「オトナ女子の山登り」チャンネル、山下舞弓さんが動画投稿を始めたワケとは?

2020.05.14

モデルのお仕事をされながら、YouTubeで登山動画を投稿?そんな噂を聞きつけた編集部。

いったいどんな方が動画を投稿されているのか、気になりませんか。

CM、ドラマ、雑誌…と幅広く活動されている傍らでYouTube、『オトナ女子の山登り』チャンネルを運営されている山下さん。今回はそんな山下さんに登山の魅力やおすすめギア、普段の動画投稿について根掘り葉掘り聞いてみました。

–はじめまして!マウンテンシティ編集部です。いつも山下さんの登山動画に癒されている視聴者のひとりです…(笑)簡単に自己紹介をお願いできますか?

 

はじめまして。YouTube『オトナ女子の山登り』をチャンネル運営をしている山下です。

高校生のときからモデルを始め、TV、CM、ドラマ、企業広告など、幅広いジャンルで仕事をさせていただいています。

名古屋にずっと住んでいたのですが、結婚を機に20年住んだ名古屋を離れ、長野県に移住しました。そこで長野県の自然に触れ、多くの人にこの大自然や山の魅力を感じてもらいたいと思い、Youtubeを始めたんです。

 

–高校生のときからすでにモデルをお仕事としてされていたとは!動画では山下さんの歩き方がとても綺麗だな…とひそかに思っていましたが、今納得しました…!

 

–動画はいつも山下さんご自身が撮影されることが多いんでしょうか。

 

そうですね。ほぼひとりで撮影しています(笑)

じつは「本当にひとりで行っているの?」とか「誰かに撮影してもらっているんじゃないの?」と多くの視聴者さんに聞かれるのですが、動画の企画・撮影・編集まですべて自分で行っています。

構図やカメラアングルに細かいこだわりがあるので、誰かにとってもらうのは申し訳なくて…。Instagramに投稿している写真も、YouTubeのサムネイル写真もほとんどセルフィーで撮影しています。

セルフィーで撮られたお写真

–ここだけの話、ぼくも山下さんの動画を拝見するとき、ほんとにおひとりで…?と思っていました(笑)いつも素敵な登山Vlogを投稿されていますが、動画投稿を開始されたきっかけについて教えていただけますか?

 

とある山の動画がきっかけです。私も「山の魅力を伝えたい」と思い、動画投稿をはじめたんです。

 

–それはどんな動画でしょうか?(とても気になる…)

 

HAPPYDAYZ PRODUCTIONさんの「WONDER MOUNTAINS」(https://happydayz.jp/)という山の動画です。山や自然を紹介した映像がとても美しくて、つい見入ってしまいます…。

この映像がきっかけで「私も山の魅力を伝えたい!」、視聴者さんにも「山に登った気持ちになってもらいたい!」と思うようになったんです。HAPPYDAYZ PRODUCTIONさんのような高度な映像技術は難しいとは思いつつも、衝動に駆られて山の動画を作り始めました。

 

–ぼくもSNS上で見たことがあります、HAPPYDAYZ PRODUCTIONさんの動画…!確かに大自然の迫力ある映像に見入ってしまう山下さんのお気持ち、よく分かります。

 

–『オトナ女子の山登り』チャンネルでは山や自然の映像のみというよりは、山下さんの解説が入っているのが印象的だな…と思うのですが。

 

動画投稿をはじめた当初は、Instagramで1分程度の短い動画を投稿していたんです。

ですが「もっと山の魅力を伝えられれば…」と思うようになってきて。それで自分の言葉で説明しながら動画撮影をするVlogという形に落ち着きました。今後もよりリアルに山登りをしている様子をYouTubeに投稿していきたいですね。

 

–実際の「山登りの様子が映像でわかる」というのは、その山の登山を予定している方やこれから登山を始めたいと思っているユーザーにとっても参考になります。

 

–山下さんのチャンネル、『オトナ女子の山登り』では登山の話題が多いですよね。ご自身が登山を始めたきっかけはどのようなものだったんですか?

