由布岳の登山は初心者OK!おすすめのコースやアクセス情報を紹介!

引用:pixabay
大分県にある由布岳は、全国的にも有名な温泉街の由布院を象徴する山です。この付近を訪れるとしたら、由布院温泉などでゆっくり疲れを取ることが目的という方が多いかもしれません。気分転換に体を動かしたいなら、由布岳は登山初心者にも登りやすい山として親しまれているのでおすすめです。登山後の心地よい疲れを、温泉で癒すという楽しみ方ができます。では、初心者でも安心な由布岳登山コースを紹介します。

歴史ある由布岳についての基本情報

5_1_20170125
引用:由布市公式ホームページ
由布岳は由布院盆地の北に位置する標高1,583メートルの活火山です。その山体が阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。東峰と最高峰の西峰の双耳峰、つまり2つの頂上を持っているのが特徴的です。円錐形の独立峰であることから、豊後富士(ぶんごふじ)とも呼ばれています。古くから信仰の対象として崇められ、『万葉集』『豊後国風土記』などの書物にもその名が登場します。また、『日本百名山』を書いた深田久弥は、百名山に由布岳を入れなかったことを後悔したといわれています。

初心者におすすめ!由布岳中央登山口コース

5_2_20170125
引用:okky49.blogspot.jp
由布岳には3つの登山コースがあります。中央登山口コース、東登山口コース、西登山口コースの3つです。今回は初心者におすすめの中央登山口コースを紹介します。往復計3時間50分程のコースです。由布登山口バス停、駐車場、トイレ、休憩所などがある標高780メートルの由布登山口からスタートします。このコースはよく整備されていて、随所に案内板があり、道に迷うことは少ないでしょう。また、必ず登山届を行ってから出発しましょう。

由布登山口~東峰登頂までの道のり

5_3_20170125
引用:Yahoo!ブログ
正面に由布岳を見ながら牧草地を進んでいきます。自然休養林に入ると、右に日向岳(ひゅうがだけ)自然観察路があり、こちらは日向岳と由布岳東登山口につながっています。カエデ、リョウブ、ミズナラなど樹木が生い茂る中を進むと標高1,020メートル程にある合野越(ごうやごし)に着きます。ここまで50分程かかります。休憩するにはちょうど良いところです。ここでは由布岳西登山口コースと合流しており、南に見える丘は標高1,067メートルの飯盛ヶ城です。

ここからは灌木帯のジグザグとした道を進んでいき、草の斜面に到達すると、由布院盆地が見渡せます。さらに登ると、東峰と西峰を分ける標高1,470メートルのマタエに着きます。合野越からマタエまでは1時間10分程かかります。
今回は標高1,580メートルの東峰へのルートを紹介します。なぜ西峰ではないかというと、確かに三角点は最高峰1,583メートルの西峰にありますが、こちらには障子戸と呼ばれる絶壁が立ちはだかっており、鎖を使いながら登るため初心者や体力に自信がなければ避けたほうがよいからです。

マタエから東峰へは岩がゴロゴロとした急な坂を15分程度登ると到着します。ここからの眺めは独立峰だけあって360度見渡せる素晴らしい眺望です。北東には鶴見山群を間近に、別府湾、国東半島、くじゅう連山など一望できます。

由布岳の登山を楽しむためのポイント

5_4_20170125
引用:blog.goo.ne.jp
由布岳は年間を通して登山を楽しめますが、冬の季節は雪が積もるため初心者には難しいでしょう。毎年の山開きは5月中旬ごろになります。特におすすめの季節は5月下旬から6月上旬のミヤマキリシマが咲く頃です。主に山頂周辺に咲き、その鮮やかなピンク色の花を愛でながら登ることができます。夏は草原の緑が良く映え、秋には赤く染まった美しい紅葉を楽しめます。

注意すべきことは山中に水場がないことです。十分な量の水を確保する必要があります。特に夏場は暑くなりますので気をつけてください。また、山頂付近は岩がゴロゴロしているなど足場が悪いので登山用の靴を履きましょう。そのほか、初心者向きの山とはいえ、ザックやレインウェアなどの安全に登山するために最低限の準備はしておきましょう。

参考に上記で触れた、初心者には難しい西峰へ登り東峰へ向かうコースを紹介します。コースはマタエまでは同じで、障子戸と呼ばれる絶壁を慎重に鎖を使って登りきると西峰です。ここからの眺めも東峰と同じく360度見渡せる絶景です。さらに東峰へはウバガウジという噴火口跡のお鉢巡りをたどります。火口壁や火口縁の難所を通過し、剣ノ峰へと登り進むと、登山口からの道と合流します。あとは岩の間を通過すると東峰へと到達します。このコースでは天候に気をつけ、また、技術が必要になるので初心者は1人では行かないようにしてください。

由布岳の登山口へのバス、自動車での行き方

5_5_20170125
引用:360navi.com
登山口へはバスまたは自動車で行くことができます。

バスを利用する場合、JR日豊本線別府駅から亀の井バスで由布登山口へ40分程度。または、JR久大本線由布院駅から亀の井バスで由布登山口へ15分程度。

自動車を利用する場合、大分自動車道湯布院ICから県道11号(やまなみハイウェイ)を通り、15分程(7キロ)で登山口に到着します。30台の無料駐車場と50台の有料駐車場があります。休日や花の見頃のシーズンには無料駐車場はすぐ埋まってしまうので注意しておきましょう。

由布岳で初めての登山をしてみよう!

由布岳は初心者にも登りやすく人気のある山です。また、周辺には由布院をはじめとする温泉街があり、温泉を満喫することができます。アウトドアの登山とリラックスする温泉を同時に味わう旅行にしてみてはいかがでしょうか。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。