世界中の登山家に愛されるサーマレストのアウトドアマット8選

2019.12.22

引用:therm-a-rest

野外での快適睡眠に欠かせない3つの道具。テントとシュラフ、そしてマットです。

マットはテントやシュラフに比べると目立たない存在で、熟考せずに選んでいる人も多いかもしれません。

しかし、一見どれも同じようにみえるマットも、メーカーや種類ごとに数々の工夫が凝らされているのです。

ここでは、世界中の登山家や冒険家に愛されるサーマレスト(Therm-a-rest)に注目し、マットの選び方を解説します。

記事の後半にはサーマレストのおすすめモデルもご紹介していますので、マット選びの参考にしてください。

サーマレスト(Therm-a-rest)とは

引用:therm-a-rest

サーマレストは、アメリカ合衆国のアウトドアマットメーカーです。ジョン・バローズ、ジム・リーらにより1972年に創業されました。

ある日、ジム・リーが庭先でクッションに膝まづいて作業をしているときに、自分の体重で空気が抜けていくことに気がつきました。その瞬間に新しいマットのアイデアがひらめき、世界初の自動膨張式マットを世に送り出したのです。

その後、発砲ウレタン式の「リッジレスト」や「Zライト」を開発。現在では、世界中の登山家や冒険家に知られるメーカーになりました。

テント泊にマットは欠かせない

引用:therm-a-rest

マットはテント泊に欠かせない道具です。マットがなければ快適睡眠はおろか、眠れるかどうかも怪しいところでしょう。

マットはテントとシュラフの間に敷いて使いますが、これには2つの理由があります。

  • 地面のデコボコを吸収するため
  • 地面からの冷気を遮断するため

テントの設営前に地面を平らにならしても、やはり小さなデコボコは取り除けません。そこで、マットのクッションでデコボコを吸収するのです。

また、シュラフの保温力を最大限に発揮するには、地面からの冷気を遮る必要があります。場合によっては、シュラフよりマットの性能を上げたほうが温かく眠れることも。

このように、マットは快適な睡眠に欠かせない道具なのです。

サーマレストで展開される4つのシリーズ

サーマレストでは、目的に応じた4つのシリーズが展開されています。

FAST & LIGHT®(ファスト&ライト)

軽量・コンパクトさに重点を置いた、エアー式・自動膨張式マットのシリーズ。軽さと収納性を重視する、クライミングや登山におすすめです。

TREK & TRAVEL™(トレック&トラベル)

軽さや快適性、コンパクトさの高バランスを備えたシリーズ。エアー式、自動膨張式マットが展開され、トレッキングやツーリングなどにおすすめです。

CAMP & COMFORT(キャンプ&コンフォート)

快適性を最優先したシリーズで、重量があるため登山やトレッキングには向きません。代わりに抜群の快適さを備えているため、キャンプや車中泊におすすめです。

CLOSED-CELL MATTRESS(クローズドセルマット)

発泡ウレタン素材を使ったシンプルなマットです。故障する可能性が極めて低く、耐久性に優れています。ただし、収納性が悪く状況によっては適さない場面も。詳しくは次項で解説します。

サーマレストのマット選びはここに注目しよう

引用:therm-a-rest

サーマレストのマット選びは、ここで解説する3つのポイントに注目しましょう。

1.エアー式か、自動膨張式か、クローズド・セルか

マットはエアーマット、自動膨張式(インフレータブルマット)、クローズドセルマット(発砲ウレタン式)の3種類があります。

エアー式

内部の空洞に空気を吹き入れて、膨張させるタイプです。構成するパーツが少なく、面積や厚みのわりに軽量コンパクト

ただし、冷気に冷やされやすい「空気」をクッションにしているため、マットが温まりにくいことも。また、穴が開くと使用できません。軽さやコンパクトさを最優先する人におすすめです。

自動膨張式

エアー式マットの内部に、クッション性のあるフォームを内蔵しているタイプ。最大の利点は、バルブを開けば自動的に空気が入り、膨張すること。

エアーマットのように膨らませる労力を必要とせず、万が一、穴が開いても最低限のクッション性を備えています。

クローズド・セル

発砲ウレタンを使用したシンプルなマットで、いわゆる”銀マット”もこの部類です。保温力が高く、構造が単純で耐久性にも優れています。ただし、収納性が悪く状況によっては注意しなければなりません。

クローズドセルマットは、通常バックパックに外付けします。取り付け方を工夫しなければ、岩場や鎖、ロープ、樹林などに引っかかり、危険なこともあります。歩くコースによっては、エアーマットや自動膨張式のマットを選択しましょう。

2.断熱力を表すR値

R値とは「R-Valu(Thermal Resistance Valu)」の略で、熱抵抗値のことを指します。マットの場合は断熱力を表す数値のことだと考えてください。

R値が高いほど断熱性に優れ、冬季に使用する場合は、よりR値の高いモデルを選びましょう。

3.サイズ(長さと厚み)と重量

なるべく厚みがあり、足元までカバーするサイズが快適なことは言うまでもありません。ですが、大きく厚くなるほど重量が増すため、登山やトレッキングでは快適さと重量のバランスが大切です。

