2017.10.21

レジャー 記事一覧

ジェットスキー40選|ヤマハ、カワサキなど人気メーカーも網羅!

引用:pixabay.com
マリンスポーツとして人気が高いジェットスキーですが、世界的に見ても製造販売しているメーカー数は少なくヤマハ、カワサキ、ボンバルディアの3社が世界シェアを奪い合っている状況です。最近のジェットスキーは、軽量でハイパワーでもナチュラルな操作性のハイパフォーマンスモデルが主流になっています。特殊小型船舶免許の取得方法と合わせて、現在各社からリリースされているジェットスキーを一挙にご紹介して行きます。

水上バイクに乗るための免許は?

引用:pixabay.com
水上バイクの操縦には国家資格である「小型船舶操縦免許証」が必要となり、免許を持たずに操縦した場合には違法行為となりますので注意が必要です。

筆者もジェットスキーを操縦したくて、二十数年前に小型船舶免許を取得した経緯があります。以前は1級~4級小型船舶に分かれており、3級以上の小型船舶免許を取得していれば水上バイクを操縦することが出来ました。現在は1級小型船舶、2級小型船舶、湖川免許、特殊小型船舶の4種類の免許に区分されており、1級や2級の小型船舶免許を持っていても特殊小型船舶を持っていなければ水上バイクを操縦することは出来無くなっていますので注意が必要です。

1級、2級を取得している方であれば学科試験が免除され、35分程度の実技試験のみで特殊小型船舶免許の取得が可能です。

【免許区分について】
1:1級小型船舶操縦士
船舶免許の最高峰で、この免許を持っていれば航行区域の制限はありませんので、世界一周も可能です。船舶の総トン数が20トン未満、または船体の全長が24m未満の船舶を操縦できますが水上バイクは操縦できませんので注意が必要です。取得可能年齢は満18歳以上となります。

2:2級小型船舶操縦士
海岸から5海里(約9㎞)以内を航行可能で、それ以上は航行出来ません。船舶の大きさについては1級小型船舶免許と同じとなり、こちらも水上バイクは操縦出来ません。

3:2級小型船舶操縦士(湖川:1号限定)
湖や川のみを航行可能な免許で、海での航行は一部許可された海域のみになります。基本は湖と川のみと覚えておくと間違いありません。船舶総トン数は5トン未満で、エンジンの出力が15㎾(約20馬力)との限定があり、水上バイクは操縦できません。

4:特殊小型船舶操縦士(水上バイク)
この免許を取得していれば、水上バイクを操縦することが出来ますが、逆にボートなどの船舶は操縦できませんので注意が必要です。湖岸や海岸から2海里(約3.7㎞)までの範囲での航行が可能です。

簡単に船舶免許の区分についてご説明しましたが、次項からヤマハ(マリンジェット)、カワサキ(ジェットスキー)、ボンバルディア(シードゥ)など水上バイクをメーカー毎にご紹介して行きます。

ヤマハのマリンジェット日本国内版


ヤマハといえば、音楽楽器やバイクといったイメージがありますが、ヨットやレジャーボートなど、さまざまなアイテムを製造販売しています。

ヤマハの水上バイクは、マリンジェットという名称で呼ばれ11機種がリリースされていますので簡単にご紹介して行きます。

1:MJ-FX Cruiser SVHO
ヤマハのマリンジェットのフラッグシップモデルで、ヤマハ独自開発の超軽量素材であるNanoXcel2を採用し、更に1,800CCの大排気量にスーパーチャージャーを搭載することで、高次元のパフォーマンスを発揮しています。その他にも、走行状態に応じたトリム角を簡単に調整可能な電動トリムシステムや電子制御式スロットルシステムなど、ヤマハの高い技術を盛り込んだマリンジェットになっています。

【MJ-FX Cruiser SVHO 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.56×1.23×1.23
乾燥重量(㎏):379
呼称最大馬力(PS):250
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:2,350,580円

2:MJ-FX SVHO
RiDEといわれるシステムを搭載しており、右ハンドルのレバースロットルを握り込むことで前進、左ハンドルのレバースロットルを握り込めば後進と簡単に操作が可能になっています。また長時間の運転を行う場合やウェイクボードなど一定スピードでの走行が必要な場合に、操縦者の疲れを軽減するためにクルーズコントロールが装備されており非常に便利です。

【MJ-FX SVHO 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.56×1.23×1.23
乾燥重量(㎏):378
呼称最大馬力(PS):250
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:2,250,580円

3:MJ-GP1800
S-1グランプリなどの水上バイクレースで勝てるマシンということを第一に設計された、水上でのスピードを追求したマシンです。スーパーチャージャーを搭載し、250馬力ものハイパワーを生み出す1,800CCの大排気量のエンジンに、ヤマハ独自開発の長軽量素材を使用したボディを搭載することで、抜群のスピードを運動性能を誇ります。

【MJ-GP1800 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.35×1.22×1.19
乾燥重量(㎏):349
呼称最大馬力(PS):250
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:2,120,580円

