コスパ抜群のキーンのハイキングシューズ!3つの魅力とおすすめ靴8選

2019.12.29

引用:Unsplash

重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

“キーンのハイキングシューズは、コストパフォーマンスに優れている”ということをご存知でしょうか?

「キーンって聞いたことあるけど、他のブランドとの違いが分からない」
「アウトドアシューズは高機能なのはわかっているけど高価なイメージ」

と考えていませんか?

そんな考えを持っている方のために、この記事では

  • キーンはどのようなブランドか
  • キーンのシューズの魅力
  • キーンのおすすめの靴

をご紹介します。この記事を読むことで、キーンの魅力が分かり、キーンの靴が欲しくなるでしょう。ぜひご覧ください!

キーン(KEEN)とは?

キーンはどういったブランドなのかを、簡単にご紹介します。

アメリカを代表するシューズブランドの一つ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

キーン(KEEN)は2003年にアメリカで創業したブランドです。

アウトドアシューズやサンダルを主力製品として製造し、今や世界を代表するシューズブランドの一つになりました。

メインは靴関係の製品ですが、アパレルやバッグなどのラインナップも豊富です。

機能性の高さから登山靴にも使われる

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

キーンの靴の中には街歩き向けのスニーカーもありますが、ハードな登山を想定したモデルもラインナップにあります。

アウトドアシューズ作りでつちかった技術は、街歩き用の靴にも採用されています。ですので、一見普通のスニーカーに見えても、動きやすさや防水性の高さに定評があるアイテムばかり。

キーンの靴はタウンユースからライトなアウトドア活動まで、幅広いシーンで活躍します。

キーンのシューズの3つの魅力

キーンの靴にはたくさんの魅力がありますが、その中から、

  1. 独自素材の使用でコストパフォーマンスが高い
  2. アメリカンテイストなデザイン
  3. 取扱い店舗が多い

の3つを解説します。

その1 独自素材の使用でコストパフォーマンスが高い

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

キーン製品は、キーン独自の素材を使うことで、高い品質を保ちつつコストを抑えています。

例えば、

  • キーンドライ:防水透湿素材。耐久性にも優れる
  • キーンウォーム:保温素材。竹炭を使用しているため防臭効果もある
  • キーンDCR:冬用アウトソール。温度が低いほどグリップ力が増す

など。

どれが使われているかはキーン公式ホームページの製品ページに必ず記載されています。

素材を見比べると製品の違いがわかりやすいです。気になるアイテムはぜひチェックしてみましょう。

その2 アメリカンテイストなデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

キーンの大きな魅力の一つは、アメリカンなデザイン。アウトドアブランドとしては珍しいですね。

少し派手で独特なカラーリングは、アメカジスタイルやアウトドアファッションにぴったりです!

もちろん、落ち着いた雰囲気のものがほしいという方には、オールブラックなど大人っぽい雰囲気の製品もあります。

同じ靴でも複数のカラーリングがあるので、きっと気に入ったデザインのものが見つかるでしょう。

その3 取扱い店舗が多い

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

国内に取り扱い店舗が多数あることも、キーンの魅力の一つ。

スポーツ用品店やアウトドア用品店を中心に、カジュアル系アパレルショップでも販売されています。

靴はサイズ合わせが非常に重要なので、試し履きできる場所が多いのは嬉しいですね。アウトドアで使うのであれば、アウトドア用品店でスタッフに聞きながら選ぶのがおすすめです。

キーンの取り扱い店舗は、キーン公式ホームページをご確認ください。

お得に購入できるアウトレット品の販売もあり

キーン製品をお得に手に入れるなら、アウトレットを利用しましょう!

2019年12月現在、キーンが出店しているアウトレットモールは以下のとおり。

  • 千葉県:酒々井プレミアム・アウトレット
  • 栃木県:佐野プレミアム・アウトレット
  • 三重県:三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島

アウトレットモールは、キーン以外にもシューズブランドやアウトドアブランドが出店しています。

色々と履き比べることが出来るので、キーンの靴が欲しい方は行ってみてはいかがでしょうか。

キーンのおすすめハイキング用シューズ6選

ハイキング用シューズを多数作っているキーン。

その中の定番シリーズである、

  • オークリッジ
  • ターギー

の中から、おすすめのアイテムを6種類ご紹介します。

ライトな登山におすすめ!コスパを追求した『オークリッジ』シリーズ

オークリッジシリーズは、エントリーモデルに位置づけられているハイキングシューズ。

エントリーモデルとは言ってもどれも防水生地が使われていて、コストパフォーマンスに優れています。

お手頃価格だけど防水性・耐久性に優れた『オークリッジ』
キーン - オークリッジ マグネット×ガーゴイル 28.5cm
キーン - オークリッジ マグネット×ガーゴイル 28.5cm
重量: 436.6g
アッパー: PUコーティングレザー, メッシュ
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドソール: EVAミッドソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

