六甲山のおすすめ入門コース!絶品グルメから日帰り温泉までご紹介

六甲山の登山入門におすすめのコースをご紹介します。神戸の背中から街を一望するようにそびえる六甲山系は、西の須磨から北の宝塚まで公称約56kmにもおよび縦横無尽に登山道が巡っています。

その中から今回は「山田道」と弘法大師空海が歩いたとされる「大師道」を結ぶルートをご紹介します。牧場や森林公園でのグルメから、下山後の温泉まで楽しめるおすすめルートです。

六甲山とは?

六甲山とは、兵庫県神戸市の西から北にかけて広がる山域であり、一般的に六甲山といえば山域一帯のことを指します。それとは区別し最高地点のピークを「六甲山最高峰」(標高931m)と呼びます。

山上は開発が進みロープウェイや車道が通っており、アクセスが良く初心者に優しいコース選びが可能な反面、公称56kmに及ぶ六甲山全山縦走路を一日で踏破する「縦走大会」や、ロープワーク必須のバリエーションルートも存在し上級者まで楽しめる山です。

六甲山の気候

六甲山は海岸から5〜7kmで山上部へ至ります。そのため標高差が大きく都市部と山上の気温差は約6℃。秋〜冬にかけて山上はかなり冷え込みます。北側の斜面は特に積雪や滝が凍結することもあり、冬場には軽アイゼンが必要になることもあります。

六甲山の注意点

六甲山の登山コースは良く整備されており、道標も設置されています。しかし分岐が非常に多く、登山道ではない巡視路の存在や踏み跡が不明瞭な山域もあり、実際道迷いにや滑落よる遭難が毎年発生しています。

また野生のイノシシが非常に多く(写真はイノシシの足跡)、ルートによっては高確率で遭遇します。決して近寄らないように。低山だからと侮らないよう、事前の準備は確実にしましょう。

六甲山のおすすめルート

 

今回ご紹介するルートは、谷上駅をスタートし森林植物園・再度公園、大師道を経由し下山します。危険箇所はなく良く整備された遊歩道を歩くコースです。

難易度

【距離】約10.1km
【累積標高】登り約266m・下り約454m
【歩行時間】約4時間20分(山と高原地図のコースタイム)

初心者向けのコースです。森林植物園の入り口付近が今回の最高地点(約440m)ですが、スタート地点の標高がすでに240mあります。森林植物園まではなだらかに登り、それ以降は下りです。距離が10kmありますが、日頃から運動習慣のある方であれば問題ないでしょう。

アクセス

【行き】神戸電鉄または北神急行電鉄「谷上駅」

【帰り】阪神電車「神戸三宮駅」
阪急電鉄「神戸三宮駅」
JR「三ノ宮駅」

谷上駅〜森林植物園

谷上駅を出発し南に進路をとります。阪神高速の高架をくぐってしばらく進むと、森林植物園へと続く「山田道」です。何度か川を渡りながら、穏やかな登山道を進みます。森林植物園までは登り基調ですが、急勾配はありませんので初心者でも安心です。

時おり道標が設置されていますので、現在地を確認しましょう。スタートしてから30〜40分で「弓削牧場」への分岐があります。後で詳しくご紹介しますが、時間に余裕があれば是非立ち寄りたいスポットです。

森林植物園〜再度公園

弓削牧場から20〜30分歩けば「神戸市立 森林植物園」に到着です。世界の森林を再現した珍しい公園で、カフェや展示室も併設されており休憩にも適地です。

ちなみに園内の散策は約1時間で可能です。森林植物園の西門を出発し再度公園(ふたたびこうえん)を目指します。この先分岐が増えますので、ルートを見失わないよう注意が必要です。再度公園は再度山の山頂近くにある、ハイカー息の広場です。弘法大師空海が遣唐使の前後に2度登ったことから、再度山と名付けられと言われています。

再度公園〜諏訪神社

再度公園を後にすると、弘法大師が歩いたとされる「大師道」経由で下山します。山田道同様、よく整備された登山道で歩きやすいルートです。谷筋を進む爽やかなルートで川のせせらぎに癒されます。