頭から腰あたりまでカバーできるショートサイズを選び、足元は空のバックパックや背面パッドを利用する手も。自分にとって必要なサイズを見極めましょう。

サーマレストの目的別おすすめマット8選

マットの選び方を踏まえたうえで、サーマレストのマットを用途別に厳選しました。

3シーズンのテント泊登山

NEOAIR XLITE Rサイズ
NEOAIR XLITE Rサイズ
NEOAIR XLITE Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:23×10cm
重量:350g
厚さ:6.3cm
R値:3.2
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ネオエアーシリーズで最も汎用性が高く、サーマレストを代表するマットです。熱を逃さない「トライアンギュラーコアマトリックス」とサーマキャプチャー層を備え、エアーマットながら優れた保温力を有します。表面は滑りにくい生地が採用され、快適な睡眠を得られるでしょう。

PROLITE Rサイズ
PROLITE Rサイズ
PROLITE Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:28×10cm
重量:510g
厚さ:2.5cm
R値:2.4
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

自動膨張式マットの中で、最も軽量でコンパクトなモデルです。空気の対流を最小限に抑え、暖かさを増す「ダイアゴナリー・ダイカットフォーム」を採用し、3シーズン快適に使用できます。

Z LITE SOL Rサイズ
Z LITE SOL Rサイズ
Z LITE SOL Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:51×13×14cm
重量:410g
厚さ:2cm
R値:2.6
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

折りたたんで収納できる3シーズン用マットです。表面にアルミを蒸着することで、断熱性を向上させました。折りたたみ式フォームを取り入れることで、クローズドセルマットの中では比較的コンパクトに収納できます。

RIDGEREST SOLITE Rサイズ
RIDGEREST SOLITE Rサイズ
RIDGEREST SOLITE Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:51×20cm
重量:400g
厚さ:1.5cm
R値:2.8
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

まるめて収納できるクローズドセルマットです。空気を取り入れるフォームの形状や、表面にアルミ蒸着を施すことで、暖かさを保ちます。3シーズンの登山からキャンプまで、幅広く活躍するでしょう。

冬季テント泊登山

NEOAIR X THERM Rサイズ
NEOAIR X THERM Rサイズ
NEOAIR X THERM Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:23×10cm
重量:430g
厚さ:6.3cm
R値:5.7
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ネオエアーシリーズ中、最も断熱性が高いエアーマットです。熱が逃げることを防ぐ「トライアンギュラーコアマトリックス」構造や、反射熱で体を温める「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用し、マット本体に暖かい空気を保持します。雪中テント泊でも快適な睡眠を得られるでしょう。

NEOAIR X THERM MAX Rサイズ
NEOAIR X THERM MAX Rサイズ
NEOAIR X THERM MAX Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:23×10cm
重量:490g
厚さ:6.3cm
R値:5.7
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

NEOAIR X THERMよりさらに暖かく、体格の大きな人にも対応できるエアーマットです。反射熱で体を温める「サーマキャプチャー」層を4枚使用し、過酷な環境下でも快適に使用できます。

重量を気にしないキャンプや車中泊

BASECAMP Rサイズ
BASECAMP Rサイズ
BASECAMP Rサイズ
サイズ:51×183cm
収納サイズ:54×18cm
重量:1140g
厚さ:5cm
R値:5.8
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

自動膨張式の4シーズン用マットです。安定感の高いソリッドフォームを内蔵し、使用時には5cmの厚みがあります。キャンプや車中泊、バイクツーリングなどにおすすめでしょう。

DREAMTIME Lサイズ
DREAMTIME Lサイズ
DREAMTIME Lサイズ
サイズ:63×196cm
収納サイズ:63×25cm
重量:63×25cm
厚さ:9cm
R値:10
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

厚さ6.4cmの自動膨張式マットレスにオープンセルフォームを重ね、使用時の厚みは9cmを確保しています。抜群の断熱力とクッション性を備え、冬季キャンプにも対応できます。

マウンテンシティーではサーマレストのアイテムを強化買取中です!

使用していないサーマレストのアイテムがあれば、ぜひマウンテンシティーにお売りください。マウンテンシティーでは、不要なアウトドア用品のリユース事業を手がけており、ただいまサーマレストのアイテムを強化買取中です。

マウンテンシティーではアウトドアのプロによる査定が行われ、キャンセル料などの手数料は一切かかりません。不要なサーマレスト製品をお持ちの方は、ぜひマウンテンシティーまでご連絡ください。

  • キャンプ・アウトドア用品の買取はマウンテンシティ
  • TEL: 0120-194-192
  • LINE ID:@mcity

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
川口貴史
元靴メーカーの職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアを中心に執筆しています。主に関西での低山ハイキングやトレイルランニング、オリエンテーリングを中心に楽しみ、週末は山で過ごしています。

日本オリエンテーリング協会 読図・ナヴィゲーションスキル検定:シルバーレベル|フルマラソンベスト:3時間29分|将来、狩猟にも挑戦すべく「第1種銃猟免許」と「わな猟免許」を2018年に取得したものの、都市住まいではなかなか活用できないのが悩みの種。 https://takashi-kawaguchi.com/

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. スキーとスノボ、どっちがおすすめ?あなたにぴったりなのはこっち!
  3. スピニングリール30選|シマノ・ダイワなど人気ブランド比較!オススメポイントや選び方を徹底解説
  4. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  5. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。