも強い生地です。

ケルロンにはいくつかの種類があり、ヒルバーグのテントでは用途にあわせて使い分けています。軽量に特化してつくられたテントに使用されるケルロンの引き裂き強度は、一般的なテントに比べると3~4倍です。特殊な環境でも耐えられるよう、つくられたテントに使用されるケルロンは、7~10倍の引き裂き強度があります。

ヒルバーグのテントの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

むつみ(@mutsumi0428)がシェアした投稿

ヒルバーグがテントに求めているものは強度・信頼性・軽さ・耐久性のバランスです。用途に合わせてたくさんのラインナップの中から、ふさわしいテントを選びます。

例えば軽さを追い求めて、いざというときに強風に負けてしまうテントでは安心して使うことができません。逆にどんな天候にも対応できるテントであったとしても、持ち運びのとき負担になっては困ります。

ヒルバーグのテントは用途にあわせて選びやすいように、独自のレーベルシステムがあります。

レーベルシステムとは

ヒルバーグのテントは四種類のレーベルに分けられています。それぞれのレーベルの特長は以下のとおりです。ヒルバーグのテントを購入するするときには、使用する環境に合わせてレーベルを選択してください。

・ブラックレーベル
ブラックレーベルのテントは、幅広い用途に使用できる汎用性の高いテントです。過酷な環境にも耐えられるようにつくられています。4シーズンに対応していますので、購入するテントに迷ったらブラックレーベルがおすすめです。

・レッドレーベル
レッドレーベルのテントは、強度と重量のバランスを重視してつくられています。ブラックレーベルでは重すぎる。しかし、次に紹介するイエローレーベルでは少し不安があるという方におすすめです。

・イエローレーベル
イエローレーベルのテントは、軽量を最優先に考えて設計されています。アウターが短めにつくられ、通気性が高いので夏場のキャンプには最適です。

・ブルーレーベル
ブルーレーベルは先に紹介した三種類のレーベルとは少し異なります。それぞれが特殊な環境を想定して、専用に設計されたテントです。

アウターの色は三色から選べる

ヒルバーグのテントのアウターは、レッド、サンド、グリーンの三色から選べます。テントの存在を目立たせたい場合はレッド、キャンプなどで使用するのであればサンドかグリーンがおすすめです。

なお、インナーの色はイエローで統一されています。

おすすめのヒルバーグのテント

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUYA(@yuya10874)がシェアした投稿

それではヒルバーグのおすすめテントを、レーベルごとに紹介していきます。

スタイカ ブラックレーベル 2人用

スタイカはエントランスが両側にあり、それぞれに広い前室が設けられています。二人で使用するときに、荷物を別々に置けるので便利です。

また、スタイカはソロキャンプにもおすすめです。両側に設けられた前室の片方には荷物を置き、もう片方を調理スペースとして使ってはいかがでしょうか。

ヒルバーグ HILLBERG Staika スタイカ<br />
ヒルバーグ HILLBERG Staika スタイカ
ヒルバーグ HILLBERG Staika スタイカ 1~2人用 テントとグランドシートは別売となります
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

サイタリス ブラックレーベル 4人用

サイタリスは広いエントランスが特徴的なテントです。一見構造が複雑そうに見えますが、簡単に設営できます。強度重視のブラックレーベルのテントですので、寒さが厳しい冬場の雪中キャンプにもおすすめです。

ヒルバーグ HILLBERG Saitaris サイタリス<br />
ヒルバーグ HILLBERG Saitaris サイタリス
ヒルバーグ HILLBERG Saitaris サイタリス 4人用テント サンド レッド グリーン ベージュ 緑 茶色 赤 テント フットプリントは別売
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ウナ レッドレーベル ソロ用

ウナは軽さも考慮して設計されているレッドレーベルでありながら、ブラックレーベルに近い強度を持っています。ドーム型の形状は積雪や強風にも耐えられますので、縦走登山をされる方におすすめです。

