マイナス4度のふもとっぱらで2連泊!ドキュメント72時間でも取り上げられた名所をたっぷり動画でお届けします

2019.02.03

こんにちは。タナちゃんねるのタナです。タナちゃんねるでは、キャンプ初心者のタナがキャンプギアを使ってみたり、キャンプ場に行ってみたり、キャンプ飯にチャレンジしたりしています。その中から今回は、12月に『ゆるキャン△』の聖地「ふもとっぱら」で、2連泊したときの様子をご紹介。2019年2月にNHKのドキュメント72時間でも取り上げられたキャンプ場です。ふもとっぱらの風景や、広さ、どんな雰囲気なのかわかるかと思います。
動画もありますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

ふもとっぱらに行ってみよう!

 

View this post on Instagram

 

タナちゃんねる【ソロキャンプ&飯テロ24時】さん(@tanachannell)がシェアした投稿


「ふもとっぱら」は、静岡県富士宮市のキャンプ場。標高約830mの朝霧高原にあって、漫画『ゆるキャン△』第3話の舞台となった聖地です。インスタですごくたくさんの人が写真投稿してるんで、一度は行ってみた方がいいかなと思って、今回2泊3日で見に行ってきました。

    【ふもとっぱら】

  • 住所:静岡県富士宮市麓156
  • 電話: 0544-52-2112
  • 営業期間:通年
  • 公式HP:ふもとっぱら

アクセス

東京・埼玉方面からのアクセスは、中央自動車道を「河口湖IC」でおりて国道139号線を富士宮市・富士市方面へ向かい、朝霧高原グリーンパーク入口を毛無山登山口方面に曲がって約1.5Kmです。

寄り道

今回はワークマンと、薪の専門店に寄り道しました。

ワークマン


途中でワークマンに寄って、780円のレザー手袋を購入しました。ほんとは溶接用のグローブをおすすめされたんですが、サイズが合わなかったんで。耐熱性って公式にうたってるわけじゃないやつですが、とりあえずこれを一回使ってみます。ワークマンはそういう、アウトドアでも使えるプチプラアイテムが、ちょこちょこあるみたいです。

俺の薪


中央自動車道をおりて山梨県内を走っているときに、偶然、薪の専門店を発見したので寄ってみました。広葉樹より針葉樹の方が火つきがよいそうで、焚き火をするときは段ボールや小枝を使って先に針葉樹を焚きつけて、それから広葉樹に燃え移るようにするとやりやすいんだとか。ヒノキ(針葉樹)のスウェーデントーチに実際火をつけて見せてもらいましたが、割れ目に挟んだ着火剤に火をつけて、10分くらい放っておいたら燃え上がっていてビックリ。思わず買っちゃいました。

    【俺の薪】

  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立4325-1
  • 電話:070-2632-4772
  • 営業時間:9:00~17:00(火・水定休)
  • 公式HP:俺の薪

Day1:充実の設備と広大な敷地

初日は設営で疲れてしまって、動画は少なめです。受付からテントの設営までと、晩酌の様子をご紹介します。

受付


キャンプ場についたら、まずは受け付け。係りの方がマップに印をつけながら、丁寧に説明してくれました。ふもとっぱらのテントサイトは全面、車の乗り入れがOKなフリーサイト。車で芝生も乗り込んでいいそうです。直接飲用できる水場がいっぱいあって、ウォシュレットなどトイレも充実しています!直火はNGなので、焚き火台を持って行きましょう。

広大なフリーサイト


ふもとっぱらは広大。いったい、何張テント張れるんだろっていうくらい、めちゃくちゃ広いです。因みに受付で聞いたら、年越しの予約はうまっているということでした。この広いサイトが全部うまるなんて、結構みなさん年越しキャンプやるんですね。とりあえず、どんなロケーションなのか見定めるために、車で一周回ってみました。富士山が綺麗に見えるところと、あんまり見えないところがあります。どこに陣取るか、重要だと思いました!