4:MJ-FX Cruiser HO
マリンジェットでの長時間クルーズを目的に開発され、3段式のヒップホップ式クルーザーシートを標準装備し乗り心地も抜群で、定員3名が乗車しても余裕のある走りが可能な力強さも持ち合わせています。エンジン形式は先にご紹介したスーパーチャージャー搭載の3モデルとは異なり、自然吸気の1,800CCエンジンを搭載し180馬力を誇ります。

【MJ-FX Cruiser HO 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.56×1.23×1.23
乾燥重量(㎏):377
呼称最大馬力(PS):180
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:2,068,580円

5:MJ-FX HO
スポーツライディングをはじめ、ウェイクボードなどのマリンレジャーまで幅広く楽しめるマリンジェットです。シュノーケリングなどで船外に降りた際でも、スマートに乗車が出来るリボーディングステップや運転席にはグローブボックスやドリンクホルダーなど、使い勝手の良い工夫が各所に設置されており大人3人が、長時間楽しめるようになっています。

【MJ-FX HO 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.56×1.23×1.23
乾燥重量(㎏):376
呼称最大馬力(PS):180
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:1,918,580円

6:MJ-VXR
操縦席メーターパネル中央には、大型の多機能デジタルメーターが設置されており燃費状況やトリム角、スピードメーターなどの情報を瞬時に確認することが可能になっています。エンジン形式は自然吸気式の1,812CCエンジンを採用しており、素直なエンジンフィーリングで低回転から高回転までストレスなく吹き上がり、安定した操縦性を誇ります。

【MJ-VXR 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.35×1.22×1.19
乾燥重量(㎏):348
呼称最大馬力(PS):180
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:1,778,580円

7:MJ-VX Cruiser HO
優雅に海上をクルージングすることを主眼に置いたモデルで、クルーザーシートを標準装備しています。エンジンは自然吸気方式の1,800CCエンジン、簡単なレバースロットルだけで直観的に操縦が出来るRiDEとの組合せにより、クルージングだけでなくスポーツライディングもこなせる能力を備えています。

【MJ-VX Cruiser HO 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.35×1.22×1.19
乾燥重量(㎏):348
呼称最大馬力(PS):180
エンジンタイプ:4ストローク/4気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,812
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:1,668,580円

8:MJ-VX Cruiser
先にご紹介したMJ-VX Cruiser HOよりも少しだけエンジン排気量が小さく設定されたVXシリーズのスタンダードモデルとなります。2016年にVXシリーズのために開発された、排気量1,049CCの「TR-1 High Output Engine」を搭載しています。このエンジンは従来モデルと比較した場合、各種軽量化対策と約13%の出力アップを果たしています。

【MJ-VX Cruiser 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.35×1.22×1.19
乾燥重量(㎏):303
呼称最大馬力(PS):115.6
エンジンタイプ:4ストローク/3気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:1,575,220円

9:MJ-VX Deluxe
船体にはVXハルを採用することで、スポーツライディングからクルーズまで幅広く安定した操縦性と走行性能を備え、伸びやかな加速を実現するTR-1HOエンジンとの組合せで快適なライディングが楽しめるマリンジェットのスタンダードモデルです。また最徐行区域では、ノーウェイクモードを使用することでエンジン回転数を低く制御し、低速走行時の操縦者の負担を低減する工夫がされています。

【MJ-VX Deluxe 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.35×1.22×1.19
乾燥重量(㎏):301
呼称最大馬力(PS):115.6
エンジンタイプ:4ストローク/3気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:1,535,220円

10:MJ-EX Deluxe
マリンジェットの初心者向けでも扱い易いように、TR-1HOエンジンの最大出力を約12%抑え74.6kW(101.4馬力)にデチューンしており、エントリーモデルとして最適です。また初心者の方でも簡単に操作可能なRiDEシステムを搭載していますので、気を遣う着岸操作でも左ハンドルの後進スロットルレバーを駆使すれば簡単に行うことが出来ます。

【MJ-EX Deluxe 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.14×1.13×1.15
乾燥重量(㎏):272
呼称最大馬力(PS):101.4
エンジンタイプ:4ストローク/3気筒.4バルブ
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(ℓ):50
メーカー希望小売価格:1,214,020円

11:MJ-SuperJet
スタンドアップモデルのMJ-SuperJetは、前方から後方に掛けて絞り込まれる独特な形状をしたハルを採用することで、高い旋回性能を備えています。可倒式のハンドルを採用することで、状況に合わせたライディングポジションを取ることが可能で、操作性が向上し高い運動性能を発揮できるようになっています。また701CCの2ストロークエンジンを搭載することで、軽量コンパクトな船体に仕上がっています。

【MJ-SuperJet 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):2.24×0.68×0.66
乾燥重量(㎏):139
呼称最大馬力(PS):66
エンジンタイプ:2ストローク/2気筒
排気量(㎤):701
燃料タンク容量(ℓ):18
メーカー希望小売価格:1,009,430円

ヤマハのマリンジェットをご紹介して来ましたが、全機種に共通しているのがマシンの高い操作性とハイパワーの融合です。初心者から上級者まで、幅広い層に対応が可能な設計になっておりロングクルーズもスポーツライディングも高次元で楽しむことが出来ます。

