お風呂とキャンプの両方を楽しむ!温泉のあるキャンプ場(関東東北編)

広告
2017.07.18

引用:pixabay.com
汗をかきながらテントを設営し、火をおこしてBBQで盛り上がる……でも「その後、寝る前にお風呂に入れないからキャンプはちょっと」と思っている人も少なくないでしょう。シャワーのあるキャンプ場もありますが、やっぱり思いきり足をのばして湯船に浸かったり、ゆっくり体を洗ったりして1日の疲れを落としたいものです。そんなときは、温泉&キャンプが楽しめる場所に出かけましょう。おすすめのキャンプ場をご紹介します!

温泉が楽しめるキャンプ場・東京近郊編

25_1_20170709引用:足成
首都圏から近い、温泉のあるキャンプ場をご紹介しましょう。

1. ザ ファーム(千葉県)

THE FARMは、千葉県の香取市にある農園リゾートです。森の中と川沿いの2種類からエリアを選ぶことができ、お洒落なグランピング場やコテージもあります。そして広大な敷地の中には純和風の天然温泉が!カフェやBBQなど盛りだくさんで楽しめるのでキャンプ初心者やお子さん連れ、女子会などにもオススメです。
25_2_01_20170709■ 引用・公式HP→http://www.thefarm.jp/

2.スプラッシュガーデン秩父(埼玉県)

大自然に囲まれた7000坪の広大な芝生の敷地では、バンガローが全11棟のほか、オートキャンプやディキャンプが楽しめます。そして、敷地内には日帰り源泉温泉「梵の湯」や、ワンちゃん用のドッグスパもあるのでペットと一緒に温泉&キャンプを楽しみたい人におすすめです!
25_2_02_20170709■ 引用・公式HP→http://www.sg-chichibu.co.jp/

3.勝浦つるんつるん温泉オートキャンプ場

オートキャンプ場、冷暖房付きのログキャビンがあるキャンプ場で、近くには川も流れているので川遊びも楽しめます。また、温泉は神経痛や皮膚病などの効果があるといわれています。
25_2_03_20170709■ 引用・公式HP→http://katuuraonsen.com/camp/camp.html

温泉が楽しめるキャンプ場・関東東北編

25_2_20170709引用:ぱくたそ

関東・東北の、温泉のあるキャンプ場をご紹介しましょう。

1.羽鳥湖高原レジーナの森(福島県)

ここではペット同伴OKのキャンプ場がホテルの敷地内にあります。プライベート感のある区画されたオートキャンプ場で、ランドリーや炊事場などもありキャンプ用品のレンタルもできます。滞在中は天然温泉「彩光の湯」や室内プール・庭園露天風呂も利用でき、ワンちゃんスパやエステもあるので愛犬連れでどうぞ!
25_3_01_20170709■ 引用・公式HP→http://www.reginaforest.com/spa/index.html

2. ほったらかしキャンプ場(山梨県)

標高約700メートルに位置しているので、抜群の景色を楽しむことができるアットホームなキャンプ場です。300メートルほどのところにあるアルカリ性単純温泉「ほったらかしの湯」は、早朝から入れるので朝日を眺めながら温泉に浸かることができます。
25_3_02_20170709■ 引用・公式HP→http://hottaracamp.wixsite.com/camp

3. いなかの風

体験型オートキャンプ場「いなかの風」では、オートキャンプやグランピングを楽しみながら自然体験や農業体験を楽しめます。天竜川の舟くだり用の廃船を利用した展望露天風呂があり、アルプスを眺めながらの入浴は、日常の疲れを癒してくれるでしょう。
25_3_03_20170709■ 引用・公式HP→http://inakanokaze.com/

温泉が楽しめるキャンプ場・関東編

25_3_20170709引用:ぱくたそ
関東の温泉のあるキャンプ場をご紹介しましょう。

1.塩原グリーンビレッジ(栃木県)

