アウトドアブランド『SOTO』の魅力とおすすめ製品を徹底解説!

2019.04.19

寒さに強いランタン「レギュラーランタン ST-260」

SOTO - レギュラーランタン ST-260
SOTO - レギュラーランタン ST-260
本体重量:247g
サイズ:幅10×奥行13×高さ15cm
収納時サイズ:幅6.5×奥行10.5×高さ15cm
照度:150ルクス
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

このランタンはSOTOが開発したマイクロレギュレーターが内臓されているため、ガスランタンの弱点である寒さに負けずに安定した光量を保つことができます。

他のSOTO製ガスランタンに比べると安価な上247グラムと軽量なので、気軽にアウトドアアクティビティに取り入れることができます。

燃料はCB缶なので、CB缶をメインに使用している人は取り入れてみてはどうでしょうか。

光量の強さではピカイチの「フォールディングランタン ST-213」

SOTO - フォールディングランタン ST-213
SOTO - フォールディングランタン ST-213
本体重量:1.25kg(本体のみ)
サイズ:直径136×高さ375mm(使用時)、直径136×高さ225mm(収納時)
照度:450ルクス(200W相当)ST-760使用時、350ルクス(180W相当)ST-700使用時
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

その名のとおり折りたたみできるランタンです。

本体を上にあげて下にできるスペースにCB缶を入れて使用します。

今回紹介している他のガスランタンに比べると、畳んでもかさばって重量はありますがこのランタンは400ルクス前後と非常に明るい点が強みです。

複数人のキャンプで大活躍間違いなし!

おすすめのトーチバーナー3選

ここからは、SOTO誕生のきっかけとなったトーチバーナーのおすすめを紹介します。

トーチバーナーが活躍する場面といえば、

  • ランタンに使うマントルを燃やすとき
  • ストーブに火がつかないとき
  • 焚き火や炭を着火するとき
  • 炙り料理を作るとき

などが挙げられます。

軽量でコンパクトな製品がほとんどなので、一つも持っていないという方はこの記事をきっかけにぜひ購入を検討してみてください。

ライターを燃料にする「ポケトーチ PT-14」

SOTO - ポケトーチ スケルトンブラック PT-14SBCR
SOTO - ポケトーチ スケルトンブラック PT-14SBCR
本体重量:50g
サイズ:幅2.3×奥行6×高さ11cm
炎温度:1,300度
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

このトーチバーナーの特徴といえば、使い捨てのライターを燃料にして火を起こすことです。

普通のライターの火は800℃〜1,000℃ですが、このポケトーチを使えば1,300℃になります。それだけでなく、燃焼効率が良いため点火時間が60%増加するんだとか!

ライターをパワーアップすることができるので、アウトドアをしない人でもタバコを吸う人なら持っていると役立つかもしれません。

 

火力を調節できて料理に活躍「フィールドチャッカー ST-450」

SOTO - フィールドチャッカー ST-450
SOTO - フィールドチャッカー ST-450
本体重量:153g
サイズ:長さ132×高さ66×幅34mm
発熱量:1.8kW(1,550kcal/h)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

CB缶を燃料とするトーチバーナーです。

空気量を調整する機能がついているため、炎の強さを約900℃〜1,300℃の範囲で調節できます。

普通のガスバーナーでは作りにくい炙り料理を簡単にすることができるので、料理のレパートリーが広がりそうですね。

このトーチバーナーを紹介するSOTOのホームページ内でも、炙り料理の例がいくつも掲載されています。

最も軽量でコンパクトなトーチバーナー「マイクロトーチ COMPACT ST-485」

SOTO - マイクロトーチ COMPACT ブルー ST-485BL
SOTO - マイクロトーチ COMPACT ブルー ST-485BL
重量:35g
サイズ:幅3.5X奥行1.9X高さ9cm
発熱量:0.09kW(80kcal/h)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

先に紹介した手のひらサイズの「スライドガストーチ ST-480」と一見似ていますが、火口部を伸ばすことができなくなった代わりにコンパクトになりました。

重量はおよそライター2つ分の35グラム!

もちろん燃料はカセットボンベから充填できます。

スライドガストーチとの一番の違いは、火口部へのチリやホコリの付着を防ぐためのふたがついていること。細かい点ですが少しでも安全性が高まるのは嬉しいポイントですね。

また、火が横向きにでる「ACTIVE」というタイプもあります。

SOTO - マイクロトーチ ACTIVE ST-486
SOTO - マイクロトーチ ACTIVE ST-486
重量:45g
サイズ:幅5X奥行1.9X高さ9cm
発熱量:0.09kW(80kcal/h)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

用途別おすすめの組み合わせ

ここまで様々なSOTOの製品を紹介してきましたが、それぞれ向いているシチュエーション・向いていないシチュエーションがあります。

なので、ここからは実際に使用する場面を想定してどういったSOTO製品の組み合わせが良いかを解説します。

 

View this post on Instagram

 

Orange Outdoor Shopさん(@orange_outdoor_shop)がシェアした投稿

※ガスなど燃料の容量については当てにせずに、十分な量を持っていくようにしましょう。

春から秋の登山には

厳冬期を除いた春から秋にかけての登山では、OD缶をベースに装備を考えます。

ガスバーナーは定番の「アミカス」をチョイスし、そのアミカスと「OD缶(105g)」を収納できるクッカー「サーモライト」を組み合わせるとコンパクトにパッキングできます。