ヤマハウェブページ:https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/

またマリンジェットの購入をお考えの方は、全国にヤマハ製品の販売店がありますのでお近くの店舗を下記のウェブページから簡単に検索することが可能です。

ヤマハ販売店検索:https://www2.yamaha-motor.co.jp/Locator/Marine/

ヤマハのマリンジェット米国内版


ヤマハUSAからリリースされている水上バイクは、「ウェーブランナー」と呼ばれており日本での呼称であるマリンジェットとは異なります。日本国内では販売されていない機種も数種類リリースしていますので、アメリカ版としてご紹介して行きます。

【 EXシリーズ 】
EXシリーズは、初心者向けのエントリーモデルとなっており、日本国内ではMJ-EX Deluxeの1機種のみですが、アメリカではMJ-EX Deluxeを含めた3機種がリリースされています。

1:EX
EXはウェーブランナーのエントリーモデルで、1,049ccの4-stroke TR-1エンジンを搭載しファイバーグラス製の船体を組合わせることで軽量で機敏な操作性を備えています。シートも3段式で細めのシートになっていますので、ホールドし易くスポーツライディングもこなすことが出来ます。

【EX 主要諸元 (アメリカのインチ、ポンド表示になります)】
全長×全幅×全高(inch):10 ft 3 in × 3 ft 7 in × 3 ft 9 in
乾燥重量(ポンド):577
エンジンタイプ:3気筒4ストロークTR-1ヤマハマリンエンジン
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(gal):13.2
メーカー希望小売価格:$6,699~

2:EX SPORT
シュノーケリングなどのマリンレジャーを楽しんだ後に、乗船する時に非常に便利なリボーディングステップを装備しいます。またエンジンルームに海水が侵入した場合でも自動的に排出してくれる自動ビルジ機能を備えていますので、初心者の方が浸水で驚くことがないように安全面でも工夫がされています。

【EX 主要諸元 (アメリカのインチ、ポンド表示になります)】
全長×全幅×全高(inch):10 ft 3 in × 3 ft 7 in × 3 ft 9 in
乾燥重量(ポンド):584
エンジンタイプ:3気筒4ストロークTR-1ヤマハマリンエンジン
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(gal):13.2
メーカー希望小売価格:$7,699~

【 VXシリーズ 】
EXシリーズは、レクレーション向けのモデルとなっており、日本国内ではMJ-VX Cruiser HO、MJ-VX Cruiser、MJ-VX Deluxeの3機種のみですが、アメリカでは日本国内版を含め5機種がリリースされています。日本で販売されていない2機種をご紹介します。

3:VX
VXシリーズのスタンダードモデルで、ヤマハ独自のRiDEシステムを搭載し直観的にウェーブランナーを操縦できるのが特徴です。右のスロットルレバーは前進、左のスロットルレバーは後進と機能を左右に分けることで簡単に操作が出来ますので、接岸時の減速、後進時に非常に便利な機能です。

【VX 主要諸元 (アメリカのインチ、ポンド表示になります)】
全長×全幅×全高(inch):11 ft × 4 ft × 3 ft 11 in
乾燥重量(ポンド):708
エンジンタイプ:3気筒、4ストロークTR-1高出力ヤマハマリンエンジン
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(gal):18.5
メーカー希望小売価格:$9,599~

4:VX LIMITED
RiDEシステムの他に、最徐行区域での走行時にエンジン回転数を低く抑えて、エンジン出力を制御する低RPMモードリモートトランスミッタを搭載しており安全装備も充実しています。またクルーズコントロールを備えていますので、ロングクルーズの際に一定出力を維持し操縦者の負担を軽くするようになっています。

【VX LIMITED 主要諸元 (アメリカのインチ、ポンド表示になります)】
全長×全幅×全高(inch):11 ft × 4 ft × 3 ft 11 in
乾燥重量(ポンド):668
エンジンタイプ:3気筒、4ストロークTR-1高出力ヤマハマリンエンジン
排気量(㎤):1,049
燃料タンク容量(gal):18.5
メーカー希望小売価格:$11,099~

ヤマハUSAでのみリリースされている4機種をご紹介しました。エントリーモデルとレクリエーションモデルが日本国内と比較した場合には多くリリースされており、ウェーブランナーへの敷居を低く設定し、競技人口を増やしているような印象を受けます。

カワサキのジェットスキーをご紹介

Reoさん(@reo070707)がシェアした投稿


ジェットスキーという呼び方は、カワサキからリリースされている水上バイクの名称ですが広く認知されているのではないでしょうか。カワサキからは7機種がリリースされており、バイクのモータースポーツで培われたエンジン性能など人気の高いモデルでもあります。

カワサキのジェットスキーを一挙にご紹介して行きます。

1:ULTRA 310LX
カワサキのフラッグシップモデルで、最大出力300馬力を叩き出すインタークーラー付きスーパーチャージャー搭載の1,498ccの水冷エンジンを搭載しており、圧倒的な加速力を誇ります。また水上バイクでは初のオーディオシステムと新開発の昇温低減素材を使用したラグジュアリーシートで、音楽を聴きながら快適なクルージングが楽しめるようになっています。また人間工学の見地から後進用のリバースレバーを左ハンドルの下に設置することで、操作性を向上させています。

