ボルダリングの服装にお悩みの人!必要なアイテムとコーデ方法を教えます!

広告
2017.04.01

引用:pixabay.com
2020年東京オリンピックで、「スポーツクライミング」が正式種目となり注目を集めているのが「ボルダリング」です。天候に関係なくオールシーズン楽しめ、会社帰りに気軽にジムへ通えるのも魅力でしょう。ボルダリングはシューズとウェアだけで始められます。でも、ボルダリングの服装ってどんなものを選べばいいのでしょうか?ここでは、ボルダリング用の服装選びのポイントやコーディネートのコツなどをご紹介します。

ボルダリングの服装「基本アイテム」はこれだ!

77_01_20170225引用:pixabay.com
男性でも女性でも、ボルダリングに必要なアイテムは、トップス・ボトム(パンツなど)・シューズ・靴下の4つになります。また、女性で髪の長い人は視界のジャマになるので、シュシュやターバン、ヘアゴムなどのアイテムも忘れずに準備しましょう。ボルダリングの服装にルールはありません。ただし、安全面や動きやすさなどを考えて選ぶ必要があります。どのようなことに気を付けて選べばいいのでしょうか?次の項で詳しく説明しましょう。

ボルダリングの服装選びで気を付けたいポイントは?

77_2_20170225引用:pixabay.com

1.素材

ボルダリングの服装は、Tシャツなどのトップスと、ショートパンツやロングパンツなどのボトムが基本です。デザインは好みのものを選べばいいのですが、気を付けたいのは「素材」になります。ボルダリングは手足を動かすスポーツなので、動きやすい素材を選びましょう。伸縮性がある柔らかい素材のウェアがおすすめです。また、ジャージなどは動きやすいのですが、ボルダリングをやっていると重たく感じます。クライミングウェアやトレーニングウェアなどのほうが、機能面で優れているので動きやすいでしょう。

2.女性がNGのウェアとは?

ボルダリングは壁を登るスポーツです。ほかの人が下から見上げることが多いので、ウェアの「丈」と「幅」には注意してください。短くて幅のあるショートタイプのTシャツだと、お腹やブラジャーまで丸見えになってしまいます。また、ゆとりのあるショートパンツも太ももから下着まで見えてしまうので気を付けましょう。

3.綿100%はNG

トップスでもボトムでも、綿100%の服装は避けてください。ボルダリングは意外と汗をかくスポーツです。綿100%のウェアは汗をよく吸い取りますが、乾きにくいのが難点です。肌にピタッと貼りついたり、まとわりついたりするので動きづらいでしょう。

ボルダリングの服装〜おすすめのコーディネート〜

77_3_20170225引用:pixabay.com
男性・女性別、季節にあったおすすめのコーディネートをご紹介しましょう。

秋冬編

【男性】
ボトムはロングサイズかハーフサイズのパンツ。トップスは、長袖か半袖のTシャツが基本です。また、秋冬は休憩している時間に体が冷えるので長袖のフリースジャケットやパーカーなどがあるといいでしょう。
【女性】
ボトムは、ロングサイズかハーフサイズのパンツ(スパッツやレギンス、アウトドア用タイツとの重ねばき)。トップスは、長袖か半袖のTシャツが基本です。女性の場合は、半袖のTシャツの下にヒートテックの長袖などを重ね着している人も多い見られます。男性同様、軽い素材の羽織物があると重宝します。

春夏編

【男性】
秋冬:ボトムはハーフサイズのパンツ。トップスは、半袖のTシャツが基本です。
【女性】
ボトムは、秋冬と同じです。トップスは、ぴったり目の半袖のTシャツや、幅広でショート丈のTシャツにタンクトップの重ね着をしています。

初めての人はボルダリングの服装を選ぶときに、オーソドックスでシンプルなアイテムを選ぶことが多いようです。けれども、ちょっと派手目のカラーや柄のほうがカラフルなボルダリングジムにもマッチしますし、「よし、やるぞ!」というモチベーションもあがります。気分が明るくなるようなビタミンカラーなどもおすすめです。

ボルダリングを楽しむ人に人気のブランドとは

77_4_20170225引用:mammut.ch
ボルダリングの服装は、素材や動きやすさなどに気を付ければ基本的にどこのブランドを着ても構いません。でも、初めてだと「皆さん、どこのブランドのウェアを着ているのかな」と気になりますよね。そこで、人気のあるブランドをご紹介しましょう。

マムート(MAMMUT)

スイス生まれのマムートは、黒いマンモスのシンボルマークで知られている人気ブランドです。Tシャツもパンツもマムートでコーディネートしているファンもいます。

インガ(inga)

日本生まれのブランドで、裾広がりで丈を調節できるパンツが人気です。プロクライマーがプロデュースしています。

ドラゴンクライマー(DragonClimber)

香港生まれのブランドで、個性的でカラフルなデザインが特徴です。価格もリーズナブルなので若い世代に人気があります。

ヘビー(heavy.)

ボルダリングはデニムのように動きづらい素材は向いていませんが、このブランドのデニムは動きやすいと評判です。動きやすく登りやすいデニムを使ったパンツは、クライマーにも人気のアイテムとなっています。

意外と着ている人が多い、ファストブランドウェア!

77_5_20170225引用:uniqlo.com
ボルダリングは初めてなので続けられるか不安という人もいるでしょう。そんな人には、リーズナブルな価格でトップスとボトムを購入できる「ユニクロ」がおすすめです。「ボルダリングウェアにユニクロ」とは、意外な感じもしますが、実はボルダリング愛好家の中でもユニクロを愛用している人は多いのです。リーズナブルでカラーも豊富なためいろいろとコーディネートが楽しめるのも魅力でしょう。「ボルダリングの服装選びで気を付けたいポイントとは?」の項目で挙げた注意点に気を付けて選んでください。

ボルダリングの服装は色やデザインで楽しもう!

77_6_20170225引用:ぱくたそ
ボルダリングは基本的に何を着てもいいので、逆に「何を着ていいのか迷ってしまう」という人が多いのです。けれども、注意するポイントさえ抑えればあとは自分の好みで選んでも大丈夫!せっかくスポーツをするのですから、普段着ないような色やデザインの服装を選んで、ボルダリングを楽しんでくださいね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。