オリジナルなキャンプテーブルを自作してみよう!|作り方・工具・材料を徹底解説!

引用:pixabay
キャンプテーブルは、アウトドアでのコーヒータイムや食事に欠かせません。さまざまな種類がアウトドアブランドからリリースされていますが、人気製品はキャンプ場でほかの人とかぶりがち。そこで、オススメなのが自作です!けれども、「自分で作るなんて大変そう」と尻込みしてしまう人もいますよね。DIY初心者でもできるような、市販のテーブルを利用したアレンジテクニックや今注目のデザインなどをご紹介しましょう。

木製のテーブルを利用したペンキDIY

Mihoさん(@miiicoeki)がシェアした投稿

買ったばかりのウッドキャンプテーブルは、きれいだけれども「ちょっと個性がないなあ」と思うことも。そんなときは、ペンキDIYでヴィンテージ加工をほどこしてみませんか?キャンプ用木製フォールディングテーブル(折り畳みテーブル)に、自分の手でペイントするだけです。
けれども、ペイントといってもきれいに塗るのではなく、わざと古びたヴィンテージ調に仕上げます。「クラック加工(ひび割れ加工)」ペイントで、長年雨風にさらされたような雰囲気のシャビー感(古ぼけた感じ)があるテーブルを作りましょう。シャビー調の家具は、最近人気のインテリアなのです。ヴィンテージ感覚のキャンプテーブルは、緑あふれるアウトドアにもぴったり!
テーブル作りに成功したら、木製のアウトドア用ラックなどもお揃いでペイントしてみましょう。センスのいいキャンプサイトが出来上がります。

キャプテンスタッグ FDパークテーブル

キャプテンスタッグ FDパークテーブル
キャプテンスタッグ FDパークテーブル
材質:天然木
重量:2.7kg

ペンキDIYテーブルの作り方・材料・道具

aika22さん(@aika.s22)がシェアした投稿

ペンキDIYテーブルの作り方・材料・道具などをご紹介しましょう。

ペンキDIYテーブルの作り方

1.ハンドサンダーでテーブルの表面にヤスリをかける(塗料が定着しやすくなる)
2.木製フォールディングテーブルに、お好みの色の「バターミルクペイント」を「横方向」に塗る
3.乾いたらその上から「オールクラックアップ」を「縦方向」に塗る
4.3が乾いたら、1とは違う色のバターミルクペイントを再度「横方向」に塗る
5.4が乾いてくるにつれ表面にひび割れが表れる
ペイントするだけで、オシャレなシャビー感のあるテーブルの出来上がりです!「バターミルクペイント2色は何色にするか?」がセンスの見せ所でしょう。

ペンキDIYテーブルの材料と道具

 

1.木製のフォールディングテーブル。ペイントが初めての人はコーヒーテーブルやサイドテーブルくらいの小さいサイズがおすすめです。

テントファクトリーテーブル

テントファクトリーテーブル
テントファクトリーテーブル
サイズ:幅76×奥行41.5×高さ26.5cm
本体重量:3.4kg
http://amzn.asia/1migRF1

2.バターミルクペイント。アーリーアメリカン調の、ナチュラルで優しい雰囲気の色合いを再現した塗料です。ミルクカゼインが主成分の安心・安全な自然塗料なので、小さなお子さんやペットのいるお家でも使えます。

オールドビレッジ バターミルクペイント

オールドビレッジ バターミルクペイント
オールドビレッジ バターミルクペイント
色数:23色
サイズ200・473・946・3785ml

3.オールクラップアップ。長年雨風にさらされたような自然なひび割れが作れます。

オールドビレッジ オールクラックアップ

オールドビレッジ オールクラックアップ
オールドビレッジ オールクラックアップ
サイズ:236・473・946・3785ml

4.ペイント用のハケ。何種類かセットになっているほうが使い分けられて便利です。

アサヒペン ペイントハケ3本セット

アサヒペン ペイントハケ3本セット
アサヒペン ペイントハケ3本セット
セット内容:30・50・70mm
毛材料:ヤギ毛・化繊の混毛

5.ハンドサンダー。握りやすく使いやすいハンドサンダーなら作業もはかどります。

sakazume ハンドサンダー

sakazume ハンドサンダー
sakazume ハンドサンダー
サイズ:20×7×6.8cm
重量:222g

市販の折り畳み脚を使ったテーブル

yutaさん(@guinnesstr)がシェアした投稿

すのこはさまざまな使い方ができるので、DIYには欠かせない材料です。すのこに市販の「折り畳み脚」をビスで取り付けるだけで簡単なキャンプテーブルができます。すのこは、板の幅や感覚などいろいろな種類があるので、お好みのサイズを見付けてください。
あとは、電動ドライバーを使い、ビスで折り畳み脚を付けるだけなので簡単です。すのこはそのままでもいいのですが、前項でご紹介したようにヴィンテージ風のペイントをするのもおすすめ!1人用の小さいテーブルを色違いで複数作り、ファミリー全員で使用するのもいいでしょう。また、板を1枚ずつ違う色にペイントして、マルチカラーテーブルにしても楽しい雰囲気になります。