【ULTRA 310LX 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.37×1.195×1.255
整備重量(㎏):487
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):78
メーカー希望小売価格:2,257,200円

2:ULTRA 310R
スポーツライディングに特化したモデルで最高出力は300馬力を誇り、その強力な加速力から操縦者を守るため新設計されたスポーツシートを備えています。更にULTRAシリーズ専用に、独自開発した22.5度V型ハルとハル後方側面に設置されたスポンソン(ボディの張り出し)の組合せにより優れた走破性を備えており、ハイスピードでも安定した直進性と旋回性能を合わせ持ちます。またアジャスタブルハンドルバーを採用し、オプションホルダー使用時には最大で18ポジションの位置決め設定が可能です。

【ULTRA 310R 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.37×1.195×1.155
整備重量(㎏):475
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):78
メーカー希望小売価格:2,143,800円

3:ULTRA 310X Special Edition
ULTRAシリーズのスタンダードモデルである310Xに、310Rで使用されているスポーツシートを装備したモデルとなります。ハンドルが5段階に調整が可能になっており、クルージングとスポーツライディングといった操縦シーンによってポジショニングが可能になっています。更にエレクトロニック・クルーズコントロールスイッチを装備し、一定の速度に固定することが可能で、操縦者の負担を軽減しています。またスペシャルエディション専用のエボニー×サンビームレッドの塗装を施し、他のULTRAシリーズと一目で区分けが出来るようになっています。

【ULTRA 310X Special Edition 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.37×1.195×1.150
整備重量(㎏):477
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):78
メーカー希望小売価格:2,084,400円

4:ULTRA 310X
圧倒的なハイパワーを推進力に変換する直径160㎜のジェットポンプをはじめ、上下±8度でトリム角を調整可能なトリムコントロールやクルーズコントロールなどの多彩な機能を装備しており、カワサキのULTRA310シリーズの中でスタンダードモデルとなります。燃費向上のために左ハンドルにエコモードボタンを装備していますので、のんびりとしたクルージングも確実に楽しめるようになっています。左ハンドル上部にあるボタン一つで、フューエルエコノミーアシスタンスモードを簡単に設定でき、燃費優先のエンジン制御を自動で行います。

【ULTRA 310X 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.37×1.195×1.150
整備重量(㎏):477
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):78
メーカー希望小売価格:2,053,080円

5:ULTRA LX
自然吸気式の水冷4ストロークエンジンを搭載したモデルで最大出力は152馬力あり、78ℓの大容量燃料タンクをはじめ、ワイドリアデッキやラグジュアリーシートを装備していますのでロングクルージングが楽しめるのが最大の特徴です。155㎜のジェットポンプとステアリングノズルを装備していますので、スポーツライディング時には機敏な操作性も楽しめます。また多機能表示のオールデジタルメーターで、マシンの状態や燃料の残りなどが一目で確認できるようになっています。

【ULTRA LX 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.37×1.195×1.150
整備重量(㎏):423
呼称最大馬力(PS):152
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):78
メーカー希望小売価格:1,685,880円

6:STX-15F
ジェットスキーのエントリーモデルとして最適で、接岸の際にマシンに後進を掛けるリバースシステムが装備されており、使い易いようにハンドル右下にレバーが配置されています。2ピース構造のシートを採用しスポーツライディングもクルージングも快適にこなせるように工夫がされており、更にイモビライザーを標準装備しており盗難防止機能もしっかりしています。

【STX-15F 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):3.12×1.18×1.05
整備重量(㎏):383
呼称最大馬力(PS):152
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):62
メーカー希望小売価格:1,347,840円

7:SX-R
カワサキのジェットスキーでは唯一のスタンドアップモデルで、152馬力の高出力と自由度の高いポジショニングを実現する広いフットスペースと可動式ハンドポールの組合せにより、高速スポーツライディングも楽しめるようになっています。操縦者に水しぶきが掛かり難くするKSD(カワサキ・スプラッシュ・ディフレクター)をスタンドアップモデルで初めて採用しています。またボディ後方の側面に設置されたスポンソンにより、機敏なコーナリング性能を発揮します。

【SX-R 主要諸元】
全長×全幅×全高(m):2.65×0.765×0.84
整備重量(㎏):250
呼称最大馬力(PS):152
エンジンタイプ:水冷4ストローク・4気筒
排気量(㎤):1,498
燃料タンク容量(ℓ):23
メーカー希望小売価格:1,326,240円

カワサキからリリースされている全7機種のジェットスキーをご紹介しました。最大出力が300馬力もあるモンスターマシンから、152馬力のエントリーモデルまで圧倒的なハイパワーを備えながら、安全にジェットスキーを楽しめるように工夫がされているのが、カワサキのジェットスキーの最大の特徴です。

カワサキウェブページ:http://www.kawasaki-motors.com/js/

ジェットスキーの購入については、「ジェットスキーARK(アーク)」と呼ばれるカワサキ正規取扱店が全国39都道府県にあり、マシン購入時のサポートをはじめアフターサービスも充実しており安心です。お近くのアーク店舗の検索は下記ウェブページから簡単に行えます。

アーク店舗検索:http://www.kawasaki-motors.com/js/ark/

ボンバルディアのシードゥーをご紹介!


