【体験談】上野から1時間半!レストハウス水郷で持ち込みBBQしてみた

2020.01.12

重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

「バーベキューはしたいけど、準備や片付けが億劫…」

こんな風に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者もバーベキューの際には、事前準備に苦労することがしばしばあります…

この記事では、準備と片付けをせずに手軽にバーベキューを楽しめる『レストハウス水郷』をご紹介。

実際にレストハウス水郷で先日バーベキューをしてきましたので、行ってみて感じた良い点・悪い点、持っていくべき物についても解説します。

手軽にバーベキューしたい!と考えている方はこの記事を読んでいただくことで、「レストハウス水郷」に行きたくなるはずです。ぜひ最後まで記事をご覧くださいね。

レストハウス水郷とは?

レストハウス水郷の基本的な情報や、アクセス方法をまとめました。

基本情報

レストハウス水郷の基本情報は以下のとおり。

  • 住所  :茨城県土浦市大岩田622-1
  • 営業時間:11:00〜16:00
  • 定休日 :月曜日 ※祝日にあたるときはその翌日。その他、臨時休業の場合あり。
  • 駐車場 :あり(無料)

土浦市公式ホームページより引用

茨城県土浦市の霞ケ浦総合公園内にあります。

今回ご紹介するのはバーベキュー場ですが、レストランも営業しています。

アクセス

最寄駅はJR常磐線土浦駅。JR上野駅から快速に乗って約1時間かかります。

ただし駅からは約3kmあるので、歩いて行くには遠いです。駅からバスを利用する場合は、大岩田二区というバス停で下車します。

高速道路を利用するのであれば、常磐自動車道の桜土浦インターチェンジからがアクセスしやすいです。

土浦市公式ホームページの交通案内ページにアクセス方法が詳しく載っているので、合わせてご覧ください。


【体験談】レストハウス水郷で持ち込みBBQしてみた

レストハウス水郷について調べているうちに行きたくなってきたので、実際に持ち込みバーベキューを体験することにしました!

日にちは2019年12月14日(土)。
人数は僕を含めて2人です。

予約からバーベキュー終了までの流れを時系列でご紹介します!

プランを決める

レストハウス水郷のバーベキューには、

  • 食材持ち込みプラン:バーベキュー炉を利用
  • 手ぶらでバーベキュープラン:バーベキュー炉を利用 + 食材1人前の準備 (食材の持ち込
  • みも可能)

の2種類のプランがあります。

今回は手軽に体験するために、手ぶらでバーベキュープランに決定しました。

電話で予約

レストハウス水郷でバーベキューをするには、事前に電話で予約する必要があります。

バーベキュー予定日の5日前に電話して、無事予約完了!

※スタッフの方によると3月からお客さんが増え始めて、週末はいっぱいになることもあるそうです。なるべく早めに予約しましょう!

※キャンセル料は一週間前から発生します(悪天候の日を除く)

持ち込み用の食材を準備するために買い出しへ

僕は茨城県に住んでいるので、車でレストハウス水郷のある霞ケ浦総合公園へ向かいます。

と、その前に持ち込み用の食材の買い出しへ!

途中に立ち寄ったスーパーで、

  • ソーセージ
  • マシュマロ
  • 飲み物

を購入。

準備されている食材の量がたくさんあり、制限時間(2時間)がギリギリになると聞いていたので買った量は控えめ。

ちなみに土浦駅の近くで買い出しするのであれば、土浦駅西口のスーパー『カスミ』がおすすめです。

BBQ前に公園内を散策

霞ケ浦総合公園に着いたのは11時20分。

予約した12時までは公園内をぶらぶらして時間を潰すことに。

週末 + 快晴 ということもあり、家族連れで賑わっています!

12月の半ばですが寒さはあまり感じません。

やけに人が多いなと思ったら、ポケモンGOをしている人がたくさんいました…。

大きな広場にはアスレチックやテニスコートもありました。


『霞ケ浦総合公園』はその名の通り、茨城県を代表する自然スポット、『霞ケ浦(かすみがうら)』に隣接しています。

霞ケ浦は、琵琶湖に次いで日本で2番目に大きな湖。

この時期は静かな湖畔ですが、7月〜10月には観光船やウインドサーフィンで賑わいます。

対岸が見えないので、海と言われたら信じてしまうぐらいの大きさ!

