アウトドア用品買取『マウンテンシティ』社員のガチキャンパー達にテント遍歴を尋ねてみた【vol.01】

2019.02.05

こんにちは。そして初めまして。

マウンテンシティのメディア事業部の谷と申します。

突然ですが、以下が先月のことです。

dummy

え、マウンテンシティのメディア事業部に異動!?
山とかキャンプに最後に行ったのは小学校低学年の頃に親父に無理やり連れて行かれたのが最後なんだけど!大丈夫かこれ!?

dummy
上司

谷クン、とりあえず企画記事1発、書いてみてくれる。できる?

dummy

もちのろんです!

威勢の良い返事をしたのはいいものの、全くもってマズいことになりました。

山もキャンプも何も知らない男にはかなりの難問です。

dummy

…やばいなぁ

 

そこで社内にいたバイヤーのキャンプ好き好青年にヘルプを求めることに。

dummy

そういえばホリ君ってキャンプやるんだっけ?

dummy

そうですね、やりますよ

dummy

マウンテンシティのメディアに企画記事を書くことになってさ。なんか良い企画案ない?

dummy
うーん、谷さんが山もキャンプもやらないならインタビューとか?
dummy

インタヴュー?いいね!
なんのインタヴューがいいかな?

dummy

え…?キャンパーならテントとかですかねえ…

dummy

テント?いいね!
じゃあホリ君、テントのインタヴューさせて

dummy

コイツ…
あとインタ「ヴュー」ってうざいな

ホリ君について

テントについてのインタヴューの前にホリ君のキャンプ歴について尋ねました。

なんとキャンプを始めたのが16歳で、そのほとんどがソロキャンプということ!

10代の頃、バイクでソロキャンプに出掛けて、山道の路肩にバイクをとめ、山中に踏み入ってキャンプを楽しんでいたところ、その停められたバイクを見かけた警察が自殺者と勘違いし、一斉捜索をされた経験もある猛者です。

これはディープな話が聞けそうですね。

キャンプ歴 8年
キャンプに行く頻度 月に2,3回
そのうちソロの割合 8割
好きなキャンプ地 鳳来湖キャンプ場
ギアの選び方 キャンツー派なのでコンパクトさ重視

 

孤高のソロキャンパー ホリ君のキャンプスタイル

dummy

さっそくテントのことについて聞いていきたいのですが、その前に!
そもそもテントってどうやって選ぶものなんですか?

dummy

最初はデザインだったり、何人用なのかで選ぶ人が多いと思います。
僕はキャンツーがメインなので、重さが多少あってもいいのですが、コンパクトさを重視しています。

dummy

ちょっと待ってください。キャンツーとは何でしょうか?
パンツ〜なら履いているのですが。

dummy

キャンツーっていうのはキャンプツーリングの略で、バイクでキャンプに行くことです。

キャンプツーリング!また一つべんきょうになりましたね!

次ページではいよいよガチキャンパーのテント遍歴を尋ねました!

1 2 3

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  2. 山を買う⁈プライベートマウンテンのために必要な山林売買の基本まとめ
  3. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  4. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  5. 北海道に自生する山わさび | おススメ食べ方と栽培方法

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。