トレイルランのトレーニング、持久力と下半身の筋力の強化方法

2016.12.26

引用:Unsplash
登山の新しい楽しみ方として定着しつつあるトレイルラン。
ジョギングに比べると格段に厳しく、登山と比べても格段に厳しいという、非常にハードなスポーツですが、山中を颯爽と駆け巡る姿はすがすがしいものがあります。
しかし、トレイルランには、登山とは違ったトレーニングが必要不可欠となります。こちらではトレイルランで必要とされるトレーニングについて解説します。

トレイルランで必要とされる要素

6_1
引用:flickr
ジョギングと登山の両方の要素を持つトレイルランでは、必要とされる要素が「ジョギング+登山+α」となります。ジョギングや登山は最低限持久力があれば何とかなりますが、トレイルランには筋力も必要とされます。山道を速く登る必要のあるトレイルランにおいては、下半身の筋力トレーニングが必要不可欠です。
日常的に「持久力」と「下半身の筋力」を身に着けるために行いたい、トレイルランのためのジョギングと筋力トレーニングについてご紹介します。

持久力アップのためのジョギングでトレーニング

6_2

引用:ぱくたそ

登山のトレーニングにも日常的なジョギングが望ましいのですが、トレイルランを行うのであれば日常的なジョギングは必要不可欠です。
週2~3日のジョギングが理想ですが、日常的に心肺機能を高めておくことが主眼であり、仕事で忙しい場合は週1日でもOKです。また、忙しい時でも週1回程度はジョギングを行うことで、体の状態を常に効率的に酸素の取り込みができるように維持することができます。効率的な酸素の取り込みができないと、トレイルランどころか通常の登山ですらきつくなるので、これはトレイルランを行う上では必要条件とさえ言えます。

また、単に登ることが主眼の登山と違い、タイムも重要となるトレイルランでは、ジョギングの際にも時間を気にしながら走る必要があります。時間を気にしながら走ることで、持久力に加えて速く走るという姿勢を身に着けることができるのです。

スクワットでの下半身(太もも周り)トレーニング

6_3

引用:AMAZON

通常の登山であれば、筋力トレーニングはそれほど必要ありません(当然、筋トレまで可能であれば行うべきですが)。しかし、トレイルランの場合、坂道を登る際に登山とは比べ物にならないくらい筋力が必要となります。具体的には太もも周りの筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の強化が必要不可欠となります。

大腿四頭筋の強化には、スクワットが最も効果があると言われています。10回1セット×3回を1日3回も行えば、大腿四頭筋の筋力アップにつながります。大腿四頭筋の強化は通常の登山のスピードアップにもつながるので(登りが格段に楽になる)、登山を行うのであればスクワットは日常的に行いたい筋トレとなります。

ただし、毎日スクワットが続かないという方も多いのが事実です。そんな方には、ステップマシンがおすすめです。1~2万円しますが、効率的かつ日常的に大腿四頭筋を鍛えることができるため、トレイルランを行うのであれば、ステップマシンの購入までしてしまうと準備万端といえます。ステップマシンは空いた時間のある時に少しずつでもできるので、習慣付けると意識せずに生活に取り入れることができます。

行きつけのトレイルランコースの開拓

6_4
引用:flickr
本格的なトレイルランは年に数度しかできませんが、日ごろのトレーニングに加えたいのが、月1回程度の軽いトレイルランです。数時間のコースで十分なので、自宅からそれほど離れていない山でトレイルランコースを見つけて、時間のある休日にそのコースで体をトレイルランに慣れさせておくと、本格的なトレイルランの際に体がすぐにトレイルランに順応します。

体をトレイルランに慣れさせることが目的であり、レベルはそれほど高くなくても構いません。慣れたトレイルランのコースを持つことで、過去のタイムとの比較が可能になり、体調チェックやレベルアップが可視化でき、やる気の持続にもつながります(コースタイムの記録を取りは必要不可欠です)。

日常のトレーニングの成果の確認のためにも、トレイルランを行うのであれば、行きつけのコースを自宅近くに確保することを強くおすすめします。日常的にトレーニングしていないと、トレイルランは非常につらい面がありますが、それでもトレイルランに取り組みたい場合は、行きつけのトレイルランコースを確保して、月1度程度は体をトレイルランに慣らしておくべきです。

まとめ~トレイルランはトレーニングが必要不可欠

登山の場合、基礎体力があれば、中級程度の山でも日頃のトレーニングなしで問題なく登れるケースがあります。しかしながら、体力を激しく消耗するトレイルランには、日頃のトレーニングは必要不可欠です。体に効率的に酸素が取り込めなければ、すぐにバテて走ることができなくなります。

トレイルランは、ジョギングでの持久力アップは当然として、登山とは異なりスクワットなどでの下半身強化も必要不可欠となります。通常の登山よりはるかにハードなトレイルランは、思い立ったが吉日とばかりに行うと、体が悲鳴をあげます。日常的なトレーニングが難しいようであれば、行きつけのトレイルランコースに通うなどして、体をトレイルランに慣れさせる努力も必要となります。

非常に厳しいスポーツと言えるトレイルランですが、山中を駆け巡る爽快感は何ものにも変えがたい楽しさがあります。日頃からしっかりトレーニングを行い、爽快なトレイルランを楽しみたいものですね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 世界で難易度が高い山3選|谷川岳、K2(パキスタン)、アンナプルナ(ネパール)
  3. 最強!キャンプにおすすめ タイプ別虫除けグッズ
  4. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】
  5. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。