持ち物を軽量化して登山を楽しもう!装備品の軽量化のススメ

2017.04.14

引用:pixabay.com
登山をしていると、背中に背負った持ち物が肩に食い込み、重たいと感じてしまうことがありますよね。そう思ってもこの持ち物の全ては安全な登山のために必要だから、重くても仕方がないと諦めていませんか?でも、諦めてはいけません!持ち物をもっと軽くする方法があるはずです。今回は登山の持ち物を軽量化する方法をご紹介します。

持ち物を減らせ!楽しい登山は軽量化が決め手

62_1_01_20170222引用:pixabay.com
登山装備は何かと重くなりがちですが、重たい持ち物は長時間の登山においては、体力の消耗を招きますよね。では、どうすれば持ち物の軽量化ができるのでしょうか?

何でも持って行く癖をなくそう!

人はどうしても快適さを求めてしまいますが、そうするとどうしても持ち物が増えてしまいます、登山における快適さとは何でしょうか?登山における快適さを、長時間歩き続けるときの快適さと考えると、足もとがしっかりしていることと、背負ったリュックが軽いこと以外の何物でもありませんので、それ以外の快適さのためのアイテムを持って行くのを止めましょう。

持ち物を広げて必要なものを吟味する!

2泊3日で登山に行くときを想定して、持ち物を集めて広げてみてください。それを1品ずつチェックリストで、本当に必要かなのかをチェックして、持ち物をシェイプアップしましょう。以下に挙げるような登山には不必要なものが、たくさんあるのではありませんか?
・財布の中に入った山では使わないクレジットカード類
・山では使わない鍵の束
・重たい電気シェーバー
・大きなボトルに入った化粧品類
・宿泊日数分以上の着替え
・何かに備えて持って行くバッグ
・雨具やジャケット以外の不要なアウター

目安は5キログラム!持ち物を徹底的に軽量化しよう!

62_3_20170222引用:pixabay.com
登山に不用な持ち物を排除しても重たい場合は、徹底的に持ち物を見直して軽量化を図りしょう。

軽い装備品に買い替える!

登山に必要な装備品自体が重たい場合は、思い切って買い替えることを視野に入れてください。リュック、シューズ、レインウェア、シュラフ、食器類、衣服、その他の全ての装備を軽量化するのです。もちろんお金がかかりますから、1度に全てを買い替えることはできませんが、時間をかけて少しずつでも軽量化を目指しましょう。

食料品の軽量化を考える!

重量がある食料品ほど重たくなりがちですが、食の全てをカロリーメイトなどにしてしまうとストレスがたまってしまいます。食はメリハリをつけてバランスよく考えましょう。重さもありかさばる無駄な包装を取り、1食分ずつジップロックにまとめて整理してください。

事前準備で交換備品をなくす!

ライトの電池が切れそうだから電池を持って行く。ストーブの燃料が少なくなっているから燃料を持って行く。それでは荷物になるし、重たくなりますよね。これらを止めて、新しいものを持って行けば荷物も少なく軽量化もできます。

小物類の軽量化を考える!

化粧品や調味料などは、小さなボトルで必要な分だけを持って行くようにしましょう。

自分の趣味には贅沢にお金をかけよう!

62_2_01_20170222引用:GAHAG
ここまでは、ものを少なくして徹底的に軽量化を図ってきましたが、趣味の装備を減らしすぎると、山での楽しみが半減してしまします。カメラなどの趣味の装備は吟味して、持って行く程度にしておきましょう。重たい一眼レフカメラは、軽くてコンパクトなミラーレスに買い替えてしまうという方法もあります。ただし、重たくてかさばる三脚を持って行くより、手ブレをしないように自分の技術を磨いたり、手ブレしにくい高性能のカメラにしたりしてください。また、一眼レフカメラのレンズは、たくさん持って行ってもどっちつかずの写真になりがちですので、遠距離用と近距離用に絞りましょう。

登山での持ち物の軽量化のまとめ

62_3_01_20170222引用:ぱくたそ
登山の持ち物を軽量化するには、まず自分の持ち物に無駄がないかを確認する必要があります。山で使わないものが入った重たい財布や、キーホルダーなど見直せば、かなりの軽量化ができます。また、装備の重さを量り、重たいものを軽い素材のものに買い替えることも重要です。装備をできるだけ軽量化して、快適な山歩きを楽しみましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。