東海のアウトドアイベントが熱い!水と緑のmarche & FIELD STYLE picnic

2019.06.04


ちらしをもらい中へ進んでいきます。まずは、入口から一番近い左のBゾーンから見ていくことにしました。

この日は、すでに立っているだけでも汗が出てくる状況でしたが、常にどのブースもたくさんの人でにぎわっていました。

芝生が拡がるスペースには珍しい形のテントブースがありましたが、こちらは組み立て方がとても気になるデザインのテント。この時間の日差しの下のテント内はものすごく暑そうなので、外から見てしまいました。

そして最近人気のあるドライフラワーやグリーンなど、植物が展示されているブースもたくさん参加していました。グリーンだけのショップや、カラフルな色合いのショップまで様々おしゃれなレイアウトで展示販売していました。



他にも、オリジナルブランドのグッズを販売しているブースなどもあり、こちらはスケートボードやTシャツなどのウエアの販売をしていました。

そして、今回のフィールドスタイルで見たかったキャンプギアを取り扱っているお店も多数出展しています。こちらは、コットを販売しているブース。

OD缶やスキレットの持ち手の革小物を製作しているお店では、皮の大人っぽい色合いが落ち着いていてとてもおしゃれなキャンプギアがたくさんありました。


そして、こちらの木でデザインされた折り畳みできるテーブルは、バイクでキャンプツーリングするときも車でキャンプに行くときもかさばらないのでとても心惹かれました。
普段からキャンプ用品メーカーのキャンプギアをよく見ていたので、こういったオリジナルのキャンプギアを見ていると、新しいデザインや色合いがあり、様々な選択肢が広がると感じます。

こちらもナチュラルなデザインで統一されていて、とてもおしゃれな印象です。

レポートまとめ


今回、水と緑のマルシェ&フィールドスタイルピクニックに参加して思ったことは、とにかく東海地方でアウトドアに関するイベントが増えたということでした。その中で特にキャンプをはじめる人が多く、それに合わせてかキャンプギアなどを製作している会社やブランドも目立つようになってきた印象です。合わせて、東海地方は元々車の所有率も高く、バーベキューをする文化もすでにあったので、こういったイベントによりアウトドアやキャンプの人気はさらに高まっていくのではないかと感じています。

また、こういった大型イベントも野外で開催されることも多くなってきたので、イベントでもキャンプでもどちらに限らず、暑さ対策や水分補給にも気を付けて意識をしないといけないと実感しました。

1 2 3

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
GSD東海編集部
東海地方を中心にキャンプやアウトドアの紹介をしています。
現在はyoutubeやSNSを中心にメンバーが担当ごとに発信しています。

◆マエダハヤト(記事企画)
Instagram
https://www.instagram.com/hyt_maeda/
Twitter
https://twitter.com/hyt_maeda

◆ハマダアヤノ(ライター)
Instagram
https://www.instagram.com/gsd_tokai/
Twitter
https://twitter.com/gsd_ayano http://hamada-ayano.com/