登山を始めた当初のお写真(2012年8月)

 

登山を始める1年前(2011年)は、ランニングにハマっていたんです。

ただ、もともと夏バテがひどくて、夏になると体力がガクッと落ちてしまって。冬はマラソンをしていたので、「夏場に体力を落とさずにどう過ごすか」と考えていました。

そんなときランニング仲間から「山の上は夏でもダウンを着るくらい涼しい」ということを聞きまして。それで体力をつけるために、夏場に登山を始めたのがきっかけです。

 

–夏場の体力づくりで、登山に興味を持ち始めた…ということですね。ちなみに最初に登られたのは…?

 

八ヶ岳連峰の赤岳です。今考えると最初に登ったのが赤岳だったのは、無謀だったなと思います(笑)当初の予定では1日目で硫黄岳、大丈夫そうなら次の日に赤岳を目指す、という計画でした。

ただマラソンをしていたおかげか、体調や体力には問題がなく、当日の天候も良かったので、2日目に赤岳に登頂することができました。そのおかげで、今まで見たことのない景色を味わい、初の登山ですっかり山の虜になってしまいましたね。

赤岳で初めて見た景色

–最初の登山で赤岳ですか…!すごい。

 

長野に引っ越してからは、南アルプスや八ヶ岳エリアに登ることが多いですね。ベランダから中央アルプスが眺められるので、休みの日の朝、よく天候を確かめています。

 

–天候がよさそうであれば、山へ?

 

そうですね。Instagramの投稿をみてくださっている方から、私は「晴れ女だ」とよく言われますが、じつは当日の天候で山へ行くかどうか、決めているんですよ。

 

–当日、山へ行くかどうか判断できるなんて、とても羨ましいです。なかでも山下さんのおすすめの山はありますか?

 

やはり南アルプスの仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳です!もう何回も登っている山ですが、行くたびに違う景色が、いつも私を楽しませてくれます。

 

南アルプスの女王、仙丈ヶ岳

 

仙丈ヶ岳では日本1位(富士山)2位(北岳)3位(間ノ岳)の山が同時に見渡せます。晴れていれば山頂へと向かう稜線の景色が最高なんです。また3,000m級の山ですが、そんなにきついルートではないので、比較的登りやすいというのも魅力ですね。

 

南アルプス、甲斐駒ヶ岳

 

甲斐駒ヶ岳は逆に凛々しい佇まいがなんとも美しくて…。私は岩場が好きなので、あのゴツゴツを見るとわくわくしてしまいます。

そして、登山口まで戻ってきて林道バスを持っている間は「こもれび山荘」という山小屋で、手作りスイーツとコーヒー♪

下山後は温泉に入って伊那名物のソースカツ丼やローメンを食べて…

オススメしたいことがありすぎて話題から外れてしまっていますね、すみません(笑)

 

–ありがとうございます(笑)仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳への愛が伝わってきました…!お話を聞いていると、山下さんが登山に感じている魅力は、景色や下山後の楽しみのように思えたのですが。

紅葉の立山

 

それもありますね。ただ私が山に登る大きな理由は、リフレッシュが目的でした。

まだ名古屋に住んでいたとき、いろいろと煮詰まったりモヤモヤが溜まってくると発散するために山に登っていたんです。山に入ると、すごく悩んでいたことがどうでもよくなっちゃって。ポジティブな思考に変わるんですよね。

最近こそモヤモヤを溜めることは少なくなりましたけど(笑)それでも当時の感情がしっかり残っていて、山に登るとすごく前向きな気持ちになれます。

 

–山にひとりで入ると、普段よりもより自分と向き合えるといった感じでしょうか…ぼくもひとり登山が多いので共感です。

 

–1つ、動画を視聴していて気になったことが。山下さんアウトドアギアのチョイスです。かなりのこだわりを感じました…!最近のお気に入りのギアはありますか?