『オークリッジ』は、キーンのハイキングシューズで最も安価なモデルの一つ。

安価であるものの、コーティングされたレザーが外側に使われているので安っぽさは全くありません。

レザーですので耐久性にも優れています。

またローカットで足首周りが動かしやすく、アウトドアと街歩きに兼用できますね。

歩きやすさとサポート性を両立!『オークリッジ ミッド』
キーン - オークリッジ ミッド カスケードブラウン×ブリンドル 28.5cm
キーン - オークリッジ ミッド カスケードブラウン×ブリンドル 28.5cm
重量: 470.6g
アッパー: PUコーティングレザー, メッシュ
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドソール: EVAミッドソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

オークリッジのミドルカットバージョンが『オークリッジ ミッド』

足首の広い部分を固定できるため、サポート性はオークリッジよりも高いです。しかし、平坦な道だと少し歩きにくいという欠点あり。

岩場などはミドルカットの方が歩きやすいため、ハイキングや登山でしか使わないのであれば、こちらの『オークリッジ ミッド』がおすすめです。

山でも街でも使えるのが人気の理由!定番の『ターギー』シリーズ

ターギーはキーンの定番シリーズで、ラインナップがたくさんあります。

「フィールドから都市まで対応すること」がテーマのため、機能性が高く落ち着いた配色であることが特徴。

軽量で歩きやすいベーシックモデル『ターギー Ⅱ』
キーン - ターギー Ⅱ
キーン - ターギー Ⅱ
重量: 436.6g
アッパー: 防水ヌバックレザー
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドラバー: 二種の圧縮性EVAを組み合わせたソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

『ターギー Ⅱ』はターギーシリーズの基本モデルです。

靴の甲にヌバックレザーを使用することで、快適な履き心地を実現。レザーが多く使われていることから、リッチな印象を受ける見た目ですね。

ローカットですが、足首の動きを安定させる構造なのでサポート性能も問題なし!

アウトドアフィールドでも活躍します。

本格的な登山でも使うならミドルカット『ターギー Ⅱ ミッド』
キーン - ターギー Ⅱ ミッド
キーン - ターギー Ⅱ ミッド
重量: 402.6g
アッパー: 防水ヌバックレザー
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドラバー: 二種の圧縮性EVAを組み合わせたソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ターギー Ⅱをミドルカットにしたのが『ターギー Ⅱ ミッド』。キーンのトレッキングシューズのロングセラーモデルです。

ミドルカットにすることで、足首のフィット感がパワーアップ!

レザーが増えたことにより見た目の渋さも増しています。また、ターギー Ⅱでは存在感があったキーンのロゴが小さくなりました。

ターギーのテーマのとおり、アウトドアでも街でも活躍するアイテムです。

通気性をアップしたハイエンドモデル『ターギー EXP ミッド』
キーン - ターギー EXP ミッド
キーン - ターギー EXP ミッド
重量: 518.5g
アッパー: 500Dナイロン, パフォーマンスメッシュ
アウトソール: KEENオールテレインラバー
ミッドソール: 二種の圧縮性EVAを組み合わせたソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

『ターギー EXP ミッド』は、ターギー Ⅱをアップデートしたモデル。

ターギー Ⅱとの違いは、

  • 甲の部分がレザーからナイロンとメッシュになり、通気性・クッション性がアップ
  • グリップ力に優れたアウトソールを使用
  • ミリタリーテイストなデザイン

など、素材や見た目が大きく異なっています。

足型自体はターギー Ⅱと同じものを使用しているので、気軽に買い替えることが可能。

機能性が高まりつつもスタイリッシュなデザインになったので、タウンユースにも使いやすいです。

雪上でも使うならウインター仕様の『ターギー レース ブーツ ポーラー』
キーン - ターギー レース ブーツ ポーラー
キーン - ターギー レース ブーツ ポーラー
アッパー: 特殊加工の防水レザー
アウトソール: KEENフリーズラバー
ミッドソール: 二種の圧縮性EVAを組み合わせたソール
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ターギー EXPを冬仕様にしたのが『ターギー レース ブーツ ポーラー』

独自の保温素材「キーンウォーム」を使用したことで、最低対応可能温度はマイナス32℃!

