ティンバーランド大辞典|人気スニーカー&ブーツ、アウトレット店舗まで大公開!

2017.09.20

引用:pixabay
ティンバーランドというと、ある人はダボダボのラッパー系ファッションを連想し、別の人は90年代風の渋カジファッションを連想するかも知れません。対照的にも思える2つのファションスタイルですが、どちらもティンバーランドのアイテムが一種のアイコンとなっています。2017年現在、若い人にとっては新鮮味を持って受け止められ、新たなブームとなりつつあるティンバーランド。さまざまな角度から見ていきましょう。

歴史と成り立ち

引用:pixabay
ティンバーランドは、アメリカ・マサチューセッツ州のボストンで1952年に設立されたカジュアルブランドです。現在、本社はストラットハムに置かれています。創設者のネイサン・シュヴァルツがボストンで靴屋を開業したのが1918年。今から約100年前です。ネイサン・シュヴァルツは1952年から1955年にかけてアビントン・シュー・カンパニーの株式を取得し、100%子会社化しました。1960年代以降は新しい製靴技術を順次導入し、耐寒・耐熱・防水といった高い機能性を持つブーツを開発して好評を得ました。1973年には世界初の完全防水レザーブーツ「ティンバーランド」を開発し、登山者やハイカーに大人気となりました。この「ティンバーランド」の名前はのちに社名としても採用されることとなります。

現在はファッションアイテムとしての印象が強いティンバーランドですが、元々はブーツを始めとした各製品の品質の高さ、機能性の高さを評価されてきたブランドです。現在でも、ファッション用ブーツ以外にトレッキングや登山に適したモデルも製造しています。また、ブーツ以外のさまざまなシューズ類やシャツなどのアパレル類も展開しています。

日本では2000年にティンバーランドジャパン株式会社が設立されました。合弁会社の設立・社名変更・合併などを経て、2014年からはVFジャパン株式会社となっています。VF傘下のブランドは非常に数多く、ティンバーランド以外にもザ・ノース・フェイスやVANS、Wrangler、Lee、JANSPORTなど日本でも人気の高いブランドも多数含まれます。

定番アイテム

2_2_20170916引用:pixabay
ティンバーランドの定番アイテムといえば、何と言っても「イエローブーツ」です。「#10061」というカラーコードでも呼ばれる黄色系の起毛革ブーツは、誰しもが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。色と素材を意味する「イエローヌバック」と言った場合にも、このティンバーランドの定番モデルを指します。創業時は「ティンバーランド」の名前が冠せられていた名品で、現在でもティンバーランドのフラッグシップモデルです。独特の黄色みがかったカラーとヌバックの質感が印象的で個性を感じさせる一方、意外と幅広いファッションになじませやすいアイテムです。タンクパターンのソールは荒れ地でもしっかり歩けるグリップ力があり、街中ではもちろん、アウトドアなどタフな環境でも履ける一足となっています。

ニューヨークなどのアフリカ系アメリカ人の間で、ヒップホップ系ファッションのアイコンとして定番化したほか、サーフガール系ファッションにも影響を与えました。そのためか、日本でもティンバーランドというと不良っぽいイメージやギャルっぽいイメージで捉えられるケースもあるようです。アメカジの象徴とも言えるアイテムである一方、ロック系のファッションとも相性がよく、ライブハウスなどで見かける機会も多いです。

Timberland(ティンバーランド) TIMBERLAND ICON 6
Timberland(ティンバーランド) TIMBERLAND ICON 6'' Premium Boot
メイン素材: 牛革
表地: 本革/レザー/ラバー
ソール素材または裏地: ラバーソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

イエローブーツ以外の定番モデルといえば、「スリーアイクラシックラグ」です。イエローブーツのカジュアルなイメージと対照的に、クラシックで落ち着いた印象のモカシンシューズです。発売は1978年で、すでに40年近い歴史を持ちますが、デザインのクオリティの高さゆえ古さは感じません。油分を含むワックスドレザーを使用しているため撥水効果もあり、雨の日でも履きやすいのが魅力のひとつです。

また、ややアウトソールがやや厚めなので、さりげなくスタイルアップして見せてくれる効果もあるようです。1980年代末〜1990年代初頭にかけての「渋カジ」流行時に、特にバーガンディーカラーのものが高い人気を集めていたため、一定以上の年代の方にとってはちょっと懐かしいイメージもあるかも知れません。90年代のファッションや音楽、カルチャーが再注目されるなか、若い人には新鮮な印象をもって受け止められています。90年代当時のように、ボタンダウンシャツやチノパンなどと合わせてみるのはもちろん、もうちょっとカジュアルなアイテムとコーディネートしてみるのも面白そうです。

Timberland モカシン Heritage 3-Eye Classic Lug
Timberland モカシン Heritage 3-Eye Classic Lug
メイン素材: 天然皮革
ソール素材または裏地: ラバーソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

使っている有名人

2_10_20170916引用:楽天市場
日本でティンバーランドを愛用している有名人というと、最近ではやはりEXILEのSHOKICHI・AKIRAや三代目J Soul BrothersのELLYが挙げられます。人気曲「24karats」のPVでティンバーランドのブーツにオリジナルのロゴを入れたものを着用していたことからファンの間で注目を集めました。

24karats GOLD SOUL(CD+DVD) Single, CD+DVD
24karats GOLD SOUL(CD+DVD) Single, CD+DVD
ディスク枚数: 2
フォーマット: Single, CD+DVD
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

他にも、m-floなどで活躍するVERBALやDJ DARUMAなどのミュージシャンもInstagramなどでティンバーランドを使ったコーディネートを披露しています。

韓国のアーティストグループ「BIGBANG」のメンバーであり、世界的ファッショニスタとも言われるG-DRAGONもティンバーランドの愛用者として知られています。

映画「恋空」「ALWAYS 三丁目の夕日’64」、人気ドラマ「コード・ブルー」などで活躍する俳優の浅利陽介もブログでティンバーランドを紹介しています。

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-ブルーレイボックス (Blu-ray)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-ブルーレイボックス (Blu-ray)
ディスク枚数: 4
販売元: ポニーキャニオン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

若い世代では、こういったミュージシャンや有名人をきっかけにティンバーランドを知ったという人も多いかも知れませんね。
また、タレントの所ジョージさんはティンバーランドとコラボしたことでも話題になりました。

