キャンプでの寝心地を約束するベッド選び

広告
2017.08.01

引用:flickr

寝心地って、身体の疲れを取るために重要ですよね。それは日常生活でも、キャンプでも同様です。キャンプでは、特に自然の中に身を置きますので、温度調整や地面の状態が思い通りにならないことが多々あります。そんな自然環境にも影響されず、ぐっすり快適に眠れる睡眠環境を作るには、どんなアイテムを選んだら良いのでしょうか。

 

キャンプ泊では簡易ベッドのコットがオススメ

94_1_201707

引用:coleman

最近見かけるようになった、コット。これはアウトドア用の簡易ベッドのことです。ほとんどの製品がコンパクトに収納できるようになっており、従来の寝袋などよりもかさばらないので、最近急激に人気が出てきました。これは、地面と距離があるので、底冷えに強くてオススメです。また、石ばかりの砂利サイトや濡れたり、湿ったりしているサイトでも影響を受けずに眠ることができます。

昼間にテントの外に引っ張り出して、昼寝を楽しんだり、荷物置き場に使用したり、ベンチとしても使用できるので非常に便利です。使用目的に合わせて、購入時の高さ選びは慎重に行いましょう。

 

コットのオススメアイテムをご紹介

94_2_201707

引用:coleman

アウトドアアイテムといえば、コールマン!コールマンのコットは様々な種類が出ていて、根強い人気です。

Coleman(コールマン) コット トレイルヘッドコット
Coleman(コールマン) コット トレイルヘッドコット
5000円ちょっとで購入できてしまうコットです。耐久性、寝心地は文句ありません。全体に少し重いのでオートキャンプ向けです。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ワイドキャンピングベッド 折りたたみ式
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ワイドキャンピングベッド 折りたたみ式
こちらも5000円以内で購入出来るコットで低めのタイプです。横幅は大人がゆったりと眠れる77cmのワイド対応ですが収納時はわずか20×80cmに収まるほどコンパクトにまとまります。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

根強い人気のキャンプ用エアマット

94_3_201707

引用:flickr

エアマットは、室内のベッドマットレスのように空気を入れて膨らませて、その上で眠るものです。空気の圧が身体に心地よく、ベッドと遜色ない寝心地が味わえます。空気を入れるのに手間がかかりますが、移動時は空気を抜いて収納するため非常にコンパクトになります。また、空気の厚い層のおかげで断熱効果にも優れ、冬の底冷えにも効果を発揮します。マットはコットと違い、人数分を用意する必要がなく、大き目のマット一枚でファミリーをカバーできるのでファミリーに人気です。子供が寝相悪くてもみんなで川の字になって眠れば安心。特に、オートキャンパーに人気で、車のシートを倒してもまっ平にするのは難しいので、上にエアマットを敷いて座敷感覚にしてしまうのです。これは快適そう!自動膨張式でバルブを開けるだけで空気が入るタイプは非常に便利です。

 

エアマットのオススメアイテムをご紹介

94_4_201707

引用:Amazon

私たちの味方、お手頃価格で大活躍のキャプテンスタッグです。チャレンジしやすい価格設定で色々試してみることができます。

キャプテンスタッグ キャンプ用 エアーマット インフレーティング
キャプテンスタッグ キャンプ用 エアーマット インフレーティング
値段も手頃で薄くてコンパクトに収納できるので、初めてマットを購入するのにオススメの商品です。ごろ寝マットというだけあってそこらへんにサッとひくのに適しています。バルブを開けるだけで自動的に空気が入り
ます。

いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

エアーマット Hikenture® テントマット キャンピングマット 枕付き
エアーマット Hikenture® テントマット キャンピングマット 枕付き
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

キャンプで眠るときに必要なものをおさらいしよう

94_5_201707

引用:pexels

キャンプで眠るとき、必要なのはまず寝袋ですね。夏場はマットだけひいて寝袋無しでも行けることがありますが、基本的には最低限必要なアイテムと言えます。寝袋があれば、よほど厳しい環境でない限りはどこでも眠れるハズです。寝袋は、家のお布団で例えると掛布団ですね。しかし、テントの中で眠るとなったらテントの地面はどのような状態か、当日テントを張ってみるまでわかりません。寝るときになって、地面がデコボコだったり湿っていても、移動することはできません。そこで、下にマットをしいて断熱効果と地面の当たりを和らげるのです。そう、あるのとないのとでは、大きく差が出る敷布団の役割を果たすマット。マットにも種類がピンからキリまであります。また、コットを使用する場合は、マットを敷かなくても地面との間に空間があるので問題ありません。

はじめに用意するマットは、良くみかける銀マットでもいいんです。地面のデコボコにはあまり効果がありませんが、断熱効果は充分だったりします。慣れてきて寝心地を追求するようになったら、コットやエアマットの購入を検討しましょう。本当に寝心地が全く違いますから。

極厚15mm 折りたたみレジャー行楽マット
極厚15mm 折りたたみレジャー行楽マット
かなり厚みがあるので断熱効果が高く、クッション性もあります。車中泊にも大活躍のマットです。
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

準備の時にわすれがちなキャンプ用寝具

キャンプのことを考えているとき、何故か眠るときのことをあまり考えたくないと思ってしまうのは自分だけでしょうか。きっと、眠る=楽しいキャンプの終わりを感じて、寂しい気持ちになるのかもしれません。お酒も飲んじゃうし、眠るときなんて雑魚寝で充分充分なんて思っていたら後悔しますよ!テントは友達の家のような環境ではないんです。ただでさえ、普段と違う環境で眠るのですから、キャンプでは寝付きにくいもの。隣のテントや車の走る音などの騒音もあるかもしれません。ベッドは少しでも寝心地が悪いと身体に負担がかかり、翌日に疲れを引きずります。自分も良く忘れちゃうのですが、寝るまでがキャンプではなく、翌日家に帰るまでがキャンプなのでした。家まで機嫌良くたどり着くために、寝具も気合い入れて揃えましょうね。

 

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。