ツェルトおすすめ17選|アライテント、ファイントラックから使い方まで

引用:https://pixabay.com

山行にツェルトは携行されていますか?

ツェルトとは緊急用の簡易テントのことです。350ml缶と同程度のサイズにおさまる程軽量コンパクトな装備で、テントのように設営したりポンチョのように被ったり、状況に合わせて様々な使い道があります。高難易度の山にはもちろん、低山の装備にも加えたいツェルト。今回はツェルトの使い方からおすすめのツェルトまでご紹介します。
重要なお知らせ:スマホで見ていてインスタ写真が表示されない場合は、こちらをクリックしてください⭐️

ツェルトって?

 

View this post on Instagram

 

#ツェルト #アライテント #紅葉

GOGOSIN1さん(@gogosin1)がシェアした投稿 –


ツェルトとは具体的にどのようなものでしょうか。詳しくご紹介します。

ツェルトってどんなもの?

ツェルトとは小型軽量のテントのことですが、日本においては通常、緊急時に使用する簡易テントのことを指します。テントに比べて軽量・コンパクトさが特徴で、エマージェンシーキットの1つとして装備するものです。

凡用性が高く様々な使い道があります。テントのように設営したり、ツェルトを防寒着やレインウェアの代わりに使ったり、高難易度の山行には必ず持参したいもの。最近ではウルトラライトハイクの影響で、ツェルトを超軽量テントとして使うスタイルもあります。

素材、価格、重さ、大きさは?

素材や価格、大きさなど商品によって特徴が異なります。

ビバークツェルト・ソロ
ビバークツェルト・ソロ
・収納サイズ:9×7(幅4)cm
・重 量:105g
・素 材:15dnリップストップナイロンPUコーティング

携行性を最重視した、マグカップに入るぐらい超軽量コンパクトなシェルターです。1人用で基本的にはポンチョのように被って使うことを前提としているため、ファスナーはついていません。山の難易度に関わらず常にザックに携行したい場合はこちらがおすすめです。

ビバークツェルト1 ロング
ビバークツェルト1 ロング
・重量:240g

テントのように設営可能なツェルトです。大人2人が横になれ、被った場合は3人〜4人を収納可能。

チューブツエルト
チューブツエルト
・重量:440g

2人〜4人まで収容できる大型のツエルトです。設営する必要がなく、取り出して入り口を絞ればすぐに利用できます。グループ登山の非常用具におすすめです。

クロスオーバードームf
クロスオーバードームf
・素材:15Dナイロンリップストップ(透湿PUコーティング)
・重量:600g

テントとツェルトの中間のようなシェルターです。重量600gと緊急用に比べるとやや重たいものの、ポール2本で素早く設営可能。快適な居住性が魅力です。軽量テントとして使用する場合におすすめです。

このように、ツェルトの利用目的により適切な商品を選ぶ必要があります。

テントとタープとどう違う?

引用:http://www.arai-tent.co.jp

ツェルトもテントも同じような形状をしていますが、どこが違うのでしょうか?まずツェルトは基本、緊急時の野営に使う簡易テントであることを理解しましょう。テントと比べ居住性や耐久性は劣りますが、350ml缶と同程度にコンパクトに収納できます。これなら常にザックに携行しても邪魔になりません。

引用:http://www.arai-tent.co.jp

ツェルトは薄い1枚の生地(シングルウォール)ですから風雨に弱いのもテントとの違いです。その代わりシンプルな構造は凡用性が高く、そのまま羽織ればウィンドブレーカーとして、ポールやフライシートと組み合わせればテントのように設営も可能。本格的な雪山はもちろん、夏山縦走や低山登山の緊急用具として携行したい装備です。

ツェルトのデメリット・注意点

テントと比べると、やはりデメリットや使用上の注意点があります。

防水性能は低い

ツエルトは防水素材で作られていますが、完全防水仕様ではありません。テントの場合、縫い目は防水テープで補強されていますが、ツェルトには基本的に防水テープは貼られていません。