ティンバーランド Timberland×所 ジョージ ブーツ
ティンバーランド Timberland×所 ジョージ ブーツ
数量限定商品で現在は見つけるのが困難な一品。欲しい方は見つけたら即買い必至です。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

最新動向リサーチ

引用:pixabay
かつてはヒップホップ系・ストリート系のイメージが強く、中高生など10代に圧倒的な人気となったことから、大人からはやや敬遠され気味の感もあったティンバーランドですが、最近はキレイめなファッションに取り入れられることでファン層を拡大しながら、改めて人気が盛り上がってきているようです。

Instagramやファッション系SNSなどで「ティンバーランド」を検索してみると、定番の黄色以外にも、ピンクやグレーなどの個性的なカラーのブーツをコーディネートのポイントとしてうまく使っている人が目を引きます。特にふんわりとしたスカートなどのガーリーで可愛らしいコーディネートにうまく取り入れている女の子をみると、ティンバーランドの新たな魅力を引き出している感じがしてとてもオシャレだなと思います。


引用:Instagram by 6mary21

また、小さなお子さんと親子お揃いでティンバーランドのブーツを履いているのも可愛らしくていいですね。新品でももちろん魅力的なティンバーランドのブーツですが、長い期間大切に手入れしながら愛用したことを伺わせる、味わいを増したブーツを落ち着いた大人のコーディネートに取り入れているダンディな男性も見かけます。年代・性別を問わず、履く人それぞれの魅力を映し出す不思議な力がティンバーランドのブーツにはあるように思います。

品質

引用:pixabay
ファッションアイテムとして、揺るぎないポジションを得ているティンバーランドですが、元々はハイキング用・登山用シューズとしての機能性の高さで評価されてきた歴史があります。アッパーソールの外側にステッチを施し、ラバーソールを貼り付けることで、高い防寒性・防水性を実現したのが1960年。当時としては画期的な高機能ブーツだったと言えましょう。以降も絶えずブラッシュアップを続け、特にヌバック素材の品質の高さ、それに由来する耐久性の高さでは現在でも抜群の存在です。丁寧にメンテナンスを行い、時にはラバーソールを交換しながら、何年も、ときには十年以上も履き続けるファンもいるようです。元々のブーツの品質の高さは言うまでもありませんが、修理などの対応やケア用品の販売、お手入れ方法のアドバイスを直営店のスタッフが親身になって行っている点も、ティンバーランドの大きな魅力のひとつといえます。そういったサポートがあることによって、大切なブーツへの愛着もよりいっそう深まりますよね。

また、ステッチやハトメなどのディテールに深いこだわりが感じられるのもティンバーランドの魅力のひとつです。類似品も多く出回っていますが、ステッチの均一性など細部のクオリティを見ると、やはりティンバーランドの品質の高さは別格という印象を受けます。

ファストファッションが大いに普及した現在、ティンバーランドよりもっと安価で、一見同じようなデザインに見えるブーツも数多く存在することは事実ですが、レザーの品質やディテールのクオリティなどを考えると、ティンバーランドのブーツはむしろコストパフォーマンスの非常に高いアイテムと言えるのではないでしょうか。

メンズ人気アイテム

2_29_20170916引用:pixabay
イエローブーツの定番人気はもはや言うまでもありませんが、他にもティンバーランドにはさまざまな人気アイテムがあります。

メンズに密かな人気なのが、オックスフォードなどのドレスシューズ・ビジネスシューズです。見た目はベーシックでスーツなどに合わせやすそうな印象ですが、履き心地の良さはやはりティンバーランドならでは。撥水性の高いアッパーやクッション性の高いソールで、外回りなどで歩く機会の多いビジネスマンから支持されています。学生時代にカジュアルブーツでティンバーランドを履きなれた男性にとっては特に嬉しいアイテムではないでしょうか。

ティンバーランド ネイプルズトレイル オックスフォード Timberland
ティンバーランド ネイプルズトレイル オックスフォード Timberland
品番:A176O
カラー:ミディアムブラウン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

またシューズ・ブーツ以外にも、デイパックも人気となっています。シンプルな単色のものからカモフラージュ柄などの柄もの、何色かを組合せたちょっとインパクトのあるものまでラインナップも多彩。人とかぶりにくいのも良いですね。色柄が少し派手めでもフォルムはシンプルなので、主張しすぎず、かといってシンプル過ぎず、ほどよいバランス感で、さまざまなカジュアルファッションに合わせやすいのが魅力です。ロゴマークにも用いられている木のモチーフをポケット部分にさりげなくあしらったものも人気が高いモデルのひとつです。また、デイリーに使いやすいサイズで、PCやタブレット端末を持ち運ぶのにとても便利という一面もあります。学生さんなど若い男性にとっては非常に使いやすいアイテムではないかと思います。

ティンバーランド 28L Daypack Timberland
ティンバーランド 28L Daypack Timberland
シェル:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

女性に人気のアイテム

2_6_20170916引用:Amazon
「えっこれがティンバーランド?」と思うようなちょっと個性的なアイテムがオシャレ感度の高い女性たちから人気となっています。男性ですとブーツなどは定番のモデル・定番のカラーを選ぶ傾向が比較的強いですが、女性は個性的なカラーや柄のものも積極的にチャレンジしていく人が特に若い方には多いです。

例えば、総柄のファブリックを使ったブーツ。オールホワイトやオールブラックなどのワントーンコーデにポイントとして使うと、とてもオシャレで目を引きます。デニムパンツなどのカジュアルファッションはもちろん、ロングスカートなど女性らしいアイテムとコーディネートしても素敵ですね。

ティンバーランド ティンバーランド®アイコン ファブリック ブーツ
ティンバーランド ティンバーランド®アイコン ファブリック ブーツ
素材:キャンバス
ワイズ:W(ワイド)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

また、淡いブルーやグリーンなどのペールトーンのブーツを履きこなすのはやはり女性ならでは。アウトドアやアメカジといった既存のティンバーランドのイメージに囚われず、さまざまなテイストのファッションにどんどん取り入れていく姿は見ているだけでも楽しくなります。

ティンバーランド ティンバーランド®アイコン シックスインチ プレミアムブーツ
ティンバーランド ティンバーランド®アイコン シックスインチ プレミアムブーツ
素材:レザー
ワイズ:W(ワイド)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

