【アークテリクス大辞典】リュック、ジャケットの人気から店舗情報まで公開中

2016.12.23

最先端の素材や技術を用いて良質なアイテムを製作する「アークテリクス(ARC’TERYX)」。アークテリクスの歴史や人気アイテム、意外と知らない本社の情報など紹介します。すべて知っていれば、まさにマニア!では見ていきましょう。

アークテリクスとは?すべては2人のクライマーの不満足から始まった

ファッション誌にも度々登場する「アークテリクス」はカジュアルブランドではなく、カナダのアウトドアブランドです。始祖鳥のロゴが印象的なアークテリクスは「トカゲが進化によって空を羽ばたくように、大きく進化しよう」という想いが込められています。

 

引用
http://arcteryx.com/Home.aspx?language=JP

1991年に二人のクライマー「デイブ・レイン」と「ジェレミー・ガード」が既存のクライミングハーネスをより高性能にしたいという事からアークテリクスを創設しました。

クライミングハーネスというアイテムはロッククライミングの際、腰に掛ける安全ベルトなのですが、既存のクライミングハーネスは長く使用していると、どうしてもシワが出てしまい、フィット感が低下します。アークテリクスのクライミングハーネスは新開発したバックルによって、これら欠点を修正しました。このクライミングハーネスは地元のクライマーから絶賛を受け、アークテリクスの名前を広めます。

その後、二人は高機能なブルゾンやハードシェル、インナー、バックパックなどを製作・販売します。そのどれもがファッション性が高く、アウトドアシーンだけではなく、カジュアルシーンでも話題になっています。

たゆまぬ製品開発と情熱。他ブランドを圧倒する製品力

02_製品力

引用
https://www.facebook.com/arcteryx/photos/a.236630865227.284735.28723810227/10154769750035228/?type=3&theater

アークテリクスは「着る人の目線に立ち、なおかつ製作者側も使いたくなるアイテム」を理念に商品を開発しています。特に「縫製力」はアークテリクスの技術力の高さを感じられる部分となっており、他のブランドを圧倒します。

マイクロシーム・マイクロシームテープという技術を用い、生地のかさ張りを抑え、アクティブな動きが出来るよう設計されています。また、ハードシェルなどナイロン素材は、縫製部を熱で溶かして強度を高めた作りが特徴となっています。

アークテリクスはカナダのブランドという事もあり、冬山の登頂を想定してアイテムを製作しています。ですので、ウェアやバックパックの撥水性や防水力は非常に高い仕様となっています。

カナダには「カナダグース」や「ルル・レモン」、「ハーシェル」、「ルーツ」など人気アウトドアブランドが多く立ち並んでいますが、その中でアークテリクスが常にトップの位置をキープする理由は、たゆまぬ製品開発とアウトドアに対しての情熱があるからです。

日本でも多くの著名人がアークテリクスのアイテムをファッションに取り入れているため、若い層に絶大な人気があります。2008年には東京・銀座に直営店「アークテリクス東京銀座店」をオープンしさらなる人気を博しています。

超絶人気!機能性が高く、お洒落なバックパック

旅行やキャンプ、クライミング、タウンユースなど様々な用途のあるバックパックですが、誰もが望むのは「機能性が高く、お洒落なバックパック」ではないでしょうか?アークテリクスのバックパックはそれらを全て叶えた仕様となっており、様々なシーンで活躍します。

■ これぞ、アークテリクス!定番の「アロー22」

03_アロー22

引用
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&model=Arro-22-Backpack

「アロー22」はシンプルなデザインですが随所にアークテリクスの技術が施されたバックパックです。ブラックのカラーリングに、アークテリクスのロゴ「始祖鳥」が金糸で刺繍されているのが目印です。

今では様々なアウトドアブランドが取り入れていますが、アークテリクス発祥と言われる防水ジッパーも備えられています。ジッパーを開閉すると、中の生地も防水仕様となっておりアークテリクスの細かい技術が伺えます。22Lサイズという事もあり、15インチのノートパソコンも楽々入れることが出来るのも魅力です。

また背中側に付属された大型ポケット二つはA4ノートがすっぽり入るサイズとなっており、様々な用途として活躍します。フロントポケットも防水ジッパー仕様で、小物などを収納するのに重宝します。また、鍵などを取り付けるフックが付いているのにも注目です。サイドポケットはメッシュ加工が施されており、夏季には冷たい飲料水を入れるのに役立ちます。

これら説明だけでは「アロー22はタウンユースではないのか?」と思うかもしれませんが、アウトドアシーンでも活躍する機能も満載です。背面には背負った時のストレスを和らげるパットが入っており、胸部には身体の軸を整えるハーネスも付属されています。右肩のショルダーにはドリンクチューブを通すリングが備えられているのも嬉しいポイント。さらに重量は1.1kgと超軽量仕様となっています。

ARCTERYX(アークテリクス) アロー22
ARCTERYX(アークテリクス) アロー22
カラー:ブラック ブラック/ディアブロレッド ブラック/ブルーテトラ ブラック/カーシ ブラック/ヴァイオレットワイン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

