子供や登山初心者でも楽しめる東北の名峰・八甲田山

引用:pixabay

東北地方でも人気の高い山が、「八甲田山」です。
多様なコースがあり、難易度に合わせてコースを選べることもあり、多くの登山客で賑わっています。そんな「八甲田山」について、詳しくご紹介していきます。

八甲田山とは?

引用:pixabay
八甲田山は青森県青森市の南に位置し、日本百名山のひとつです。
実は八甲田山という名称の山はなく、18に及ぶ火山群の総称となっています。
この八甲田山は北八甲田、 南八甲田に分かれており、北八甲田にある大岳と言われる最も高い山岳(標高1585m)を主峰とし、この大岳を登ることが八甲田山の登頂となります。

火山であるがゆえに温泉も数多くあり、特に酸ヶ湯温泉は人気のスポットです。
また北八甲田には八甲田ロープウェイもあるため、足を運びやすく登山の初心者にも人気の高いコースとなっています。
そんな八甲田山について詳しくご紹介していきます。

八甲田山までのアクセス

引用:pixabay
まずは公共交通機関を利用したアクセスを見ていきます。
八甲田ロープウェイの各駅まではJRバス東北の路線バスを利用して足を運ぶことが出来ます。
青森駅から酸ヶ湯温泉まではバスで1時間30分程度となっており、乗車料金は1400円です。
1日5便程度と本数は多くありませんので、時間を事前に調べておきましょう。
車で訪れる場合は、八甲田ロープウェイの山麓駅に無料の駐車場がありますのでそちらの利用がおすすめです。

八甲田山に行く際のマストアイテムは?

引用:pixabay

登りやすい山ではあるが最低限の登山装備を

八甲田山の登山の難易度は高い方ではありませんが、万が一のことも考え基本的な登山グッツは常備しておいたほうが良いでしょう。
着用するものとして、トレッキングシューズ、レインウエア、バックパック、グローブ、ハット、ヘッドライトは必須です。
また、ボトル、時計、コンパス、タオル、ナッツ類などの軽食、ガイドブックも携帯しておきましょう。
八甲田山は高低差も少なく比較的歩き易い山岳ですが、トレッキングポールなどがあると尚便利です。

あったら便利!八甲田山で役立つアイテム

引用:pixabay

絶景を収めるデジタルカメラはおすすめ

あると便利なグッツについてもご紹介していきます。
折りたたみ傘、アウトドアナイフ、サバイバルシート、防水のデジタルカメラ、ウエストポーチなどもあると便利です。
特に登山の思い出を残すためのデジタルカメラは、機能や価格ともにさまざまなものがありますので、ぜひ予算や希望に沿ったものを購入してみてはいかがでしょうか。

初心者でも登れる?八甲田山の難易度

引用:pixabay

多様なコースがあり難易度に合わせて楽しめる山

八甲田山は比較的難易度は低い山岳と言えるでしょう。標高はさほど高くなく、また高低差が少ないのが特徴で、難易度にあわせて様々なハイキングコースがあるのも嬉しいポイント。
登山初心者の方におすすめなのは、「ゴードライン」と呼ばれるコース。八甲田ロープウェイを利用でき、また平坦なコースを登ることもできるため、小学生や高齢者でも1時間程で登れるコースとなっています。
またコースも多様なため、初心者でも楽しめるコースはもちろんですが、登山に慣れた難易度の高い登山をしたい方でも楽しめるコースもあります。

必ず行きたい!八甲田山のイチオシポイント

引用:pixabay

火山の恩恵「酸ヶ湯温泉」と絶景の紅葉「南八甲田蔦七沼めぐり」

八甲田山を訪れた際にぜひ足を伸ばして頂きたいのが、酸ヶ湯温泉です。
こちらは人気のスポットとなっており、宿泊施設も多数あります。登山とあわせて宿泊する方も多いそうです。
また、秋の紅葉シーズンにぜひおすすめしたいのが南八甲田の蔦七沼めぐり。
紅葉が非常に綺麗で、日本の四季の素晴らしさを間近に体感することが出来るおすすめのポイントとなっています。

八甲田山を満喫出来るおすすめルート

引用:pixabay

八甲田山のおすすめスポットが詰まったコース

今回おすすめしたいのは、大岳・赤倉岳・毛無岱高層湿原・酸ヶ湯温泉を登るコース。
ロープウェイを利用したコースなので体力のない方や登山に不慣れな人でも楽しむことが出来ます。
また酸ヶ湯温泉なども訪れるコースのため、初めて八甲田山へ足を運ぶ方にはぜひおすすめしたいコースとなっています。
登山時間の目安はロープウェイも含め5時間30分程度です。

コースの詳細・見どころ

上りのコースから見ていきましょう。
ロープウェイの山頂公園駅をスタート地点とし、八甲田山の山頂を目指します。
上りのコースの見どころの一つが赤倉岳。素晴らしい景色を一望出来る、おすすめのスポットとなっています。
上りの山道は緩やかな道ではありませんが、しっかりと舗装されているため、歩きやすく子供などが歩いても安心です。

初心者や子供でも上れるのは、こういった整備が整っているという点も大きいのでしょう。
登頂した八甲田山の山頂からの景色は一番見ごたえのある景色です。
天気の良い日は青森湾も望むことが出来るとのことで、汗を流した人しか楽しむことの出来ない景色を見ることが出来ますよ。

下りのコースも見ていきましょう。
下りの方が景色を楽しめるポイントが多いのもこのコースの特徴。
おすすめは毛無岱の景色です。
この環境ならではの植物が多くあり、非常に珍しい景色を見ることが出来るんです。
八甲田山を訪れたら、外せないスポットとなっています。

また景色だけでなく、ぜひ足を運んで頂きたいのが酸ヶ湯温泉です。
酸ヶ湯温泉も、八甲田山が火山であるがゆえの恩恵ですよね。
宿泊施設も多くありますので、登山の疲れをゆっくりと癒すのもおすすめですよ。

混雑のピークは?八甲田山が賑わう時期と空いている時期

引用:pixabay

積雪のあるシーズン以外は常に多くの登山客で賑わう

ハイシーズンは3〜11月となっており、多くの登山客で賑わっています。
5・6月は新緑、10・11月は紅葉を楽しむことが出来ます。
11月下旬からはスキーもでき、 5月中旬まで楽しむことが出来るそうです。

またロープウェイを利用する場合にはお盆の時期がおすすめ。
一週間程度と期間が限定されていますがロープウェイの利用時間が2時間延長されるんです。
夕焼けを一望することができ、この時期にしか楽しむことの出来ない絶景となっています。

12~2月は、気温が下がり積雪等もありますので、ハイシーズンと比べると登山客が少ないようです。
パウダースノーという質の良い雪も降るためバックカントリーを楽しむ方も多いようですが、過去には事故が起きたことも。
冬に登山を行う際は、気候やコースなどしっかりと安全面のリスク管理を行った上で登山を楽しんでくださいね。

誰でも楽しむことの出来る八甲田山

引用:pixabay
八甲田山についてご紹介していきました。八甲田ロープウェイがあることで初心者の方でも楽しめることができるコースとなっており、火山活動があるがゆえに温泉地もあることから、宿泊と登山を楽しめるおすすめのスポットとなっています。
登山の途中にも絶景を望めるスポットが多数あり、登山中も様々な景色を楽しむことが出来るのはもちろん、季節によって様々な山の表情も楽しむことが出来たり、多様なコースがることから何度でも登山を楽しめる山と言えるでしょう。
ぜひ東北方面での登山を検討している方は、八甲田山に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。