近くにある温浴施設『霞浦の湯』では、温泉に浸かりながら霞ケ浦の雄大な景色を望めます。


公園内には、霞ケ浦沿いを歩けるウォーキングコースがあります。

そこを歩いていると突如ヘリコプターが登場!

こんな間近で飛んでいるヘリコプターを見たことがなかったのでびっくり!

近くの人に聞いてみると、ヘリコプターに乗れるイベントをおこなっているんだとか。

親子で乗って楽しんでいる方も見受けられました。

上空からは霞ケ浦以外にも、茨城県を代表する名山『筑波山』もよく見えるそうです。

10分早くBBQ開始!火起こし済みですぐに始められる

気がつくといい時間になってきました。

レストハウス水郷に向かいます。

予約時間より10分早いですが受付へ。

2人分の料金、

  • 食材代 1,000円 × 2
  • 炉代 3,000円

を支払いました。

2人だと1人当たり2,500円ですが、3人なら2,000円、5人なら1,600円と人数が増えるほど割安になります!

バーベキュー場には6つの炉があります。

1つの炉で12人ぐらいまで使えるとのことで、2人で使うには贅沢な大きさですね。

僕たちが使う炉には既に炭がセットされていました。

自分で火を起こす必要がないので準備することは何もありません!

炭の量も2人で使うには十分すぎる量です。
(炭が足りなくなった場合は、料金を払えば追加してもらえます)

2人分の食材とBBQ道具もスタンバイ済み。

準備されているのは、

  • 肉(牛肉, 豚肉, 鶏肉), 1人計240グラム
  • ソーセージ
  • 野菜(玉ねぎ, キャベツ, もやし, ピーマン)
  • BBQ道具(網, 鉄板, 焼肉のタレ, 油, 割り箸, 紙皿, トング, ヘラ)

です。

※追加で持って行った方がいいと思った物は、記事の後半でご紹介します

食材代は1人当たり1,000円ですが、牛肉、豚肉、鶏肉と揃っていてすごい!

2時間たっぷり使ってバーベキュー!

早速肉から焼いていきます。

炭火のパワーがかなり強く、食材が焼けるのはあっという間!

(2人だけなので絵的に寂しいですね…)

やっぱ炭火で焼いた肉は最高!

お酒の代わりに持ってきた炭酸水が進みます。

ソーセージも炭火で焼けば、家で焼いたり茹でたりするより美味しくなりますよね。

たまに焦がしたりしつつ、肉と野菜は食べ終わりました。

最後に、持参したマシュマロを焼きます!

マシュマロって焼き加減が難しんですよね…。

絶妙に焼けるとそのまま食べるよりも断然美味しい!

マシュマロ焼きは、バーベキューでしか食べないので特別感があります。

終了時間の数分前に、スタッフの方が来ました。

ゴミをささっと片付けてちょうど2時間で終了です。

※ゴミは持ち帰りましょう!

レストハウス水郷の良い点、悪い点

実際にレストハウス水郷でバーベキューをしてみて感じた、良い点・悪い点をそれぞれ紹介します。

良い点

火起こしをしなくていい

この火起こしと炭火はスタッフの方がしてくれるので、自分では何も準備せずにバーベキューを始められます。

準備だけでなく炭の片付けまでスタッフの方がしてくれました。

12人で使える炉!人数が多いほどお得に

今回は贅沢にも2人で使ったバーベキュー炉ですが、1つの炉の最大使用人数は12人。

バーベキューの料金は炉の台数ごとにかかるので、人数が多いほど1人当たりの料金は少なくなります。

持ち込みプランを12人で使えば、1人500円でバーベキューを楽しめます!

屋根があるので天候を気にしなくていい

アウトドアの天敵の一つである雨。

レストハウス水郷ならバーベキュースペースに屋根があるので、天気を気にしなくてもOK。

しかも、悪天候が理由での予約キャンセルであればキャンセル料は発生しません。

家族で楽しめる施設が公園内にある

今回の記事では紹介できていませんが、レストハウス水郷がある霞ケ浦公園内には、

  • 温泉
  • ネイチャーセンター(魚の展示, バードウォッチング)
  • 植物園
  • 屋外プール(※夏期のみ)