ターギー EXPのミリタリーテイストも引き継いでいるため、男らしく渋い見た目です。

足首がすっぽりと隠れるぐらいの高さがあるので、雪深いところでも安心。ゲイターを取り付けるためのリングも付属しています。

雪が降る地域に住んでいる人や、冬キャンプを楽しみたい人におすすめです!

キーンのおすすめ街歩き用シューズ2選

街歩き用モデル『シティズン』シリーズには、今風な見た目で機能性が高いものがいくつもあります。

その中から、おすすめの靴を2点紹介します。

洗練されたデザインでタウンユースにおすすめ『シティズン』シリーズ

都会的なデザインとアウトドアで使える機能性を両立したのが、シティズンシリーズです。

本格的な登山には難しいかもしれませんが、タウンユースとライトなハイキングを両立させたい人におすすめ!

ローカットで街歩きにぴったり『シティズン エヴォ』
キーン - シティズン エヴォ ブラック×ブラック
キーン - シティズン エヴォ ブラック×ブラック
アッパー: KEEN EVOFITエンジニアードニット
アウトソール: KEENオールテレインラバー
ミッドソール: EVA
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ローカットでスタイリッシュな雰囲気の『シティズン エヴォ』

タウンユースを念頭に置いたモデルですが、防水透湿生地やグリップ力の強いソールが使われています。

靴の底部には「キーンカシュ」という技術が使われています。

キーンカシュは、

  • 足裏の形状に合わせて変化するフォーム素材
  • クッション性の高いポリウレタン

を組み合わせているシステムで、足の疲労が溜まりにくいような構造になっています。

後ほど紹介しますが、今人気のリラックスシューズ『ハウザー』にも使われていて、その疲労軽減効果は折り紙つき。

シティズン エヴォであれば長い距離の移動も問題ありません。

活躍するフィールドを広げるミドルカット『シティズン キーン リミテッド』
キーン - シティズン キーン リミテッド
キーン - シティズン キーン リミテッド
アッパー: フルグレインレザー
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドソール: フットベッド一体型
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

キーンの靴の中でも特にミリタリー色が強いのが『シティズン キーン リミテッド』です。

レザー好きとして見逃せないのがアッパー部分(甲)に使われている「フルグレインレザー」。レザーの中でも高級な部類に入る素材で、耐久性が高く、味のある見た目という特徴があります。

そんなレザーの魅力がありながらも、ソール部分はスニーカーのような構造のため、歩きやすさもバッチリです!

ミリタリー好き、レザー好きは見逃せないアイテムではないでしょうか?

【おまけ】キーンのリラックスシューズがこの冬のトレンドに!?

最後にアウトドア用途のシューズではありませんが、今キーンのある靴が注目されているので紹介します!

包み込まれるような履き心地と暖かさが人気の『ハウザー』

キーン - ハウザー スライド
キーン - ハウザー スライド
アッパー: ナイロンアッパー
アウトソール: ノンマーキングラバー
ミッドソール: フットベッド一体型
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

『ハウザー』は、保温性とリラックス効果を重視した靴につけられるシリーズ名。スニーカーやブーツがラインナップにあります。

『シティズン エヴォ』という靴で紹介しましたが、どのモデルも「キーンカシュ」という技術が使われています。

これにより、優れたフィット感と疲労軽減効果を発揮!

一度履いてみると手放せなくなる心地良さがあるんだとか!

自宅やオフィスのスリッパ代わりの存在に

今特に注目されているのが、外ではなく屋内でハウザーを履くこと。

保温性が高いため、足先が冷えがちな冬に愛用している方が多いです。

脱ぎ履きしやすいようスリッパのようになっているモデル(ハウザー スライド)もあります。

寒い季節の仕事のおともにおすすめです。

おしゃれでコスパ◎!街でもアウトドアでも活躍するキーンのシューズを履いてみよう

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEEN(@keen)がシェアした投稿

この記事では、キーンのシューズの魅力とおすすめアイテムを紹介しました。

おしゃれなデザインと機能の高さが魅力的なキーンのシューズは、街でもアウトドアでも使えるものばかりです!

手に取りやすい価格のものも多いので、ぜひ次の靴の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  3. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  4. 【キャンプ場での後始末】焚き火を正しく片付ける方法は?オススメの火消し壺も!
  5. スピニングリール30選|シマノ・ダイワなど人気ブランド比較!オススメポイントや選び方を徹底解説

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。