そのため強い雨にさらされれば水が侵入することもあります。フライシートと併用することで多少改善されますが、テント代わりとして防水性を追求するなら、素直にテントを選びましょう。

耐久性が低い

通常ツェルトを使う状況は緊急時ですから、最低限、風雨に直接打たれないように、また体温を守れるよう設計されています。さらに凡用性や携帯性を高めるため、薄い生地1枚で作られています。やはりテントのような耐久性は望めません。

またツェルトの設営は、自立型テントのように本体にポールを組み込むことはしません。そのため強風には弱く、設営場所には注意が必要です。

結露しやすい

ツェルトの素材は防水素材ですが、ほとんどのツェルトは浸透性がありません。しかも外気との隔りは薄い生地1枚です。そのため内部で水蒸気が発生した場合、すぐに外気温で冷やされて結露が発生します。

結露がひどい場合は、風が吹くたびに滴り落ちるほど。内部でレインウェアを着て過ごすなど対策が必要です。

ツェルトの使い方・基本~応用編まで

引用:https://webshop.montbell.jp

基本的なツェルトの使い方から応用までご紹介します。

テント代わり

引用:http://www.arai-tent.co.jp

もっとも基本の設営方法です。ポール2本とロープを仕様して設営します。もしポールがなければ、自然の木やトレッキングポールで代用してもかまいません。あらかじめテントの代用で使う予定であれば、フライシートやグランドシートも用意しておくと快適に過ごせるでしょう。

雨・風よけ

緊急時には設営せず、ツェルトをそのまま被っても使えます。大きさにもよりますが、2人〜3人まとめて収容可能です。また雪洞や窪みのフタとしても利用できます。入り口にロープやザックでツェルトを固定しましょう。風の侵入を防げます。

防寒着

引用:http://www.arai-tent.co.jp

どうしても寒さに耐えられない場合、着れるものを全て着用した上に、ツェルトをポンチョのように被りましょう。体温の放出を少しでも防げます。

目隠し

濡れた衣服は体温を奪います。早く乾いた衣服に着替える必要がありますが、特に女性の場合は人目が気になりますよね。そんな時はツェルトを被って中で着替えれば、目隠しの代わりに使えます。

ツェルトの張り方・ポイントはある?

ツェルトの設営に気をつける点はあるのでしょうか?3つのポイントをご紹介します。

基本の張り方


テントのように設営する場合、以下の手順で作業します。

張り網を取り付ける

ポールを使用する場合も、そうでない場合も常時張り網を取り付けておくと現場で手間が省けます。

入り口のファスナーを完全に下ろす

ファスナーは閉じておきましょう。

ぺグループにペグを打つ

設営する場所にペグで固定します。うまくテンションをかけながらペグを打たないと、後の作業で支障がでる場合があります。

ポールを立てる

ポールを仮に固定し、張り網を調整をしながら前後に立てます。

張り網のテンションを調整する

全体のバランスを見ながら、張り網を調整して完成です。

ツェルト設営の必需品

ツェルト設営の必需品をご紹介します。

ツェルト張綱セット
ツェルト張綱セット
・4m×2本、自在4個付

ツェルトを効果的に張るための張り網セットです。ポールやストックを使用する場合は必需品です。

ツェルト用ポールセット1
ツェルト用ポールセット1
・サイズ:90cm
・重量:225g

ツェルトを軽量テントとして使用する場合に必要です。ご自身のツェルトに合わせた商品を選びましょう。

oxtos(オクトス)チタニウムペグM
oxtos(オクトス)チタニウムペグM
・サイズ:16.2x2cm
・重量:15g

蓄光ロープが付属しており、夜間の視認性が向上しています。チタン製で1本15gと超軽量です。

ポイント①ツェルトの底面は前もって縛っておく

ツェルトはそのまま被れるよう、底は閉じられていません。テントのように設営する場合は前もって底を縄で閉じておきましょう。そのほうが簡単に設営できます。

ポイント②風よけできる場所を選定

強風が吹き付けるような場所は避けて設営しましょう。ツェルトは風に強くありません。設営する際には風対策として、張り網、ツェルト本体にペグをしっかり打ち込みましょう。また落石の可能性がある場所を避ける、増水の危険がある中洲を避けるのも基本です。

