ピッケル 厳選15選|グリベル・ペツル他人気メーカーのおすすめアイテムをご紹介!

引用:Flickr

冬季登山の頼もしいパートナーであるピッケル。知名度も高いので見たことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。ピッケルがあると、ハードな雪山でもより安全に登ることができるようになります。しかし、いざ選ぶとなると、どのような基準で選べばよいのかよくわからなくて困る・・・という方もいるでしょう。そこで今回は、ピッケルと選び方とともにオススメのアイテムを厳選して15個ご紹介します。

 

冬季登山の強い味方!ピッケルとは?

 

Tomoji Katoさん(@katotomoji)がシェアした投稿


引用:Instagram

ピッケルとは、主に冬季に使われる登山道具です。アイゼンとともに使用されます。冬山は通常の山に比べて難易度が高く、特に雪の多い山は危険が多いです。ピッケルを使用することで、歩行時のバランスを保ちやすくなり、また滑落防止などに役立ちます。用途は豊富であり、斜度のキツイ雪面を登る際に活用したり、杖やテントのペグとしても使うことが可能です。ピッケルは冬山登山の基本装備の一つですが、雪が少ない場合はストックの方が使いやすい場合もあります。

 

ピッケルの各部分の名称を理解しよう

 

Yuukiさん(@yuuki_maeda123)がシェアした投稿


引用:Instagram

自分に合ったピッケルを見つけるためにも、まずは各部分の名称を理解しておきましょう。

ヘッド ピッケルの上部をヘッドと呼びます。歩行時に杖の持ち手のように使われることが特徴です。
ピック ヘッドの先にある刃が細かく尖っている部分をピックと呼びます。
ブレード ピックの反対側部分はブレードです。
シャフト 柄の部分はシャフトと呼びます。
スピッツェ 柄の下端にある尖った部分がスピッツェです。

ピッケルの選び方!種類・素材・長さを考えよう

masashiさん(@masa_eno)がシェアした投稿

引用:Instagram

~種類~

“ピッケルには3つの種類があります。自分の使用用途にあったものを選びましょう。
①一般縦走用
一般的な冬山登山に使われるピッケルです。初めて購入する方にもオススメのタイプと言えます。杖として使用されることが多いので、柄の部分がまっすぐであるものの方が使いやすいです。
②MIXルート用
岩稜・雪稜や急斜面などが混じったルートに使用するピッケルです。歩く時の杖としてだけでなく、登る道具として使用します。硬い氷に突き差して使う為、使いこなすには練習が必要です。氷の壁などに使用した場合、間に隙間ができるように、シャフトが斜めの設計となっています。
③アイスクライミング用
氷壁のクライミング用に特化したピッケルです。使いこなすには相当のスキルを必要としますので、初心者には向きません。ブレードの部分がハンマーになっているものもあります。

~素材と長さ~

“ピッケルの素材には様々なものが使用されています。アルミやカーボン製のものは、軽量で持ち運びがしやすいです。雪が柔らかくなった春山や滑落の恐れのない山域などに適しています。急斜面などがあるミックスルートに使う場合は、強度があるスチール製を選びましょう。山やルートに合わせて適応する素材を選ぶことが肝心です。
長さに関しては好みの問題もありますが、一般的には持った時にスピッツェが足のくるぶしの位置に来るくらいがちょうど良いと言われています。杖としての使用用途が多いなら長め、急斜面の上り下りが中心なら短めを選ぶことがオススメです。

ピッケルの知識が深まったところで、オススメのピッケルをブランド別に15個見ていきましょう。

 

イタリアの老舗ブランド・グリベル

 

Sari☺︎さん(@chibiccco28)がシェアした投稿


引用:Instagram

 

GRIVEL(グリベル) ネパールSA・プラス GV-PI175G

一般縦走用のピッケルです。ピッケルバンドとカバーが付いており、コストパフォーマンスの良さに定評があります。老舗のグリベル製であり、安心して使用できる点も特徴的でしょう。金属は冷えると合皮等がくっついてしまう性質がありますが、グリベルはくっつきにくくする加工が施されており、使いやすいです。

