ローストビーフの作り方!キャンプでできる簡単レシピ

2019.01.03

引用:Pixabay

キャンプといえば、バーベキュー。でも、いつも同じだと飽きますよね。子供や仲間に「また?」と言われないためにも、キャンプ飯のバリエーションを増やしたいもの。そこで今回は、キャンプでできる「ローストビーフ」の作り方をご紹介します。簡単・手軽にできて、バーベキューより低カロリー♪ 女性にも喜ばれる肉メニューです!定番のダッチオーブンから、湯煎、フライパン、焚火での作り方と、ソースのレシピまで紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

キャンプでローストビーフを作ろう

 

View this post on Instagram

 

kensakuさん(@pochitto.kensaku)がシェアした投稿


ローストビーフって「クリスマスなど特別な日に食べる、ちょっと贅沢な肉料理」「オーブンのような、大型の調理器具がないと作れない」そんなイメージありませんか?でも実はローストビーフって、オーブンだけでなくいろいろな調理法が可能で、とっても手のかからない簡単レシピなんです。表面を焼いて、短時間加熱した後は、基本的に放っておくだけ!限られた道具しかなくてもできますし、ほかの料理を作ったり子供たちと遊んだりと、何かと忙しいキャンプの料理にピッタリなんです。

 

View this post on Instagram

 

銀河もみじキャンプ場さん(@gingamomiji)がシェアした投稿

ローストビーフとは

ローストビーフは牛の塊肉に、じっくりジワジワ、低温で火を入れた肉料理です(低温調理)。表面はしっかり焼かれていますが、中はほんのりピンク色。表面の香ばしさと、肉汁のうまみ、それにハーブのさっぱり感が同時に味わえます。見た目が華やかなうえに、食べ盛りの子供たちや男性陣も満足するボリュームです。しかも脂身が少なく、焼き肉やバーベキューより低カロリー♪ バーベキューで疲れた胃袋にも優しいので、連泊のキャンプにももってこいです。

ローストビーフの材料(4人分)

・牛塊肉…500グラム

・塩、コショウ…各小さじ1

・ニンニク、しょうが…各ひとかけ

・ハーブ…ローズマリー、タイム、ローリエなどお好みで適量

・オリーブオイル…適量

 

View this post on Instagram

 

トーチンさん(@to_chin25)がシェアした投稿

お肉の選び方

ローストビーフの肉は、モモかロースがおすすめです。霜降り肉よりも、油脂が少ない赤身のものを選びましょう。ローストビーフはアツアツの状態ではなく、ほんのり温かいくらいの温度で食べる料理です。脂身が少ない方が冷めても固まらず、おいしくいただけます。

下準備

牛肉の全面に、塩・コショウを降ってすり込み、1時間ほど寝かせておきます。出発前にやっておくとよいでしょう。冷蔵庫やクーラーボックスなどで冷やした場合は、火の通りを均一にするため、調理前に常温に戻します。キッチンペーパーで余分な水分をふきとってから、調理してください。

ニンニク、しょうがは皮をむき、薄くスライスしておきます。乾燥スライスでもOKです。焚き火調理の場合はすりおろし、塩・コショウと一緒にすり込みます。

ダッチオーブンでの作り方

 

View this post on Instagram

 

hrn_campさん(@hrn_camp)がシェアした投稿


ダッチオーブンはもっとも手間が少なく、キャンプでのローストビーフ作りに最適です。

手順

1.ダッチオーブンに強火でオリーブオイルを熱し、ハーブ・ニンニク・しょうがを入れて、牛肉の表面に焼き色を付けます。全面に焼き色を付けてください。

2.弱火にしてフタをし、何度かひっくり返しながら、5~10分ほど蒸し焼きにします。

3.火を止めて30分~1時間ほど放置し、余熱で火が通ったらできあがりです。

湯煎での作り方

 

View this post on Instagram

 

CamTamaさん(@camper_okinawa_life)がシェアした投稿


湯煎は一番手がかかりますが、コッヘルとシングルバーナーがあれば作れます。

手順

1.コッヘルにオリーブオイルを熱し、ハーブ・ニンニク・しょうがを入れて、強火で牛肉の表面に焼き色を付けます。アルミ製だと焦げ付くので、焦げ付き防止の加工が施されているコッヘルが良いです。何度かひっくり返して、全面に焼き色を付けてください。肉汁はソースに使えるので、取っておきましょう。

2.焼き色の付いた塊肉を、ぴったりとラップで包みます。巻き終わりを隠すように、二重に包んでください。ラップで包んだ肉をジップロックに入れ、空気をしっかり抜きます。

3.コッヘルにたっぷりの湯を沸かして、ラップとジップロックで包んだ肉を入れ、弱火で5分ほど煮ます。

4.火を止めてコッヘルにフタをし、15分ほど放置します。

5.肉を湯煎から取り出して冷めるまでおき、余熱で火が通ったらできあがり!