ボンバルディアはカナダに本社があり、世界で初めてスノーモービルと開発した会社としても有名で、日本には100%子会社のBRPジャパン株式会社がシードゥという水上バイクを販売しています。シードゥには大きくPerformance、Luxury、Recreation、Rec Liteの4つのカテゴリがあり、それぞれに特徴的なモデルがリリースされています。ボンバルディアのシードゥを一挙にご紹介して行きます。

【 Performanceモデル 】
1:RXT-X 300
シードゥのPerformanceモデルにおけるフラッグシップモデルで、インタークーラー付スーパーチャージャー1,630ccのROTAX 1630 ACEエンジンを採用し300馬力を誇ります。この最強エンジンのパフォーマンス状態をブーストインジケーター付きX-GAUGEを見ることで、走行中でも機体の情報を確実に確認することが可能です。また世界初の水上ブレーキシステムと最新の電子スロットルであるiControlを搭載しているのも特徴の一つです。更に軽量素材を使用したS3V型ハルを採用することで、高い走行安定性を備えています。

【RXT-X 300 主要諸元】
全長×全幅(m):3.31×1.22
乾燥重量(㎏):386
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:Rotax 1630 ACE engine
排気量(㎤):1,630
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:2,133,000円~

2:RXP-X 300
RXT-X 300同様にROTAX 1630 ACEエンジンを使用し最高出力は300馬力を誇り、マルチステージデザインのT3ハルを採用しておりハンドリングの追従性の高さなど軽快なスポーツライディングが可能です。また船体後方に設置されているアジャスタブルリアスポンソンを使用条件に合わせて3段階に調節することで、コーナリングの安定性能を高めることが出来ます。更に細めのシートや調整式ハンドルなどの機能で操縦者の体を確実に固定し、サポートしてくれるエルゴロックシステムを搭載しています。

【RXP-X 300 主要諸元】
全長×全幅(m):3.53×1.22
乾燥重量(㎏):415
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:Rotax 1630 ACE engine
排気量(㎤):1,630
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:2,037,000円~

3:GTR-X 230
このGTRーXシリーズは2017年にリリースされたばかりのモデルで、操縦者の体をしっかりと固定することで船体の制御や操作性を確保するエルゴロックシステムを採用していることと、230馬力を叩き出すインタークーラー付スーパーチャージャー搭載のRotax 1500 HO ACEエンジンとの組合せにより、圧倒的な操縦性能と停止状態から5.29秒で時速約96.6㎞まで加速する性能を備えています。また第二世代のインテリジェントブレーキを装備しており、停止距離が従来モデルと比較して約49m短縮されています。

【GTR-X 230 主要諸元】
全長×全幅(m):3.31×1.23
乾燥重量(㎏):373
呼称最大馬力(PS):230
エンジンタイプ:Rotax 1500 HO ACE engine
排気量(㎤):1,494
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:1,746,000円~

4:GTR 230
GTR230には、左ハンドルに設置されたボタンを操作することで簡単にトリム角の変更が出来る高性能可変トリムシステム(VTS)を搭載しており、搭乗人数や海面の状況などに合わせて微調整することが可能です。最大定員は3名で、スポーツライディングからクルージングまで幅広く対応可能なモデルです。特にフロントストレージの容量が約117ℓあり飲料水や携帯食などを収納出来るようになっておりクルージング時に役立ちます。

【GTR 230 主要諸元】
全長×全幅(m):3.36×1.23
乾燥重量(㎏):367
呼称最大馬力(PS):230
エンジンタイプ:Rotax 1500 HO ACE engine
排気量(㎤):1,494
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:1,660,000円~

【 Luxuryモデル 】
5:GTX Limited S 260
ハルとアッパーデッキの独立した動きにより高い安定性を発揮する業界唯一のサスペンションを装備しています。このサスペンション機能は、自動で調整を行うオートモードと9段階の調整が可能なマニュアルモードがあり、ボタン一つで簡単に設定が可能です。また運動性能にもツーリングモードとスポーツモードの切り替えがあり幅広く楽しめるモデルです。特に防水コンパートメント付きのストレージスペースや、自由に角度を調整可能なチルトステアリング、更にはクルーズコントロールといったクルージングに便利な機能が標準装備されています。

【GTX Limited S 260 主要諸元】
全長×全幅(m):3.53×1.22
乾燥重量(㎏):465
呼称最大馬力(PS):265
エンジンタイプ:Rotax 1503 HO 4-TEC engine
排気量(㎤):1,494
燃料タンク容量(ℓ):70
メーカー希望小売価格:2,296,000円~

6:GTX Limited 300
Luxuryシリーズの中で最上位モデルで、300馬力を誇るROTAX 1630 ACEエンジンとインテリジェントスロットルコントロール(iTC)の組合せでツーリング、スポーツ、エコの3モードでのライディングを楽しむことが出来ます。水上ブレーキシステムである第2世代インテリジェントブレーキシステムにより、停止距離も約49mと短縮され安全性も向上したモデルです。船体の運動性能に直結するハルもS3V型を採用し、安定したハンドリングが可能になっています。

