これは真似できない!ワイルドすぎるトイレの壁【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#12】

2020.06.25

こんにちは!兵庫県の山を買い、キャンプ場を作っている上山夫婦・妻の「ちさこ」です。

今回は「地域の訪問者たち」と「トイレの壁作り」の豪華二本立てです。

※記事に書いてあることはちょうど1年前の内容です

≪前回のあらすじ≫
沢から水を引いてみたお話でしたね。観光地を危うく台無しにしてしまうところでした。

≪最初の記事はこちら≫

 

区長さんに見つかった

ある日、Twitterからメッセージがきました。

区長さん
区長さん

区長です。キャンプ場を作るそうですね。地元民として歓迎します!一度お会いしてお話聞かせてもらえませんか。

区長さんから直々に連絡キターーー!
しかもめちゃくちゃ嬉しい内容です!

何を隠そう、以前地元の農家さんをブチ切れさせた私たち。
地域交流に不安を抱いていたので、今回区長さんからわざわざご連絡頂けて感激しました。

≪ブチ切れ事件の記事はこちら≫

 

さっそく区長さんと会う約束をしました。うふふん!

 

そして当日…

ススキの掃除をしていると、1台の軽トラがやってきました。

(ススキだらけのオートサイト予定地だよ)

叔母
叔母

誰かきたで~

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

あ、区長さんかな?

おじ様
おじ様

………。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

こんにちは~

おじ様
おじ様

………こんにちは。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

はじめまして、上山です。区長さんですか?

おじ様
おじ様

…いや、区長はあとから来る。

この寡黙でいぶし銀の男性は、どうやら区長さんの付き添い「Kさん」でした!

渋めのKさん
渋めのKさん

………それ。

Kさんが指さしたのは叔母の持つクワ
ススキの株を掘り起こすためにクワを使っていましたが、岩に当たったりしてクワの先はひん曲がってました

叔母
叔母

そう~曲がっちゃって~へへへっ

クワを受け取ったKさんは、華麗にトンカチを取り出し…

カーーン

カーーン

 

あ~ら不思議!
クワが真っすぐになって帰ってきました。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

すごい!直った!

叔母
叔母

うわ~!叩いたら直るんや!

すげぇ~!と目を輝かせる一同。

きっとKさんはこの時

渋めのKさん

こんなポンコツファミリーがキャンプ場を…?

と思っていたに違いありません。

 

そうこうしているうちに、区長さんが登場。

区長さん
区長さん

こんにちは~

これまた笑顔が素敵なおじ様。

挨拶をして、山を買ってキャンプ場を作っていることをご説明。

すると、

区長さん
区長さん

私、森林組合の組合長もしてるんですけど、上山さんとこの山も間伐に入らせてもらいたいんですよ~。

(※間伐とは…スギやヒノキが植わってる林が、成長とともに窮屈になってくるので程よく伐採して間引くこと。)

区長さん
区長さん

今近くの山で作業入ってるんで丁度いいかなと思いまして。近くの山から直接重機入れるんで、重機搬入の費用が浮きますよ!

妻(私)
妻(私)

ほえー!そうなんですね!

区長さん
区長さん

今の現場まだかかるんで、ゆっくり考えてまた連絡ください。

という感じで別れました。

お願いする?しない?

正直言うと

妻(私)

森林組合ってなんだろう…?めちゃくちゃ親切なのか、騙そうとしてるのかどっちなんだ…?

という気持ち(区長さんゴメンナサイネ)だったんですが、

結局お願いすることにしました\(^o^)/
分からないなりに調べたところ…

①元山主さんも森林組合にお願いしていた

木の成長に合わせて、間伐は何度か行うらしいんですが、前回の間伐(数十年前)も森林組合が行っていたそうです。

(既にある林道はそのときに作ったんだとか)

②私たちだけで間伐作業をするのは難しい

伐採経験がない
→夫がチェーンソー使いこなせるまで待っていたら適期(間伐した方がいい時期)が過ぎます

斜面の作業は危ない
→平坦地ならまだしも…!

規模がでかすぎる
→敷地の端っこまで行ったことのないほど山が広いので、自分たちだけじゃ手に負えない

※業者に任せず、自分たちだけで行う方法もあります。自伐型林業というそうです。

③利益になる

私たちの山の場合、元山主さんが手入れしてくれていたおかげで、木の状態が良いらしいです。
太くて真っすぐな木は高く売れるので、見積もると数百万くらいになるとか…?!