RawLow Mountain Worksのザックで雪山へ

ありがとうございます。私が今一番気に入っているのはRawLow Mountain Worksのザックです。見た目が可愛いですし、機能もすごく良いんですよね。ザックについてはYouTubeで熱く語っているので、ぜひそちらをご覧ください!

 

 

最近購入してこれから使っていくのが楽しみなのは、アトリエブルーボトルのハイカーズパンツ。

速乾性と撥水性に優れていて、多少の雨ならレインパンツを履かなくても弾いてくれるんです。あとストレッチがすごく効いていてストレスフリーなんですよね。これから山で履くのが楽しみです。(アトリエブルーボトルのハイカーズパンツはこちら

 

–いずれもかっこいい…!大手メーカーではなく、どちらもトレンドのガレージブランド(※)ですね。どのように情報収集されて、購入を検討しているんですか?

 

ガレージブランドが集結するOff the Grid(東京)やHANG OUT(愛知)に顔を出して、実際に実物を見ていろいろ話を聞いています。またガレージブランドのコミュニティって横の繋がりが広くて、みんないろいろと情報を教えてくれるんです。

 

–なるほど!実際に店舗やイベントに足を運んで、購入を検討されているのですね。確かに実際に見たり触ったりすることで、ようやく山で使用するイメージが湧いてくる感覚があります。

※ガレージブランドとは、小規模ながら質の高いギアが魅力のブランドのこと

※HANG OUT 愛知県新城市で開催されるトレイルランニング・バックパッキングの展示体験型イベント。2019年は10月に開催され、国内外のアウトドアブランドが集結した。

Off the Grid 東京都町田市で開催されるアウトドア展示会。2019年は4月に開催され、多くのアウトドア好きで賑わった。(2020年の開催は未定)

 

–最後になりますが、今後山下さんがチャレンジしてみたいことはありますか?

 

登ってみたい山はたくさんあります。

北アルプスの剱岳や黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳…南アルプスだと光岳や聖岳にも行ってみたいです。また海外だと台湾の山、フランスのモンブランにも。

現在までに百名山を23座登っているので、いつかは全部行きたいと思っています。せっかく山にアクセスしやすい環境に住んでいるので、その特権を活かしたいですね。

あとは花や野鳥の名前にあまり詳しくないので勉強したいとも考えています。私が詳しくなれば、視聴者さんとも共有できておもしろいかなと。

 

–登りたい山がたくさんあって今後が楽しみですね。花や野鳥に詳しくなれば、山がもっと楽しくなるだろうな、と常々ぼくも感じています!動画でも取り上げていただけるでしょうか?投稿楽しみにしています。

 

***

山の魅力を伝えるためにモデル業の傍ら、登山動画を投稿し続けている山下さん。

その動画には登山の実際、自然の美しさや厳しさが表現され、観ている人に感動を与えています。

ぜひ一度山下さんの運営されているチャンネル、「オトナ女子の山登り」をのぞいてみては?大自然の美しさを感じれば、きっとあなたも山に登りたくなるはずです。

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
りょうた
山が好きで仕事を辞めました。好きなときに山に登れるように、WEBライターという働き方を選択。

Twitterでは「登山やキャンプのお役立ち情報」についてつぶやいています。

夢は「旅をしながら山に登る」こと。好きなものは「山で食べるごはん」。 https://gear-zanmai.com/

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 最強!キャンプにおすすめ タイプ別虫除けグッズ
  3. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】
  4. 世界で難易度が高い山3選|谷川岳、K2(パキスタン)、アンナプルナ(ネパール)
  5. ソロキャンプ女子ねこまるの△そろキャンlife△【#3】〜キャンプ女子に新たな相棒が!? 〜新たなキャンプスタイル❣️猫キャンはじめました♡〜〜

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。