ビクトリノックスのマルチツールを用途別で紹介!人生の相棒を見つけよう!

2019.09.22

引用:Amazon

重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

アウトドア用品店ではナイフコーナーでよく見かけるマルチツール。

手のひらサイズの小さい個体に様々なツールが詰め込まれているあれです。

「色々なツールがあってもそれぞれの品質は低そう」

と思って、持っていない方は多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな人に向けて、高品質なマルチツールを作っていることで有名な「ビクトリノックス(VICTORINOX)」のマルチツールを紹介します!

ビクトリノックス(VICTORINOX)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

まずは、ビクトリノックスについて解説します!

130年以上前にスイスで誕生!マルチツールの立役者的存在に

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

1884年にビクトリノックスはスイスで生まれました。

創業者のカールは刃物職人だったため、当初はマルチツールではなく刃物を作るブランドでした。

そんなビクトリノックスがスイス軍のために作ったアーミーナイフは高い評価を受け、1897年に国際的に販売され世界に名前を知られるようになりました。

その年以降、マルチツールのラインナップはどんどん充実し、ビクトリノックスの主力製品になります。

そして現在では世界100か国以上にビクトリノックスのアイテムが輸出されています。

時計や香水なども製造している

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

ナイフやマルチツールで知られているビクトリノックスですが、他にも腕時計、香水やバッグなどのアイテムも作っています。

腕時計はマルチツール同様機能性・耐久性にこだわったものばかり。中には130種類の過酷なテストを通過した非常に耐久性の高いシリーズも!

最近ではベルトにパラコード(細いロープ)を使った個性的なものを作ったりもしています。

おしゃれなアイテムが多くギフトにもおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

品質だけでなくデザインにもこだわっているビクトリノックス製品はギフトにもぴったり!

ビクトリノックスでは、「ビクトリノックス・デザインコンテスト」というコンテストを毎年開催しています。デザイン面にも関心が高いことが分かりますね・・・!

そしてギフトに向いている大きな理由の一つは、一部マルチツールの名前入れやハンドルデザインの変更ができる直営店があること。

ネットショップの中では無料で刻印サービスを行なっているものもあります。

マルチツールは、自分では買わないけどもらったら嬉しいアイテムの一つではないでしょうか?

ぜひプレゼントの選択肢に入れてみてください!

マルチツールならビクトリノックスを使うべき3つの理由

最近では様々なメーカーがマルチツールを販売しています。

その中でビクトリノックスが魅力的な理由を説明します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

その1:一生ものになる品質の高さ

ビクトリノックスがマルチツールの中でも世界で長く愛されている理由が高い機能性。

なんと、NASAが宇宙飛行士に持たせるマルチツールはビクトリノックスのものなんだとか!

素材の中でも特に金属にこだわっています。
じつは、ビクトリノックスという名称は、創業者の母親の名前「ビクトリア」と、フランス語でステンレス鋼を意味する「inox」に由来しているんです。

他にも、アルミニウムを特殊加工した「Alox」、独特な波形模様が特徴の「ダマスカス鋼」など、一つ一つの素材が選び抜かれたものです。

その2:製品の種類が豊富

ビクトリノックスの公式ホームページを見ると、マルチツールだけで200種類近くのラインナップがあります!

詳しくは後ほど紹介しますが、日常生活に最適なものからゴルフや狩猟などの特殊な用途に特化したものまで。

同じようなモデルに見えても一つ一つ違いがあるので、きっとニーズに合ったものが見つかるでしょう。

その3:直営店、取扱店が全国にある

現在日本でビクトリノックス正規販売店は全国に340店舗あります。その中で修理に対応しているのは26店舗。

故障したときに持ち込んでその場で対応してもらえるのは安心ですね!

直営店の中には独自のサービスを実施している場所もあるので、既にマルチツールを持っている方も発見があるかも?

マルチツールの持ち運びで気をつけたい3つのポイント

便利なマルチツールですが、携帯する際に注意したいポイントが3つあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victorinox Japanさん(@victorinox_japan)がシェアした投稿

6cmより長い刃物が付いていると銃刀法違反に

マルチツールの中にはナイフが付属しているものが多いですね。

知らず知らずのうちに銃刀法に違反してしまうことがあるのでしょうか?

「銃砲刀剣類所持等取締法第22条」には、

何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。

と定められています。刃渡りが6cmより長いものを持ち運んではいけないということですね。

ビクトリノックスのマルチツールの中にはナイフ部分が6cmを超えるものがあるので要注意です。

護身用などでは正当な理由として認められないため、不必要に携帯することはやめましょう。

刃が6cm以下でも正当な理由がない携帯は軽犯罪法に違反

では、ナイフ部分が6cm以下であれば問題ないのでしょうか?

ここで「軽犯罪法第1条2号」を見てみると、

正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留又は科料に処する

とされています。

「正当な理由」という判断が難しいのですが、アクセサリー感覚などで持ち歩くのは微妙のようです。

いずれにせよ、何らかの理由で必要になるという時以外は携帯しないのが吉ですね。

飛行機の機内へ持ち込めない?