定番のシックスインチブーツからインスパイアされた、ウェッジソールブーツも気になる存在です。スタイルアップ効果があるのはもちろん、ウェッジソールなので高さのわりに歩いたときには安定感があります。履き口のパッドなど長時間着用した際の疲れにくさへの配慮も嬉しいポイントですよね。女性にとっては「オシャレは我慢」という一面もありますが、ティンバーランドのブーツなら履き心地や歩きやすさにも配慮されているため、安心して自然体で履くことができます。

ティンバーランド アースキーパーズ™ アムストン シックスインチブーツ
ティンバーランド アースキーパーズ™ アムストン シックスインチブーツ
素材:レザー
ヒール高さ:7cm(ウェッジソール)
ワイズ:W(ワイド)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

おすすめコーデ

引用:pixabay
かつてはヒップホップ系の、全体的にゆるくダボダボとしたシルエットのファッションに合わせられることが多かったティンバーランドのブーツですが、これから取り入れるのであれば大人っぽくキレイめなアイテムとのコーディネートがオススメです。

例えば、細身のパンツやシャツ、ジャケットなどのアイテムを用い、カラーもモノトーン系でまとめた落ち着いた印象のスタイルに、さりげなくティンバーランドのブーツを合わせてみると、従来とは違った新鮮な印象になります。合わせるブーツも、定番のイエローヌバック6インチではなくもう少し大人っぽく高級感のあるデザインのものを選んでみると、よりオシャレ上級者と言えるでしょう。

また、スリーアイクラシックラグのような、従来からきれいめファッションのアイコンとなっていたようなアイテムは、反対にキャップやデニムパンツなどのカジュアル要素の強いアイテムとコーディネートすると今っぽく見えるかと思います。渋カジブームの当時を知らない若い人であれば、あえて90年代の渋カジそのままのリバイバルスタイルを楽しんでみるのも面白いかも知れませんね。

女性であれば、特に今年の秋冬はベロアやファーなどリッチな素材感のアイテムや、女性らしい刺繍をポイントとしたものなどが多く出てきています。あるいは、グレーチェック柄のジャケットなどイギリス風のカッチリとしたスタイルもトレンドのひとつです。そういったフェミニンでリッチなスタイルやトラッド感の強いスタイルのハズしとして、ティンバーランドのブーツを取り入れてみるのもオシャレです。

自然保護への取り組み

2_8_20170916引用:pixabay
ティンバーランドは、元々アウトドア向けのシューズを製造していた経緯もあり、自然環境保護への取り組みにも力を入れています。製品の素材には環境へ配慮したものが使われ、その割合は年々増加しています。

例えばブーツの代表的な素材であるレザー(皮革)は、皮革工場を監査する国際団体レザー・ワーキング・グループが「シルバー」または「ゴールド」と評価した工場からのものを調達する、という目標を設定し、その達成のために取り組んでいます。また、身近なところでペットボトルのリサイクルのため分別処理を行っている方も多いと思いますが、ティンバーランドではフットウェアやアパレルにリサイクルPETを使用しています。過去4年間でリサイクルしたペットボトルは1億2800万本にものぼり、捨てればただのゴミになってしまうペットボトルを、これだけ有効活用したというのは高く評価できる点ではないかと思います。他にも、ウェアに使われるダウンやコットン、ウール、リネンといった素材も環境への配慮がされたものを優先的に使用しています。

素材がエコなものであるかどうかは、製品を一見しただけではなかなかわかりにくくもありますが、ラバー素材に関して言えば、靴底を見ればリサイクルラバーを使ったものはひと目でわかります。ティンバーランドのフットウェアのうち、靴底にグリーンの六角形がついているものは、アウトソールがリサイクルラバーを34%含むものとなっています。既にティンバーランドの靴をお持ちの方は、ぜひ靴底を一度チェックしてみてくださいね。

また、ティンバーランドは「環境フットプリント」の軽減にも取り組んでいます。環境フットプリントとは、簡単に言えば、製品の製造にあたっての温暖化ガスの排出量や水の使用量、化学物質の使用量・排出量といったデータを明らかにし、それらがどの程度地球環境に影響を与えているかを「見える化」する取り組みです。こういったデータをとるには手間もかかりますし簡単なことではありませんが、企業としての環境への責任を明確にし、消費者の選択の一助となるよう情報提供することは、これからの時代に求められる企業姿勢のひとつと言えるのではないでしょうか。

ホルチン砂漠への植樹

2_9_20170916引用:pixabay
中国・内モンゴル自治区のホルチンという場所をご存知でしょうか?かつては緑豊かな美しい景観が広がっていましたが、現在では42,300平方キロメートルにも及ぶ広大な砂漠になってしまっています。砂漠化は今も進行中で、1年あたり10,000平方キロメートルというスピードで広がっています。そう言われても遠い国のできごとで、なかなかピンとこないという方も多いかも知れませんが、この砂漠化によって黄砂が発生し、日本などにも飛来していると言えば、身近な問題として感じられるのではないでしょうか。ニュースで映し出された、北京での猛烈な黄砂で人々がマスクを着けて行き交う光景は、皆さんの記憶にも新しいことと思います。

ティンバーランドは、このホルチン砂漠に植樹し緑化するプロジェクトに取り組み、2015年には200万本もの植樹を達成しました。これは黄砂の影響を抑えるだけでなく、地元の生態系の改善や、現地の方々の農地や暮らしを守ることにもつながる活動です。ティンバーランドのサイトにこの緑化の成果を示す写真が掲載されていますが、2004年時点でわずかに枯れ草のようなものが見えるばかりだった場所に2011年には美しい緑の草木が茂っている光景は、とても心を動かされます。

ティンバーランドは、ホルチン砂漠だけでなくハイチやドミニカ共和国など世界各地で植樹プロジェクトを展開しています。こういったグローバルな環境保護活動に取り組むのは、サステナビリティ(持続可能性)に対する強い企業意識があるためです。アウトドア(自然)の保護を始めとして、環境への社会貢献は、企業としての社会的責任であるというのがティンバーランドの考え方です。製品の機能性やファッション性だけでなく、ティンバーランドのこういった真摯な企業姿勢に共感するファンも少なくないはずです。