テント設営


水場が近くて、トイレもそれほど遠くなくて、景色のいいところ!そんなロケーションを探して、テントを設営しました。今回使ったテントはモンベル(mont‐bell)のクロノスキャビン 4型、タープはテンマクデザインのムササビウイング13ft.TC“焚き火”versionです。地面が芝なので、ペグ打ちは問題ありませんでした。テントの設営が終わったら、次は焚き火のための火おこしです。火打石を入手したのでやってみましたが、これはだめでしたね。結局ライターでつけました。

モンベル(mont‐bell) クロノスキャビン 4型
モンベル(mont‐bell) クロノスキャビン 4型 1122629 サックス SX
モンベル(mont‐bell) クロノスキャビン 4型 1122629 サックス SX
構成:テント本体1、フライシート1、本体ポール1組、サブポール1本、ひさし用ポール2本、φ3mm張り綱6本、19cmアルミピンペグ15本、ポール応急補修用パイプ1本
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
●素材:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm ●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
Jekeno ペグハンマー
ペグハンマー テントハンマー キャンプハンマー 軽量 Jekeno
ペグハンマー テントハンマー キャンプハンマー 軽量 Jekeno
サイズ:約325×110mm 重量:約380g材料:高炭素鋼
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

湯煎で熱燗


さすがに12月です。この日の夜は、気温1℃くらいになりました。普段はビールが好きなんですが、これだけ寒いと、身体の温まる日本酒が欲しくなります。熱燗最高!お酒があまり強くないんで、カップ酒もすぐには飲み切らないんですが、湯煎しとけばアルコールも飛ばず、温かいまま飲めるのでおすすめです。この日のつまみは、巨大なしいたけ。鉄板で焼いて、醤油をたらすだけ!めっちゃうまいです。

カルピスウィスキー


最近、スキットルを買ってみました。スキットルって、なんか憧れですよね。ロシアの人が、ここから直接ウィスキー飲んでるみたいなイメージで。今回、そのスキットルにウィスキーを入れて持ってきたんで、カルピスウィスキーを試してみました。カルピスの原液を水で割って、湯煎しながらウィスキーをたらすだけですが、ほんとにおいしいです。身体も温まるし、カルピスやウィスキーの量を変えれば、甘さも酒の強さも自分で調節できます。カクテルみたいな、甘い酒が好きな人におすすめです。みなさん、一度ぜひ試してみてください。

Day2:キャンプ料理と自然を満喫

キャンプ2日目はふもとっぱらを散策して、いろんなキャンプ料理に挑戦しました!

朝食はホットケーキ


2日目の朝は、八ヶ岳牛乳でホットケーキに挑戦しました。牛乳を入れて揉んで、搾り出すタイプのやつです。初めはクッカーで挑戦したんですが、ダメですね。大失敗。ちゃんと油も塗ったんですが、めっちゃこびりついちゃいました。クッカーでホットケーキは焼けないようです。もったいないので、残りの分は鉄板で。僕の使っているWOOPsの「アウトドア野外鉄板」はとても小さいんですが、6mm厚の極厚鉄板で蓄熱性が高く、じっくり火が通るのが特徴です。ホットケーキも、すごくきれいに焼けましたよ!味もおいしかったです。

WOOPs Outdoor Products アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO
アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO 【6mm厚の極厚コンパクト鉄板】
アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO 【6mm厚の極厚コンパクト鉄板】
外形寸法 148mm×150mm×6mm
重量   約1100g
鉄板(6mm)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

火吹き棒最高!


午前中はやや曇り気味でしたが、富士山は見えてました。朝食の後は、キャンプ場内の林で薪拾い。直径10cmくらいの、いい感じの太さの木が落ちてましたが長かったので、ノコギリでカットしました。割らずにそのまま、消えかかっていた焚き火に投入!火吹き棒のおかげで、あっという間に火の勢いが復活しました。

Seebo 火吹き棒
Seebo 火吹き棒 火起こし 火吹き ふいご 焚き火 バーベキュー 暖炉 炭 薪 /シンプル 耐久 コンパクト 携帯 火吹きだけ カラビナ付き収納袋
Seebo 火吹き棒 火起こし 火吹き ふいご 焚き火 バーベキュー 暖炉 炭 薪 /シンプル 耐久 コンパクト 携帯 火吹きだけ カラビナ付き収納袋
● サイズ:火吹き棒-直径φ5mm~φ10mm 伸縮長さ130mm~620mm
● 重量:合計 42g(火吹き棒-26.4g 収納袋-15g)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

