冷温庫・保冷庫おすすめ7選|ポータブル・車載両用など人気のモデル

引用:pixabay

保冷バッグの一つ上を行くのが、冷温庫です。電気やガスの力を使って自力で保冷と保温が出来るので、酷暑にビールやお茶などの飲み物を冷やしておいたり、冬の寒い日にコーヒーやお弁当を保温しておくと、幸せな気持ちになれます。アウトドアでも活躍するポータブルタイプや、シガーソケットからの給電が可能な車載タイプなど目的に合った冷温庫と保冷庫をご紹介します。

冷温庫・保冷庫とはどういうもの?

サンコー株式会社さん(@thanko_inc)がシェアした投稿

冷温庫・保冷庫とは、小型の冷蔵庫や保温庫と考えて良いでしょう。冷蔵庫とは冷却方式が異なり、ペルチェ式という仕組みで中のものを冷却、加温します。ペルチェ式では稼働音が比較的静かであるとされ、自宅の寝室などに置いて使用する人が増えています。ペルチェ式では、保冷・保温の性能がマイルドなのでビールをキンキンに冷やすということは難しいようですが、夏には充分冷たく、冬には充分温かい温度に保つことが出来ます。容量は8L~25Lあたりが人気です。中に入れるものが缶ビールなのかペットボトルなのかによって、どのくらい入るのかが異なってきますので目安を良く確認しましょう。冷温庫・保冷庫の形状によっても異なります。

BESTEK 冷温庫 家庭・車載両用 8L

静音設計で、寝室や勉強部屋、事務所などに置ける冷温庫です。AC・DCの両電源に対応しているので、自宅のみならず車内でも使用が可能です。また、持ち運びやすい取っ手付きでアウトドアにも手軽に持って行くことが出来ます。使いやすいサイズで、1台あれば様々なシーンで良い仕事をしてくれる頼もしい1台です。

BESTEK 冷温庫 家庭・車載両用 8L
BESTEK 冷温庫 家庭・車載両用 8L
本体サイズ:幅255×奥301×高314mm
本体重量:約3.0kg

Poweradd ミニ冷温庫 家庭・車載両用 7L

肩にかけるショルダーベルトがついた持ち運び重視のモデルです。黒のパッキンと、ポリウレタンフォーム断熱材を採用したボディは保冷・保温性能が高いので効率的に保冷・保温します。AC-DC電源変換アダプターが付属しています。500ミリのペットボトルで6本程度が収納出来ます。

Poweradd ミニ冷温庫 家庭・車載両用 7L
Poweradd ミニ冷温庫 家庭・車載両用 7L
保冷温度 : 周り温度より約15℃低く
保温温度:約50℃(±10℃)

自分専用おとしずか冷温庫 6L

ささやき声ほどの静かな運転音約37dBで、すぐ手に届くところに置いていても、気にならず使える超静音小型冷温庫です。これなら、寝室に置いても使用できますし、コンパクトなので職場の足元に置いて、お弁当などを温めても邪魔になりません。取っ手がついており、ちょっとしたお出かけにも便利です。ここまで小型ながら、保冷性能が約8℃というのは、かなり能力が高いということです。

500mlペットボトル4本、350ml缶6本、190ml缶12本収納可。

自分専用おとしずか冷温庫 6L
自分専用おとしずか冷温庫 6L
【サイズ】幅203×奥行き273×高さ304(mm)
【重量】2820g

iimono117ポータブル保冷温庫 20L

こちらは、透明扉で中身が開けなくても確認できるのが便利です。容量は大き目20Lで持ち運びというよりは、一か所に据え置きで使用するのがおススメのタイプです。キャリーハンドルは付いているので、中身が詰まっていなければ移動も可能です。500mlペットボトルの場合、14本収納可能です。温度設定は、約4〜60℃まで設定可能。ディスプレイ表示の温度計も確認が簡単で便利!

庫内のトレイは取り外し可能なので、水洗いして清潔な環境を保つことが出来ます。

iimono117ポータブル保冷温庫 20L
iimono117ポータブル保冷温庫 20L
サイズ:(約)W320×D365×H455mm
重 量:(約)7.5kg

TWINBIRD 2電源式 電子保冷保温ボックス

見た目の可愛さから人気のコンパクト冷温庫です。そこそこの値段はしますが、販売元のツインバード工業は、古くから冷温庫を開発・製造しており、そのノウハウが詰まっている使いやすい冷温庫なのです。ペルチェ式では難しいのですが、保冷は約5℃から、保温約60℃ときっちりと最適な温度を確保してくれます。強冷、弱冷、保温と3つのモードを選択でき、一年中活躍してくれる一台です。旅行に行く際に車に乗せておき、保冷が必要なお土産を詰めて帰宅することも出来ます。