学生サポーター制度


引用:Instagram by infodenpasar
ティンバーランドには、「学生サポーター」というちょっと珍しい制度があります。企業として取り組んでいるボランティア活動やCSR活動に参加する、登録制アルバイトの形でショップスタッフの仕事をする、新製品PRイベントなどに運営側として参加するなど、普段の学校生活では味わえない貴重な体験ができます。単なるお小遣い稼ぎとしてのアルバイトではなく、企業の社会的責任や働くことの責任ややりがいなどをリアルに感じることで、将来の進路選択にも役立ちそうです。単純にティンバーランドの大ファンで、何か大好きなブランドに関わる活動がしたい!という人にとっても、一度参加してみれば良い思い出になりそうです。

なんとなく学生生活に物足りなさを感じている方は、ぜひこういったチャンスに一歩踏み出し、新たな体験をしてみてほしいなと思います。時間がたくさんある今だからこそ未経験の活動に気軽に参加することも可能ですし、参加すれば必ず何かしら得るものがあるはずです。

ブランド名の意味

2_11_20170916引用:pixabay
「ティンバーランド」というブランド名の由来をご存知ですか?英語、特にアメリカ英語で使われるtimberlandという単語です。日本語に直訳すると「森林地」という意味です。「森」を意味する英単語というと「forest」がまず思い浮かびますが、forestが森や森林、山林を一般的に指すのに対し、timberlandは木材を産出するための林業用の森という意味合いになります。自然そのままの野生の森はtimberlandとは言わないようです。ちなみに、timber(複数形はtimbers)は用材林・材木・梁といった意味です。

日本語の他の言い方だと「杣山(そまやま)」「杣(そま)」という古い表現もあります。本来の「杣」の語義としては、古代・中世の日本で国家や貴族・寺社が都の造営や寺院の建立などに用いる木材を確保するために設置した山林を指します。福井県には標高492mの杣山(城山)という山があるので、近隣の方はそちらを連想されるかも知れませんね。

それにしても、英語の「timberland」と日本語の「杣」、ちょうど同じようなニュアンスの単語が両方の言語にあるのはちょっと不思議な感じもします。

ロゴマークの由来

2_12_20170916引用:pixabay
ティンバーランドのロゴマークは、大地から大きく枝を広げるたくましい木がモチーフとなっています。Timberlandという語は「森林地」を意味しますので、青く美しい森林地のなかの一本の木を描いたものでしょう。このロゴマークは「ツリーロゴ」と呼ばれ、ブーツを始めとしたティンバーランドのさまざまな製品に見られます。ポケット部分に大きくこの木をあしらったバックパックや胸の部分に大きなツリーロゴの付いたロゴTシャツも、ティンバーランドの人気アイテムのひとつです。直線で力強く木を描き、木の生命力や自然のパワーを感じさせる一方、全体は丸い形にまとめられて地球との調和も連想させます。

ブランド名の「Timberland」は、ロゴマークではセリフ系の書体で書かれています。セリフとは日本語フォントでいうところの「ウロコ」の意味で、フォントの文字を構成する線の端についている直線やカーブの飾りを指します。Timberlandのロゴの「T」の文字の横線の両端や縦線の下端に飾りがついているのが分かりますでしょうか?こういった飾りが付き、縦線・横線で線の太さが異なるデザインになっているフォントを「セリフ」と呼びます。これに対し、通常のウェブサイトの本文などではこういった飾りがなく線の太さが均一なフォントが使われますが、こういったものは「サンセリフ」と呼ばれます。

セリフ系のフォントを使ったブランドロゴには、雑誌「VOGUE」やハイブランド「GIORGIO ARMANI」などがあります。これらはセリフ系フォントのなかでも「Didot」というフォントが使われ、エレガントで繊細な印象ですが、ティンバーランドのロゴは同じセリフ系でももう少し力強さや野性味を感じさせる書体になっています。

VOGUE JAPAN (ヴォーグジャパン) 2017年 09月号
VOGUE JAPAN (ヴォーグジャパン) 2017年 09月号
出版社: コンデナスト・ジャパン
発売日: 2017/7/28
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ティンバーランドのウェア

引用:Amazon
ティンバーランドといえばブーツやシューズをまず連想する人も多いですが、実はティンバーランドはウェア類も密かな人気となっています。

特に2017年2月から発売となった新ライン「SPORTS LIFESTYLE COLLECTION」は要注目です。従来は欧米のみで展開されてきたシリーズで、ブランドアイコンであるツリーロゴが非常に目を引くデザインで、スポーティーでカジュアルなユニセックスアイテムが主体となっています。スポーティー・カジュアル系といっても、かつてのティンバーランドのようなB-BOY系のダボダボファッションとは一線を画し、シルエットはすっきりとしておりクールで都会的な印象です。特に、ブラックをベースにツリーロゴを背中に大きくあしらったコーチジャケットやメタリックロゴTシャツは、「今」のティンバーランドを強く感じさせるものとなっています。直営店や公式オンラインショップのほか、ムラサキスポーツの各店でも購入可能です。

ティンバーランド <SPORTS LIFESTYLE>ツリーロゴ コーチジャケット
ティンバーランド <SPORTS LIFESTYLE>ツリーロゴ コーチジャケット
シェル:ポリエステル100%
胴体部分裏地:ポリエステル100%
スリーブライニング:ポリエステル100%
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ツリーロゴシリーズは比較的若い世代向けの印象ですが、ティンバーランドのウェアを全体的に見ると、決して若い人向けのものばかりではありません。むしろ、Tシャツやデニムパンツなどベーシックでカジュアルなもの、プレーンなオックスフォードシャツなどオフィスカジュアルにも対応可能なもの、年配の男性が着てもしっくり決まりそうなストライプのポロシャツ、スーパースキニーやテーパードなどさりげなく流行のニュアンスを取り入れたパンツなど、意外にもラインナップが幅広いことに驚くのではないでしょうか。ちょうど現在は晩夏〜初秋向けの新作ウェアが出てきており、シックで落ち着いたカラーのアイテムが多くなっています。ここ最近、真夏のポップなカラーのウェアがなんだかしっくりこないなと感じている人は、晩夏ものを少し取り入れてみるのもオススメです。