ポイント③トレッキングポールで代用

 

View this post on Instagram

 

. 【10/5(金)開催・講座のご案内】 -緊急時に備えよう!・ツェルト講座- . 老舗山岳テントメーカー、株式会社アライテント様より講師を迎えてツェルト講座を開催致します。 . 秋に入ると夕暮も早く、日帰り登山でも遭難するリスクも増えてきます。いざという時にツェルトの使い方を分かっていると非常に便利。 . 「実は持ってるけど一度も出した事がない」 「そもそもツェルトって何?」 「テントと何が違うの?」 . こんな疑問を抱えてる方、是非奮ってご参加下さい! . 詳しくは店舗blogにて▼ @koujitsusansou_fujisawa . #好日山荘さいか屋藤沢店 #好日山荘 #藤沢 #神奈川 #さいか屋 #アウトドアショップ #登山 #秋山 #冬山 #山登り #山歩き #アウトドア #トレッキング #ハイキング #クライミング #山が好き #アライテント #ツェルト #ビバーク #登山学校 #trekking #hiking #mountaineering #outdoor #araitent #tent

好日山荘 さいか屋藤沢店さん(@koujitsusansou_fujisawa)がシェアした投稿 –


ツェルト専用のポールでなくても、トレッキングポールで代用可能。使い方はツェルトポールと同じです。

ツェルトおすすめ17選!人気ブランドの特徴も紹介!

おすすめのツェルトを、ブランドの特徴も合わせてご紹介します。

アライテント

15デニールリップストップナイロンを生地に採用。コストパフォーマンスに優れ超軽量コンパクトな定番ツェルトを展開しています。初めてツェルトを選ぶ方におすすめのメーカーです。

ビバークツェルト・ソロ
ビバークツェルト・ソロ
・収納サイズ:9×7(幅4)cm
・重 量:105g
・素 材:15dnリップストップナイロンPUコーティング

マグカップに入るぐらい超軽量コンパクトなシェルターです。基本的にはポンチョのように被って使うことを前提としているため、ファスナーはついていません。常にザックに携行できる究極のシェルターです。

スーパーライト・ツェルト
スーパーライト・ツェルト
・素材:28dnリップストップナイロンPUコーティング
・サイズ:収納時→10×10cm

重量280gの軽量シェルターです。別売りのツェルトポールやストックを利用してテントのように設営できます。

ビバークツェルト1 ロング
ビバークツェルト1 ロング
・重量:240g

ビバークツェルト1をサイズアップしました。居住性がアップし2人が横になれます。被った場合は3人〜4人を収納可能。

ビバークツェルト・デュオ
ビバークツェルト・デュオ
・重 量:150g
・素 材:15dnリップストップナイロンPUコーティング

ビバークツェルトの2人用です。被って使用することが前提で、最大で3人まで収納可能です。

撥水ツェルト1
撥水ツェルト1
・重 量:330g
・素 材:30dnリップストップナイロン

生地に防水処理を施していないツェルトです。その分結露は起きにくいですが、防水ではないため中〜上級者向けの商品です。

撥水ツェルト2
撥水ツェルト2
重 量:470g
素 材:30dnリップストップナイロン

撥水ツェルト1のサイズアップ版です。生地に防水処理を施していないツェルトで、その分結露は起きにくいですが、防水ではないため中〜上級者向けの商品です。

ファイントラック

超軽量リップストップナイロン生地に高い浸透性能を持たせることにより、ツェルトのデメリットである結露を大幅に軽減しました。張力のかかる各辺には強度に優れるダイニーマテープを縫い込み、破損の危険性を軽減しています。