GRIVEL(グリベル) ネパールSA・プラス GV-PI175G
GRIVEL(グリベル) ネパールSA・プラス GV-PI175G
サイズ:53、58、66、74cm
重 量:510g(66cm)
ヘッドカバー、スピッツェカバー付属

 

GRIVEL(グリベル) Gゼロ GV-PIG0S

一般縦走用ピッケルです。手の冷えを防いでくれるヘッドプロテクターは取り外し可能。スピッツェカバーを兼ねたシンプルロングリーシュが付いているなど、使用者のことを考え抜いた設計になっています。

GRIVEL(グリベル) Gゼロ GV-PIG0S
GRIVEL(グリベル) Gゼロ GV-PIG0S
サイズ:シャフト長58、66、74cm
重 量:465g(58cm)
ヘッドカバー、スピッツェカバー付属

 

Grivel(グリベル) G1 SA・プラス

女性にも使える軽量なピッケルです。100年以上の歴史を持つ知名度の高いイタリアブランド・グリベルのピッケルなので、信頼がおける点もポイントが高いです。ホワイトのカラーリングもオシャレでしょう。

Grivel(グリベル) G1 SA・プラス
Grivel(グリベル) G1 SA・プラス
サイズ:シャフト長58、66、74cm
重量:500g(66cmリーシュ付き)

 

グリベル(GRIVEL) モンテローザ・プラス GV-PIMROS+S

グリベルの一般縦走用ピッケルです。スピッツェカバーにもなるシンプルリーシュが付いておりコストパフォーマンスの良いアイテムと言えます。自分に合ったサイズを選んで購入することがオススメです。

グリベル(GRIVEL) モンテローザ・プラス GV-PIMROS+S
グリベル(GRIVEL) モンテローザ・プラス GV-PIMROS+S
サイズ:58、66、70、74cm
重 量:530g(66cm)

 

使いやすいブラックダイヤモンド

 

徹 金澤さん(@knzw_pistol)がシェアした投稿


引用:Instagram

 

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) レイブンウィズグリップ

握りやすいデュアルデンシティグリップが特徴的なピッケルです。使いやすい設計なので、初心者の方にもオススメと言えます。付属のスライダーリーシュは、グローブをしていてもすんなりと入るシンプルなデザインです。

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) レイブンウィズグリップ 60cm BD31023
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) レイブンウィズグリップ 60cm BD31023
サイズ:55、60、65、70cm
重 量:505g(55cm、スライダーリーシュ含む)

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) レイブンプロ

シンプルなデザインの軽量縦走用ピッケルです。初心者にもオススメできます。ヘッドとスパイク部分をコンパクト化している点に特徴があります。軽量なので持ち運びしやすく使い勝手の良いアイテムです。

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) レイブンプロ BD31030
ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) レイブンプロ BD31030
サイズ:50、55、60、65、70、75cm
重 量:362g(50cm)

 

UIAA規格合格品!安心して使えるオクトス

引用:Amazon

 

oxtos(オクトス) オリジナルピッケル【リーシュ/ヘッドカバー付】

シンプルな一般縦走用ピッケルです。UIAA(国際山岳連盟)規格合格品であり、安心して使用することができます。軽量で、持ち運びしやすい点もポイントが高いでしょう。

oxtos(オクトス) オリジナルピッケル【リーシュ/ヘッドカバー付】
oxtos(オクトス) オリジナルピッケル【リーシュ/ヘッドカバー付】
ヘッド部全長:23cm
重 量: 55cm:約410g / 60cm:約420g / 65cm:約430g / 70cm:約450g

 

多彩なラインナップが特徴的なペツル

 


引用:Instagram

ペツル(PETZL) グレイシャー U01B

トレッキング用のアイスアックスです。軽量かつコンパクトで持ちはこぎしやすいという特徴があります。シャフトのハンドル部分には溝加工が施されており、高いグリップ性能を発揮してくれます。なお、ピッケルはドイツ語、アイスアックスは英語ですが、同じものです。

ペツル(PETZL) グレイシャー U01B
ペツル(PETZL) グレイシャー U01B
重 量:350g(60cm)、370g(68cm)、390g(75cm)
認 証:CE, UIAA

 