ティンバーランド 長袖 トートンリバー インディゴ ドビー シャツ
ティンバーランド 長袖 トートンリバー インディゴ ドビー シャツ
XS/着丈73.5・肩幅44.5・身幅49・そで丈62
S/着丈75.5・肩幅46・身幅51・そで丈63.5
M/着丈77.5・肩幅47・身幅53・そで丈66
L/着丈78.5・肩幅48・身幅56.5・そで丈66
XL/着丈79・肩幅50.5・身幅59・そで丈66.5
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ウェアのサイズ

2_15_20170916引用:pixabay
ティンバーランドのウェアは、基本的に日本国内のブランドのものに比べてワンサイズ大きめになっています。ユニクロなどでLサイズを買う方であれば、ティンバーランドで買い物する際はMサイズを選ぶと良さそうです。とはいえ、ダボダボ・ゆるゆるのラッパー系ファッション全盛期に比べ、2017年現在はカジュアルファッションであってもほどよくフィットしたシルエットのアイテムが主流となっていますので、サイズ選びは慎重に行いたいもの。初めてティンバーランドのウェアを購入する際は、ぜひ実店舗で試着しサイズ感を確認してくださいね。アイテムによっても、例えばパーカーは普段よりさらにワンサイズ大きめがおすすめ、というケースもあるようなので、オンラインショップの表記を細かく確認するか、店頭で試着して店員さんからアドバイスを受けると良いと思います。

ティンバーランドのウェアの特徴のひとつに、サイズ展開が幅広いことが挙げられます。例えばベーシックなロゴTシャツは、XS・S・M・L・XL・XXL・3XLと7サイズ展開となっています。普段、一般的なショップでなかなか合うサイズが見つけられない…という方にも嬉しい存在です。もちろん、いわゆる大きいサイズ専門店等とは一線を画す高いファッション性もティンバーランドならでは。どんな体型の方でもジャストフィットのオシャレを楽しめそうですね。

コラボアイテム

2_16_20170916引用:Amazon
ティンバーランドは、他のアパレルブランドや有名人とのコラボアイテムを出していることでも注目を集めています。

前述でご紹介しましたが、2013年にはタレントの所ジョージさんとのコラボレーションブーツを発表しています。イエローブーツの誕生40周年を記念したもので、日本限定で発売されました。名品6インチプレミアムブーツをベースに、ブラックを基調にレッドカラーをアクセントとしたスタイリッシュなデザイン。中国風に「福」の字を逆さまに配置したり、所ジョージ直筆の「くつ KuTsu」の文字が刺繍されたりと独特なユーモアを感じさせる一足となっています。

2016年には、ニューヨーク発のスケーターブランドSupreme(シュプリーム)とコラボしています。ティンバーランドもシュプリームも他のブランドとのコラボを積極的に行っていますし、ブランドの背景となるカルチャーも比較的親しいものがありますから、むしろ2016年までコラボしていなかったことが不思議なくらいかも知れません。パーカーやフィールドブーツ、スリーアイクラシックラグといったティンバーランドのスタンダードなアイテムをベースに、カラーリングや素材選びでシュプリームっぽさを表現しています。ブランドコラボの面白さが素直に感じられるシリーズです。

Supreme(シュプリーム)xTimberland(ティンバーランド)Field Boot/2016(ブラック)
Supreme(シュプリーム)xTimberland(ティンバーランド)Field Boot/2016(ブラック)
サイズ US10(28cm~28,5cm相当)
カラー ブラック
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ちなみに2015年末には、ギャルソンシャツ・Supreme・ティンバーランドの3ブランドコラボのブーツも出ています。こちらもティンバーランドのブーツを基本に、シュプリームの赤色のロゴタグが付いていたり、アンクルから上がコムデギャルソンシャツらしいドット柄になっていたりと、3つのブランドの個性が融合しレア感あふれる仕上がりとなっています。

期間限定ということもあって、思わず購買意欲がそそられるコラボアイテム。次はどんなコラボアイテムを出してくれるのか楽しみですね。

時計

2_17_20170916引用:Amazon
ティンバーランドの腕時計を見たことはありますか?と聞かれたら、えっティンバーランドの時計なんてあるの?と思われるでしょうか。実は、オンラインショップ限定で販売されているのです。

デザインはシンプルかつ上品で、ぜひ大人の男性に身に着けていただきたい雰囲気です。特筆すべきはレザーベルトで、ティンバーランドの革靴と同じ質感のものが使われています。フィット感が良く、使うほどに手首にしっくりと馴染みます。ティンバーランドの靴の風合いが好きという方にはぜひおすすめです。

文字盤の裏面にはツリーロゴが大きくあしらわれており、見えないところでティンバーランド愛を主張しています。ティンバーランド大好きだけど年齢的にイエローブーツやロゴTはさすがに…という大人のティンバーランドファンには見逃せないアイテムです。

ティンバーランド 14844Jsb/02 Bartlett Ii ASST C,FQ Timberland
ティンバーランド 14844Jsb/02 Bartlett Ii ASST C,FQ Timberland
フリーサイズ/幅2.1・手首周り18~23・文字盤4.2×4.2cm
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

スリッポン

2_18_20170916引用:Amazon
実はブーツやツーアイ・スリーアイ以外にも多彩なシューズを展開しているティンバーランド。なかでも、屋内では靴を脱ぐことの多い日本のライフスタイルにぴったりなアイテムのひとつがスリッポンです。

(ティンバーランド)Timberland オックスフォードシューズ スリッポン
(ティンバーランド)Timberland オックスフォードシューズ スリッポン
フリーサイズ/幅2.1・手首周り18~23・文字盤4.2×4.2cm
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

スリッポンとは、靴紐や金具などの留め具がなく、足を滑らせるように簡単に履けるシューズをいいます。英語のslip-onから来ている呼び名です。スリッポンというとキャンバス地などのカジュアルなアイテムをまず連想するかもしれませんが、素材やカラー次第ではビジネスシーンにも違和感なく合わせられるものもあります。ティンバーランドにも、ブラックやダークブラウンなどのカラーで落ち着いた雰囲気のスリッポンがありますので、いつもよりもちょっときちんと見せたい、けれども動きやすさや脱ぎ履きしやすさも重要…というシーンに助かるのではないかと思います。

ティンバーランド エッジモント モックトゥ スリッポン Timberland
ティンバーランド エッジモント モックトゥ スリッポン Timberland
MEN 7.0(JP/25.0cm)~MEN 15.0(JP/33.0cm)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