昼はメスティンで弁当風


昼は例の野外鉄板で、豚肉とキムチの鉄板焼きにしました。ただ鉄板で焼くだけですが、めっちゃうまいです。メスティンで米も炊いてみましたよ。焦げ付いたりせず、案外、うまく炊けるもんですね。

trangia(トランギア) メスティン
trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
サイズ/16.5×9.0×6.5cm。
重量160g。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ふもとっぱらを散策


午後は、キャンプ場の中を散策しました。インスタでよく見る逆さ富士が映る池は、コテージの近くです。天気はいまいちでしたが、バッチリ映っていましたよ(上の写真は、3日目朝のもの)。それから、食べられるやつかは分かりませんが、林の中では立派なキノコを発見。毛無山からパラグライダーが飛んでいるのが見えて、とてものどかな雰囲気です。夕方になって雲がとれると、隠れていた富士山の山頂が顔を出しました。夕日で薄っすら赤く染まって、本当に綺麗です。今シーズンは雪が少ないようで、富士山は上の方だけ雪が被っていました。

夜は豪華に肉三昧


まずは、鉄板で極厚ステーキです。小さな野外鉄板からはみ出しそうなステーキ肉を、バターとガーリックでソテー。宮古島産の雪塩でいただきます。

雪塩
雪塩 120g
雪塩 120g
内容量:120g
原材料:海水
商品サイズ(高さ×奥行×幅):40mm×120mm×190mm
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

次に、野菜の豚バラまき。レタス、エノキ、ネギをそれぞれ豚バラで巻いて、串焼きにします。串焼きは、具と具の間をちょっとずつ空けて刺すのがポイントです。そうすると火が均一に通って、生焼けになりにくいので。網が使えない状態だったんで、レタスは焚き火で焙り焼き、エノキとネギは交互に刺して鉄板で焼きました。

レタスは豚肉とめちゃくちゃ合います。あえて大きくしたんですが、もう少しレタスを少なくすれば、一口で食べやすかったかも。またエノキは、豚バラをただ巻いただけで、こんなにうまいとは驚きました。すごくおいしいです。ぜひみなさんも、いろんな野菜を豚バラで巻いてみてください!

星空の下マイナス4℃のテント泊


この日の朝は曇っていたけど、夜は快晴となりました。テントの上は、満天の星空。すごく綺麗でした。空気が澄み渡る、冬ならではの景色です。最低気温がマイナス4℃まで下がったんで寒かったですが、モンベルのダウンハガーEXPがあったので、夜はロンT1枚で快適に眠れました。

Day3:霜の降りる朝

キャンプ最終日の朝は、放射冷却で霜が降りました(最初のインスタ画像が、そのときのものです)。

寒い朝はポトフで温まる


朝がすごく寒かったから、朝食は牛乳仕立てのポトフにしました。レタス、玉ねぎ、ウィンナー、トマトを牛乳で煮込んで、コンソメで味を調えたら完成です。おいしいし、身体が温まります。出発前のデザートに、小豆も食べました。缶のまま、砂糖を山盛りかけて加熱するだけなんで、簡単です。

立ち寄り温泉

 

View this post on Instagram

 

めいさん(@meichan0804)がシェアした投稿


温泉は近くの『風の湯』へ行ってきました。ふもとっぱらから車で20分ぐらいです。

    【あさぎり温泉 風の湯】

  • 住所:静岡県富士宮市上井出3470-1
  • 電話:0544-54-2331
  • 営業時間:10:00~22:00(火曜定休)
  • 公式HP:風の湯

まとめ


ふもとっぱら2連泊、景色最高でした。こんな寒い中のテント泊は初めてで不安でしたが、大丈夫でした!火吹き棒最高!熱燗最高です!

以下のタナちゃんねるのYouTube動画とSNSのチェックもよろしくお願いします!

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCP1hGh6tV50pS_5yTPi0mgQ

instagram:https://www.instagram.com/tanachannell/

Twitter:https://twitter.com/tanachannell

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 安いおすすめテント12選|初心者向け入門用、ソロから家族向けも!
  2. 山って買えるの?はじめて山の購入を考えている人が読むまとめ
  3. 由布岳の登山は初心者OK!おすすめのコースやアクセス情報を紹介!
  4. ブッシュクラフトナイフ選び方|キャンプに使えるおすすめ人気ブランド
  5. サコッシュとは?他のカバンとの違いからおすすめ品まで一気にまとめてみた

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。