泊まりの場合は、OD缶を燃料とする「プラチナランタン」を使用することで非日常感を演出します。

ガスバーナー:アミカス SOD-320

SOTO - アミカスSOD-320
SOTO - アミカスSOD-320
本体重量:81g
収納時サイズ:幅4×奥行4.3×高さ7.5cm
発熱量:3.0kW(2,600kcal/h)
※ガス缶は付属しません
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

クッカーセット:サーモライト SOD-522

SOTO - サーモライト SOD-522
SOTO - サーモライト SOD-522
マグ750 サイズ:直径10.2×高さ12cm 重量84g
マグリッドL(マグ750用) サイズ:直径10.2×奥行9.8×高さ1.3cm 重量17g
コジー 重量:40g
リフター サイズ:幅8.8×奥行2.2×高さ2.2cm 重量13g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ランタン:プラチナランタン SOD-250

SOTO - プラチナランタン SOD-250
SOTO - プラチナランタン SOD-250
本体重量:210g
サイズ:幅7.7×奥行6.5×高さ11cm
照度:120ルクス
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

燃料:パワーガス トリプルミックス

SOTO - パワーガス 105 トリプルミックス SOD-710T
SOTO - パワーガス 105 トリプルミックス SOD-710T
本体重量:約192g
サイズ:直径90×高さ65mm
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

寒い日や冬の登山には

冬季の登山を想定すると、ガソリンを燃料とするバーナー「MUKAストーブ」を選ぶのが無難。燃料のガソリンは、「広口フューエルボトル」です。

別売りオプションの「メンテナンスキット」も購入して小まめに手入れすることで、安全に長く使用することができます。

バーナー:MUKAストーブ SOD-371

SOTO - MUKAストーブ SOD-371
SOTO - MUKAストーブ SOD-371
重量:160g(本体+ホース)
本体サイズ:幅13.5×奥行13.5×高さ80cm
収納時サイズ:幅8×奥行6.5×高さ8cm
発熱量:4.7kW(4000kcal/h)
※ガス缶は付属しません
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

燃料:広口フューエルボトル SOD-700

SOTO - 広口フューエルボトル700ml SOD-700-07
SOTO - 広口フューエルボトル700ml SOD-700-07
本体重量:146g
サイズ:直径7.4×高さ22cm(キャップ含む)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

その他:メンテナンスキット SOD-452

SOTO - MUKAストーブ用メンテナンスキット SOD-452
SOTO - MUKAストーブ用メンテナンスキット SOD-452
セット内容
①スマートポンプ及びボトルキャップ用 Oリング P-34
②逆止弁ユニット
③逆止弁用Oリング S-3
④逆止弁スプリング
⑤逆止弁ホルダー用 Oリング 13.8 x 2mm
⑥ポンプフィルター
⑦マルチツール
⑧シリコングリス
⑨ピストンパッキン
収納ケース付き
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

複数人のキャンプには

車を使用するような複数人のキャンプでは、カセットボンベ「パワーガス」を燃料にすることを想定して組み合わせました。

ガスバーナーには火口が2つある「レギュレーター2バーナー」を使えば、同時に複数の料理ができます。

さらに「フィールドチャッカー」があれば炙り料理に簡単にチャレンジできるので、さらに充実した料理が楽しめるでしょう。

夜を快適に過ごすためには「虫の寄りにくいランタン」があれば間違いありません。

バーナー:レギュレーター2バーナー GRID ST-526

SOTO - レギュレーター2バーナー GRID ST-526
SOTO - レギュレーター2バーナー GRID ST-526
本体重量:2.25kg
サイズ:幅47.3×奥行2.52×高さ14.5cm
発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)×2
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ガストーチ:フィールドチャッカー ST-450

SOTO - フィールドチャッカー ST-450
SOTO - フィールドチャッカー ST-450
本体重量:153g
サイズ:長さ132×高さ66×幅34mm
発熱量:1.8kW(1,550kcal/h)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ランタン:虫の寄りにくいランタン ST-233

SOTO - 虫の寄りにくいランタン ST-233
SOTO - 虫の寄りにくいランタン ST-233
本体重量:1.3kg
サイズ:直径136×高さ375m/m(使用時)・225m/m(収納時)
照度:600ルクス
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

燃料:パワーガス

SOTO - パワーガス 3本パック ST-760
SOTO - パワーガス 3本パック ST-760
本体重量:約340g(ボンベ1本)
サイズ:直径68×高さ198mm(ボンベ1本)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

火まわりの道具は、実用性と歴史がある『SOTO』の製品を!

今回はSOTOブランドの説明から始まり、様々なSOTOの製品を紹介しました。

ガスバーナーを始めとした燃焼器具については、アウトドアに特化しているSOTO製品を選べばその役割をまっとうしてくれるでしょう。

この記事をご覧いただいた方は、ぜひこれを機にSOTOの製品を新たに購入してみてください!

1 2

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  3. 登山靴洗ってみた!|ゴアテックスでもOK?洗い方と保管方法
  4. 9月の富士山は油断禁物!登山シーズン終盤の富士山におすすめの服装まとめ
  5. 山でむくみが出るのはなぜ?〜むくみの原因・対処法5つのポイント〜

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。