キャンプで使うテーブルは、木製のものをチョイス

2017.07.07

引用:Camp del Mar

キャンプで使うアウトドアグッズって、良くある感じだとアルミやプラスチックなどの素材を思い浮かべます。だけど、最近は上手に自然素材のアイテムを取り入れてリラックス感を出している人いますよね。スマートなデザインの自然素材アイテムが増えているので、おしゃれ度が格段にアップします。

面積が大きいため、目につきやすく取り入れやすい木製のテーブルからアイテムに加えてみるのはいかがでしょうか。

 

キャンプで使うテーブルの種類は3種類

56_1_201706

引用:Amazon

まず、キャンプで使用するテーブルですが、大きく3種類に分かれます。料理などの作業用に立っても使用できるハイテーブル。地面に近い高さでくつろぐ時に使いたいローテーブル。ソロキャンプの際に使用したり、他のテーブルと組み合わせて使用するサイドテーブルとあります。

それぞれに木製のテーブルが各メーカーで販売されていますので、自分のキャンプのスタイルに合わせて木製テーブルをチョイスします。個人的には、ローテーブルでダラダラしたいなと思っています。ちゃぶ台型の木製ローテーブルなんか面白いですよね。そういえば、以前友人が花見にちゃぶ台を持ってきていたのを思い出しました。待ち合わせ場所についたら、ちゃぶ台があって驚いたのですが、食事をするには申し分なかったです。

それでは、いくつか木製のキャンプテーブルをご紹介します。

 

コールマン ナチュラルウッドロールテーブル

immoさん(@immortelle94)がシェアした投稿


引用:Instagram by immortelle94
アウトドア好きでなくても、一度は目にしたことがあるコールマン。ここの木製キャンプテーブルはシンプルです。

天板には杉材を使用しているので、強度もあり見た目が美しいです。この天板、実はロール状にまとめることができ、持ち運びの際にかさばらずとっても便利!たたむと、天板とフレームが同じサイズになり専用の袋に収納します。

なんとこのテーブル、高さが調節できます。40cmのローテーブルにも、70cmのハイテーブルにもなってしまうんですね。これは嬉しい。さすがアウトドアの王道ブランド。かゆいところに手が届く機能性ですね。お値段もお手頃なのでオススメです!

Coleman(コールマン) テーブル ナチュラルウッドロールテーブル/90 (2~4人用)
Coleman(コールマン) テーブル ナチュラルウッドロールテーブル/90 (2~4人用)
サイズ:使用時/約90×70×40・70(h)cm
収納時/約17×18×70(h)cm
重量:約4.5kg
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

キャプテンスタッグの木製キャンプテーブルは種類豊富


引用:Instagram by k.a.11.a.05
キャプテンスタッグは木製のアイテムが有名なメーカーです。木製チェアが有名で、目にしたことがある人も多いでしょう。ここは、木製テーブルの種類も沢山あります。ファミリー向けの大き目のテーブルとチェアがセットになったタイプのものから、自宅の庭でも普段から使用できるようなコンパクトなサイドテーブルまで。有名なキャプテンスタッグのロースタイルチェアとローテーブルを組み合われば、リラックス感満点です。低い位置のテーブルなら、小さい子供とも一緒に座れて危なくないのが魅力ですね。

キャプテンスタッグ テーブル CSクラシックス FDパークテーブル 45
キャプテンスタッグ テーブル CSクラシックス FDパークテーブル 45
組立サイズ:(約)幅440×奥行き300×高さ200mm
収納サイズ:(約)幅440×奥行き300×高さ55mm
製品重量:(約)1.5kg
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

スノーピークの竹製テーブルは組み立て簡単


引用:Instagram by kazuyuki.tezuka
おなじみスノーピークも、どのアイテムも考えられていて使いやすいアイテムが揃うメーカーです。ここのテーブルは自然の再生性を重視した竹を素材にしたもので、見た目が非常に美しく清潔感があります。また、折りたたまれた2枚の天板を開くと内側から飛び出す絵本のように脚部が現れる画期的なシステムを採用しており、収納性にも優れています。

ここのちゃぶ台は本当にシンプルで美しく、普通の四角いテーブルとは違うので出すと喜ばれます。キャンプでちゃぶ台でお酒を飲むなんて最高ですね!

 

スノーピーク(snow peak) ワンアクションちゃぶ台竹S
スノーピーク(snow peak) ワンアクションちゃぶ台竹S
サイズ:直径500×H180mm
収納サイズ:W500×H225×D49mm
重量:2.1kg
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

究極には木製キャンプテーブルを自作してみる

L55_4_20170730引用:Youtube by ゆうじちゃんねる
ブルーリッジチェアワークスを知っていますか?木工職人が作る木製のアウトドアアイテムのメーカーです。ここのチェアは本当にカッコよく、憧れている人は結構多いのです。が、高いデザイン性と品質からお値段も高い・・欲しいけど手が出ないんですよね。ここもチェアに合わせるテーブルを販売しています。チェアと同様シンプルで潔くカッコイイアイテムです。実は、このテーブルを目指して、木製のキャンプテーブルを自作する人が増えているのだとか。

確かに、素材の木とネジや蝶番などがあれば作れそうなシンプルなテーブルです。最低限持ち運びができて、丈夫なテーブルが作れるのであれば自作にチャレンジするのも面白いかもしれません。ホームセンターにいけば角材が手に入りますので、そこでカットもしてもらえば、さらに楽に作成できます。自作の木製キャンプテーブルを持って行くのを想像すると、ワクワクしますね!

 

Blue Ridge Chair Works(ブルーリッジチェアワークス) カロリナスナックテーブル
Blue Ridge Chair Works(ブルーリッジチェアワークス) カロリナスナックテーブル
サイズ:53×70×26cm
収納時:70×53×6cm
素材:タモ
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

木製のキャンプテーブルも、他の素材と同様に使える!

やっぱり、木製のテーブルは見ていて美しいです。自然素材のものって、無意識の部分がホッとくつろぐ気がしますね。キャンプで自然の中へ行くのだから、もしかしたら自然素材でないものを減らすほうが理にかなっているのかもしれません。木製のアイテム、一つあると他も木製で揃えたくなります。おしゃれ感重視であれば、メーカーのものを購入するのもいいし、安くあげたければ自作できちゃうところも木製のいいところですね。

テーブルがかわると、雰囲気がガラッとかわります。これからキャンプテーブルを購入する方や、新たに買い替える方は是非木製キャンプテーブルも試してみて下さい。

 

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。