④本当は山林仲介業者のTさんにお願いする予定だったんですが…

山林を案内してもらったとき、Tさんに「ここの木は質がいいのでぜひ売ってほしい」と強く言われていました。とりあえず電話してみました。

≪以前やりとりしてたお話はこちら≫

妻(私)
妻(私)

Tさ~ん。森林組合さんが間伐に入っていただけるみたいなんです~

仲介業者Tさん
仲介業者Tさん

そうなんですね!私も一部でいいんで売ってほしいですね~!

妻(私)
妻(私)

前仰ってましたもんね。Tさんにお願いする場合って、どの割合で伐採することになるんですかね?

仲介業者Tさん
仲介業者Tさん

そりゃもう全部ですよ!全伐です!

なんということでしょう。
Tさんは間引くどころか全て刈り取るつもりです。

妻(私)
妻(私)

ええ!うちキャンプ場作りたいんで、ある程度自然は残したいんです!

仲介業者Tさん
仲介業者Tさん

いや~間伐だと~委託業者に利益残らないんですよ。それに残す木を避けて作業しないとダメでしょ、それだと手間がかかって作業も長引くんですよ~。

妻(私)
妻(私)

なるほど!それはごもっともですね…

しかし!キャンパーなら分かるはず!
ハンモックを吊るせるくらいの木は残したいですよね?!

ということで☆ミ
キャンプ場として使わなさそうな斜面の部分をTさんにお願いするということで落ち着きました。

このようにスギヒノキなどの人工林が植わっている山林を購入すると、思わぬ収入が得られます。

今まで見てきた山林は雑木林ばかりだったので、本当に有り難いお話でした。

※個人で伐採した木を買取ってくれる業者さんもあります。樹種問わず軽トラ一杯分で7000円とかどうとか。

 

山菜もらいました

敷地の前には未舗装道路があります。

でも、奥に行けば行くほど荒れており、車はほとんど通りません。

(休日は峠を攻める車やバイクがたま~に通ります)

車が入ってくる=私たちに用事かな?
という方程式が早くも出来上がりつつあります。

軽トラ
軽トラ

ブーーン…

さっそく今日も1台の軽トラが来ましたよ。
男性が2人おりてきます。

きっと地域の人に違いない!!

もちろん全力でお出迎え!!

妻(私)
妻(私)

こんにちはー!家族でキャンプ場作ってるんですー!

謎の男性
謎の男性

へえ~。今までここ何にもなかったから…何してるんかなと思って

妻(私)
妻(私)

小代(ここの地域)の方ですか?

謎の男性
謎の男性

いや…山菜を採りに来てるんですよ

話を聞くと毎年、隣の市から山菜を採りに来てるらしい。

妻(私)
妻(私)

へえ~!ここらへんで採れるんですか?

山菜おじ様
山菜おじ様

そっち(私たちの敷地)は少しだけだね、こっち(向かいの山)にいっぱいあるよ。良かったらこれあげるよ。まだいっぱい採れるから。

コシアブラという山菜をいただきました!

(コシアブラ。春から初夏に採れる山菜。タラの芽よりも美味しいという声がチラホラ。日持ちがしないのでスーパーで見かけることは少ない。/ポケ〇ン図鑑風)

なんだ良い人たちじゃない!

良い山菜おじ様
良い山菜おじ様

ほらほら、あの白っぽい木がそう。分かりやすいでしょ。

全く分かりませんでした(‘;’)

良い山菜おじ様
良い山菜おじ様

天ぷらにしたら美味しいよ。

わ~天ぷら大好き!

でも私たちテント暮らしなので、できることはただ一つ。

そう。焼くのみ。

(とっても美味しくいただきました)

 

秘密の採取ポイント

翌日。

軽トラ
軽トラ

ブーーン…

またお客さんが来ました。
黙ってこちらを見つめる渋い男性。

間違いない、渋めのKさんです。(早くも再登場)

妻(私)
妻(私)

こんにちはー!

叔母
叔母

ん?それなんですか?

渋めのKさん
渋めのKさん

………。

黙って差し出されたのは小さいタケノコ…?

コトバンク「チシマザサ」より

(初夏に採れる山菜。淡白でクセのない味で、コリコリとした歯ごたえ。ヒメタケ、ネマガリダケとも呼ばれている。)

渋めのKさん
渋めのKさん

茹でて、マヨネーズつけたら美味い。

叔母
叔母

おつまみに良さそう~!どこで採れるんですか?