ペツル(PETZL) サミットエボ U14B

シャフトの上部がカーブしていることが特徴的なピッケルです。急斜面の氷にも対応できます。スチール製のヘッドや、ステンレススチール製の石突が付いているので、ハードな環境下でも安心して使用できるでしょう。

ペツル(PETZL) サミットエボ U14B
ペツル(PETZL) サミットエボ U14B
重 量:400g(52cm)、420g(59cm)、450g(66cm)
認 証:CE, UIAA

 

PETZL(ペツル) クォーク アッズ U19 P2

フランスの登山用品メーカーのアイスクライミング用ピッケルです。モジュール式ヘッドを有しており、用途に合わせてカスタマイズできるという特徴があります。氷でも岩でも安定したフッキングを可能にしてくれている頼れるアイテムです。

PETZL(ペツル) クォーク アッズ U19 P2
PETZL(ペツル) クォーク アッズ U19 P2
重 量:550g
シャフト:タイプT
ピック:アイス(タイプ T)

 

PETZL(ペツル) ノミック U21 3

雪山のハードな環境下でも抜群のパフォーマンス力を発揮してくれます。フリークライミングのような動きをアイスクライミングで実現することが可能です。上級者から信頼を集める高性能アイテムです。

PETZL(ペツル) ノミック U21 3
PETZL(ペツル) ノミック U21 3
重 量:540g、605g(ピックウエイト込)
シャフト:タイプT
ピック:アイス(タイプ T)

 

Petzl Gully

重量わずか290gの非常に軽量なピッケルです。持ち運びがしやすい上に、技術面でも登山をしっかりサポートしてくれます。UIAA保証3年間が付いていることも特徴的でしょう。

Petzl Gully
Petzl Gully
シャフトの長さ:45cm
重 量:290g

 

軽量なクライミング・テクノロジー

 

徹 金澤さん(@knzw_pistol)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) ハウンドG CT-530

北イタリアにあるAludesign社の登攀具ブランドであるCT-climbing technologyのピッケルです。主に一般縦走用として使えるピッケルですが、シャフトにやや傾斜を持たせており、急峻な雪面などにも対応できます。軽量化に優れている点も特徴的です。

CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) ハウンドG CT-530
CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) ハウンドG CT-530
サイズ:50cm、55cm、60cm、65cm、70cm
重 量:425g(50㎝/リーシュ除く)
素 材:ヘッド=熱鍛造スチール、シャフト=アルミ合金

 

CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) アジッレ・プラス45㎝(315g)

軽量かつコンパクトな点に特徴があると言えるでしょう。スパイク部分はステンレス製なので雪山でも良いパフォーマンスを発揮してくれます。

CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) アジッレ・プラス45㎝(315g)
CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) アジッレ・プラス45㎝(315g)
サイズ:45、55cm
重量:315g(45㎝)、350g(55㎝)

 

テクニカルで使い勝手の良いカンプ

 

引用:Instagram

 

CAMP(カンプ) Xライトアッズ50cm

軽量でありながら、テクニカルな場面にも対応することができるオールラウンドなモデルです。Xトリガーファストは、歩行時でも簡単に調整することができます。

CAMP(カンプ) Xライトアッズ50cm
CAMP(カンプ) Xライトアッズ50cm
サイズ: 全長50cm
重量: 約500g(ハンマー:約506g)

 

快適な登山の為に用意しておきたいアイテム

 

Megumi Konnoさん(@megupesgd)がシェアした投稿

引用:Instagram
ピッケルは本体だけ入手しても不十分です。使わない時にピッケルをしまっておく「ピッケルケース」や、使用中、身体とピッケルをつなぐ「ピッケルバンド」を用意しておきましょう。なお、ヘッドやスピッツェのカバーが本体に付属して販売されているものもあります。購入する際によく確認しておくことがオススメです。

ピッケルを使って冬の登山を楽しもう!

冬の登山はあたたかい時期の登山と比べて難易度が高いですが、その分、他にはない感動があります。自分に合ったピッケルを用意して冬の登山を楽しみましょう。正しい知識と十分な装備があることで、冬の登山に挑戦できるようになりますよ。

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。