スノーピークランタンおすすめ16選【ギガパワー・ほおずき・スタンドまで】

2018.12.28

引用:snowpeak

スノーピークは、オートキャンプのパイオニアとして知られるアウトドア総合メーカーです。そして、数多くの製品の中でも、長年愛用されているのが「ランタン」になります。キャンプの夜を彩るスノーピーク・ランタンの、人気の秘密やおすすめなどをご紹介しましょう。

スノーピークランタンが人気の理由

引用:snowpeak

スノーピークのランタンは、「ガス」と「LED」の2種類があります。

【スノーピークのガスランタン】

1998年にスノーピークから初めて誕生したのがガスランタンです。ガス燃料ならではの、やさしく暖か味のあるマンダリンオレンジ色の炎は、暗闇が迫ったキャンプ場を居心地のよい部屋にいるかのように演出してくれます。「ギガパワー ランタン 天オート」「ギガパワー BF ランタン」「リトルランプ ノクターン」の3種類があります。

ギガパワー ランタン 天 オート

引用:amazon

「ギガパワーランタン 天オート」は、スノーピーク初のガスランタンです。デビュー当時から今も変わらない高スペックを保ち、キャンプファンに愛用されています。

 

View this post on Instagram

 

❁* mai*❁さん(@jamm__248)がシェアした投稿

ギガパワー BF ランタン

引用:amazon
「ギガパワーランタン 天オート」で培った技術を詰め込んでいる、大きなサイズのランタンです。

 

View this post on Instagram

 

misatoさん(@misat_camp)がシェアした投稿

リトルランプ ノクターン

引用:amazon
小さな炎が、テーブルの上を明るく灯してくれるガスランタンです。熱効率がよいので、ガス管の残量が少なくなっても長時間照らしてくれます。

 

View this post on Instagram

 

鷹谷宏幸/Hiroyuki Takaya(1959〜)さん(@hiroyukitakaya)がシェアした投稿

【スノーピークのLEDランタン】

引用:amazon

LEDランタンは、手軽に使えて持ち運びも楽なためアウトドアシーンにはぴったりです。また、誤って転倒させてしまっても安全なので、テントの中でも安心して使えます。「ほおずき」と名付けられたLEDランタンは、丸くて可愛らしいフォルムが特徴的です。

さて、次の項からは、スノーピークのLEDランタンと、ガスランタンをご紹介していきましょう!

スノーピークランタン「ほおずき」シリーズ

引用:amazon

使い方や手入れも簡単なLEDランタンは、アウトドアへも持ち出しやすく、「炎」が出ないので安全性が高いのが魅力です。けれども、その反面、本物の炎のような「揺らめき」がなく、なんとなく人工的な感じがしてしまうのが難点!けれども、スノーピークのLEDランタン「ほおずきシルーズ」は、そんなLEDにありがちな欠点をカバーし、より自然でくつろぎを感じる「炎」を演出できるのが魅力です。「ほおずき」と「たねほおずき」があり、それぞれに魅力があります。

「ほおずき」

スノーピークのLEDランタン「ほおずき」は、その名の通り、円形のライトに細いコードとフックが付いているデザインで、好みの場所に引っ掛けて使えます。長さも調節できるので小さくて低いテントでも大丈夫です。

風を感知するセンサーが内蔵されているので、まるでキャンドルの炎のようにゆらめき気分をくつろがせてくれます。また、風だけではなく「音」にも反応するため、皆が眠ってテント内が静かになると自然に明るさが調節されて、ゆっくりと暗くなるのです。ボタンを押す回数や長さで光を調節でき、ON/OFFボタンも付いています。

スノーピーク(snow peak)ほおずき

ランタンのトップ部分は、「つち(ブラウン)」「もり(グリーン)」「ゆき(ホワイト)」の3色があります。

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき ES-070WH ホワイト
スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき ES-070WH ホワイト
サイズ:φ107x87mm(コード部を含まず)
照度:100lm
連続点灯時間:10時間
重量:165g(電池を除く)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
スノーピーク(snow peak)メタルほおずき

スノーピーク60週年を記念して発売されたほおずきです。メタリックなトップに、「60th」のロゴが入っているデザインとなっています。

スノーピーク snow peak 60周年記念 メタルほおずき ES-075
スノーピーク snow peak 60周年記念 メタルほおずき ES-075
サイズ:Φ107x90mm(フック、ロープ部を含まず)
照度:100lm
連続点灯時間:10時間
重量:195g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

View this post on Instagram

 

ばびへーさん(@babi12_21)がシェアした投稿

「たねほおずき」

「ほおずき」よりもリーズナブルで小さい「たねほおずき」は、手のひらにすっぽりと収まるほどの可愛いサイズです。上部に、「丸いマグネット付きの頭」があるループが付いているので、鉄などの部材に直接ぶら下げることができます。また、ループをくるっと丸めて頭を上部に付け、紐などを通して使うこともできるのです。もちろん、そのままテーブルや枕元に置いてもいいでしょう。

Hi-Low・Strobe・擬似揺らぎの3種類の点灯モードが選べ、さらに無段階兆候も可能です。小さくて軽いので、ズボンのベルト通しやバッグの持ち手などにぶら下げて持ち歩くこともできます。

スノーピーク(snow peak)たねほおずき

ほおずき同様、ランタンのトップ部分は、「つち(ブラウン)」「もり(グリーン)」「ゆき(ホワイト)」の3色があります。

スノーピーク(snow peak) たねほおずき
スノーピーク(snow peak) たねほおずき
サイズ:φ62×75(h)mm
照度:60lm
連続点灯時間:Hi-40h、Low-70h
重量:57g(電池を除く)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

View this post on Instagram

 

Snow Peak store WILD-1仙台泉さん(@snowpeakstore_sendaiizumi)がシェアした投稿

「ほおずきの専用シェードなど」

ほおずきには、専用のシェードなどがあります。

シェード フアロ

スノーピークのLEDランタンは専用のシェード「フアロ」を使うと、より便利です。ランタンの周りを囲うことで光が明るくなるので、テント内で食事をするときなどに便利です。

スノーピーク(snow peak) フアロ ESC-001
スノーピーク(snow peak) フアロ ESC-001
サイズ:φ270×140mm/収納サイズ:φ240×50mm
重量:80g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
グローシェード

ほおずき用のグローシェードは、シリコン製で暗闇の中で光るため、夜中にトイレに行くときや暗くなってテントに戻ったときに「ランタンがない!」と探しまわらずに済みます。

スノーピーク(snow peak) ほおずき グローシェード UG-275
スノーピーク(snow peak) ほおずき グローシェード UG-275
材質:シリコンゴム
サイズ:Φ110×62mm
重量:50g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

次のページでは、暖かなオレンジ色の炎が魅力のスノーピーク・ガスランタンをご紹介しましょう!

 

View this post on Instagram

 

MKさん(@mk.7392)がシェアした投稿

1 2

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  2. 北海道に自生する山わさび | おススメ食べ方と栽培方法
  3. 山を買う⁈プライベートマウンテンのために必要な山林売買の基本まとめ
  4. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  5. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。