スノーピークの限定バーナー入荷しました🔥

2019.07.20

こんにちは、マウンテンシティ小倉店のアソです。

 

先日発売したばかりのスノーピークのHome&Campバーナーいいですよね〜
見た目がなんと言ってもおしゃれ!

どこの店舗でも売り切れの大人気商品のようですね。

タナちゃんねるで早速レビュー動画がUPされているので興味がある方がぜひご覧ください!

↓動画はこちらから↓
使ってみた】スノーピーク❄️話題の最新作おしゃれ卓上ガスコンロ🔥Home&CAMPバーナー【キャンプ道具紹介🏕】

スノーピーク GS-010 リミテッドエディション

スノーピーク ギガパワーWGストーブ

今回入荷した物は限定モデルです。

2001年に販売が開始され、2013年に廃盤となってしまったバーナー。
おそらく2001年にちなんで2001台のみの生産。

プレートにしっかりと刻印がされてあります!

グッドデザイン賞も受賞しています。見た目もかっこいいです!

プレヒートを必要とせず、ポンピングをするだけで点火できます。
最大2500kcalの強火から極小トロ火まで火力調節ができ調理にも適しています。

残念ながら廃盤のため現在では入手困難です。。

商品内容の紹介

今回のセット内容はこの写真をご覧ください。

  1. ストーブ本体
    ポンプユニット
    フューエルボトル
    フューエルホース
    フューエルボトルケース
    ストーブケース
    メンテナンスキット
    取扱説明書
    ステッカーボトル内のガソリンを計測できるフューエルゲージが欠品となっています。

点火

実際に点火を行ってみようと思います。

まずはホワイトガソリンをボトルに給油します。(ボトルの限界線まで)

ポンプをボトルにセット。

バルブが閉まっていることを確認しポンピングをします。(50回ほどが目安)

ポンプのレバーをSTARTにセット。

ストーブ本体の五徳を開く。(ストーブのつまみは閉めておく)

ストーブとボトルをフューエルホースで接続。

ストーブのつまみを最大まで開く。

ストーブにライターを近づけてポンプのバルブを開き点火。

火が青色に安定したらポンプのレバーをSTARTからRUNにします。

あとは追加ポンピングやつまみを操作し火力調整すればOKです。

消化方法

ポンプのバルブを閉める。

ストーブのつまみを最大まで開いて火が消えるまで待つ。

火が消えればストーブのつまみを閉めれば消化完了です。

熱が冷めるまで待ってから収納するようにしましょう!

フューエルホースには燃料が残っていることがあり収納する際はこぼれないよう注意が必要です。

使用感とまとめ

点火だけですが、

プレヒート不要なのはすごくお手軽に感じました。
初めてでも簡単に点火できます。

五徳もしっかりとしており、分離式の強みでもある安定感があります。
調理の幅も広がりそうです!

何と言っても見た目がかっこいい!
刻印プレートが渋いですね。

お値段は少々高いですが、それだけの価値はあると思います。

人と被りたくない方には大変おすすめです!

デメリットとしては、

ポンピングの手間や値段が高いことが挙げられるでしょう。

スノーピークの新作バーナーが出たばかりですが、こちらのバーナーも良くないですか?

店頭にて販売しております。 

¥18,000+税

 

*****************************************

マウンテンシティ小倉店

TEL: 093-600-2733

住所 :福岡県北九州市小倉北区中津口1-11-13 中津口センタービル

定休日:なし

営業時間:11:00~20:00

アクセス:小倉駅より徒歩20分(小倉駅南口)
足立インターより車で3分

その他:クレジットカード可。ICカード決済、PayPay、楽天pay対応しています。

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  2. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  3. 山でむくみが出るのはなぜ?〜むくみの原因・対処法5つのポイント〜
  4. テントを洗おう!砂も虫も一網打尽。洗い方や洗剤は?
  5. 登山靴洗ってみた!|ゴアテックスでもOK?洗い方と保管方法

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。