アヒージョを作ろう!BBQ・キャンプでの作り方、人気のレシピ

引用:アマゾン
最近は、すっかり定番となった「アヒージョ」。スペインの前菜の一種で、小さな鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ食材を煮込む料理です。手軽に作れるのでBBQ・キャンプにもぴったり!具材は、魚介・肉・野菜などさまざまなものが使えるので皆でワイワイ楽しめます。これからのアウトドア料理の定番「アヒージョ」を作ってみましょう!

アヒージョ〜基本の作り方〜

Ayano Fujitaさん(@ayano0530mama)がシェアした投稿

アヒージョの作り方は実にシンプル!基本の材料は以下になります。

基本材料

2〜4人用
・ピュアオリーブオイル:1本
・ニンニク:1〜2片
・赤唐辛子:1本
・塩:少々
・イタリアンパセリ:少々

※オイルを熱するので、エクストラバージンオリーブオイルではせっかくの香りが飛んでしまいます。ピュアオリーブオイルのほうがアヒージョ向きです。食べる直前に、エクストラバージンオリーブオイルを少々かけまわし香りを楽しむのもいいでしょう。

基本の作り方

1. 小鍋にオリーブオイルを入れ、薄切りニンニク・赤唐辛子1本・塩少々を入れる
2. ゆっくり煮る
3. オリーブオイルに香りが移ったらお好みの食材を入れ火を通す
4. 仕上げにみじん切りイタリアンパセリをかける

アヒージョ〜人気の具材ベスト3〜

@namira0605がシェアした投稿

1. エビとマッシュルーム
2. タコときのこ(エリンギ・しめじ・マッシュルームなど)
3. 丸ごとホタテ

ここがおすすめ!〜BBQ・キャンプでのアヒージョ〜

キャンプでおすすめなのは、下ごしらえが簡単なアヒージョ。前項の「基本の作り方」で作ったオイルに具材を入れるだけです!

エビ・マッシュルーム・プチトマトのアヒージョ

1.むきエビの背ワタは爪楊枝で取る
2.マッシュルームはペーパータオルで表面の汚れを取り、石づきを切って半分に
3.プチトマトはヘタを取る
3.1〜3の具材を「基本の作り方」のオイルに入れて煮る

牛ステーキ肉のアヒージョ

1. 牛ステーキ肉1枚は一口大に切り、塩コショウ
2. 「基本の作り方」のオイルにローズマリーを入れ、1を投入し弱火でじっくり火を通す
3. 仕上げにパセリと黒胡椒をかける

きのことソーセージのアヒージョ

1. ソーセージは一口大に切る
2. しめじはさっと洗い小房に分ける
3. 1〜2の具材を「基本の作り方」のオイルに入れる

アヒージョはオイルもごちそう!

アヒージョは、具材やニンニクの風味が染み込んだオリーブオイルもごちそうです。一口大に切ったバゲッドにオイルを染み込ませて食べてください。

初心者が作りやすい鍋や便利アイテム

田口 健太さん(@bingo081)がシェアした投稿

アヒージョ初心者の人におすすめの鍋や道具をご紹介しましょう。

片手アヒージョ鍋

片手アヒージョ鍋15cm
片手アヒージョ鍋15cm
サイズ:口径15cm×長さ(持ち手を含む)20cm×高さ5cm
材質:陶器(美濃焼)

直火・オーブン・電子レンジに使えます。使用後は洗うだけで特別な手入れも不要。2つ持って行けば一度に2種類のアヒージョが作れますよ!

キャプテンスタッグ スキレットフライパン

キャプテンスタッグ スキレットフライパン20cm
キャプテンスタッグ スキレットフライパン20cm
サイズ:口径20cm×長さ(持ち手を含む)33.5cm高さ5cm
材質:鉄

スキレットフライパンはアヒージョ作りに最適です。お手入れは必要ですが熱伝導に優れているため美味しい料理が作れます。

鉄鋳物スキレット用木台

イシガキ産業鉄鋳物スキレット用木台
イシガキ産業鉄鋳物スキレット用木台
サイズ:18cm×18cm
材質:竹

アヒージョ鍋はそのままテーブルの上に置くと跡がついてしまうことも!木のなべ敷きが1枚あれば便利です。

アヒージョの達人になろう!

こうさん(@51.kou)がシェアした投稿

アヒージョは、BBQ網の片隅に鍋を置けば自然にできちゃいます。魚介・肉・野菜なんでも合うので、オリジナルアヒージョにも挑戦してみましょう。一口大にカットしたお餅を入れても美味しいですよ!

こちらの記事もおすすめ

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。