他にもレディースですと、カジュアルファッションにぴったりのきれいな色のレザー素材のスリッポン、キャンバス地とジュート素材を組み合わせたリゾート感のあるスリッポンなどもあります。ティンバーランドのブーツが足に合う、履きやすいと感じる方は、こういったスリッポンなどのシューズもティンバーランドで揃えたくなりますよね。

ティンバーランド FLANNERY SLIPON BLUE,FQ Timberland
ティンバーランド FLANNERY SLIPON BLUE,FQ Timberland
メイン素材: レザー
品番:A1KWD
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
ティンバーランド キャスコベイ キャンバス/ジュート スリッポン
ティンバーランド キャスコベイ キャンバス/ジュート スリッポン
品番:A1A1N
カラー:レッド
素材:キャンバス
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

サンダル

2_19_20170916引用:pixabay
なんと、ティンバーランドにはサンダルもあります。こうして見てくると、本当にティンバーランドには思った以上にいろいろなフットウェアがあるのだなと驚かれることでしょう。

最近はTIVAなどのスポーツ系サンダルが流行ですが、ティンバーランドにもピアスポイントというスポーティーなサンダルがあります。甲の部分がベルクロでフィット感を調整しやすく、ソールはスニーカーのように肉厚で歩きやすく、軽快な履き心地です。基本的には夏向けのアイテムですが、秋にはソックスと合わせて履くのもおしゃれです。

ティンバーランド ピアスポイント サンダル Timberland
ティンバーランド ピアスポイント サンダル Timberland
素材:ファブリック/レザー
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

レディースのウェッジソールサンダルは、一見しただけでティンバーランドと気づく人はおそらくほとんどいないのではないでしょうか。しかし、PUコーティング仕様のレザーアッパー素材はティンバーランドならではの高機能素材ですし、ラバーアウトソールの耐久性などは履いてこそ分かるティンバーランドらしさと言えるかもしれません。普段はオシャレのために履き心地を犠牲にしてサンダル選びをしている女性には、ぜひ一度ティンバーランドのサンダルを試してみていただきたいです。

ティンバーランド(レディース)(Timberland) ウィッター ウーブン アンクルストラップ ウェッジ
ティンバーランド(レディース)(Timberland) ウィッター ウーブン アンクルストラップ ウェッジ
色:019ブラックアイリス
原産国:ベトナム製
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

キッズ向けで注目なのが、アドベンチャー シーカー クローズドトゥ サンダルです。こちらはなんと、フットベッドカバーに抗菌加工が施されており、元気に遊んでたくさん汗をかくお子様の足をばい菌から守ってくれます。なかなかこういった性能を持つサンダルというのは見かけませんが、親御さんにとっては嬉しい機能ではないでしょうか。

(ティンバーランド)Timberland キッズサンダル
(ティンバーランド)Timberland キッズサンダル
色: Geranium
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ベビー用アイテム

2_20_20170916引用:pixabay
出産祝いや赤ちゃんの1歳のお誕生日のプレゼントを探すとき、ティンバーランドで探そうという人はあまり多くはないかも知れませんが、実はピッタリのアイテムがあるのです。

それは、クリブ ブーティというベビー向けシューズです。本格的なプレミアムヌバックレザーを使用し、大人顔負けの質感。肌触りのよいタオル地のライニングを使用しており、赤ちゃんの柔らかな小さな脚を優しく包んでくれます。8.0cm〜12.0cmの展開なので、赤ちゃんの初めての靴=ファーストシューズにぴったりです。カラーはどれも赤ちゃんに似合いそうな優しい色合い。「かわいい!どこで買ったの?」と驚く顔が見られるかも知れません。プレゼントに最適なアイテムですが、ティンバーランドファンのパパ・ママなら自分たちでわが子のために買いたくなりそうですね。親子2代のティンバーランドファンに育てるため、ファーストシューズからティンバーランド、なんていうご家庭もあるのかも知れません。

(ティンバーランド)Timberland ベビーシューズ・スリップオン・クリブシューズ
(ティンバーランド)Timberland ベビーシューズ・スリップオン・クリブシューズ
色: Bright White Naturebuck、Fuchsia Rose、Wheat、Blue、Black nubuck
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

直営店

Miki Funatoさん(@funacoo)がシェアした投稿


引用:Instagram by funacoo
2017年9月現在、ティンバーランドの直営店は日本各地に15店舗あります。

Timberland® – 福田屋宇都宮
栃木県宇都宮市今泉町237 福田屋ショッピングプラザ宇都宮店 3F
028-621-4941

Timberland® – ららぽーと富士見
埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見 2F(店舗番号 2850)
049-255-6001

Timberland® – 北千住マルイ
東京都足立区千住3-92 北千住マルイ 6F
03-3870-7980

Timberland® – 伊勢丹新宿PC4
東京都新宿区新宿3-15-16 パークシティイセタン4・1/B1F
03-3355-0821

Timberland® –小田急ハルク店
新宿区西新宿1-1-3 小田急ハルクB1F
03-3343-3639

Timberland® –八重洲地下街
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 外堀地下2番通り
03-6262-1235

Timberland® – MARK IS みなとみらい
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 1F(№1120)
045-681-2205

Timberland® –東急百貨店 たまプラーザ店
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-7 東急百貨店たまプラーザ店3F
045-903-3434

Timberland® – 京急百貨店上大岡
神奈川県横浜市港南区上大岡1-6-1 京急百貨店上大岡 6F
045-848-7215

Timberland® –遠鉄百貨店
静岡県浜松市中区砂山町320-2 遠鉄百貨店新館6F
053-457-6877

Timberland® – mozo ワンダーシティ
愛知県名古屋市西区二方町40 mozoワンダーシティ 4F
052-505-5771

Timberland® –なんばウォーク
大阪府大阪市中央区難波1丁目虹のまち3-6号 なんばウォーク2番街北通り
06-6224-0244

Timberland® – アルパーク
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東館 2F
082-279-0757

Timberland® – 広島福屋駅前
広島県広島市南区松原町9-1 福屋広島駅前店 5F
082-261-5001

直営店はやはり東京圏が最も店舗数が多くなっています。購入だけでなくお手入れや修理の相談にも乗ってもらえるので、近くに直営店があればぜひ一度チェックしてみてください。

