ホグロフスの人気バックパック14選|防水、タウンユース、子供用など目的別にご紹介

2019.09.29

引用:Haglofs

北欧の洗練されたデザインと機能性。100年以上続く歴史の中で、ホグロフスは創業者の意思を引き継ぎながら数々の名品を生み出してきました。

ホグロフスは手縫いのバックパック製作からスタートし、現在、アウトドア用途からタウンユースまで幅広い製品を展開しています。

ここでは、ホグロフスのバックパックをお探しの人のために、人気モデルを目的別にご紹介します。バックパックの簡単なメンテナンス方法も合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホグロフス(Haglöfs)とは

引用:Haglofs

ホグロフスは、バックパック、ウエアなどを製造・販売するスウェーデンのアウトドアメーカーです。1914年、創業者のヴィクトル・ホグロフが、自宅の農場にある作業小屋で手縫いのバックパック製作をはじめ、1916年に正式に会社を設立しました。

ヴィクトル・ホグロフは、器用さとビジネスセンスを併せ持つ人物でした。彼が最初に手がけたモデルは、林業従事者、ハンター、漁師など、過酷な環境下で使えるバックパックを必要としていた人々を中心に支持を集めます。

優れた耐久性や機能性が評価され、ホグロフスのバックパックはスウェーデンのスクールバッグの定番にもなりました。

1950年、ヴィクトル・ホグロフの息子、ハンスとルドルフが家業を受け継ぎ、彼らはのちに画期的なフレーム構造のバックパックを考案します。1978年には、テントや寝袋を扱う会社「マンバイス」と合併し、スウェーデンを代表するアウトドアメーカーへと成長しました。

引用:Haglofs

その後、1993年に発表したバックパック「タイト」が世界的なヒットを記録し、ホグロフスはさらなる躍進を遂げますタイトは販売から20年以上経過したモデルですが、復刻されて現在のラインアップに加わりました。

ISPOアワード(国際スポーツ用品・ファッション総合見本市)をはじめ、2006年から数々の製品が世界的なアウトドアアワードを受賞し、2014年には創業100周年を迎えます。

現在のホグロフスは、創業者の意思に由来する優れた品質を備える製品を開発し、アウトドア愛好家や一般ユーザーらに指名される人気ブランドとなりました。

ホグロフスの人気バックパック14選

ホグロフスの人気バックパックを目的別ご紹介します。

防水・アウトドア用バックパック

カトラ
カトラ35リットル
カトラ35リットル
素材:600D Tarpaulin
重量:1060 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
カトラ25リットル
カトラ25リットル
素材:600D Tarpaulin
重量:960 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

摩耗性に優れ、かつメンテナンスの簡単なタール防水布を使用したバックパックです。雨蓋が上部をカバーし、メインの荷室は巾着型の開閉を採用することで、防水性とセキュリティー面を強化しています。

アウトドアに必要な機能や耐久性を備えながら、15インチノートPCに対応したインナーを配し、アウトドアからビジネス、通学と幅広く使えるモデルです。

日帰りハイキングやタウンユースメインでは25L、小屋利用の登山も楽しむなら35Lがおすすめでしょう。

カトラロールトップ30リットル
カトラロールトップ30リットル
カトラロールトップ30リットル
素材:600D Tarpaulin・500D ATY Oxford Nylon, bluesign® approved
重量:1000 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

防水性や摩耗性に優れた『カトラ』シリーズのロールトップ仕様モデルです。ロールトップを採用したことで、荷物に合わせてバックパックのサイズを調整できるようになりました。また、ノートPC用のインナーも備え、アウトドアのみならず普段使いもできる万能モデルです。

タウンユース

コーカー
コーカーL
コーカーL
素材:600D Regen® Recycled Dty ポリエステル, bluesign® approved・210D Regen® Recycled Fdy ナイロン, bluesign® approved
重量:910 g
容量:約20L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
コーカーM
コーカーM
素材:600D Regen® Recycled Dty ポリエステル, bluesign® approved・210D Regen® Recycled Fdy ナイロン, bluesign® approved
重量:850 g
容量:約18L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
コーカーS
コーカーS
素材:600D Regen® Recycled Dty ポリエステル, bluesign® approved・210D Regen® Recycled Fdy ナイロン, bluesign® approved
重量:488 g
容量:約11L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

コーカーはホグロフスを代表するロングセラー商品です。

最大の特徴は、大きく開閉するサイドパネルにより荷物へのアクセスが容易なことです。容量はLサイズが20L、Mサイズが18L、Sサイズが11Lで、Lサイズには15インチノートPCに対応した収納が設けられます。PCの持ち運びやフィット感を考慮しながらサイズを選ぶとよいでしょう。

ヘリオス VX
ヘリオス VX
ヘリオス VX
素材:VX 21 Dimension Polyant X-Pac™・Contains Non-Textile Parts Of Animal Origin
重量:835 g
容量:約25L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

先進的な機能性とデザインを持つバックパックです。素材は引っ張り強度に優れたポリエステルとナイロン素材のラミネート加工により、強度と耐候性を追求しています。ロールトップ式と防水サイドファスナーを採用したことで、荷室へのアクセスが容易になりました。街中での使い勝手を追求した多機能バックパックです。

