ジムニー車中泊で気軽にソロキャンプ!新型情報で高まる注目度

引用:pixabay

軽自動車の本格オフローダーと言えば、スズキジムニー。昔から熱狂的なファンが多い事でも知られ、最近では、近く発売予定の新型モデルに注目が集まっています。このジムニー、ソロキャンプでもよく使われている事をご存知でしょうか?今回は、ソロキャンプに最適な理由と、楽しみ方などご紹介します。

ジムニーとは?

Hikoさん(@hiko_1011)がシェアした投稿

まず、ジムニーの基本情報をおさらいしましょう。

概要

メーカー:スズキ株式会社
ラダーフレーム、パートタイム4WD、リジッドアクスル式サスペンションなどを採用した、現在、世界唯一の軽自動車の本格オフロード車です。

歴史

■1970年初代発売

* MARINA *さん(@tokyo_twins_mama_)がシェアした投稿


軽自動車初の本格四輪駆動オフロード車として発売され、軽自動車でありながら本格的なオフロード走行が楽しめると一躍人気車種となりました。幌のボディなど、まるで「小さな軍用ジープ」というイメージで、快適性は二の次という硬派な車でした。
■1981年2代目発売

Devin Holodyさん(@devinholody)がシェアした投稿

初代のオフロード性能に、メタルボディなど、オンロードカーの快適性をプラスし、女性など、一般的なユーザーにも乗りやすくなりました。現在、ジムニーの旧車としてよく走っているのは、この2代目です。
■1998年3代目発売

kellyさん(@xx_5plus_xx)がシェアした投稿

武骨なボディデザインを一新し、曲線的なデザインと、パワーステアリング、パワーウィンドウなど、さらに快適性を向上し、基本的なオフロード性能はそのままに、街乗りでも違和感ない乗用車になりました。現行車は、この3代目になります。

1300ccエンジンのジムニー・シエラも

ジムニーには、1300㏄エンジンを搭載した、ジムニー・シエラもあります。ジムニーのオフロード性能に、普通自動車のパワーがプラスされています。

ジムニーはソロキャンプ向き?おすすめポイント

Kiyoshi Shibuyaさん(@kiyop1923)がシェアした投稿

ジムニーの良さは、「どこにでも行ける」という冒険的なイメージでしょう。つまり、どこにでも行って、好きなところでキャンプして、焚火して、星空の下で眠る、そんな男のロマン的な(女子の方申し訳ありません・・)、心を駆り立てる車という事です。やはり、そうなると、自分勝手にできる「ソロキャンプ」しかありません。

ソロキャンプで絵になるジムニー

草原の中に、ジムニーと小さなタープがひとつ。ジムニーは、ソロキャンプ向きと言うより、ソロキャンプで絵になると言ったほうがいいかもしれませんね。

ソラ&ハル🇯🇵さん(@soraharu84)がシェアした投稿

ファミリーカーで一人だと恥ずかしい・・

例えば、ベルファイアとかボクシーとか、いわゆるファミリー向けミニバンで、キャンプ場に着いて1人でソロキャンだと、「あの人、家族から嫌われてる?」みたいに思われて恥ずかしい、SNSでもそんな声を聞きますが、ジムニーなら、違和感有りません。

ジムニー車中泊ソロキャンプ、おすすめの収納やカスタムは?

※筆者のジムニーです。汚くてすいません・・・

ジムニーは、完全ではありませんが、フルフラットに近くはなります。

フルフラット手順

手順は、

1. 前後シートのヘッドレストを外す。
2. 後シートの背もたれを前に倒す。
3. 前シートを一番前にスライドする。
4. 前シートの背もたれを後ろに倒しきる。

これで、フルフラットっぽくなります。

快眠を妨げる3つ問題

しかし、快眠を妨げる3つ問題があります。

1. 前シートにくぼみができる。

2. 後シート部分が硬い。

3. 後シートの後部、荷台に段差がある。ジムニーは狭いので、この部分は重要。

これにより、快適に眠れる状態にはなりません。そこで、2つのアイテムを揃えれば、かなり快適なります。

前シートのくぼみと後ろシートの硬さ対策

BLUE COVE インフレータブル マット 車中泊マット 5cm厚 8cm厚 自動膨張マットレス 防水 連結可能 高密度ウレタンフォーム ダブルバルブ キャンプマット《1年保証》
BLUE COVE インフレータブル マット 車中泊マット 5cm厚 8cm厚 自動膨張マットレス 防水 連結可能 高密度ウレタンフォーム ダブルバルブ キャンプマット《1年保証》
本体サイズ : (約)65cm×188cm×5cm (8cm)
収納時:(約)φ20cm×63cm  
重量:2.2kg

車中泊用のマットレスです。コンパクトに収納できるところがジムニー向きですね。

荷台の段差対策

アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 770F カーキ/ブラック
アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 770F カーキ/ブラック
幅77×奥行32×高さ15.5cm
素材 : ポリプロピレン

完全にフラットにはなりませんが、これでかなり段差は解消されます。RVボックスなので、小物も収納できるので便利です。

この2つのアイテムで、かなり快適になりますので、おすすめです。

ジムニー車中泊の注意点は?

MASAKIさん(@masa_mach)がシェアした投稿

あまり物を持って行かない事

何度も書きますが、ジムニーは狭いです。従って、あまり物を持って行かない事です。持って行き過ぎて、眠る場所が無くなるなんて本末転倒ですね。

20年ぶりの新型ジムニー発表は2018年夏?

Takuro Katoさん(@katotaku99)がシェアした投稿

フルモデルチェンジの情報は見逃せない!

20年ぶりの新型ジムニー発表は、もうすぐ。スクープ画像も、どんどんネットに上がってきているので、もう目にしている方もいるのでは?噂では、ラダーフレーム、パートタイム4WD、リジッドアクスル式サスペンションなどのオフロード性能は変わらいようなので、一安心です。新型は、ジムニーの弱点である省エネ性能や、自動ブレーキなどが追加されるのではと言われていますが、果たしてどうなるか?

デザインは原点回帰?

スクープされた車体を見てみると、かなり角張ったように見えます。まるで原点回帰かと思わせるデザインで、車内スペースが広くなったかもしれません。いずれにせよ、公式発表が待ち遠しいですね。

Miraiさん(@mirai.1984)がシェアした投稿

この夏はジムニーでソロキャン?車中泊?

まどちんさん(@madoooo_23)がシェアした投稿

いかがでしたか?ソロキャンプに最適な理由や、楽しみ方をお届けしました。アウトドアが似合うジムニー。この夏、ぜひ、あなたも、自然と一体になれる、ソロキャンプや車中泊を体験してみてください。

ソロキャンプが気になる方はこちらの記事もおすすめ

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。