アウトレット店

引用:pixabay
2017年9月現在、ティンバーランドのアウトレット店舗は16店舗あります。

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク札幌北広島
北海道北広島市大曲幸町3-7-6 三井アウトレットパーク札幌北広島 2F
011-377-2912

Timberland® Outlet – あみプレミアムアウトレット
茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1 あみプレミアムアウトレット 645区
029-889-4233

Timberland® Outlet –那須ガーデンアウトレット
栃木県那須塩原市塩野崎184-7 那須ガーデンアウトレット 228区画
0287-73-5018

Timberland® Outlet – 佐野プレミアムアウトレット
栃木県佐野市越名町2058 佐野プレミアムアウトレット630区
0283-21-6102

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク入間
埼玉県入間市宮寺3169-1 三井アウトレットパーク入間 2F(区画 2423)
04-2902-5347

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク多摩南大沢
東京都八王子市南大沢1-600 三井アウトレットパーク多摩南大沢 2F(№254)
042-677-3600

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド
神奈川県横浜市金沢区白帆5-2 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド 2F(№206)
045-771-6244

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク北陸小矢部
富山県小矢部市西中野972-1 三井アウトレットパーク北陸小矢部 2F (区画2107)
0766-67-7724

Timberland® Outlet – 軽井沢プリンスショッピングプラザ
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-160 軽井沢プリンスショッピングプラザEAST(№129)
0267-41-2220

Timberland® Outlet – 土岐プレミアムアウトレット
岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2 土岐プレミアムアウトレット(№1010)
0572-55-3173

Timberland® Outlet – 御殿場プレミアムアウトレット
静岡県御殿場市深沢1312 御殿場プレミアムアウトレット (№2720)
0550-84-7515

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク滋賀竜王
滋賀県薄生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694 三井アウトレットパーク滋賀竜王 3F(区画5000)
0748-58-3491

Timberland® Outlet – りんくうプレミアムアウトレット
大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28 りんくうプレミアムアウトレット 2F (№2520)
0724-63-7550

Timberland® Outlet – 三井アウトレットパーク大阪鶴見
大阪府大阪市鶴見区茨田大宮2-7-70 三井アウトレットパーク大阪鶴見 4F
06-6915-5545

Timberland® Outlet – 神戸三田プレミアムアウトレット
兵庫県神戸市北区上津台7-3 神戸三田プレミアムアウトレット(区画2910)
078-986-7580

Timberland® Outlet – 鳥栖プレミアムアウトレット
佐賀県鳥栖市弥生が丘8-1 鳥栖プレミアムアウトレット(№200)
0942-84-7045

アウトレット店は取り扱う商品ラインナップは直営店とは若干異なりますが、おトクなプライスで購入できること、大型のアウトレットモール内の店舗が多いので他のブランドのショップも一緒に見て回れるのが魅力的です。最近はちょっとしたレジャースポットのようになっているアウトレットモールも多く、ファミリーでのお出かけ先としても面白い場所になっているので、まだ行ったことがない方はぜひ一度足を運んでみてください。

東北地方や四国など、直営店・アウトレット店含めて現在ティンバーランドのショップがないエリアの方々にとっては出店がとても待ち遠しいですよね。公式サイトやSNSなどをチェックして、オープンの情報を楽しみに待ちたいです。

オンライン購入方法

2_23_20170916引用:pixabay
入可能です。家族でおそろいのブーツを買いたいというときにはとても便利ですね。定番のブーツを始めとしたフットウェアのラインナップは非常に多彩ですし、他にもシャツやパンツなどのアパレル類、バッグやキャップなどのアクセサリー類も数多く取り扱っています。なかには「えっこれがティンバーランド?」と思うようなアイテムも見つかるので、ぜひいろいろ探してみてください。お気に入りのブーツのお手入れにピッタリのケア用品もオンラインで手軽に買えるので安心です。また、オンライン限定アイテムやアウトレット品も充実しており、ティンバーランドファンには見逃せません。

他にも、
★ZOZOTOWN
(http://zozo.jp/women-brand/timberland/)

★マルイ ウェブチャンネル
(https://search-voi.0101.co.jp/voi/shop/timberland/?intid=shop1_pc_detail)

★楽天市場のティンバーランドオフィシャルオンラインショップ(https://www.rakuten.ne.jp/gold/timberland/)

★ABC-MARTのオンラインストア
(http://www.abc-mart.net/shop/r/r0787/)

でもティンバーランドのアイテムを購入可能です。

SNSやWEB情報

2_24_20170916引用:pixabay
ティンバーランドの公式サイト(http://www.timberland.co.jp/)で目を引くのは、やはり「カスタムメイドシューズ」のページです。ティンバーランドの定番のシューズやブーツをベースに、好きな色を選んでカスタマイズし実際にオーダーすることができるのです!それも、アッパーやミッドソール・アウトソールなどのパーツごとにそれぞれ好きな色を指定できるので、店頭には絶対にない、あなただけの個性的なモデルを手に入れることが可能です。

また、通常だとロゴマークが入る部分に刺繍でアルファベットの文字を入れられるモデルもあります。自分のイニシャルを入れたり、分かる人にだけ分かるようなメッセージ性を込めてみたりしても面白いですね。皆と同じではないオンリーワンのアイテムが欲しい方、既存の製品に「もっとここがこんな色だったら良いのにな」というちょっとした要望を持っている方には特にオススメです。

また、
★Facebook(https://www.facebook.com/TimberlandJP)や、
★Twitter(https://twitter.com/Timberland_JPN)
★Instagram(https://www.instagram.com/timberland_jpn/)

といったSNSでもティンバーランドの最新情報がリアルタイムでチェックできます。SNSをお使いの方はぜひフォローしてみてください。

修理方法やその予算

引用:pixabay
ティンバーランドのフットウェアの修理は、全国に15店舗ある直営店で受け付けています。一般的な街中の靴修理ショップでも修理は可能ですが、修理に使うソールなどはティンバーランド純正品ではなくなってしまいますし、ティンバーランドの修理経験もお店や技術者によってまちまちです。やはり、直営店での修理が最も安心ではないかと思います。

修理の予算の一例として、ブーツのアウトソールの張り替えの場合で1万円〜1万5千円程度となるようです。ブーツや使用するソールの種類などによっても異なってきますので、実際の修理費用は直営店で見積もりを出してもらいましょう。

