過酷な環境から生まれたアークテリクスの魅力とは|おすすめリュック&ショルダーバッグのご紹介

2019.07.04

引用:Arc'teryx

アークテリクスは、その革新的なデザインについて語られることが多く、おしゃれなアパレルブランドのイメージがありますよね。しかし、アークテリクスの魅力はファッション性だけではありません。

実は、アークテリクス製品はカナダのブリティッシュコロンビア州の山々で生み出された、本物のアウトドアギアなのです。

その中でもリュックの注目度が高く、1999年に発売された「アロー22」はベストセラーモデルで日本でも人気を博し、セレクトショップ大手のBEAMS(ビームス)やスポーツ用品店のOSHMAN’S(オッシュマンズ)から別注モデルが発売されています。

ここでは、アークテリクスの魅力と、その中から人気のリュックを用途別にご紹介しましょう。

Arc’teryx(アークテリクス)とは?

引用:Arc’teryx

アークテリクスは、1989年にカナダのブリティッシュコロンビア州、ノースバンクーバーで創立したアウトドア用品メーカーです。創業者のDave Lane(デイブ・レーン)とJeremy Guard(ジェミー・ガード)はクライマーであり、クライミングハーネス(安全装置)を開発するため、アークテリクスの前身、Rock Solid(ロック・ソリッド)社を設立したのが始まりです。ロック・ソリッド社のクライミングハーネスはクライマーからの支持を集め、それ以外の製品開発にも乗り出し、アークテリクスブランドが誕生しました。

余談ですが、アークテリクスのブランド名は最古の鳥類、始祖鳥の学術名「Archaeopteryx(アーケオプテリックス)」に由来し、ブランドロゴはその化石「ベルリン標本」をモチーフにしたものです。

冒頭でも述べたように、日本でアークテリクスといえばファッションアパレルメーカーというイメージがあります。しかし、アークテリクス製品は「外部の状況に関わらずアクションに集中できること」を目標に、過酷なフィールドテストを経て開発された本物の道具なのです。

過酷なフィールドテストで生まれるアークテリクス製品の魅力

引用:Arc’teryx

アークテリクス製品の優れたデザインや機能は、コースト山脈でのフィールドテストから生み出されます。

コースト山脈が最高峰の品質を生み出す

The only way to build the right gear for this environment was to build the company in this environment. (環境に適したギアを構築する唯一の方法は、その場に会社を設立することでした)引用:Arc’teryx

アークテリクスはこのような考えのもと、カナダのブリティッシュコロンビア州、ノースバンクーバーに設立されました。まずは、ブリティッシュコロンビア州とコースト山脈についてご説明しましょう。

ブリティッシュコロンビア州はカナダの太平洋側に位置します。州のうちの64%は森林地帯であり、カナダに生息する鳥類と哺乳類のうちの、75%の種が生息していいます。また、ノースバンクーバーの年間の降水日数は178日、とカナダでも有数の多雨地帯でもあります。さらに、ブリティッシュ・コロンビア州はカナダで最も山の多い州であり、北西から南東に向けて、ロッキー山脈、セルカーク山脈、コースト山脈が並走しています。

引用:Arc’teryx

ノースバンクーバーは、並走する山脈の一つ「コースト山脈」の入り口である「ノースショア山脈」の麓にあり、ハイキングやスキー、マウンテンバイクのメッカとして知られています。森林地帯でありがなら、登山口は高速道路のすぐそばにあり、アクセスは良好です。そのため、軽装での観光客の姿も見られ、この地域の救助隊は世界で最も忙しいとい言われています。

コースト山脈には3000〜4000m級のピークが連なり、最高峰のウォディントン山の標高は4019mを誇り、標高1500m以上の前人未到のピークが25も残されているのです。コースト山脈は、多雨地帯特有の温暖な熱帯雨林と、氷に覆われた世界の両方を併せ持ています。

特筆すべき点は、そのような環境に、アークテリクス社から1時間とかからずにアクセスできることです。

商品企画室である「デザインセンター」で開発された新たなギアは、コースト山脈で納得のいくまでフィールドテストを重ね、課題を克服していきます。これがもし、フィールドテスト場までのアクセスに8時間以上かかるとしたら、どうでしょうか? フィールドテストの完成度が下がることは想像に難くありません。

