登山デビュー!これだけは押さたい服装の基本!メンズもおしゃれに!

広告
2017.05.03

引用:patagonia.jp
そろそろ登山を始めてみたいとお考えの人は多いと思います。登山デビューならば初夏の低山をハイキング感覚で日帰り計画したいところですが、登山は登山なので、登山靴、ザック、レインウェアという登山の三大装備は揃える必要があります。登山の服装としては機能重視になってしまいますが、メンズとしてはおしゃれも大事ですよね。今回は機能は確保しながらもおしゃれにこだわったメンズの服装を中心に考えてみたいと思います。

登山デビューでは必須の登山三大装備

11_1_20170420引用:mizuno
登山の三大装備と言われる登山靴、ザック、レインウェアは登山デビュー前には是非とも揃えておきたいものです。まずは登山靴ですが、最初はスニーカーでもいいんじゃないかと思うかもしれませんが、山道は思ったよりも凸凹していて石ころだらけなので、靴底が柔らかいとバランスを崩しやすいので硬いソールを持った登山靴の方が歩きやすいのです。また、山道には傾斜があるため、足首までフィットしたミドルカットかハイカットの登山靴でないと足の疲労が大きくなって、滑落事故にもつながりかねません。

次にザックですが、ザックは重い荷物を背負って山道を長時間歩いても疲れにくいような設計がされています。背面は背中全体で荷物の重さを支えるようになっていて、ショルダーハーネスで肩にフィットさせ、ウェストベルトでがっしりと腰に安定させるよう固定します。そうすることによって食料や水などの重い荷物を背負っても登山を楽しむことができるのです。

3つ目がレインウェアですが、登山では山の天気が気になって天気予報を何度も見たりしますが、天気予報とは異なり、想定外の雨が突然降ってくることもよくあります。したがって、レインウェアは登山では必携アイテムです。レインウェアがなくて雨に濡れてしまうと、急激に体温が奪われていって低体温状態になり、最悪の場合は命の危険性も出てくるので大変重要です。

登山デビューで押さえておきたい服装の基本

11_2_20170420引用:pixabay
登山では歩き始めは肌寒く感じても少し歩いていると汗ばんできます。汗を吸った衣類は乾きにくく体を冷やす原因になります。これを防ぐためには、重ね着をしてウェアを着脱することによって体温調節をすることが大切です。上着のジッパーの開け閉めや手袋の着脱もこまめにすれば汗の量を減らすことができますし、暑く感じてきたら歩くスピードを少し遅くしてみたり、木陰で小休止したりすることも効果があります。要するに汗の量をできるだけ減らす工夫をすることがポイントです。

次に重ね着する順番ですが、下着などのベースレイヤー、中間に着るミドルレイヤー、一番外側に着るアウターレイヤーの3つが基本です。ベースレイヤーは直接肌に触れるので、肌触りも重要ですが、汗を吸い取る吸湿性やすぐに乾く速乾性が大事なポイントです。次にミドルレイヤーは保温性と通気性が大切で、フリースやインナーダウンなどがおすすめです。アウターレイヤーは風や雨を防ぐための防水性と内側からの汗を発散させるための透湿性が重要で素材はゴアテックスなどがおすすめです。

服の大事な機能として見過ごされがちなことが、「皮膚を守る」ということです。登山では藪や木の枝、岩場など皮膚が傷つきやすい状況が多くあります。また、紫外線にも直接さらされますので、短パンなどはできるだけ避け、サポートタイツと組み合わせたり、日よけ付きの帽子をかぶったりすることが大切です。

登山もおしゃれにするメンズの服装のポイント

11_3_20170420引用:pixabay
せっかく登山にでかけるのに「野暮ったい服装ではいやだな」という人も多いはず。ここまでに述べた登山の基本はしっかり押えた上で、メンズファッションとしてもかっこよくしたいという人におすすめは、カラーコーディネートでバッチリ決めるという方法です。最近の登山用品は豊富なカラー展開がされているので、これを利用しない手はありません。柄にも凝ったウェアがたくさんありますので、機能はもちろん、登山ファッションとしても自分しかないオリジナルファッションを楽しみたいものです。

カラーコーディネートの基本は、周囲の景色と溶け合いながら自分なりの主張が出せるかということではないでしょうか。まずは、どこまでも澄み渡った空と同じスカイブルー系の同色コーデですね。アウターレイヤーが明るめのスカイブルー、ザックがやや濃いめのブルー、ショルダーハーネスが濃いめのブルー、パンツも登山靴もブルーとすれば、全体としての統一感がありながら、空の色とマッチし、なおかつ、初夏の新緑との対比も美しく、おまけに目立つ色目ということで注目を浴びること間違いなしですね。

さらに、変化をつけるとすれば、差し色に赤を持ってくるレッドコーデです。ブルーとレッドのコンビも綺麗ですし、初夏の山の花は淡い色が多いだけに、この赤はひときわ映える色合いになります。他にもサポートタイツを柄物にしてみたりして自分なりのファッションを楽しみたいですね。

登山の服装はメンズもおしゃれにいこう

登山デビューを控えて服装はどうしたらいいのか迷っている人も多いと思いますが、思い切って、メンズもおしゃれにいきましょう。登山なので機能は確保した上で、カラーコーディーネートを考えるだけでも十分個性的なおしゃれが楽しめますよ。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。