オートキャンプ場・ログハウス・日帰り温泉・貸切露天風呂・ダッチオーブンレストラン・レクリエーションなど施設が充実しているのが「塩原グリーンビレッジ」です。カップル・ファミリー・グループなどさまざまなニーズに合うでしょう。自家源泉かけ流し100%の天然温泉が自慢です。
25_4_01_20170709■ 引用・公式HP→http://www.shiobara-gv.net/index.html

2.鬼怒川温泉オートキャンプ場(栃木県)

山に囲まれた鬼怒川沿いに位置するオートキャンプ場で、渓流沿いでBBQを楽しめます。また、ファミリー向けの釣り堀もあり釣った魚は炭火で塩焼きにすることもできます。そして、敷地内にある「上滝乃湯」では、内湯と露天があり渓流を見下ろしながらゆったりとした気分で入浴を楽しむことができます。
25_4_02_20170709■ 引用・公式HP→http://www.kinugawa-camp.jp/index.html

3.花の森オートキャンピア(山梨県)

季節の花に囲まれたオートキャンプ場や本格的なフィンランド製のログハウス・キャビン・ログコテージなどあるキャンプ場です。常に41度に保たれオゾンで殺菌した清潔なお湯のお風呂や、6月下旬〜9月下旬限定のジェットプールやジャグジーもあります。
25_4_03_20170709■ 引用・公式HP→http://www.hananomori.jp/

4.メープル那須高原キャンプグランド(栃木県)

森林に囲まれたメープル那須高原キャンプグランドでは、オートキャンプ・キャビン・ロフト付きのマーブルハウスなどがあります。また体験イベントや釣り堀、BBQハウスなども充実しているのでカップルでもファミリーでも楽しめるでしょう。男女別の内風呂や露店風呂があります。
25_4_04_20170709■ 引用・公式HP→http://www.maple-nasu.com/index.html

ちょっとリッチに東京でキャンプ&温泉を楽しむ

25_4_20170709引用:ぱくたそ
新豊洲駅から徒歩2分というアクセスのよい環境にあるのが「WILD MAGIC」です。「GRAMOROUS BBQ」をテーマにした非日常的な都会型のアウトドア空間で、さまざまなエリアがあります。食べて遊んだ後は、近くにある温泉へGO!日帰りで楽しめるのが魅力です。
25_4_05_20170709■ 引用・公式HP→http://wildmagic.jp/

・白山湯:人口炭酸温泉が有名(東京都江東区枝川1丁目6−15)
・大江戸温泉物語:日帰り・宿泊型の温泉施設(東京都江東区青海2丁目6番3号)
・軟水銭湯・月島温泉:月島のもんじゃストリートにある温泉( 東京都中央区月島3丁目4−5)

温泉&キャンプに持って行きたい便利なアイテム

25_5_20170709引用:Amazon
温泉好きの女子は多いものですが、「ヘアケア・ボディケア・スキンケア用品など持ち物が多いのがちょっと面倒」……という人は少なくありません。ただでさえ、キャンプグッズを持って行かなきゃいけないのに、温泉アイムが増えると大変ですよね。そんなときにおすすめなのがシャワーバッグです。必需品がひとまとめにでき携帯しやすいだけではなく、濡れてもすぐに乾くので重宝します。バッグ型になっているので、そのまま車にポンと置くだけでOK!温泉&キャンプにおすすめです!

浴室収納バッグ バスルームシャワーバッグ
浴室収納バッグ バスルームシャワーバッグ
サイズ :約38cm×20cm×20cm
素材:ポリエステル+ゴムメッシュ
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

温泉グッズや洗面道具、ヘアアクセサリーなどをひとまとめに収納できるので便利です。メッシュ素材なので、軽くて濡れてもすぐに乾くだけではなく物が探しやすいのもメリットです。

キャンプの疲れは温泉でゆっくりと癒そう!

キャンプのあとに、ゆっくりと手足をのばして温泉に浸かるのは気持ちがいいものです。春夏は動いてかいた汗を流すことができますし、秋冬はアウトドアで冷えた体を温めることができます。キャンプはゆったりした気分で楽しみたいな〜という人におすすめです!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。