【GTX Limited 300 主要諸元】
全長×全幅(m):3.53×1.22
乾燥重量(㎏):412
呼称最大馬力(PS):300
エンジンタイプ:Rotax 1630 ACE engine
排気量(㎤):1,630
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:2,125,000円~

7:GTX 155
ロングクルーズも快適に過ごせるように、容量162ℓのストレージスペースが確保されており飲料水をはじめ、各種アイテムを収納しておくことが可能になっています。またスローモード付のクルーズコントロール機能を搭載していますので、安定した回転数でエンジン出力を保持することで操縦者の負担を少なくする工夫がされています。また初心者向けの装備として、ラーニングキーを使ってスピードを制限することも出来るので、初心者から上級者まで幅広い層で使うことが出来るモデルです。

【GTX 155 主要諸元】
全長×全幅(m):3.53×1.22
乾燥重量(㎏):399
呼称最大馬力(PS):195
エンジンタイプ:Rotax 1503 NA 4-TEC engine
排気量(㎤):1,494
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:1,698,000円~

【Recreationモデル】

8:GTI SE
このGTI SEは、船体購入時にご自身の用途にあったエンジンを3種類の中から選ぶことが出来るのが最大の特徴です。3種類とも自然吸気式のエンジンで、高回転までストレスなく吹き上がりスポーツライディングからツーリングまで幅広く楽しむことが出来ます。水上ブレーキであるインテリジェントブレーキやマシンの姿勢を状況によって調整することが出来る可変トリムシステムなども装備しており、おすすめの1台です。

【GTI SE 主要諸元】
全長×全幅(m):3.36×1.23
乾燥重量(㎏):291~359
呼称最大馬力(PS):130~200
エンジンタイプ:Rotax 900 HO ACE、Rotax 1503 4-TEC、Rotax 1503 NA 4-TEC
排気量(㎤):899cc~1,494cc
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:1,633,000円~

9:GTI
自然吸気式のROTAX 900 HO ACEエンジンを搭載し、素直な操作性で取り扱いのし易いモデルです。また軽量で高強度のポリテック素材を採用することで、排気量の小さなエンジンでも高いパフォーマンス能力を発揮することが出来るため、インテリジェントスロットルコントロールと合わせることでスポーツライディングからツーリング、エコドライブまで、幅広く対応が出来ます。GTIハルを採用しており、深いV型の恩恵もあり安定した操作性を保つことが出来ています。

【GTI 主要諸元】
全長×全幅(m):3.36×1.23
乾燥重量(㎏):291
呼称最大馬力(PS):130
エンジンタイプ:Rotax 900 HO ACE ENGINE
排気量(㎤):899cc
燃料タンク容量(ℓ):60
メーカー希望小売価格:1,218,800円~

【 Rec Liteモデル 】

10:SPARK TRIXX
2017年にリリースされたばかりのモデルで、ボディ後方にステップウェッジを備えており、安定した足場を確保することでスタンディングなどのトリックを楽しみ易いように工夫がされています。また拡張型可変トリムシステムとの組合せにより、簡単にノーズを高く上げることも可能です。またポリテック素材を着色成形することで傷がつき難く、軽量化されておりスポーツライディングも楽しめるようになっています。

【SPARK TRIXX 主要諸元】
全長×全幅(m):2.79×1.18
乾燥重量(㎏):192
呼称最大馬力(PS):130
エンジンタイプ:ROTAX 900 HO ACE ENGINE
排気量(㎤):899cc
燃料タンク容量(ℓ):30
メーカー希望小売価格:983,000円~

11:SPARK
ボンバルディア社のシードゥの中でもエントリーモデルとしての位置づけで、Rotax 900 ACEエンジンを搭載し90馬力と初心者の方でも扱い易いようになっています。インテリジェントスロットルコントロールによってスポーツモード、ツーリングモードとボタン一つで簡単にモードチェンジが可能で、シードゥを操縦する楽しさを体感出来るのが最大の特徴です。また購入時に定員数を2名か3名かを選択することも可能です。

【SPARK 主要諸元】
全長×全幅(m):2.79~3.05×1.18
乾燥重量(㎏):184~191
呼称最大馬力(PS):90
エンジンタイプ:ROTAX 900 ACE、ROTAX 900 HO ACE
排気量(㎤):899cc
燃料タンク容量(ℓ):30
メーカー希望小売価格:865,000円~

ボンバルディアのシードゥの全機種をご紹介しましたが、取り扱いし易いエントリーモデルからラグジュアリー、ハイパワーを備えたスポーツモデルと多岐に渡り、さまざまな機種をリリースしているのが特徴です。初心者から上級者、プロまで幅広い層にも対応できるようになっています。

ハイドロスペースの水上バイクをご紹介!