必要な道具を揃えよう

 

1.木製のすのこ。大きさや素材はバリエーションが豊富にあるのでお好みのものを選んでください。

池川木材 すのこ 桧

池川木材 すのこ 桧
池川木材 すのこ 桧
サイズ:40×31.5×3.3cm
重量:1060g
素材:桧

パール金属 桐スノコ 2枚組

パール金属 桐スノコ 2枚組
パール金属 桐スノコ 2枚組
サイズ:75×33×28cm
重量:549g
素材:桐

2.折り畳み式テーブル脚。ビスで止めるだけで簡単に折り畳みテーブルが作れます。テーブルの天板にする、すのこの大きさとバランスのいい脚を選びましょう。

ハイロジック折り畳み式テーブル脚

ハイロジック折り畳み式テーブル脚
ハイロジック折り畳み式テーブル脚
太さ:8mm
パイプの長さ:270mm

3.電動ドライバー。1家に1台あると便利なのが電動ドライバーです。小型でコンパクトサイズ、充電式でコードレスのものなら、男性でも女性でも使うことができるのでおすすめでしょう。

ZENKE 電動ドライバーセット

ZENKE 電動ドライバーセット
ZENKE 電動ドライバーセット
重量:390g
電圧:3.6ボルト

男前系DIYキャンプテーブルのすすめ

@jeep0731がシェアした投稿

最近注目されているのが、男前な表情のインダストリアル系(工業系)アイテムを使ったインテリアグッズです。水道管・ガスの配管・足場板・金属パーツなど、工事現場などで使用されている材料を使い、ブラックのペイントで「男前系」に仕上げます。
アウトドアやキャンプで使用するテーブルや椅子、ラックなども男前系に作れば、クールでモダンなキャンプサイトに!アイデア次第で、いろいろなアイテムが作れます。デザインイメージのヒントや、必要な材料・道具を揃えるために参考になる本をご紹介しましょう。

家具をかっこよくDIYする本(学研インテリアムック)

家具をかっこよくDIYする本(学研インテリアムック)
家具をかっこよくDIYする本(学研インテリアムック)

ホームセンターマニアがつくるカッコいいインテリア(私のカントリー別冊)

ホームセンターマニアがつくるカッコいいインテリア(私のカントリー別冊)
ホームセンターマニアがつくるカッコいいインテリア(私のカントリー別冊)

今注目のトロリーテーブル風に!

Noniusさん(@_nonius)がシェアした投稿

最近、注目を集めているのが「トロリーテーブル」(車輪付きテーブル)です。ヴィンテージ風だけどスタイリッシュな雰囲気なので、まさに「男前インテリア」にはぴったり!キャンプ用テーブルとして使えそうなものを、DIYで作ってみませんか?
天板とする木材やすのこにキャスターを4か所取り付けましょう。天板の側面に1か所アンティーク風の取っ手を付ければ、デザインのアクセントにもなりますし、手で引っ張れるので移動も楽です。また、ワイン木箱にキャスターを4か所取り付け、木材でフタを作れば収納箱としてもテーブルとしても使用できます。

丸和貿易 ワインボックス

丸和貿易 ワインボックス
丸和貿易 ワインボックス
サイズ:40×25.5×13.5cm
重量:1.1kg

トロリーテーブルのクールな仕上げ方

 

トロリーテーブルの塗装は、今注目の「ブライワックス」で仕上げましょう。ミツロウワックスなのですが、塗る前に「ウォーターベース・ウッド・ダイ」(水性ステイン剤)を塗れば、より男前のヴィンテージ調に仕上がります。お好みの色のウォーターベース・ウッド・ダイ(全9色)でベースのカラーを塗り、次にブライワックスを重ねると重厚感が出るのです。
ブライワックスもカラーが豊富ですが、一番人気は「ジャコビアン」!長年使い込んだダークなこげ茶色です。さらに、アルファベットや数字のステンシルシートでテーブルの表面や側面に文字をペイントするとクールな雰囲気になります。

ブライワックス ウォーターベース・ウッド・ダイ 250ml

ブライワックス ウォーターベース・ウッド・ダイ 250ml
ブライワックス ウォーターベース・ウッド・ダイ 250ml

ブライワックス370ml

ブライワックス370ml
ブライワックス370ml

ステンシルss紙製シート

ステンシルss紙製シート
ステンシルss紙製シート

人とは違うキャンプテーブルを自作しよう!

 

ふぶさん(@hubunyancamp)がシェアした投稿

市販のキャンプテーブルも便利ですが、ちょっと人とは差の付くサイトを作りたかったら、自作してみましょう。DIYは苦手という人でも、市販の製品にひと手間かけるだけでオリジナルのキャンプテーブルが出来上がります。おすすめは、今インテリアで注目されているヴィンテージ調の雰囲気や男前風のキャンプテーブル!ぜひ、挑戦してみてくださいね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。