ツエルト1
ツエルト1
・サイズ:1~2人用サイズ。
・重量:230g

大人2人が横になれる、最低限の居住空間を確保したシェルターです。救助用シートとしても使用できる強度を持ち合わせています。

ツエルト2ロング
ツエルト2ロング
・重量:340g
・サイズ:奥行220(天頂部170cm)×間口100×高さ95cm

2人〜3人まで収容できるシェルターです。簡易テントとし利用したいウルトラライトハイカーにおすすめです。

ピコシェルター
ピコシェルター
・重量120g

超軽量コンパクトで、常にザックに携行できます。テントのように設営するより、緊急時のビバークや防寒着、レインウェアとしての用途に向いています。

チューブツエルト
チューブツエルト
・重量:440g

2人〜4人まで収容できる大型のツエルトです。設営する必要がなく、取り出して入り口を絞ればすぐに利用できます。

ヘリテイジ

従来のツェルトとテントをうまく複合させた商品が魅力です。生地には浸透性を持たせ結露を対策。ポールを通して素早く設営可能。超軽量テントとして積極的に使いたいラインナップです。

エマージェンシーソロシェルターツェルト
エマージェンシーソロシェルターツェルト
・重量180g(乾燥時平均)
・生地本体:15dnナイロンリップストップ・透湿PUコーティング

180gの超軽量1人用シェルターです。設営すれば横になることが可能。生地に浸透性を持たせることで、結露対策もほどこされています。

クロスオーバードーム
クロスオーバードーム
・重量:700g(本体、ポール、スタッフバッグ込 乾燥時平均)
・生地本体:15Dナイロンリップストップ・透湿ポリウレタンコーティング

テントとツェルトの中間のようなシェルターです。2本のポールで素早く設営可能。縫製ラインは防水テープが貼られ、グランドシートはバスタブ式で漏水が少ない設計です。

クロスオーバードームf
クロスオーバードームf
・素材:15Dナイロンリップストップ(透湿PUコーティング)
・重量:600g

重量600g。500mlのペットボトルサイズに収納できるシェルターです。生地に防水浸透性素材を採用し、縫製ラインに防水テープを貼ることで、従来のツェルトより快適な居住空間を作ります。

ストックシェルター
ストックシェルター
・重量:280g(ペグ2本込 乾燥時平均)
・生地:本体:15Dナイロンリップストップ・透湿ポリウレタンコーティング

トレイルランニングにおすすめの軽量シェルターです。ストック2本で素早く設営可能。

オクトス

商品企画から製造、販売まで自社一括で行われています。他社メーカーよりコストを抑えられ、同価格帯では高い性能が魅力です。

コンパクトツェルト
コンパクトツェルト
・重量:約385g(平均重量)
・素材: 30デニールナイロン ポリウレタンコーテイング

コストパフォーマンスに優れたツェルトです。側面の縫製箇所を極力減らし、防水性を高めています。

透湿・防水ツェルト
透湿・防水ツェルト
・素材:30デニールナイロン ポリウレタンコーテイング (透湿・防水2.5層構造)
・重量:約680g(平均重量)

透湿性能を兼ね備えたツェルトで、結露に強いのが特徴です。

NEW透湿防水ツェルトライト
NEW透湿防水ツェルトライト
・素材:15Dリップストップナイロン
・重量:約345g

1人〜2人が横になれるツェルトです。防水浸透性に優れた生地で快適に過ごせます。重量も345gと軽量で、常に携行するのにおすすめのツェルトです。

まとめ

ツェルトの使い方やおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしょうか?350ml缶におさまる装備で、生死を分ける場合もあります。山の難易度に関わらず、ぜひ携行したい装備ですね。

ツェルトが気になった方はこちらをチェック!

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。