登山メーカーの特徴を徹底調査!人気の秘密とは?

引用:pixabay.com
登山は世界的なアクティビティである分、登山メーカーの数はとても多いです。今回は、数ある登山メーカーの中でも特に人気が高いメーカーの特徴を徹底調査してみました。なぜこのメーカーは人気があるのか、オススメの理由は何かなどをまとめてあります。これを読めば、登山用品を選ぶ際の参考になるでしょう。メーカーに関する知識を整理したい時にも役に立ちます。

日本で人気が高いメーカー3選の特徴まとめ

_0000s_0002_スクリーンショット-2017-07-10-11.09.08引用:インスタグラム
日本で人気が高い世界的なメーカー3つの特徴をご紹介します。

①mont-bell(モンベル)
言わずと知れた日本・大阪発祥のブランド、モンベル。日本人トップクライマーが設立したメーカーだけに、ユーザーが使いやすい商品設計が採用されており、多くの人から愛されています。

特徴はコストパフォーマンスの高さでしょう。比較的リーズナブルな値段で高機能なアイテムを揃えることができます。あまり知られていないことですが2010年にはモンベルの製品が宇宙飛行士・山崎直子さんのスペースシャトル船内被服として採用されました。その活躍の幅が益々広がっている将来楽しみなメーカーです。

(モンベル)mont-bell サンダーパス ジャケット Men
(モンベル)mont-bell サンダーパス ジャケット Men's
あまり知られていないことですが2010年にはモンベルの製品が宇宙飛行士・山崎直子さんのスペースシャトル船内被服として採用されました。

②THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
ノースフェイスは、日本が世界に誇る冒険家・三浦雄一郎さんの世界最高齢エベレスト登頂をサポートしたことでも有名です。シャープで鮮やかな色彩にも定評があり、タウンユースアイテムとしても人気があります。

特徴は、アウトドアブランドとして確かな信頼感を得ている点でしょう。幅広い使い方ができることもポイントと言えます。

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE コンパクトジャケット
(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE コンパクトジャケット
特徴は、アウトドアブランドとして確かな信頼感を得ている点でしょう。幅広い使い方ができることもポイントと言えます。

③MILLET(ミレー)
シンプルながら魅力的なデザインのアイテムが多いミレーも人気が高いです。コーディネートに組み込みやすい点も評価されています。

特徴と人気の秘密はデザイン性の高さでしょう。高機能でありオシャレなアイテムは、男女問わず愛されています。

(ミレー) バックパック サースフェー 28+5 LD MIS2049
(ミレー) バックパック サースフェー 28+5 LD MIS2049
特徴と人気の秘密はデザイン性の高さでしょう。高機能でありオシャレなアイテムは、男女問わず愛されています。

技術力に定評があるメーカー3選の特徴まとめ

_0000s_0001_スクリーンショット-2017-07-10-11.10.42引用:インスタグラム
登山用品は年々進化しています。その中でも特に新素材を積極的に取り入れるなど技術力に定評があるメーカーを3つご紹介します。

①Arc’teryx(アークテリクス)
始祖鳥のロゴマークが印象的なアークテリクスの技術力の高さは折り紙付きです。特徴としては間違いなくアウトドア界の世界最高水準の技術力があげられます。高いパフォーマンスの商品は、世界のベテランの登山者からも熱い支持を集めています。

ロングセラー商品であるアロー22は、タウンユースのアイテムとしても人気です。

(アークテリクス) ARC
(アークテリクス) ARC'TERYX バックパック 22L ARRO 22 (アロー22) CASUAL/URBAN 6029
ロングセラー商品であるアロー22は、タウンユースのアイテムとしても人気です。

②patagonia(パタゴニア)
世界的なアウトドアメーカーであるパタゴニアは、実は軍用品も手がけるなど高い技術力があります。革新的なアイテムも多く世に送り出しており、ブランディングも上手いという特徴があります。シンプルなデザインで汎用性も高いザックなどが人気です。

(パタゴニア)patagonia バックパック Ascensionist Pack 25L
(パタゴニア)patagonia バックパック Ascensionist Pack 25L
シンプルでスッキリとしたデザインのザックです。

③MAMMUT(マムート)
ヨーロッパでダントツのシェアを誇るマムートは、高品質な商品設計で支持されています。高級ブランドのイメージが強く、実際比較的高価なアイテムが多いことが特徴です。

(マムート) バックパック Trion Element 30L 2510-02191
(マムート) バックパック Trion Element 30L 2510-02191
登山用に軽くつくられてはいますが、必要な機能は全てそろっています。荷物を詰めても体の動きを邪魔することはありません。

日本の注目メーカー3選の特徴まとめ

_0000s_0000_スクリーンショット-2017-07-10-11.12.19引用:インスタグラム
日本生まれの注目メーカー3つの特徴をまとめてみました。

snow peak(スノーピーク)
日本のアウトドアブランドの中でもトップクラスの人気を誇る実力派メーカです。メイドインジャパンにこだわった商品設計に定評があります。また、2014年には、1月に71アイテムも新商品を発表するなど、商品開発にも余念がありません。人気の秘密は、高クオリティーな製品が取り揃えられていることでしょう。チタン製マグカップは特に人気が高いアイテムの一つです。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 (容量300ml) MG-142
スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 (容量300ml) MG-142
チタン製マグカップは特に人気が高いアイテムの一つです。

②finetrack(ファイントラック)
こちらも国産にこだわった製品設計に定評があるメーカーです。2004年に誕生したばかりのまだ新しいブランドながらも、登山上級者から支持されています。「自分のアイデアで納得するものを創りたい」という設立者の思いが反映されたこれからの成長が楽しみなブランドです。経験豊かな人ほどファイントラックの良さがわかるでしょう。

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT メンズ BK FUM0412 M
ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT メンズ BK FUM0412 M
耐久撥水性にすぐれており、汗をかいても肌をドライに保つことができます。
徹底的にこだわった立体デザインにより、高いフィット感を得る事ができます。

③AXESQUIN(アクシーズクイン)
日本古来からの色彩や意匠を活かした製品を生み出しているアクシーズクイン。日本の四季を考慮した製品設計はまさに日本の山に登るのにふさわしい登山用品と言えるでしょう。独特の色合いも魅力的です。

(アクシーズクイン)AXESQUIN ハゴロモ コキムラサキ AS1170
(アクシーズクイン)AXESQUIN ハゴロモ コキムラサキ AS1170
適度に風を通すので衣服内に湿気をため込まないことで、長時間着たままでも蒸れずに快適に行動することができます。

メーカーとブランドの違いとは?

9_4_20170628引用:pixabay.com
登山用品を見ていると、メーカーとブランドがややこしく感じられることはありませんか?豆知識として、メーカーは製造業者や製造元であり、ブランドとは、その会社が作っている自社製品を他社製品と区別する為に一連のイメージでまとめた商品群のことです。ただし、登山用品を手がけるアウトドアメーカーは、自社のメーカー名(会社名)をブランド名にしているところが多く、あまり区別する必要性がない場合が多いです。会社名とブランド名が違う時には注意しましょう。

メーカーの特徴を理解して商品を楽しもう

登山用品の楽しみの一つは、メーカーが豊富なところです。各社ともオリジナルの強みを活かした商品を数多くリリースしており、ユーザーとしては選ぶ楽しみがあります。自分の登山スタイルに合った商品を見つけられた時の喜びはひとしおです。自分ならではのこだわりのメーカーを見つけてみませんか?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。