摩耶山|気軽の登れる神戸の山 ハイキングにおすすめ

引用:トリップアドバイザー
摩耶山(まやさん)は、兵庫県神戸市灘区にある六甲山地の中央に位置する標高702メートルの山です。その昔、摩耶山の中にある天上寺に、空海が釈迦の聖母である摩耶夫人(まやぶにん)像を安置したことが由来との事です。今回は、その摩耶山の魅力をご紹介していきます。

摩耶山の基本情報

所在地:兵庫県神戸市灘区
標高:702メートル
山系:六甲山系

摩耶山へのアクセスは?

Rie 🌙さん(@riyon88)がシェアした投稿

阪急王子公園駅から20分歩くと、上野道登山口へ行くことができます。公共交通機関を使う場合は、JR灘駅や、阪急六甲駅などから、坂バスを利用し摩耶ケーブル下バス停で下車すると近くに上野道登山口があります。

坂バス:http://www.kobe-minato.co.jp/saka-bus.html

摩耶山に必要な装備

motokoさん(@motokotoinuinu)がシェアした投稿

摩耶山は、市街地に近く、標高702メートルということで、本格的な登山装備は必要ありません。標準的な低山登山や、ハイキング程度の装備で十分です。

摩耶山に持っていてよかったもの

YUKIさん(@yukitamago1024)がシェアした投稿

摩耶山の山頂近くにある掬星台展望台からは、神戸市街地が一望できますので、双眼鏡などがあれば風景をより楽しむことができます。また、雨天時や雨天後は泥がぬかるんでいる場所があるので、トレッキングポールなどがあれば安定して登山できます。

PNikon 双眼鏡 アキュロンT01 8x21 ダハプリズム式 8倍21口径
PNikon 双眼鏡 アキュロンT01 8x21 ダハプリズム式 8倍21口径
見掛視界:47.5°(※ISO14132-1:2002に基づいた新表記数値)
明るさ:6.8
アイレリーフ:10.3mm
ひとみ径:2.6mm
1000m先視界:110m
近距離(最短合焦距離):3.0m(※調節をしていない正視眼の場合)
BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド) トレイル BD82328
BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド) トレイル BD82328
サイズ: 63.5~140cm(収納時63.5cm)
重 量: 481g(1ペア)
カラー:ブラック

摩耶山の難易度

monte702さん(@monte702)がシェアした投稿

摩耶山は、初心者や、普段山を登り慣れていない方でも優しく登れる山です。また、体力に自信が無い方は、ケーブルカーや、ロープウェイが整備されているので、それらうまく利用することにより、問題無く登ることができるでしょう。
「ふだん、山歩きをしていない方でも、のんびりと歩いて迎える場所」
出典:トリップアドバイザー

摩耶山のイチオシポイント

channelms10さん(@channelms10)がシェアした投稿

摩耶山のイチオシポイントをご紹介します。

掬星台

koichi idaさん(@koichi_0613)がシェアした投稿

掬星台は、阪神間が一望できるパノラマビューが有名な展望台です。神戸空港や、海を挟んで関西国際空港までのぞむことができ、行きかう航空機を見ることができます。掬星台は夜景ポイントとしても有名で、夜はロープウェイを利用して夜景見物に来る観光客が多く訪れます。
「展望台からの景色は六甲山と同じくとても素晴らしいです。」
出典:トリップアドバイザー

天上寺跡

Yūka Okagamiさん(@pikat__yuu)がシェアした投稿

空海が釈迦の聖母である摩耶夫人(まやぶにん)像を安置し本尊とし、摩耶夫人を本尊とする日本唯一の寺です。創建年は646年とされ、創建当時の建物は、昭和51年の放火により焼失したため、摩耶山史跡公園となり史跡として残るのみですが、現在は、北の1kmほど行ったところに再建されています。

摩耶自然観察園

横山亜利沙さん(@yokoyama_a)がシェアした投稿

摩耶自然観察園は、掬星台の隣にある自然観察園です。アジサイ、ミズバショウ、カキツバタ群落などが有名で、路傍植物や湿性植物などがあるゾーンを常緑広葉樹が茂る散策路で回ることができます。

穂高湖

koichi idaさん(@koichi_0613)がシェアした投稿

穂高湖は山上にある人口湖で、森林と一体化しているような風情の中にあり、上高地の大正池に似ているとの事から、穂高という名前が付けられたそうです。周りには遊歩道が整備されているため、多くのハイカーが立ち寄るスポットになっています。

摩耶山のおすすめ登山ルート

@konopacがシェアした投稿

摩耶山の登山ルートは、たくさんあり、長いルートになると新神戸方面へ抜けることができる数10kmに及ぶようなコースや、いくつもの沢や森を楽しめるような本格的なコースなどもありますが、今回おすすめするコースは、多くの登山者が利用し、初心者でも楽しめる「上野道コース」をご紹介します。このコースは、ケーブルカーや、ロープウェイと並行しているため、疲れた場合、それらを利用することができるため、初心者や家族連れにおすすめのコースとなっています。

阪急王寺公園駅から上野道登山口(約20分)

阪急王寺公園駅から徒歩で上野道登山口近くの摩耶ケーブル駅を目指します。駅には摩耶山までの案内板もあるので、よく確認して出発しましょう。閑静な住宅街の中を歩き、摩耶ケーブル駅方向へ約20分程度歩くと、上野道登山口にたどり着きます。

上野道登山口から青谷道合流点(約70分)

摩耶ケーブルと並行して延びる上野道を歩きます。この登山道は階段が多く、よく整備されています。登山道を登り上がると眺めのいい展望所へ到着します。ここで、休憩を兼ねて、展望を楽しみましょう。休憩と展望を楽しんだら、先に進み、青谷道との合流点に至ります。

青谷道合流点から山頂へ

青谷道合流点から、消失した天上寺跡を抜けると、約20分で山頂へ至ります。山頂は展望が望めないので、掬星台まで行けば、絶景を楽しめます。また、掬星台は昼食にも最適です。
「山上は展望台がありまあまあ広いので大人数でもお弁当を広げたり休憩できるようになってます。」
出典:トリップアドバイザー

monte702さん(@monte702)がシェアした投稿

青谷道へ下山

下山は、そのまま、上野道を戻る事もできますが、できれば、青谷道を下りましょう。青谷道も比較的安全に歩け、途中には茶屋跡や昔の民家跡などがあります。山頂から約65分でふもとの青谷橋へ到着します。

もし疲れたらロープウェイやケーブルカーを

登山で疲れた場合には、ロープウェイやケーブルカーを利用して下山することもできますのでうまく利用しましょう。

koichi idaさん(@koichi_0613)がシェアした投稿

混雑している時期は?

Tatsuya Suzukiさん(@957gts)がシェアした投稿

混雑するのは、4月から5月の新緑や10月から11月の紅葉時期です。ただし、混雑するのはロープウェイやケーブルカーなので、歩いて登るのであればそれほどではありません。

昼も夜も絶景が楽しめる摩耶山

rumiさん(@rumi___photo)がシェアした投稿

昼も夜も絶景が楽しめる摩耶山は、神戸市街地のすぐ近くにあることもあり、神戸市民の憩いの場として愛される山です。また、気軽にハイキングを楽しめるので、初心者や家族連れにもおすすめの山です。ロープウェイやケーブルカーが整備されているので、ぜひ、神戸観光の際には、摩耶山登山で絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

六甲山系の登山情報はこちらの記事もおすすめ

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。