最後に気をつけたいのが飛行機への機内持ち込みについてです。

国土交通省の「機内持込・お預け手荷物における危険物について」というページのリストを見てみると、「ツールナイフ(多機能折りたたみナイフ)」は機内持込不可と書かれています。

その備考欄には、

構成品に機内持込制限品に該当するものが含まれていない場合であっても、一見して脅
威を抱かせる形状をしているため持込不可

と、ナイフが付いていないマルチツールでもダメということが分かります。

預けることは可能ですが手続きに時間がかかってしまいます。
ですので、マルチツールを携帯して飛行機に乗る場合は、時間に余裕を持って搭乗手続きをしましょう。

ビクトリノックス(VICTORINOX)のおすすめのマルチツール

ここからは、ビクトリノックスのおすすめマルチツールを紹介します!

日常・ビジネス用

元々が刃物のブランドということでアウトドア用途のものが多いですが、タウンユースやビジネスで役立つモデルもあります。

USB搭載!新時代の定番モデル『ビクトリノックス@work』
ビクトリノックス - ビクトリノックス@work
ビクトリノックス - ビクトリノックス@work
高さ:18mm
長さ:58mm
重量:34g
機能:8種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ビジネスマンにおすすめなのが、新定番のマルチツールになるかもしれない「ビクトリノックス@work」

他のモデルと違う一番の特徴が、容量16GBのUSBメモリーが付属している点です。USBはバッグに入れておくと見当たらなくなりがちなので、キーリングが付いているこれを使えば安心!

USB以外にも7種類の機能があり、ボールペンやはさみなど、日常使いに適したものばかりです。

緊急時に役立つツールを備えた小型タイプ『スイスカードライト』
ビクトリノックス - スイスカードライト BK
ビクトリノックス - スイスカードライト BK
高さ:4.5mm
長さ:82mm
重量:26g
機能:13種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ビクトリノックスのマルチツールで最も小型なのが「スイスカードライト」です。

財布にも入る小型サイズでありながら、13種類の機能が備わっています。

機能の中にはボールペンやルーペなどの生活で役立つものももちろん、緊急時を想定した小型ナイフやLEDライトもついています。

また、その優れたデザイン性が評価されてデザインにまつわる賞も受賞しているとのこと!

もはや財布も不要!?『マネークリップ AL』
ビクトリノックス - マネークリップ
ビクトリノックス - マネークリップ
高さ:8mm
長さ:74mm
重量:28g
機能:5種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

「マネークリップ AL」は、マルチツールにマネークリップを付けたアイテムで、ビクトリノックスにしては珍しく色はシルバーのみ。

マネークリップ以外には、はさみや爪やすりなどの4機能。

これがあれば財布すらもいらなくなるので、UL思考やミニマリストにぴったりのアイテムかも!?

ネイルケアに特化した『ネイルクリップ 580』
ビクトリノックス - ネイルクリップ 580
ビクトリノックス - ネイルクリップ 580
高さ:17.5mm
長さ:65mm
重量:36g
機能:8種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

女性にもおすすめなのが、ネイルケアに関する機能を詰め込んだ「ネイルクリップ 580」

ネイルケアに必須の爪切りや爪やすり以外に、つまようじなどもあり、マルチに活躍するアイテムです。

カラーが6種類と豊富で、迷彩や花柄といった他のマルチツールでは見られないものも。幅広い層をターゲットにしていることが分かります。

様々な用途に特化したモデル

ここからは、特定の用途に特化しているマルチツールを紹介!

登山、キャンプには『ピクニッカー NL』
ビクトリノックス - ピクニッカー NL
ビクトリノックス - ピクニッカー NL
高さ:16mm
長さ:111mm
重量:105g
機能:11種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

「ピクニッカー」はキャンプやピクニックなどの野外料理で役に立つマルチツール。

ナイフは他のモデルよりも大きいサイズ。
他にも栓抜き、缶切りなど飲食時に活躍する機能が多く備わっています。

持ち運びが簡単なので、ソロキャンパーやツーリングにも相性抜群!

ナイフ部分にはロック機能が付いていて、小さな子供が手にしても安心です。

ワイン好きには『ワインマスター』
ビクトリノックス - ワインマスター ウォールナット
ビクトリノックス - ワインマスター ウォールナット
高さ:17mm
長さ:130mm
重量:117g
機能:6種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ワイン通のために作られた個性的なマルチツール「ワインツール」

特徴的な機能は、

  • コルクが砕けにくいように作られたロングサイズの「コルク栓抜き」
  • フォイルを綺麗に切り取る「フォイルカッター」
  • 硬いチーズもカットする「ナイフ」

など全部で6種類。

持ち手には木が使われていることもあり、ビクトリノックス製マルチツールの中では高めの値段です。

自転車乗りには『バイクツール』
ビクトリノックス - バイクツール
ビクトリノックス - バイクツール
高さ:36mm
長さ:100mm
重量:92g
タイヤレバー, 8インテグレーテッド・ビット付き
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