など、様々な施設があります。

他には、春〜秋には季節の花畑、冬にはイルミネーションを楽しめます。

悪い点

最寄駅から距離がある

最寄駅である土浦駅からは、約3kmの距離があります。

荷物が多い場合、歩くのは大変かもしれません。

電車で行くならJR土浦駅から出ているバスに乗って、『大岩田二区』というバス停で下車しましょう。

2時間を越えると追加料金がかかる

制限時間の2時間を越えると、1時間の延長で追加料金が2,000円かかります。

予約状況によっては延長できないこともあるそうなので、時間を気にしたくないのなら繁忙期(夏休み, 連休など)は避けるのが吉。

レストハウス水郷のBBQで準備した方がいい物

持ち込みバーベキュープランをしてみて、準備した方がいいと思った物を解説します。

食材

焼きそば

キャベツやもやしなど、焼きそばにぴったりの野菜が準備してあるものの、肝心の焼きそばはありません。

巨大な鉄板も置いてあるので、豪快に焼きそばも楽しみましょう。

東洋水産 - 焼そば用蒸し麺 1kg
東洋水産 - 焼そば用蒸し麺 1kg
原材料: 麺
焼きそば用
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

準備してある肉は1人計240グラム(牛肉, 豚肉, 鶏肉)です。

部位が分からなくてすみません…。

それでもなかなかの量ですが、さらにスペアリブやブロック肉などがあれば、バーベキューならではの豪快な肉料理を楽しめます!

特選松阪牛専門店やまと - ポーク スペアリブ
特選松阪牛専門店やまと - ポーク スペアリブ
メキシコ産
約450~530g × 3パック
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
ソーセージ

準備してあるソーセージは1人1本だけ。

ソーセージが嫌いな人はいないはず!

東京のステーキハウスで人気の業務用冷凍生チョリソー
東京のステーキハウスで人気の業務用冷凍生チョリソー
120g × 5パック
冷凍保存
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
マシュマロ

バーベキューの醍醐味!

値段が安いのも嬉しいですね。

エスビーグローバル - ロッキーマウンテンメガマシュマロ340g
エスビーグローバル - ロッキーマウンテンメガマシュマロ340g
内容量: 340g
カロリー: 334kcal/100g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
お酒

バーベキューといえばビール!

自動販売機はありますがソフトドリンクだけです。

アサヒ - スーパードライ 350ml×24本
アサヒ - スーパードライ 350ml×24本
内容量: 350ml×24本
アルコール度数: 5%
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

道具

割り箸・紙皿

それぞれ1つずつ準備されていますが、わいわい楽しんでいて地面に落としちゃった経験はありませんか?

竹製箸 - 竹角丸 100膳
竹製箸 - 竹角丸 100膳
サイズ(約): 箸長20cm
材質: 竹
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
ペーパーウェア - スタンダード紙プレート 100枚入
ペーパーウェア - スタンダード紙プレート 100枚入
サイズ: 幅15×奥行15cm
本体重量: 0.006kg
素材・材質: 紙
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
紙コップ

コップは準備されていません。

飲み物をシェアする場合は持っていきましょう!

中村 - 紙コップ 50個入×2パック
中村 - 紙コップ 50個入×2パック
本体サイズ: 約φ7.3×8cm、底部:約φ5cm
本体重量: 約4g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
竹串

マシュマロを焼くときの必須アイテム!

バーベキュー用フォークを使うのも◎

まるき - 業務用 竹串 約500g
まるき - 業務用 竹串 約500g
サイズ(約): 太さ3mm × 長さ21cm
本体重量(約): 1本1.2g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
キャプテンスタッグ - バーベキュー用 串 35cm 3本組
キャプテンスタッグ - バーベキュー用 串 35cm 3本組
製品サイズ: (約)全長350mm
製品重量: (約)25g(1本)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

レストハウス水郷はBBQ初心者でも楽しめる穴場スポット!

今回の記事では、茨城県土浦市にあるレストハウス水郷のバーベキューについてまとめました。

実際に体験してみて、

  • 火起こしに自信がないけど、バーベキューをしたい人
  • バーベキューを手軽に楽しみたい人
  • 東京近郊の人が多いバーベキュー場が苦手な人

という方におすすめだと感じました。

茨城県というと遠いイメージですが、電車とバスで都心から1時間半ほどで行くことができます。

少しでも気になった方は訪れてみてはいかがでしょうか?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 最強!キャンプにおすすめ タイプ別虫除けグッズ
  3. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】
  4. 世界で難易度が高い山3選|谷川岳、K2(パキスタン)、アンナプルナ(ネパール)
  5. 【キャンプ場での後始末】焚き火を正しく片付ける方法は?オススメの火消し壺も!

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。