新しいアイテムを買わないのに修理の相談だけでお店に行っていいの?と思うかもしれませんが、全く問題ありません。ブーツのお手入れ方法の相談など、店員さんから有益な情報を直接もらえるチャンスでもあります。ぜひ店頭で声をかけてみて下さいね。

お得な購入方法

引用:visualhunt
ティンバーランドのアイテムをお得にゲットするには、アウトレット店を利用するほか、公式サイトのアウトレットコーナーがオススメです。50%以上のOFFも珍しくなく、ときには80%近い大幅OFFもあります。狙っているアイテム、サイズの合うものが見つかれば非常にラッキーですよね。定番アイテムのほか、定価ではちょっと勇気のいるインパクトのあるカラーのものも、アウトレット価格ならチャレンジしてみたくなります。既に持っているモデルの色違いのものをアウトレットでゲットするのも良いアイディアです。

ネットオークションやフリマアプリなどでもティンバーランドのアイテムが数多く出品されています。一見すると非常に安い価格で出ているためおトクに思えるのですが、残念ながら偽物も少なくないようです。写真だけで本物と偽物を区別するのは大変難しいので、こういったものには手を出さないほうが無難かと思います。やはり、末永く安心して着用するためには安心できるショップで購入したいものです。

お手入れ、長持ちする方法

2_27_20170916引用:pixabay
ティンバーランドブーツのお手入れ方法は、公式サイトにも説明ページ(http://www.timberland.co.jp/product-care/)があります。耐久性の高さがティンバーランドの大きな魅力ではありますが、やはり長く履いていれば汚れや傷みも生じてきます。適切なお手入れをすることでより長く愛用することができるので、ぜひ公式の説明ページを参考に定期的にケアを行いましょう。ブーツの素材ごとに必要なケア用品も上記の説明ページで知ることができます。また、シューズのお手入れにあまり慣れていない方は、購入時にお店でケア用品の使い方などのアドバイスを受けておくと安心です。

ブーツは基本的に秋冬など寒い時期に着用することが多く、夏場はしまっておくことが大半かと思います。長期間収納しておく場合は、特に湿気に注意してください。一度陰干しして湿気を取り、乾燥剤と一緒に箱に入れるなどして湿度の低い環境で保管しましょう。一日履いたあと脱いでそのままシューズクローゼットに入れっぱなしにしてしまうと、また履こうかなと思ったときにはカビだらけ…なんていう悲劇もよくあるようです。革を使ったブーツに湿気は大敵、充分注意してください。型崩れ防止を兼ねて、中に丸めた新聞紙を詰めておくのも有効です。

また、サイズ選びや歩き方に気をつけるのも大切です。日本では帰宅時やお店の座敷に上がる際など一日のうちに靴の脱ぎ履きをする回数が欧米などに比べて多いため、ブーツも脱ぎ履きのしやすい若干大きめのサイズを選んでいる方が多いようです。しかし、大きめのブーツを履いているとどうしても靴を引きずるような歩き方になってしまい、靴底が傷みやすくなります。ティンバーランドの直営店やシューフィッターさんのいる店舗で、しっかりサイズを合わせてしてジャストサイズのものを選ぶことが大切です。また、面倒でも靴紐は毎回結び直してきちんとフィットした状態で履くことも、ブーツの修理回数を最小限に抑えることに繋がります。

シューレース(靴紐)も、長い間履いていると少しずつ傷んでくるもの。ふと気がつくと、愛用のシューズの靴紐がボロボロになっていた、という経験はありませんか?時々はシューレースの交換も必要です。純正の同じものを新品で買い替えても良いですし、あえて目立つカラーのものをつけてカスタマイズしてみるのも個性をアピールするポイントになりそうです。

偽物・コピー品との見分け方

引用:pixabay
ティンバーランドのブーツやシューズは人気が高いため、残念ながら偽物やコピー品も数多く出回ってしまっています。特にイエローブーツなどの定番モデルはやはり偽物も多くなっています。本物との見分け方は、ネットの写真だけではなかなか難しいのが実情です。

ひとつの目安としては、ティンバーランドに限らずどんなブランドでも同様ですが、正規価格と比べてあまりにも安いものは注意が必要です。「激安」「お買い得」などのフレーズを多用し、定価の1〜2割程度の極端な安価で出ているものは、偽物の可能性がかなり高いです。

また分かりやすいところでは、ロゴマークが一部本物と違っていたり、ブランド名のスペルが一部違っていたりというものもあります。オフィシャルサイトなどで公式のロゴやブランド名をしっかり確認しておきましょう。ティンバーランド(Timberland)の偽物の場合、「m」が「n」になっていたり、「b」が「v」になっていたりというケースがあるようです。スペルは合っていても、ロゴマークがつけられている箇所が本物とは異なるというケースもあります。こういったものは、少しでもティンバーランドを知っているファンが見ればすぐに偽物とわかります。もちろん品質の面でも本物には大きく劣りますので、うっかり購入してしまわないよう注意したいですね。

実際に製品を手にとってみると、偽物やコピー品は縫い目が均一でなくバラバラだったり、革の風合いがいかにも安っぽかったりして本物ではないと気づくこともあるようです。正規価格より大幅に安い値段で売るためにそういったところでコストを削減しているのでしょう。写真だけでは実際の手触りや風合いまではなかなか分かりませんので、やはり、オンラインで買うのであれば公式サイトのオンラインショップを始めとした信頼できるサイトを選ぶことが大切です。実店舗で買うのであれば偽物やコピー品の確率はかなり低くなりますが、その際も直営店などで買うのが最も安心といえます。

また、ABCマートで通常より安い価格のティンバーランドのブーツが売られていることから、もしかして偽物なのでは?と思う人もいるようですが、こちらは偽物ではありません。ABCマートオリジナル仕様の廉価版で、通常のものと若干仕様が異なる部分はありますが、れっきとした本物のティンバーランドブーツです。仕様の違いに納得ができれば、おトクな選択肢のひとつとして候補に入れて良いでしょう。

ティンバーランドの公式オンラインショップでも、「偽物について」というページで模倣品販売サイトの特徴を挙げて注意を促しています。ぜひ一読ください。
★http://shop.timberland.co.jp/counterfeit.html

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。