ヒルバーグ HILLBERG Unna ウナ<br />
ヒルバーグ HILLBERG Unna ウナ
ヒルバーグ HILLBERG Unna ウナ ソロ 1人用 テントとグランドシートは別売となります
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ソウロ レッドレーベル ソロ用

ソウロは強度と重量のバランスが良い、ソロ登山におすすめのテントです。自立式テントなので場所を選ばず設営できます。広い前室もおすすめのポイントです。

ヒルバーグ テント Soulo Green<br />
ヒルバーグ テント Soulo Green
北欧スカンジナビアの言葉で「島」の意味を持つこのテントは待望の自立ドーム型ソロテントとなります。従来のアクトやウナより高さと広さを持つ前室と降雪に対し非常に強い特徴を持ち合わせています。 ☆自立ドーム型!積雪に強く設営しやすい! ☆素材には経年劣化が少なく、防水・耐久性に優れたKerion1200! ☆換気能力に優れたデザイン! ■HILLEBERG【ヒルバーグ】ソウロ 1人用テント 【詳細】 ■重量:1700g、収納時2100g ■素材:Kerion1200 ■付属品: アルミポール(9mm) ×3、アルミペグ12 本、 スタッフバッグ、ポールバッグ スペアーポールセクション、ペグバッグ リペアスリーブ 各1 ■ポールホルダー必要数:専用のポールホルダーキット(ソウロ用) をご使用下さい。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

アクト レッドレーベル ソロ用

アクトは身体を休めるというテントの目的を果たすために、最適化された形状のテントです。1.2kgという軽さでありながら、レッドレーベルにラインナップされる強度を持ちます。前室のスペースもしっかり確保されていますので、テント泊をする自転車旅にもおすすめです。

ヒルバーグ テント Akto Sand<br />
ヒルバーグ テント Akto Sand
収納サイズ:52×16.5φcm   室内最大高:90cm   フロア広さ:1.7㎡   前室広さ:0.8㎡   重量:最小重量/1.2kg、総重量/1.6kg   素材:Kerion1200   ポールホルダー必要数:2個(※別売)   付属品: アルミポール( 9φmm)293cm×1本、ペグ( Vペグ)×10本、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ、スペアポールセクション、リペアスリーブ
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ナロ4GT レッドレーベル 4人用

ナロ4GTは広い快適空間が魅力の4シーズンテントです。商品名にGTが付くモデルは前室を広く取っていますので、ファミリーキャンプにもおすすめです。

HILLEBERG ヒルバーグ ナロ4GT グリーン<br />
HILLEBERG ヒルバーグ ナロ4GT グリーン
■ブランド名:HILLEBERG ヒルバーグ  ■商品名:NALLO GT ナロGT ■カラー:グリーン
■サイズ:38φ×53cm ■重量:3.2kg(収納時3.6kg)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

エナン イエローレーベル ソロ用

エナンは先ほど紹介したアクトの軽量版です。本体重量が870gと超軽量でありながらも、高い耐久性と強度が自慢のヒルバーグのテントですので、ソロ登山にも安心してお使いいただけます。

エナン サンド
エナン サンド
アクトの軽量な1ポールのデザインとその象徴的な形状を活かした3シーズン版のテント 室内最大高:95cm フロア広さ:1.7m2 前室広さ:0.8m2 アウターテント生地:20デニールリップストップナイロン アウターテント処理:両面100%シリコン加工(合計3レイヤー) アウターテント重量:40g/m2 アウターテント引裂き強度:min.10kg(ISO13937-4) アウターテント耐水圧:2000mm(ISO 811) アウターテント耐光性:4-5(ISO 105-B02) インナーテント生地:20デニールリップストップナイロン インナーテント処理:耐久性撥水加工(DWR) インナーテント重量:30g/m2 フロアー生地:50デニールナイロン フロアー処理:ポリウレタン2層コート フロアー重量:75g/m2 フロアー耐水圧:5000mm(ISO811) 最小重量:970 総重量:1.2kg 素材:Kerlon 1000
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ルーガン イエローレーベル 2人用