タイト オリジナル
タイト オリジナルM
タイト オリジナルM
素材:500D ATY Oxford ナイロン, bluesign® approved・Contains non-textile parts of animal origin
重量:約18L
容量:580 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
タイト オリジナルL
タイト オリジナルL
素材:500D ATY Oxford ナイロン, bluesign® approved・Contains non-textile parts of animal origin
重量:650 g
容量:約27L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
タイト オリジナルXL
タイト オリジナルXL
素材:500D ATY Oxford ナイロン, bluesign® approved・Contains non-textile parts of animal origin
重量:1240 g
容量:約32L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
タイト オリジナルXXL
タイト オリジナルXXL
素材:500D ATY Oxford ナイロン, bluesign® approved・Contains non-textile parts of animal origin
重量:1310 g
容量:約35L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

1993年に発売され大ヒットした商品が、現代的なアレンジを加えて復刻されました。タイトはその名の通り、タイトなフィット感を重視したモデルで、抜群のフィット感・安定感を誇ります。

ここではタウンユースに分類しましたが、軽いハイキングやトレッキングにも十分使えるでしょう。伝統的なティアドロップ型のフォルムや蛍光カラーを取り入れ、往年のファンには懐かしい、若い世代には新鮮なモデルです。

子供用バックパック

コーカーXS
コーカーXS
コーカーXS
素材:600D Regen® Recycled Dty ポリエステル, bluesign® approved・210D Regen® Recycled Fdy ナイロン, bluesign® approved
重量:288 g
容量:約5L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

大人気のコーカーシリーズを、2歳~4歳ぐらいのお子様向けにアレンジしたモデルです。容量5Lの小型モデルながら、大きく開くサイドパネルや、型崩れしにくいボックス構造など、大人版コーカーの機能をそのまま受け継いでいます。絵本やお弁当、おもちゃなどの持ち運びにおすすめです。

タイトジュニア
タイトジュニア15リットル(キッズ)
タイトジュニア15リットル(キッズ)
素材:450D Polytex Rs Dty ポリエステル, Bluesign® approved
重量:488 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
タイトジュニア8リットル(キッズ)
タイトジュニア8リットル(キッズ)
素材:450D Polytex Rs Dty ポリエステル, Bluesign® approved
重量:372 g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

タイトのフィット感はそのままに、中学生未満の子供用にサイズダウンしたモデルです。子供の体型に合わせたショルダーストラップや、暗闇でも視認しやすい再帰反射プリントを施し、安全性を高めています。

バックパックの購入時には、なるべくフィッティングを確かめよう

あまり知られていませんが、シューズやウエアと同じように、バックパックにもフィッティングが存在します。そのため、大型バックパックの多くには背面長の調整機構が備えられています。

20〜30Lの小型バックパックであれば神経質になる必要はありませんが、同じサイズでも個人の体型やメーカーによりフィット感や背負い心地が異なります。やはり、専門店に足を運び、バックパックを実際に背負い、専門スタッフに相談しながら決めるのが安心です。

ホグロフスは全国に店舗を展開していますので、詳しくは公式サイトの店舗一覧を確認してください。バックパックのフィッティングについてはこちらの記事も参考に。

バックパックの簡単メンテナンス方法

引用:Haglofs

バックパックを長持ちさせるためには、メンテナンスが欠かせません。最後に、ご自宅でできるバックパックのメンテナンス方法をご紹介しましょう。

ほこりや汚れを落とす:洗濯機はNG

使用後のバックパックは、まずゴミや汚れをブラシなどでしっかりとで落とします。落ちにくい汚れの場合は中性洗剤を使いましょう。洗剤の使用後は軽く水で洗い流し、洗剤が生地に残らないよう注意しましょう。

背面パッドはよく絞った濡れタオルで拭き、臭いが気になる場合は風通しのよい場所で乾燥させます。

メンテナンスに洗濯機の使用は控えましょう。生地やパーツを痛める原因になりかねません。もし丸洗いする場合は、浴槽などを使い優しく手洗いしてください。

湿気のない風通しのよい場所に保管しよう

メンテナンス後は、風通しの良い日陰で乾かします。直射日光に当てると素材の劣化の原因になりますので注意が必要です。

また、湿気もバックパックを劣化させる要因のひとつです。保管には湿気のたまりにくい場所を選び、壁やラックに吊して保管するのが理想です。

マウンテンシティーではホグロフスのアイテムを強化買取中です!

使用していないホグロフスのアイテムがあれば、ぜひマウンテンシティーにお売りください。マウンテンシティーでは、不要なアウトドア用品の買取サービスを実施し、ただいまホグロフスのアイテムを強化買取中です。思わぬ高値がつくこともあるかもしれません。

マウンテンシティーでは、アウトドアのプロによる査定が行われ、キャンセル料などの手数料は一切かかりません。もちろん見積もりだけもOKです。不要なホグロフス製品をお持ちの方は、ぜひマウンテンシティーへお持ちください。

  • キャンプ・アウトドア用品の買取はマウンテンシティ
  • TEL: 0120-194-192
  • LINE ID:@mcity

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
川口貴史
元靴メーカーの職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアを中心に執筆しています。主に関西での低山ハイキングやトレイルランニング、オリエンテーリングを中心に楽しみ、週末は山で過ごしています。

日本オリエンテーリング協会 読図・ナヴィゲーションスキル検定:シルバーレベル|フルマラソンベスト:3時間29分|将来、狩猟にも挑戦すべく「第1種銃猟免許」と「わな猟免許」を2018年に取得したものの、都市住まいではなかなか活用できないのが悩みの種。 https://takashi-kawaguchi.com/

新着記事

今週の人気記事

  1. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  2. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  3. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  4. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  5. スピニングリール30選|シマノ・ダイワなど人気ブランド比較!オススメポイントや選び方を徹底解説

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。