ハイドロスペースはオーストラリアで産声をあげ、世界初の4ストロークエンジンを搭載したスタンドアップモデルの水上バイクを開発したメーカーです。世界選手権等で優勝するほどの実力を備えたモデルを数多く作りだしていますが、2007年にイタリアのバイクメーカーであるベネリの傘下に入りHSRベネリと社名を変更しています。少し古いですが、2009年リリースのモデルをご紹介して行きます。

1:SERIES R Naked Edition
自然吸気タイプの3気筒直列4ストロークエンジン(1098cc)を搭載し、142馬力を誇ります。乾燥重量が260㎏しかなくパワフルなエンジンと軽量ボディの組合せにより高い機動性を備えています。

【SERIES R Naked Edition 主要諸元】
全長×全幅(m):3.23×1.20
乾燥重量(㎏):260
呼称最大馬力(PS):142
エンジンタイプ:3 cylinder in –line, 4 stroke
排気量(㎤):1,098

2:SERIES R Pro Edition
船体にファイバーグラス素材を使用しており乾燥重量263㎏の軽量化と、172馬力のハイパワーを誇る3気筒直列4ストロークエンジン(1098cc)との組合せで、スポーツライディングもツーリングもこなせる性能を備えています。

【SERIES R Pro Edition 主要諸元】
全長×全幅(m):3.23×1.20
乾燥重量(㎏):263
呼称最大馬力(PS):172
エンジンタイプ:3 cylinder in –line, 4 stroke
排気量(㎤):1,098

3:SERIES R Prestige
V型6気筒の4ストロークエンジンを搭載し、278馬力のハイパワーでどんな状況でも余裕のライディングを可能にしていたモデルです。乾燥重量は、これだけのハイパワー仕様でも328㎏と比較的軽量で最大定員である3名が乗車しても抜群の機動性を保持しています。

【SERIES R Prestige 主要諸元】
全長×全幅(m):3.23×1.20
乾燥重量(㎏):328
呼称最大馬力(PS):278
エンジンタイプ:V6 cylinder, 4 stroke
排気量(㎤):2,196

4:SERIES R Race Edition
排気量2,260ccのV型6気筒の4ストロークエンジンを搭載し、342馬力を叩き出しています。レースに勝つことに主眼を置いて設計されたモデルで、油圧式トリムなどの機能が搭載されています。乾燥重量は328㎏と軽量で、ボディサイズも先にご紹介したRシリーズと変わらずコンパクトな仕上がりになっています。

【SERIES R Race Edition 主要諸元】
全長×全幅(m):3.23×1.20
乾燥重量(㎏):328
呼称最大馬力(PS):342
エンジンタイプ:V6 cylinder, 4 stroke
排気量(㎤):2,260

5:S4 Supercharged
スタンドアップタイプの水上バイクで、インタークーラー付きのターボチャージャーを搭載したモデルで110馬力のハイパワー仕様となっています。船体にはカーボン素材を使用することで軽量化も果たしており、激しいスポーツライディングも難なくこなすモデルです。

【S4 Supercharged 主要諸元】
全長×全幅(m):2.29×0.73
呼称最大馬力(PS):110
エンジンタイプ:2-cylinder/4-stroke/turbocharged/intercooler
排気量(㎤):1,120cc
ポンプ径:140 mm high pressure Axial

6:S4 Pro Edition
排気量749ccのターボチャージャー搭載のエンジンで最大出力は110馬力を誇ります。乾燥重量が168㎏と軽量なこととワイドに張り出したハンドルを搭載することで、ホールドし易くなり機体の安定が増すようになっています。

【S4 Pro Edition 主要諸元】
全長×全幅(m):2.29×0.74
呼称最大馬力(PS):110
乾燥重量(㎏):168
エンジンタイプ: 2 Cylinder 4 turbo engine
排気量(㎤):749cc

7:SERIES S Naked Edition(スタンドアップモデル)
先にご紹介したSERIES S Naked Editionのスタンドアップモデルですが、船体形状も少し角ばったデザインとなっており見た目からも同名称なだけの全くの別物と言えます。エンジンは1,098ccの自然吸気3気筒4ストロークエンジンを搭載しており、素直なエンジン特性を備え扱い易いモデルとなっています。

【SERIES S Naked Edition(スタンドアップモデル) 主要諸元】
全長×全幅(m):2.32×0.7
呼称最大馬力(PS):110
エンジンタイプ: 3 Cylinder, 4 stroke
排気量(㎤):1,098cc

ハイドロスペースの水上バイクをご紹介して来ましたが、独特のデザインを採用しており一目でモデルの違いが分かるようになっているのも特徴の一つです。ご興味のある方はメーカーウェブページを覗いてみては如何でしょうか。

メーカーウェブページ:http://jetskiworld.com.au/Hydrospace/main.htm

特殊小型船舶操縦士(水上バイク)の資格試験について

前項では有名メーカー3社の水上バイク33機種ご紹介して来ました。魅力的な水上バイクが数多くありますが、ウェブページや機種情報を収集しても免許がないと始まりません。この項では水上バイクを操縦するための特殊小型船舶操縦士の免許取得についてご紹介して行きます。所々、筆者が3級小型船舶免許を取得した際に、注意した方が良いと言われた点なども織り交ぜてご紹介して行きます。

船舶免許は国家資格となり、通常の試験は身体検査、学科試験、実技試験を1日掛けて行う事が殆どですが、稀に気象条件などによって実技試験が翌日になることもあります。国家資格となりますので、受験料の納付が必要となりますが身体検査+学科試験+実技試験で22,750円(特殊小型免許の場合)となります。