I don’t think Arc’teryx could have been created anywhere else.(この地以外でアークテリクスが誕生することはなかったと思います)ーーDAN GREEN デザイン部門バイスプレジデント 引用:Arc’teryx

ブリティッシュコロンビア州は、他に類を見ないほど、アウトドア製品の開発に適した土地なのです。

人の手による製品づくりと環境への配慮

引用:Arc’teryx

アークテリクス製品のインスピレーションや、よりよく改善するための課題はフィールドテストで生まれますが、それらのアイデアを具現化するのが「デザインセンター」であり、本社工場の「ARC’ONE」です。

デザインセンターは、名前こそ”デザイン”という言葉が使われていますが、決して”オフィス”ではありません。製造ツール、作業場、色彩実験など、すべてのツールがそろっている研究所であり”作業場”なのです。

アークテリクスの商品開発は、優れた製品を開発するためデザインセンターとコースト山脈で徹底的に試行錯誤を繰り返し、それは3年以上に及ぶことも珍しくありません。試作品は、デザイナー自身やアウトドアのエキスパートがテストし、そこで浮上した問題の解決方法を追求します。

さらに、デザインセンターとARC’ONEが連携することで革新的な技術を創り出し、商品の生産に活かされています。生産工場はARC’ONE以外にも、世界に20の施設を有しています。

既製品と聞くと、多くの人は機械で自動生産されていると考えることでしょう。しかし、アークテリクスの製品は人の手によって作られているのです。

例えば、アークテリクスの代表的レインウエア「アルファSVジャケット」を製作するのは190の工程があります。縫製、テープ貼り付け、プレスなどのさまざまな工程は、67人の職人による手作業によって仕上げられているのです。

アークテリクスの今後の目標は、サスティナビリティ(持続可能性)、環境への負担をかけることなく製品づくりを続けることです。製品へ優れた耐久性を持たせ、環境に配慮した素材を選ぶ。そして、将来的には製品寿命が訪れた製品を回収し、素材として循環させる循環型経済へシフトしたいとしています。

アウトドアウエア・ギアを生産するメーカーとして、地球環境にも目を向ける。その企業精神から、アークテリクスはより一層魅力的なメーカーとして世界に認知されることでしょう。

アークテリクス用途別おすすめリュック&ショルダーバッグ

前述のように、アークテリクスはファッション性だけではなく傑出した機能性も兼ね備えています。その中から、おすすめのリュック&ショルダーバッグを用途別にご紹介しましょう。

山でも街でも使える万能選手

アロー22
  • 素材:1260D Invista Ballistic Superpack ナイロン 他
  • 重量:1.1kg
  • 容量:22L
  • 公式価格:29,160円(税込)

1999年に発売され、現在でも高い人気を誇るベストセラーモデルです。アークテリクスの代表作と言えるでしょう。メインと前面の荷室にはWaterTight®の防水ファスナーが採用され、内側にはハイドレーションポケットを配しています。15インチのノートパソコンも難なく収納でき、山でも街でも使いやすいバランスのとれたモデルに仕上がっています。

マンティス26
  • 素材:N420b ナイロン 6 バスケットウィーブ/ N420p ナイロン 6 平織り
  • 重量:865 g
  • 容量:26L
  • 公式価格:18,360円(税込)

アウトドアでの機能面と街中での快適さを兼ね備えたモデルです。アロー22より一回り大きな26Lの本体に、パソコンやハイドレーションパックを収納できるポケット、小物用のポケットなどを配備し、機能面を充実させています。2泊3日の旅行からハイキングまで、幅広い用途で活躍するでしょう。

ビームスボーイ ARC’TERYX / 別注 MANTIS 26
  • 素材:N420b ナイロン 6 バスケットウィーブ/ N420p ナイロン 6 平織り
  • 重量:865 g
  • 容量:26L
  • 公式価格:18,360円(税込)

セレクトショップ大手のBEAMS(ビームス)が、BEAMS BOY(ビームス ボーイ)20周年を記念しアークテリクスに別注したモデルです。マンティス26の機能はそのままに、BEAMS BOYオリジナルのカラーを楽しめます。

ビジネス・タウンユース向けモデル

ブレード20
  • 素材:N210p-HT ナイロン 6,6 / N630p-HT ナイロン 6,6
  • 重量:1.24kg
  • 容量:20L
  • 公式価格:27,000円(税込)

