トレッキング初心者でも楽しめる!知っておきたい5つポイント

2017.05.01

引用:pixabay.com
ここ数年来続いているアウトドアブームの影響で、トレッキングの人気が高まっています。トレッキングは簡単に言うと「山歩き」のことですが、「本格的に道具をそろえなければならない」というイメージの強い登山よりも気軽に挑戦できるのが魅力です。大自然の中を歩いて景色を眺めたりご飯を食べたり…そんな、初心者でも楽しめるトレッキングの基礎知識をご紹介しましょう。

そもそもトレッキングとはどのようなものなの?75_1_20170428

引用:pixabay.com
「トレッキングって人気があるようだけど、登山とどう違うの?」と思っている人も多いでしょう。トレッキングとは、初心者の人にもわかりやすく説明すると「山歩き」のことなのです。もともとトレッキングという言葉は、南アフリカの先住民・ボーア人の言葉で「牛車に乗って旅をする」という意味だったといわれています。現在では、山頂を目指して山を登る「登山」とは違い、健康やレクリエーションのために「楽しみながら山歩きをする」意味合いとして使われています。

ひとくちにトレッキングといっても、高い山のふもとを歩いて風景や自然を楽しむものや、川沿いをたどるように歩いていくリバートレッキングなどいろいろあります。

また、旅行会社などが提供しているトレッキングツアーもさまざまな種類があり、アウトドアブランドとして有名なモンベルが開催している「女性のためのトレッキングツアー」などもあります。トレッキング初心者の人は、一人からでも参加できるツアーからスタートするのもいいでしょう。安心して楽しむことができます。

トレッキング初心者が用意したいアイテムとウェア

75_2_20170428引用:montbell.jp
初心者でも楽しめる日帰りトレッキングは、何を持っていけばいいのでしょうか? 行き先や季節によっても異なりますが、基本的には以下のアイテムを準備してください。

帽子・着替え・手袋・タオル・水筒・ヘッドライト・行動食(カロリーメイトなど)・地図や資料・携帯電話・カメラ・ホイッスル・救急用の絆創膏や虫除けスプレー・日焼け止め・サングラス・雨具など。
(寒い季節は使い捨てのカイロやニットの手袋なども必要です)

最適なトレッキングウェアは、季節によっても異なります。基本的にはアンダーウェア(肌着)+ミドルウェア(中間着)+アウター(外着)の「重ね着」です。

【アンダーウェア】
吸湿性・速乾性のある素材のものを選びましょう。綿100%のものは汗を吸うと乾きにくく体を冷やします。メッシュや化繊系の素材を選んでください。秋冬は吸湿性・速乾性にプラス保温性のあるものがおすすめです。

【ミドルウェア】
春夏は吸湿性速乾性のある素材のTシャツやシャツ、秋冬は「ソフトシェル」と呼ばれるアウトドア用ジャケットや軽量のフリース素材のジップアップタイプがいいでしょう。

【アウター】
春夏はソフトシェルをアウターとしても使用できますが、気温が下がる秋冬は、耐水・防風・撥水性・保温性があるアウトドア用ジャケットが必要です。「ハードシェル」や「レインジャケット」などと呼ばれるアウターが1枚あると便利でしょう。

トレッキング初心者が選びたいシューズとは

75_3_20170428引用:montbell.jp
トレッキングは「山歩き」を楽しむスポーツです。そのために、歩きやすく疲れないトレッキング用のシューズを1足は用意しましょう。タウン用のファッションスニーカーだと、クッション性が弱く、足元も滑りやすくなるのです。最近のトレッキング人気に合わせるかのように、さまざまなアウトドアブランドがトレッキングシューズを展開しています。

ひとくちにトレッキングシューズといっても、タウンユースにできるスニーカー感覚のローカットシューズから、本格的な歩きもできるミッドカットやハイカットのシューズもあります。
初心者の人に向いているのは、履きやすくて歩きやすいローカットシューズでしょう。防水性・通気性があり軽くて丈夫な素材を使用しているシューズがおすすめです。

トレッキングシューズを購入するときには、いくつか試着して自分の足にぴったりとフィットするものを選びましょう。また、トレッキングのときには通常のソックスではなく、吸湿性がある厚手素材の登山用ソックスを履くほうが疲れません。そのため、トレッキングシューズを買うときには登山用ソックスを履いていくか持参して、それを履いたうえで試着するようにしてください。

初心者向けのトレッキングザックの選び方

75_4_20170428引用:montbell.jp
トレッキングのときは、ショルダーなどではなく両手を空けることができるザック(リュック)が必要です。けれども、アウトドア用品店などに行くと多種多彩のザックが並んでいるので選ぶのに迷ってしまうでしょう。トレッキング初心者の人にはどのようなザックが向いているのかご紹介します。

【容量(大きさ)】
最初は30〜40リットルほどの大きさのザックがおすすめです。春夏の日帰りトレッキングはそれほど荷物は必要としないので25〜30リットルほどでも大丈夫なのですが、寒くなると荷物も増えるので余裕を持って少し大き目を買ったほうがいいでしょう。

【フィット感】
トレッキングはザックを背負って何時間も歩きます。ザックが背中にフィットしないとそれだけで疲れも大きくなってしまいます。基本的には「自分の肩幅よりも狭い」幅のザックを選ぶことです。安定性があるショルダーベルトやウエストベルト付きのものもあります。実際にいくつか背負ってみてフィット感を確かめてから選ぶほうがおすすめです。

初めてのトレッキングのときの注意点

75_5_20170428引用:pixabay.com
トレッキング初心者の人は、里山程度の山歩きでも、街中を歩くより体力も気力も使うものです。
トレッキングは自然に触れ景色を楽しみながら歩けますが、やはり慣れた人でも普段の歩きより体も足も使います。トレッキングに行く前日は、しっかりと睡眠をとり体を十分に休めるようにしてください。特に初心者の人は、前日夜更かししたり深酒をしたりするのは禁物です。

早めに夕食を済ませ、入浴で1日の体の疲れを取ってから就寝しましょう。
普段から、お腹を壊しやすい・頭痛持ち・すぐ胃が痛くなるなど気になる症状があり常備薬を用いている場合は、忘れずに持参してください。

まずは気軽に歩けるコースから始めよう!

75_6_20170428引用:pixabay.com
トレッキングはさまざまなコースがあるので、ガイドブックやネットなどで見ているといろいろな場所に出かけたくなります。けれども、初心者の人はまずは簡単なコースから始めるようにしましょう。周囲の景色を楽しめる余裕があるコースがオススメです。
まずは自然の中を歩く楽しさを味わってから、徐々に上級を目指してください。服装や持ち物はしっかり準備してから出かけてくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。