フライパンでの作り方

 

View this post on Instagram

 

Yachiyo Arakawaさん(@yachiyo_arakawa)がシェアした投稿


フライパンでの調理は、ローストビーフを焼いた後、そのままソース作りに移れるのが利点です。

手順

1.フライパンに強火でオリーブオイルを熱し、ハーブ・ニンニク・しょうがを入れて、牛肉の表面に焼き色を付けます。全面に焼き色を付けてください。

2.弱火にしてフライパンにフタをし、何度かひっくり返して、10分ほど蒸し焼きにします。フライパンが浅くてフタができない場合は、上からアルミホイルを被せましょう。

3.火を止めて取り出した肉をアルミホイルで包んみ、上からタオルなどで巻いて保温します。そのまま30分~1時間ほど放置し、余熱で火が通ったらできあがりです。

焚き火での作り方

 

View this post on Instagram

 

Takuya .Hさん(@d.surfstyle)がシェアした投稿


調理器具が何もなくても大丈夫。焚火だけで、ローストビーフが作れます。一番ワイルドな調理法です。

手順

1.焚き火台に焼き網をセットし、牛肉の表面に強火で焼き色を付けます。焼き網がなければ、串に刺して焙ってもかまいません。何度かひっくり返して、全面に焼き色を付けてください。

2.焼き色を付けた牛肉を火からおろし、アルミホイルで二重に包みます。香りづけに、ハーブも一緒に包みましょう。途中ではがれたり穴が開いたりしないよう、しっかりきつめに巻いてください。

3.焼き網を外して、アルミホイルで包んだ肉を焚き火の炭の中に投入。焚き火内で10分~20分焼き、取り出したら、そのまま冷めるまで放置します。余熱で火が通ったら完成です。

おいしいローストビーフを作るコツ

 

View this post on Instagram

 

Mamiko Suganumaさん(@nymamine)がシェアした投稿


ローストビーフの調理法はさまざまですが、どの方法でも共通するポイントがあります。コツを押さえて、おいしいローストビーフを作りましょう!

焼く前のこと

焼きムラを防ぐため、しっかりと肉を常温に戻してから調理するのがコツです。冷蔵庫などに入れていた場合は、少なくとも1~2時間は常温にさらしておきましょう。

火の調整と加熱時間

表面を焼くときは香ばしく仕上げるために強火でさっと、その後の加熱は弱火でじっくり火を通します。加熱時間は肉の厚みや外気温にも影響されるので、あくまでも目安です。調理用の温度計を使って、温度を測りながら調理すると失敗がありません。

レア:54℃

ミディアムレア:57℃

ミディアム:60℃

ただし、火を止めた後も温度が上昇するので、3℃ほど低い温度にしておくのがコツです。

焼き上がりの見極め

金串を肉の中心まで刺し、10秒ほど待ってから引き抜きます。引き抜いた金串を唇に当ててみて、温かいと感じたらOKです。冷たいと感じるようなら、まだ生なのでもう少し焼きましょう。熱いと感じるようなら焼きすぎなので、すぐに火からおろし、保温をせずに、温度が下がりやすい環境で肉を休ませるとよいです。

火からおろしたあと

アツアツのまま肉を切り分けると、肉汁が流れ出てしまいます。30分~1時間ほど休ませて、肉の中に旨みが分散してから切るのがコツです。また、できるだけ薄く切り分けた方が、やわらかく、おいしくいただけます。

ローストビーフに合うソース(タレ)

 

View this post on Instagram

 

entyaさん(@entya.gourmet)がシェアした投稿


定番のグレイビーソースと、バリエーションのタレを2つご紹介します。

グレイビーソース

定番のさっぱりしたソースです。はちみつを入れると甘くなるので、分量はお好みで。

材料

・赤ワイン…100cc

・しょうゆ…大さじ3

・はちみつ…大さじ2

・酢…大さじ1

作り方

肉汁が残ったダッチオーブンやフライパンに、赤ワイン、はちみつ、しょうゆ、酢を加え、中火で5分ほど煮立たせます。半分ほどに煮詰まって、アルコールが飛んだらできあがり。

バターじょうゆ

ちょっぴりコクのある和風ソースです。

材料

・赤ワイン…100cc

・おろしニンニク…小さじ1/2

・しょうゆ…大さじ2

・みりん…大さじ1

・バター…10グラム

・塩、コショウ…少々

作り方

肉汁が残ったダッチオーブンやフライパンに、赤ワイン、おろしニンニク、しょうゆ、みりんを加え、中火にかけます。煮立ったらバターを加えて溶かし、塩・コショウで味を調えたらできあがり。ニンニクが苦手な方は、タマネギでもOK。

わさびマヨソース

焚き火調理などで、肉汁を取っておけなくても作れるソースです。

材料

・わさび…大さじ1

・マヨネーズ…大さじ2

・ニンニク…1かけ

・粉チーズ…小さじ1

・水…小さじ1

作り方

ニンニクをすりおろし、わさび、マヨネーズ、粉チーズ、水を加えて、混ぜ合わせるだけで完成です。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

Riku Kisaさん(@rikukisa)がシェアした投稿


キャンプを想定したローストビーフの作り方を、ダッチオーブン、湯煎、フライパン、焚火と、さまざまな方法でご紹介しました。「これなら、わが家のキャンプでもできそう!」というレシピがあったのではないでしょうか?ぜひ参考にしていただいて、次のキャンプにお役立てください!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山で遭難した時の費用負担は?知っておきたい山岳遭難費用
  2. 北海道に自生する山わさび | おススメ食べ方と栽培方法
  3. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  4. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  5. 山を買う⁈プライベートマウンテンのために必要な山林売買の基本まとめ

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。