試験の流れとしては午前中に身体検査と学科試験を行い試験をパスした方だけが、午後からの実技試験へ進めるといった感じです。特殊小型船舶の学科試験では約40問が出題され、各科目合計問題数の65%以上を正解していれば(特殊小型船舶では26問以上)合格となります。簡単な試験ですが引っ掛け問題もあり、学科試験(3級小型船舶50問)で落ちている方もいますので、しっかりと勉強して試験に臨むことをおすすめします。

午後からの実技試験では、実際に水上バイクを操縦し試験を受けることになります。

実技試験では、出発前の安全確認作業から試験が始まりますので、アピールのためにも大きな声でハッキリと安全確認の点呼を行うことをおすすめします。実技試験で最も重要視されるのは安全確認と人命救助で、スラロームや直進などの基本操作が少し失敗しても、大きな失点にはなりませんが特に人命救助では厳しく採点される試験官の方も多くいらっしゃいます。人命救助に失敗した方が、実技試験に落ちる確率が非常に高いので注意が必要です。

実技試験では、安全点検 → エンジン始動・停止 → 慣熟走行 → スラロームなどのコース走行 → 人命救助 → 接岸・係留の順番で進行することが多く、試験終了者も当日の全試験応募者が終了するまで試験結果が発表されませんので、状況によっては長く待つこともあります。

全ての試験に合格すれば操縦試験合格証明書が発行されますので、合格した日から1年以内に最寄りの運輸局へ申請を行えば免許が交付されます。ボート免許スクールに通った方であれば、スクールが代行して手続きをしてくれることが多いので、確認してみることをおすすめします。筆者の場合もスクール側から申請を行ってくれましたので、面倒な書類を揃える必要は無くスムーズに進みました。

また免許の有効期限は5年間なので、更新を忘れないように注意する必要があります。

特殊小型船舶免許の取得方法は?

先に国家試験を受けることをご紹介しましたが、本試験を受けるまでの勉強方法は大きく3つのパターンがありますので簡単にご紹介して行きます。

1:ボート免許スクール
ボートや水上スキーの販売を行っている会社が独自に免許スクールを開講し、学科講習と実技講習を行っている学校です。筆者もこのボート免許スクールで免許取得の講習を計2日受けて試験に臨んでいますが、学科試験対策など、かなり詰め込んで勉強をする必要がありましたが短期間で取得が可能な方法なので、おすすめします。

ヤマハでは独自のボート免許スクールを開講しており、特殊小型船舶免許のレギュラーコースであれば受講費用61,000円と所要日数2日間で免許を取得することが可能です。
ヤマハウェブページ:https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/license/

2:登録小型船舶教習所
国土交通省に登録されている小型船舶教習所で、免許取得を目指すパターンで先にご紹介したボート免許スクールと比べると費用的には若干1~2万円程高くなりますが、その分修了試験に合格した場合には学科試験と実技試験が免除されますので、確実に免許を取得したい方にはおすすめです。

国土交通省ウェブページ:http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr10_000013.html

3:自主勉強で受験
先にご紹介したボート免許スクールや登録小型船舶教習所などに通わずに、自分で学科テキストを購入し試験に臨むパターンですが、実技講習も知人などにジェットスキーを持っている方に実技を教えてもらう手間もあり、全体的にこの方法を使う方は少ないようです。

特殊小型船舶操縦士学科試験問題集(2017-2018年版) 水上オートバイ免許用
特殊小型船舶操縦士学科試験問題集(2017-2018年版) 水上オートバイ免許用
内容:法令、遵守事項
出版社:舵社
出版時期:2017年7月
水上バイク操縦に必要な、特殊小型船舶操縦士の学科試験問題集で出題傾向を網羅しておりテスト勉強に最適です。

ジェットスキーの楽しさを実感しよう!

ジェットスキーの免許制度や試験内容をはじめ、各社のジェットスキー(水上バイク)を40機種ご紹介して来ましたが如何だったでしょうか。300馬力もあるモンスターマシンから初心者向けのエントリーモデルまで、各社さまざまな最新技術を駆使して、ジェットスキーを開発しているのが分かります。また今回はご紹介しませんでしたが、ジェットスキーのレースなども各所で行われていますので観戦に行かれても面白いかも知れません。

またどうしてもジェットスキーに乗ってみたい方はメーカーの正規販売店などで、免許さえあれば試乗することも可能ですので、是非特殊小型船舶の資格取得にチャレンジしては如何でしょうか。

PR:知ってた?あなたのアウトドア用品 キャンプ用品は高く売れるって。

知っていましたか?アウトドア用品、キャンプ用品、登山用品、釣具は非常に高く売れます。
マウンテンシティは累計買取件数も国内最大級NO.1買取価格宣言いたします!

店舗で直接査定価格の説明を聞きたい方へ
埼玉・東京・福岡の店舗に持込査定。

キャンプ用品を売りたい方にオススメ
量が多くても安心。ご自宅へ出張査定。

登山用品を売りたい方にオススメ
詰めて送るだけの宅配査定、全国対応。

釣具を売りたい方へ
竿、リール、魚群探知機などもおまかせ。

これ、いくら?を知りたい方へ
写真を撮って送るだけ、お手軽LINE査定。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。