リュックのまとめ一覧

リュックについて

登山リュックは、天候の変わりやすい山の過酷な環境に耐え、もしもの場合にも耐えうるしっかりとした装備作りのためには、妥協できない最も身近な必須アイテム。ところが登山リュック選びは、それぞれの用途の違いや個体との相性などもあり、なかなか一筋縄ではいかないもの。ここでは登山入門者のための登山リュックの選び方を紹介します。 日本ではドイツ語由来のリュックサックという呼び名が一般的ですが、最近は英語由来のバックパックという良い方も定着しつつあります。また登山用リュックのことをザックやフランス語でサックと呼ぶ人もいますが、これらは基本的にすべて同義語と考えて良いと思います。世界中の色々なブランドが手に入る時代ですから、ブランドによって呼び名が違うこともあります。 種類も「アルパインザック」から「トレッキング」「バックカントリー」「バックパック」「テント縦走」などに分類されていますが、通年を通して活躍するものであれば、機能的でシンプルな通年用アルパインザックが良いでしょう。 登山リュックを選ぶ際には、使いやすさ、背負いやすさ、バランス感、フィット感、胸周りまたウエスト部分にベルトがあること、ポケットが必要な位置にあるかどうか、疲れにくい構造になっているか、など色々なポイントがあります。体力消耗や、いざとなったらレスキュー用具として、生命にかかわるものであるだけに、軽量化されていれば単純に良いという訳でもありません。 雨天時は雨水がジッパーから染み込みやすいので、少しでも防ぐためには雨蓋も必要です。 以下、登山用リュック選びの容量目安です。 ・登山日帰り~1泊2日 30リットル ・一泊山小屋宿泊 40リットル ・一泊テント宿泊 60リットル 引用:https://pixabay.com/photo-1836594/

1 /3123