ブレード20は、ビジネス用途や旅行など日常使いで活躍するモデルです。メインの荷室にはメッシュポケットが設けられ、パソコンやタブレット、書類、衣類などを整理収納できます。前面のポケットにはスマートフォンやモバイルバッテリー、その他のガジェット類を収納できる複数のポケットを設けています。日常生活に必要なもあらゆるものを、コンパクトに整理して持ち運べるでしょう。

グランヴィル20
  • 素材:N400r-AC² ナイロン 6 リップストップ
  • 重量:855g
  • 容量:20L
  • 公式価格:25,920円(税込)

タウンユースのリュックに、高い耐候性を持たせたのがグランヴィル20です。優れた防水性を発揮するAC²(高次元複合構造)システムや防水ファスナーを取り入れ、雨や雪から荷物を守ります。15インチのノートパソコンや書類、デジタル用品を機能的に収納でき、日常用途に使いやすいモデルです。

クライミング・登山向けモデル

アルファFL30
  • 素材:N70r-HT/N100mr-HT 他
  • 重量:575g
  • 容量:30L
  • 公式価格:31,320円(税込)

重量575gと超軽量のクライミング用バックパックです。山中での極限状態での使用を想定し、優れた機能とデザインを追求しました。クライミングに不必要なものはすべて排除しながらも、ピッケル、アイゼン、ロープなど必要な装備を固定するアタッチメントは全てそろっています。さまざまな状況下で機能を発揮する本物の登山道具です。

トレイルランニング

エアリオス10
  • 素材:シリコンとポリウレタン加工の 100D Invista HT Mini Ripstop™ 他
  • 重量:420g
  • 容量:10L
  • 公式価格:16,200円(税込)

トレイルランニングはもちろん、日帰りのハイキングやファスト・ハイキングにも対応するバックパックです。本体は、ハイドレーションパックや行動食、アウターウエアなどを収納できる十分な容量があります。少ない荷物でも行動中に中身が揺れないよう、コンプレッション(圧縮)システムを搭載しています。

ハイキング・トラベル

ブライズ25バックパック
  • 素材:シリコンとポリウレタン加工の 100D Invista HT Mini Ripstop™ 他
  • 重量:905g
  • 容量:25L
  • 公式価格:22,680円(税込)

アウトドアでの機能と街中での凡用性を兼ね備えたバックパックです。ピッケルホルダーやハイドレーションパックポケットなど、山中で必要な装備を備えながら、スリムで機能的なデザインや落ち着いたカラーは、街中にも違和感なくとけこむでしょう。長期の旅行からハイキングまで幅広く利用できます。

ショルダーバッグと小物

マカ2
  • 素材: N420p ナイロン 420 デニール オックスフォード 他
  • 重量:170g
  • 容量:3L
  • 公式価格:5,400円(税込)

アウトドアでの機能性と丈夫さを併せ持ったショルダーバッグです。2.5Lの容量は、財布、スマートフォン、キーホルダーなどを収納するのにちょうど良いサイズで、ちょっとした外出にぴったりのショルダーバッグです。耐久撥水加工が施され、ちょっとした雨なら心配ありません。

パックシェルター
  • 素材: ポリウレタン加工の P75p ポリエステル平織り
  • 重量:90g
  • 公式価格:5,400円(税込)

コンパクトに収納できるレインカバーで、携帯しておけば突然の雨にも安心です。50L以下のバックパックであれば、ほとんどのモデルに対応できます。

マウンテンシティーではアークテリクスのアイテムの強化買取中を実施しています!

使用していないアークテリクスのアイテムがあれば、ぜひマウンテンシティーにお売りください。マウンテンシティーでは不要なアウトドア用品の買取サービスを実施し、ただいまアークテリクスのアイテムを強化買取中です。

アウトドアのプロによる査定が行われ、キャンセル料などの手数料は一切かかりません。不要なアークテリクスアイテムをお持ちの方は、ぜひマウンテンシティーまでご連絡ください。

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  2. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  3. 山でむくみが出るのはなぜ?〜むくみの原因・対処法5つのポイント〜
  4. テントを洗おう!砂も虫も一網打尽。洗い方や洗剤は?
  5. 登山靴洗ってみた!|ゴアテックスでもOK?洗い方と保管方法

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。