「バイクツール」は、スポーツ自転車の簡単なメンテナンスに必要な機能が備わったマルチツールです。

パンクした際に必須のタイヤレバーや、8サイズのビットを含むビットレンチなどが付属。
自転車の整備に不要なナイフなどの余計な装備は付いていません。

大掛かりなメンテナンスだと機能的に足りないかもしれませんが、ツーリング中に携帯しておくと安心なアイテムですね。

ゴルフには『ゴルフツール』
ビクトリノックス - ゴルフツール
ビクトリノックス - ゴルフツール
高さ:16.5mm
長さ:91mm
重量:64g
機能:10種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ゴルフでラウンドを回る際に役立つのが「ゴルフツール」です。

ハサミやつまようじなどの機能もありますが、ゴルフに特化したものを挙げると、

  • ラウンド回りに必須の「ボールマーカー」「グリーンフォーク」
  • 硬い地面に穴を空ける「ティーパンチ」
  • ゴルフクラブの溝を綺麗にする「グルーブクリーナー」

があります。

グリーンフォークを使う部分がゴルフボールになっていて、デザインも可愛いですね!

狩猟には『ハンティング Pro Alox』
ビクトリノックス - ハンティング Pro Alox
ビクトリノックス - ハンティング Pro Alox
高さ:16mm
長さ:136mm
重量:186g
機能:4種類
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ハンター向けのハイエンドモデル「ハンティング Pro Alox」は、ナイフがメインのツール。

大きなサイズのナイフは仕留めた獲物の解体や料理に向いています。また、何かの拍子に手から落としても安全なパラコードペンダントが付属。

狩猟用途に止まらず、キャンプ料理で包丁代わりに使うするのも良さそうです!

持ち手部分はハイエンドモデルに使われている加工金属「Alox」を使用。
見た目が綺麗なだけでなく、軽量化や劣化防止に役立っています。

ビクトリノックス(VICTORINOX)のマルチツールと一緒に買いたいイケてるケース

ビクトリノックスが製造しているマルチツール用のケースは、レザー製とナイロン製の二種類があります。

高級感のある『レザーケース』

ビクトリノックス - レザーケース
ビクトリノックス - レザーケース
重量:約30.6g
材質:カーフレザー
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

「レザーケース」の魅力といえば何と言っても男らしい見た目

高級感があるレザーならではの渋いケースですね。

ケースをベルトに装着できるループが付いていて持ち運びも簡単。

複数種類あるレザーケースですが、ベルクロタイプならすぐにマルチツールを取り出すことができます。

コスパに優れた『ナイロンケース』

ビクトリノックス - ナイロンケース
ビクトリノックス - ナイロンケース
重量:約31g
材質:ナイロン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

見た目が安っぽくなりがちなナイロン製の「ナイロンケース」。
ですが、ビクトリノックスのナイロン製品はスタイリッシュで大人っぽいデザインにまとまっています。

レザーに比べて通気性があり、取り回しが優れていることが特徴ですね。

また、ナイロンのモデルの方が値段が少し安くなっています。

このモデルもレザーケースと同じくベルト用ループが付いています。

意外と簡単!マルチツールのお手入れ方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rico Setyawanさん(@classicrock77)がシェアした投稿

最後にマルチツールのメンテナンスについて、簡単に解説します。

汚れを落としてオイルを垂らすだけ!

まずは、マルチツールをぬるま湯につけて、手で汚れを落とします。各ツールの可動部も綺麗になるようにツールを開閉しましょう。

汚れが落ちたらよく乾燥させます。

乾ききったら、ツールの根元にオイルを一滴だけ垂らせば完了です!

ビクトリノックス - マルチツールオイル
ビクトリノックス - マルチツールオイル
高さ:71mm
長さ:21mm
重量:14g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ビクトリノックスはマルチツール専用のオイルを製造しています。

摩耗や腐食への保護効果があるので、長く使うためにはこの専用品を使うのがいいかも?

ナイフなどの刃を研ぐ

ビクトリノックス - デュアルナイフ<br />
・シャープナー
ビクトリノックス - デュアルナイフ
・シャープナー
高さ:18mm
長さ:230mm
重量:40g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

包丁と同じく、マルチツールで使われているナイフは切れ味が悪くなってしまうため、定期的に研ぐ必要があります。

砥石を使う場合は、刃に対して垂直から15度から20度程度の角度で研ぐことがポイント。

ビクトリノックスからは持ち運び簡単な小型の研ぎ器が販売されています。

ビクトリノックスのマルチツールは様々なシーンで活躍!

この記事では、ビクトリノックスのマルチツールについて紹介しました。

品質の高いアイテムばかりなので、一度買えば色々な場面で長く使うことができます。

ぜひお気に入りの一台を見つけて相棒にしましょう!

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  3. スピニングリール30選|シマノ・ダイワなど人気ブランド比較!オススメポイントや選び方を徹底解説
  4. スキーとスノボ、どっちがおすすめ?あなたにぴったりなのはこっち!
  5. 筑波山登山は12月でも可能!冬の登山における注意点は?

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。