発表します。山を買いました!【キャンプが好きすぎて山を買ってしまった夫婦の話#1】

2019.07.12

山を買ったのはどんな人?

はじめまして!
キャンプが好きすぎて、山を買ってしまった夫婦・妻の「ちさこ」です。

キャンプ歴3年目のまだまだ新米キャンパーです。

年齢・職業

27歳。エステティシャンをしていましたが、
3年前、結婚を機に転職。

今は事務職をしています。

主人は28歳の同級生。会社員をしています。

住まい・キャンプスタイル

大阪府堺市に住んでおり、関西圏でキャンプすることが多いですね。
気に入ったところに通ってしまう性格なので、
同じキャンプ場ばかり行ってます~

(映えない盛れない昼寝大好きキャンパーです)

さて!
そんな私たち夫婦が、なぜ山を買ったかと言うと、、

\\ 理想のキャンプ場を作りたいから! //

(標高700m、家族だけで、雲の上の山を開拓中!)

キャンプ場を作るきっかけは?

お金持ちでも、宝くじが当たったわけでも、特殊能力があるわけでもありません!

 

そう、あれは半年前の冬。
「理想のキャンプ場とはなんぞや?」をテーマに主人と妄想してました。

「トイレがきれいで~虫いなくて~」
「夜もみんな静かで~…」
「絶景露天風呂に入りたい」

「……自分たちの理想のキャンプ場あったら最高じゃない?!」

 

~~かなりの盛り上がりを見せ、翌朝には~~

 

私「キャンプ場作れるか調べてみるね!

夫「え…?」

私「え…?」
「まあ、ちょっと調べてみるだけやから!」

私はすぐに熱くなり、すぐに行動するタイプ。
その勢いに、いつも困惑の夫。

 

私「思ってたより山安いよ!まあ、とりあえず見に行ってみる?

夫「え…?」

土地探しが始まった

不動産屋さん(左)の説明を聞く主人(右)

はい、気付けば翌週末には山の中!!!

このフットワークの軽さと決断力が人生を大きく変えることになりました。
(土地を探し始めた時点で、夢が膨らみすぎて止まりませんでした!)

 

そして、山を買いました!!

京都の土地を問い合わせ、
見学の予約をした途端、先を越されたり

道が険しすぎて、敷地へ入る前から
「あ、、ここは大丈夫です。。」となったり。

岡山の土地を気に入り、ルンルン気分だったのに、
近所の農家さんにブチギレられ心折れたことも。

 

そんな壮絶な土地探しの末、
ついに出会ってしまいました。

 

ここは、兵庫県美方郡香美町小代区(かみちょうおじろく)の山。

小代区は、「日本で最も美しい村」に2012年10月より認定されているそうです。

日本の農山村の景観・環境・文化を守る活動を行っているNPO法人「日本で最も美しい村」連合に、小代区が兵庫県で初となる加盟認定を受けました。
(日本で最も美しい村 香美町小代より抜粋)

 

つまり!「日本一美しい村を眼下に楽しめる山」なんです!

(敷地内の中央を通る林道)

購入の決め手となった「8つの魅力」

・絶景!標高700mから「日本で最も美しい村」を一望できる
・とにかく広い!平坦な場所も広い!13万坪あります
(なんと、東京ドーム9.2個分!)
・既に林道(上の写真のような道)が通っています
・周辺に民家はなく、大自然を満喫できる
・陽当たり良し!

・すぐそばには、高さ32mの滝を拝むことができます

・敷地内にもが2本流れています

・そして何よりも「ここでキャンプがしたい!」と感じさせてくれたこと。

案内されたその日のうちに、購入を決意。まさに一目惚れ。

頭を悩ませることも・・・

①最寄りのインターから降りて 車で約50分
②近くのコンビニ、温泉施設まで 車で約25分
③冬の積雪は2mにもなるんだとか

その分、「山へ来た!」と実感できるので、
キャンプするにはうってつけの場所ではないでしょうか。

(12月の積雪の様子)

と、まだまだ山について話し足りないのですが、私たちのことをもう少し。

まるでサバイバル生活?!

土地探しを始めたときから、すべてが初めてのことばかり
手探りでゆ~っくり開拓をしています。

テントを張って拠点作りや、沢から水を引いたり、薪棚を作ったり、トイレ問題など
まるでサバイバル生活です(笑)
正直、楽しくて仕方ありません!

(丸太を並べただけのトイレは開放感抜群!)

お金の話

気になる土地の金額ですが、ズバリ、800万円でした。
だいたい、我々夫婦の年収分という感じですね~

正直にいうと、完全に予算オーバー!でした。(笑)

予算は400万円以下だったのですが、この山に惚れてしまったので仕方ありません!
(急遽、両親に電話して借金することに…)

維持費は、固定資産税が年間2万円ほど。
(思ってたより安く、ホッとしました。)

あとは、整地のために中古でショベルカー(ユンボ)を買ったり、
四駆の軽トラを買ったり、経費はかかりまくり。

出ていくばかりのお金にビビり気味ですが、
「事業計画通り…」と言い聞かせ、なんとか正気を保っています(笑)

そんな中、利益になったこともありました!
前の持ち主が、スギやヒノキを残してくれていたおかげで、木が売れるんです!

きれいに手入れされていたので、業者さんが言うには
200万くらいにはなるかなあ」とのこと。おかげでだいぶ借金が返せそうです(笑)

(平日は仕事、休日は山林開拓というスケジュールで過ごしています)

後悔したことは?!

全くありません。
ノウハウが全くないので、失敗はたくさんあります。
ですが、だいたい楽しい思い出になります。

あの夜、
「理想のキャンプ場」の妄想をしていなかったら、
おそらく山も買っていなかったでしょう。

 

1度きりの人生。
思い切って自分たちのしたいことに挑戦してみようと思いました。

アクセル全開、我が道をゆく妻と
石橋叩きまくり、慎重すぎる夫が

土地探しから、整地、小屋の建築、キャンプ場を完成させるまでの奮闘記です!
だんだん形になっていくキャンプ場作り。どうぞお楽しみください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
ちさこ(上山さん)
兵庫県美方郡香美町小代区(かみちょうおじろく)で、東京ドーム約9個分の山を買い、キャンプ場を作っている。大阪府在住のキャンプ大好き27歳会社員。土地探し、拠点作り、サイトの整地、小屋作りなど、家族4人で挑戦していく。

↓主人のブログ「キャンプ場を作ろう!」 https://teddyboy8.com/

新着記事

今週の人気記事

  1. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  2. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  3. 登山靴洗ってみた!|ゴアテックスでもOK?洗い方と保管方法
  4. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  5. 発表します。山を買いました!【キャンプが好きすぎて山を買ってしまった夫婦の話#1】

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。