キャビン、ログハウス、バンガローなど楽しみ方も豊富!ウェルキャンプ西丹沢は首都圏からアクセス良好◎

引用:ウェルキャンプ西丹沢
東名高速の大井松田ICから車で1時間弱と首都圏から好アクセスのウェルキャンプ西丹沢は、日本最大の約30万坪の広大な敷地を誇ります。キャンプ用品のレンタルも豊富で、JRまたは小田急線とバスを乗り継いで行くことも可能なため、車をお持ちでない人にも楽しみやすいキャンプ場です。

6月にはホタルも!清流のキャンプ場


神奈川県北西部の丹沢山地に位置するウェルキャンプ西丹沢は、豊かな緑に囲まれたキャンプ場です。川のせせらぎが美しく、春にはニジマス釣り大会が開催されるほか、釣り堀も常設されています。6月にはホタルが無数に飛び交う幻想的な光景が楽しめます。

冬には専用ゲレンデでそり遊びが体験できます。人工降雪機があるので、キャンプ場に雪が積もらない年でも楽しめます。コテージの多くには床暖房や石油ファンヒーターも備えられているので、初めての冬キャンプにはうってつけですね。料金的にもオフシーズンなら夏季の約半額とおトクです。

★★ファミリーキャンプの楽しみ方ならこちらの記事も★★

広大な敷地で設備も充実

oreoさん(@1_oreo_9)がシェアした投稿

キャンプゾーンとサイトの種類

ウェルキャンプ西丹沢のキャンプゾーンは、下記のように大別されます。
Aゾーン:キャビン
Bゾーン:森林キャンプのサイト
Cゾーン:河畔キャンプのサイト。釣り堀やホタルの里もここにあります
D・D2ゾーン:河畔キャンプのサイト
Eゾーン:デイキャンプ専用サイトのあるゾーン。駐車場に最も近い

テントサイトには電源付きのものと電源なしのものがあり、キャビンやコテージ・ログハウスもあります。思い思いのスタイルでキャンプを楽しめそうですね。

「テントサイトとコテージのどちらも利用経験あります。川沿いで気持ちよく、時間制のお風呂あり、簡単な売店あり、木のブランコあり、ドッグランありで、設備としては十分です。」
出典:トリップアドバイザー

ペットやお子さんも大喜びの各種設備

ドッグラン、バーベキュー広場といったさまざまな設備が充実し、最大700組が利用できる大型施設となっています。

夏には自然の清流を生かした天然プールが設けられ、子どもたちの歓声が響きます。かわいいロップイヤーラビットと触れ合えるうさぎ広場や、卓球場を備えたかもしかホールも人気です。

お風呂

キャンプ場内には露天風呂や貸切家族風呂があり、気持ちよく汗を流すことができます。近隣にも「信玄の隠し湯」と呼ばれる中川温泉があり、立ち寄るキャンパーも多いようです。紅葉の名所でもあり、秋にはぜひ足を運びたいスポットです。

駐車場

駐車場には一般的な乗用車やバイクのほか、トレーラーやキャンピングカーも乗り入れ可能です。

買い物

場内の売店で薪や木炭・氷・食材・水などを購入できます。
大井松田IC近くのスーパーヤオマサに立ち寄り、買い出ししてから行くという方も多いようです。

ウェルキャンプ西丹沢の混雑状況は?

引用:pixabay
首都圏からのアクセスも良く、設備やレンタルが充実していて初心者でも安心して利用できることから、大型連休や夏休みには多くのキャンパーが訪れます。東名高速道路や国道246号線の混雑の影響を受けることも多いので、予め渋滞情報をチェックし、時間には充分余裕を持って出発してください。

自然には危険な一面も。充分注意を


2014年夏、大雨で増水した川に母子3人が流され死亡する痛ましい事故がありました。山間部では天気が急変することも多く、雨が降れば思いがけず急激に川が増水することもあります。キャンプの際は天候をしっかり見極めて無理をせず、安全に十分注意しながら楽しんで下さい。

ウェルキャンプ西丹沢
http://well-camp.net/

★★関東地方のキャンプ場情報ならこちらの記事もどうぞ★★

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。