ルーガンは自立式の2人用のテントです。3シーズンに対応しています。インナーテントのドアは全面がメッシュでできているため、通気性がよく夏場のキャンプにおすすめです。

HILLEBERG ヒルバーグ ルーガン 2.0<br />
HILLEBERG ヒルバーグ ルーガン 2.0
■ブランド名:HILLEBERG ヒルバーグ
■商品名:ROGEN2.0 ルーガン2.0
■商品型番:12770194
■重量:最小重量 1.8kg/総重量 2.1kg
■収容人数:2人
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

アルタイUL ブルーレーベル グループテント

アルタイULは遊牧民族の移動式住居を参考にデザインされているため、独特な八角形の形状が印象的なシェルターテントです。サイズも大きく複雑な構造に見えますが、一人で設営できるように設計されているというのは驚きです。大人数でキャンプをする方は、みんなが集まるリビングとして購入されてはいかがでしょうか。

ヒルバーグ アルタイ UL コンプリート GN<br />
ヒルバーグ アルタイ UL コンプリート GN
■HILLEBERG【ヒルバーグ】アルタイ UltraLight シンプルなシングルウォールデザインの軽量大型シェルターテントです。バックカントリーから雪上のベースキャンプまでセンターポールとサイドに8本のポールで設営可能。6人のパーティでの使用が可能です。 ■HILLEBERG【ヒルバーグ】アルタイ UltraLight 【詳細】 ■重量:約3.5Kg/アウターのみ/1.9Kg ■素材:kerlon1200 ■付属品: アルミセンターポール(19.5mm)×1本 アルミサイドポール(13mm)×8本、Yペグ16本、スタッフバック ■HILLEBERG【ヒルバーグ】アルタイ ラインナップ
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

アトラス ブルーレーベル グループテント

アトラスは南極の極寒でも耐えられるように開発された、ヒルバーグ最強のグループテントです。天井に設けられたベンチレーターのおかげで換気性がよく、テント内でバーナーを使って調理をしたり、薪ストーブで身体を温めることもできます。グループ登山ではそれぞれが就寝用のテントを用意して、疲れを癒やすリビングとして使われることの多いテントです。

ヒルバーグ アトラス ベーシック HILLEBERG ATLAS Basic<br />
ヒルバーグ アトラス ベーシック HILLEBERG ATLAS Basic
付属品:アルミポール(φ17mm)768cm×2、668×2、620cm×1、212cm×1(9mm)、ペグ(Yペグ)×20本 アトラス本体 基本重量:10.5kg 収容人数:グループテント 「全てのヒルバーグ製品の寸法、重量、ポールの長さを含むテントのスペックは製品の個体差や製造ロットで多少異なります。このような差異はデザインと製造プロセスの変化、及び材料の自然な変化のために発生します。」
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝙽𝚊𝚐𝚘𝚖𝚒(@mogmog_camp)がシェアした投稿

今回はヒルバーグのテントを紹介しました。ヒルバーグのテントは4種類のレーベルが用意されています。お使いになる用途や使用環境に合わせて、最適なテントを購入してくださいね。

ヒルバーグのテントは決して安くはありません。しかし強度や耐久性、耐用年数を考えると、結果的にはコストパフォーマンスが良いということを理解していただけるのではないでしょうか。

ヒルバーグ以外にも、たくさんのテントメーカーがあります。他のテントメーカーはこちらの記事で詳しく紹介していますので、テント選びの参考にしてくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
ふくろう
機械系のメーカーでエンジニアとして勤務した経歴をもつライター。サラリーマン時代には業務のかたわら趣味の魚釣りに没頭し、社長に「弊社の浜ちゃん」と言わしめるほどの釣り好き。魚釣りから派生してアウトドアに走り、魚の習性を知るために飼い始めた熱帯魚沼にもどっぷり浸かりはじめる。最新情報はTwitterでチェック!

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 世界で難易度が高い山3選|谷川岳、K2(パキスタン)、アンナプルナ(ネパール)
  3. 最強!キャンプにおすすめ タイプ別虫除けグッズ
  4. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】
  5. 発表します。山を買いました!【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#1】

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。