TWINBIRD 2電源式 電子保冷保温ボックス
TWINBIRD 2電源式 電子保冷保温ボックス
温度: 強冷・・・5℃±3℃(周囲温度25℃)、弱冷・・・7℃±3℃(周囲温度25℃)、保温・・・60℃±6℃(周囲温度20℃)

ベルソス 車載対応保冷庫15L

マイナス20℃から対応するハイパワーの保冷庫です。こちらは保温機能はありませんが、冷凍・冷蔵庫の代わりとして、中に入れるものによって様々な温度帯を設定することが出来ます。30分ほどでマイナス20℃まで冷却できるので、アイスが溶かすことなく適温まで到達します。

24V電源も採用しているので、トラックにも対応しています。大きく開いて取り出しも簡単で便利。大人数での使用にも、とっても便利です。

ベルソス 車載対応保冷庫15L
ベルソス 車載対応保冷庫15L
本体寸法:約570×320×260mm
本体重量:約8.2kg

Excelvan 冷温庫 6L

黒の引き締まったデザインがスマートな保冷庫です。フタの上がドリンクホルダーになっているので、簡易的なテーブルのように使用できるのが非常に便利です。特に車で使用する際には助かります。持ち運び用の肩掛けベルトも付属しているので、車に移動中に使用し、目的地に着いたら、携帯して出かけることも出来ます。スイッチを入れて15分もすると庫内が冷たくなり、すぐに使用が可能です。内容物を常温より15℃ー25℃低くでき、保温時は60℃(誤差5℃)まで可能です。

Excelvan 冷温庫 6L
Excelvan 冷温庫 6L
サイズ:23.5×16×24.6cm(内部サイズ:21×14.2×19.5cm)
重量:1.45kg

冷温庫・保冷庫の付属品や関連アイテムは?

冷温庫よりも場所を取らないものが欲しい方にはこちらがおススメ。缶容器・ペットボトルの飲み物や専用マグカップに入れた飲み物をそのまま保冷・保温します。AC・DCに加えて、USBからも電源が取れるのでモバイルで仕事をする際のお供にも最適です。小型なので持ち運びも簡単。カバンの隅に入ります。

Dometic(ドメティック)ドリンククーラー 3WAY電源対応

Dometic(ドメティック)ドリンククーラー
Dometic(ドメティック)ドリンククーラー
ボタン一つでCOLD、OFF、HOTの切替が出来ます。
缶容器以外のお飲み物を入れる場合に便利な、専用アルミ・マグカップが付いています。
350mL、500mL缶用 同様サイズのペットボトル等もOKです。

冷温庫・保冷庫で有名なメーカーは、ツインバード工業

R Oさん(@r.ssmom)がシェアした投稿

ツインバード工業は、ものづくりの街、新潟県の燕三条という町で誕生しました。リーズナブルな価格で、様々な家電製品を製造しており、多くの人が一度は目にしたことのあるメーカー名なのではないでしょうか。製品開発力と製造技術に優れ、顧客のニーズを素早くキャッチして商品へと反映しているので、独創的で話題となる製品を生み出して来ました。

先にご紹介した、TWINBIRD 2電源式コンパクト電子保冷保温ボックス D-CUBEは、実は20年以上に渡るロングヒット製品です。細かいリニューアルは行いながらも、基本設定は発売当初と変わっていません。

冷温庫・保冷庫の上手な選び方

アウトドアで使用するための、ポータブルタイプは容量が8L程度の小型で肩ストラップ付きのものが人気です。DC電源が付いていれば、車内でも使用できるので非常に便利です。車内で使うことをメインに考えられたモデルでは、ドリンクホルダーがついているなど車内でも飲み物がこぼれにくい配慮がされているものもあります。

自宅に置く人は、飲み物を入れた後の持ち運び重量を気にしなくて良いので、容量が大きいものを選ぶことが出来ます。2階の寝室に置いて使用したいという人は稼働音のより静かなタイプを。冷蔵庫代わりに使用したいという人は保冷機能を重視して選ぶと良いでしょう。商品によって、どの機能に重きを置いているかが結構異なります。

一台あれば一年中活躍してくれるのが冷温庫・保冷庫

キャンプ時、保冷剤をクーラーボックスに沢山詰めていったり、ペットボトルを凍らせて保冷剤変わりに入れたりして工夫してきましたが、どうしても内容量が低下してしまいます。夏は保冷が必要な食材や冷たい飲み物(場合によってはアイスも!)、冬は暖かい飲み物やお弁当を自在に持ち運べるって画期的です。キャンプで使用しない時は、自宅で使用したって良いのです。釣り餌を保管する人もいますし、女性であれば無添加の手作り化粧品を保管する人もいます。保温機能を使用すれば納豆だって作れるかもしれません(笑)まあ、車内に置いたら便利で車に置きっぱなしになりますけどね。

■関連したおすすめ記事はこちら

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。