登山初心者へ水筒のススメ|水筒は地球を救う

引用:アマゾン
もしも、あなたが登山は今回だけ、続けようと思わないで、環境問題も意識しないのなら、ペットボトルで構いません。でも、今後も登山を続けたいと思っているのなら、ぜひ、登山用水筒をおすすめします。今回は、登山初心者のあなたに、登山用水筒の種類やおすすめアイテムをご紹介します。

キチンと知ろう、登山用水筒の役割や種類

@oo__hanaがシェアした投稿

登山での水筒の役割や種類を知れば、自然とペットボトルでは役割不足であることはわかってくると思います。機能的な面もありますが、使い捨てでは無いということが大きな違いです。

プラスティックタイプ…軽くて丈夫

軽量で扱いやすく、透明なので残量がわかります。ペットボトルと同じようなイメージですが、衝撃や破損に強い素材で作られていますので、誤って落下しても、ペットボトルのように破損する可能性が低くなっています。また、クエン酸などの酸にも強いためスポーツドリンクを入れることもできます。

登山やハイキングで、手製のスポーツドリンクを持ち歩きたい方におすすめです。

ハイドレーションタイプ…いつでも摂取できる

hirokinaoeさん(@nao.e.h)がシェアした投稿

バックパックの中にセットし、チューブ状の吞み口を肩の付近に出しておくことで、登山中いつでも水を飲めるようにしているシステムです。登山での水補給の理想である、少しずつ多頻度に摂取することができます。

水補給のため、バックパックを下すのが面倒な方や、トレイルランなどにおすすめです。

金属製タイプ…頑丈で保温保冷可能

ベースキャンプさん(@basecampsaga)がシェアした投稿

ステンレスやアルミでできている水筒で、登山用のものはボディの周りにキズや破損防止のラバーが付いています。魔法瓶タイプのものは保温保冷ができます。今回ご紹介した種類の中では一番頑丈なタイプですが、少々重量があります。

いつでも冷たいもの、温かいものを飲みたい方におすすめです。

登山用水筒の選び方

julien jorroさん(@julienjorro)がシェアした投稿

登山用水筒の選び方は、前出の種類の中で、登山の時期や好みで選ぶことになります。

厳冬期の登山

厳冬期登山では体温維持のため、できるだけ温かいものを摂取することが望ましく、その場合は金属タイプの、ステンレス保温ボトルがおすすめです。

夏場の登山

夏場など、熱中症予防のため、できるだけ多頻度に水を摂取したほうがいい場合は、ハイドレーションタイプがおすすめです。

スポーツドリンクを飲む

登山中、スポーツドリンクを飲む方も多いでしょう。金属の水筒場合は、製品よっては内部の酸による腐食防止のためスポーツドリンクなどの使用ができないものがありますが、プラスティックの場合はその心配はありませんのでおすすめです。

登山用水筒のお手入れ

kijieeさん(@papapapandaful)がシェアした投稿

登山用水筒は、使用後は必ず洗浄しましょう。それぞれの製品の取扱説明書に従って、洗浄することをおすすめします。専用のクリーナーなども発売されていますので、使用して常に清潔に保つようにしましょう。

サーモス マイボトル洗浄器スターターセット APA-800 & APB-150
サーモス マイボトル洗浄器スターターセット APA-800 & APB-150
製品仕様:●洗浄器 本体上・下:ABS樹脂 電極棒:ステンレス鋼 キャップ:シリコーン 計量スプーン:ポリプロピレン ●漂白剤 液性:弱アルカリ性 成分:過炭酸ソーダ
原産国:日本

サーモスステンレスボトル用の洗浄セットです。

登山用水筒おすすめ3選

たけちゃんさん(@take_bou)がシェアした投稿

ここからは、それぞれの種類ごとに、おすすめの製品をご紹介します。

プラスティックタイプ

nalgene(ナルゲン) OTFボトル グレイシャルブルー 91394
nalgene(ナルゲン) OTFボトル グレイシャルブルー 91394
耐熱温度:本体/100℃、キャップ/120℃
耐冷温度:本体/-20℃、キャップ/0℃
容量/約650ml
ワンプッシュオープンシステム

プラスティックタイプ水筒の代表格である、ナルゲンボトルです。広口タイプで蓋を取って開けるタイプもありますが、この水筒は、片手でボタンを押し、蓋をワンタッチで開けることができるため、手軽に使用できます。登山中は、グローブを片手に持ったり、あまり両手を空けたくないものなので、ワンタッチで使えるのは便利です。

ハイドレーションタイプ

Platypus(プラティパス) ホーサー 2.0L 25025
Platypus(プラティパス) ホーサー 2.0L 25025
この製品の特長は、ホースとタンクのつなぎ目が、通常のペットボトルの蓋を使える事です。もし、専用品を無くしても、ペットボトルさえ手に入れれば、蓋を流用できるので困りません。この蓋が活躍する時は、ホースを外せば、水タンクとして使用できるようになり、テント場などで水の持ち運びが可能になります。テント泊での水筒としておすすめです。
容量:2.0リットル
サイズ:17.5×42cm

金属タイプ

THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル500ml FFX-500
THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル500ml FFX-500
0.5リットル
本体寸法(約):幅/7cm×奥行き/7cm×高さ/23.5cm 口径:3.6cm
本体重量:約0.28kg

ステンレス真空ボトルにより、温かい飲み物や、冷たい飲み物を長時間保温可能です。特に、厳冬期の温かい飲み物は非常に有効で、体温を下げずに水分摂取ができます。ボディや底に衝撃吸収できるシリコンカバーが付いているので、キズや破損を気にせずに使用できます。登山中は疲れで、モノを乱暴に扱いがちですが、このボトルであれば耐えてくれます。でも、極力、大事に扱いましょうね。

登山用水筒で環境を守ろう

今、世界的でプラスティックゴミが問題になっています。ペットボトルのリサイクルはコストの問題などで、リサイクル事業自体も曲がり角に来ています。これらの問題を解決するには、ペットボトルを極力使わない事でしょう。あなたも、登山用水筒で、地球の負担を軽くしませんか?

水筒の事なら、こちらの記事もオススメ

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。