途中の展望ポイントから神戸の街を一望できれば、ゴールはもうすぐです。諏訪神社の境内に到着したら、アスファルトの急坂を下ってゴールです。

六甲山のグルメ・イベント情報

今回ご紹介したルートには、「弓削牧場」や「神戸市立 森林植物園」に立ち寄れます。森林公園ならではのイベントや牧場直送の乳製品など魅力がたっぷりです。

弓削牧場


山田道のすぐそばに位置する弓削牧場は、1943年に創業スタート。こだわりの製法で作られたチーズが人気の牧場です。


自家菜園で育った野菜のランチや、冬季限定「カマンベール・チーズフォンデュ」などがおすすめ。スキンケア用品やバスセットの販売もあります。

【住所】兵庫県神戸市北区山田町下谷上西丸山5-2
【営業時間】11:00〜17:00
【定休日】水曜定休(1・2月は火・水曜)

神戸市立 森林植物園


森林植物園は日本でも珍しい、世界の森林を再現した公園です。バードウォッチングやウェルネスウォーキングなど年間を通して様々なイベントが開催されており、2018年12月2日までは「森林もみじ散策」が開催されています。紅葉が見頃を迎えており、メタセコイアの並木道は一見の価値ありです。

森のカフェ・ルピック

 


園内には弓削牧場が経営する「森のカフェ・ルピック」があり、新鮮な乳製品を生かしたオリジナルメニューを楽しめます。特性ミルクソフトクリームや、ひよこ豆のスパイシーカレーがおすすめです。

【住所】神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】毎週水曜(祝日の場合は翌日)
【料金】大人(15才以上)300円 小人(小・中学生)150円
※2018年11月現在

六甲山付近の温泉情報

下山後に立ち寄れる温泉についてご紹介します。

神戸クアハウス


ゴールの諏訪神社から東に徒歩約20分。都会では珍しい2つの天然温泉と、「神戸ウォーター」を利用した多彩なお風呂が魅力です。カプセルホテルも併設され、宿泊も可能。登山帰りにぜひ立ち寄りましょう。

【住所】神戸市中央区二宮町3-10-15
【営業時間】24時間
【定休日】年中無休
【料金】大人(中学生以上)980円 小人(4才〜小学生)480円
※2018年11月現在

六甲山の登山に必要な装備

今回ご紹介したコースを歩くのに必要な装備はこちら。

登山地図

山と高原地図六甲・摩耶
山と高原地図六甲・摩耶
・昭文社より刊行
・定番の登山地図

六甲山は非常に分岐が多く、毎年道迷い遭難が発生しており地図の携帯は必須です。登山に必要な情報が詳しくまとめられた定番登山地図です。

軽トレッキングシューズ

MERRELL(メレル)カメレオン7
MERRELL(メレル)カメレオン7
・重量 410g
・ゴアテックス採用

今回のコースはローカットシューズで十分です。ゴアテックスを採用したモデルで、悪天候時にも安心です。

レインウェア

mont-bell(モンベル)トレントフライヤージャケット
mont-bell(モンベル)トレントフライヤージャケット
・ゴアテックスファブリクス2レイヤー
・重量 180g

低山と言えどレインウェアは必須。コストパフォーマンスに優れたこちらのモデルは、ゴアテックス採用のモンベル最高峰のレインジャケットです。

双眼鏡

Vixen(ビクセン)BR6×30WP
Vixen(ビクセン)BR6×30WP
・倍率6倍
・重量500g

必需品ではありませんが、神戸市立森林植物園は有名なバードウォッチングスポットです。同価格帯で抜群の見え味を誇るこちらの双眼鏡があれば、野鳥観察も楽しめます。

まとめ

六甲山の入門コース、山田道〜大師道をご紹介しました。穏やかなルートで初心者やデートにもぴったりなコースでした。また六甲山の紅葉はまさに今が見頃。さっそく週末に出かけてみましょう!

六甲山の記事が気になった方はこちらもチェック!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。