渋めのKさん
渋めのKさん

そこら中に生えてる。

そう言いながら、適当に笹が生えてるところの地面を掻き分け始めました。
あっという間に何本か採れました。

叔母
叔母

ほんまや!生えてる!

叔母も探し始めて、さらにゲット。

今採れた分合わせて10本くらいくれました!

叔母
叔母

今からもっと採りに行くんちゃうん?

渋めのKさん
渋めのKさん

まあね。

叔母
叔母

うわ!もっといっぱい採れるとこがあるんやろ!

渋めのKさん
渋めのKさん

………

叔母
叔母

内緒なんか!

渋めのKさん
渋めのKさん

はははw

笑いながら山奥へ消えていきました…

 

トイレをリニューアル(迷走)

みなさま覚えてますでしょうか!
先日、トイレを作りましたね。

あまりにも開放感溢れるこのトイレに…

だん!
夫の迷作「」ができました。

便座の下にある葉っぱ…気になりますよね。

プリッと出したアレ杉の葉でキャッチし、そのまま引きずって遠くに掘った穴へポイ!して、杉の葉ごと埋めます。
※杉の葉には消臭効果があるそうです

妻(私)
妻(私)

壁?!木立てただけやん!風吹いたら倒れそうやで。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

いいねん。それは問題じゃない。もうなんでもいいねん。

どうやらススキ掃除の疲れが限界に達し、むしゃくしゃしてやってしまったようです。

(朝から晩までススキの掃除)

翌朝見たら見事に崩壊していました。

私が買ったふわふわ便座シート(108円)も雨でびちゃびちゃになりました。使用中に崩壊しなくて良かったです。

 

トイレをリニューアル(ガチ)

さて!
計画性のない耐久性ゼロの壁は無かったことにしまして(実際無くなりましたし)

今回は、ちゃんとした壁を本格的に作ろう!とういうことで、みんな知恵を絞ります。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

ススキを束ねてさ、茅葺きみたいに使われへんかな?


茅葺き屋根みたいに重ねて、目隠しに使おうという魂胆です。

確かにオートサイト予定地には要らないススキがたくさんあります。

妻(私)
妻(私)

一体どれだけのススキを束ねなアカンの…?適当に木にブルーシート巻いたらいいんじゃない?

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

カッコ悪いやん!それにゴミになる予定のススキを有効活用できるし!

こうなった夫には何を言っても無駄です。
既に作業に取りかかってやがります。

ちなみに叔母からは滅多にアイデアは出ません。

叔母
叔母

指示された仕事を無心にこなしたいです

朝から小雨が止まない中、ススキを集めてひたすら束ねる作業が始まりました。

 これがこの世の地獄か…!!

それで出来上がったのがこちら!

・丸太を半分に割って壁を作りました。
・隙間をススキで埋めました。
・地面に砂利を敷いて、トイレっぽくしました。
・カッコ悪いと言っていたブルーシートで屋根を作り、雨でも使えるようにしました。

…このまま用を足すと砂利が汚れるので、逆に使えなくなってしまいました。

しばらくはただのモニュメントになります。

ちょこっとプロフィール

物好きな方のための自己紹介コーナーです。

妻(私)
妻(私)

マクドナルドのポテトが大好き。ブログを1記事アップしたら1個食べていいことにしている。

夫(てでぃ)
夫(てでぃ)

突然寝言で「上山ですーお疲れ様ですー。おそらく今入ってる状態が…一番…新しい…」と電話口調でハッキリ喋る。

叔母
叔母

車の中が臭すぎて、地域の人に「死体乗せてんのか?!」と言われる(ニラを乗せてた)

母

バイキング西村がキャンプする番組「西村キャンプ場」にハマって、色んな人に勧めているが誰も見てくれない。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
ちさこ(上山さん)
兵庫県美方郡香美町小代区(かみちょうおじろく)で、東京ドーム約9個分の山を買い、キャンプ場を作っている。大阪府在住のキャンプ大好き28歳会社員。土地探し、拠点作り、サイトの整地、管理棟作りなど、家族4人で挑戦していく。SNSもゆっくり更新中です~

↓夫(てでぃ)のブログ「キャンプ場を作ろう!」 https://teddyboy8.com/