■ 男女選ばずコーディネートしやすいモデル「マンティス26」

03_マンティス

引用
http://bozeman.jp/SHOP/00531.html

他にも「マンティス26」も大人気。カラーリングはブラック・ブリックレッド・ジェードグリーン・スカイブルーと豊富でフロントに大きく始祖鳥の刺繍が施されています。

無駄のない曲線的な形状をしており、男女選ばずコーディネートしやすいモデルとなっています。背面にはスペーサーメッシュを使用しているので通気性が高く、夏季に持ち歩くのには最適です。

前面二箇所にハーネスが付いているので、フィット感を上昇させ激しい登山にも耐えられる仕様となっています。容量は26Lと自由度の高いサイズなので、日帰り登山やトレッキング、キャンプ、タウンユースなどで活躍します。

ARCTERYX アークテリクス マンティス26L
ARCTERYX アークテリクス マンティス26L
縦:45.5cmX横:26cmXマチ:13cm
カラー:ブラック・ブリックレッド・ジェードグリーン・スカイブルー
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

最先端の素材と機能性。世界中のクライマーから愛されるジャケット

厳しい寒さや、急な天候不良にも対応したアークテリクスのジャケットはクライマーだけではなく、冬季のファッションにも多く取り入れられています。

ジャケットは細かく分類されており、スタンダートな作りでオールシーズンの登山で活躍する「BETA(ベータ)」や長めの丈が特徴の「THETA(シータ)」、動きやすいストレッチ仕様で熱効率も高い「GAMMA(ガンマ)」、最先端の素材を使用し、快適な冬山登山に対応した「ALPHA(アルファ)」。他にも防寒性と通気性の二つを追及して作られた「DELTA(デルタ)」や撥水力を重点に設計された「ATOM(アトム)」、雨や雪などに強く、長時間の運動にも対応した「SV」、オールシーズン着用出来る柔軟性のある仕様の「AR」など、13種類にもわかります。

■ ファッションアイコンと名高い「Alpha SVジャケット」

04_ジャケット_アルファ

引用
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&gender=mens&model=Alpha-SV-Jacket

中でも特に人気が高いモデルは、アークテリクスのファッションアイコンと名高い「Alpha SVジャケット」です。カラーリングはブラック・ブリックレッド・ブルー・グリーンと揃っており、コーディネートしやすいのが特徴です。

機能性も高く、撥水性に優れた素材や防水ジッパーなどが天候不良から身を守ります。また、頭全体を覆うフィット感の強いフードが付属されており、吹雪などにも耐えうる仕様となっています。

ジャケット内部にはハーネスが内蔵されているので、激しい動きによる服ズレなどを防ぐことが出来るのです。防寒性にも優れていますが、通気を良くするためのピットジップが備えられているので蒸れにくい造りとなっています。最先端の技術を駆使して作られたAlpha SVジャケットは世界中のクライマー憧れの一着です。

ARCTERYX アークテリクス メンズ アウター ジャケット Alpha SV Jacket 並行輸入品
ARCTERYX アークテリクス メンズ アウター ジャケット Alpha SV Jacket 並行輸入品
サイズ:XS 〜 XXL
素材:ナイロン
カラー:ブラック・ブリックレッド・ブルー・グリーン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

■ クライマーの動きを計算してつくられた「BETA SL ジャケット」

04_ジャケット_ベータ

引用
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&gender=mens&model=Beta-SL-Jacket

続いて紹介するのはアークテリクスが解剖学の基づき製作したジャケット「BETA SL ジャケット」です。クライマーの動きを計算して縫製されているので、肩や手を激しく動かしても、服ズレなどが気にならない仕様となっています。生地には耐久撥水加工が施されており、強い雨や降雪にも耐えられるのが魅力です。

また、1.6mmのマイクロシームを使用する事によりコンパクトかつ軽量な仕上がりとなっています。ミニリップストップ製法のため破れにくくなっているのも、ロッククライマーから愛用される理由となっています。

ARCTERYX アークテリクス ジャケット Beta SL Jacket Sumac M
ARCTERYX アークテリクス ジャケット Beta SL Jacket Sumac M
サイズ:XS 〜 XXL
素材:ナイロン、ポリエステル等
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

雪山で使いたい!ホワイトライン

05_ホワイトライン

引用
http://www.oshmans.co.jp/133562?ref=3

アークテリクスにはスノーボーダーやスキーヤーをターゲットに絞った「ホワイトライン」というアパレルラインも人気です。

ホワイトラインの代表的なジャケット「サイドワインダーSV」は、耐久性の高い「GORE-TEX Pro」と撥水力に優れた「N80p-X」を生地に使用しており、雪山の登頂はもちろん、あらゆるスノースポーツに対応しています。

アクティブな動作に耐えられるよう、フロントファスナーが広めに開くよう設計されています。シンプルなデザインでコーディネートしやすく、タウンユースにもぴったりな一品です。

ARCTERYX アークテリクス Sidewinder SV Jacketメンズ ジャケット Admiral
ARCTERYX アークテリクス Sidewinder SV Jacketメンズ ジャケット Admiral
サイズ: US M (日本サイズL相当)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ウェアだけでなく、グローブにもこだわりが満載です。「リシック・グローブ」は運動工学に基づき、装着後快適に指や手首を動かせるよう設計されています。また、DWR加工やドラフトチューブにより水分の浸入を防ぐという優れもの。手の平と指先に施されたラミネート加工はグリップ力が強いので、スキーのストックポールなどを持つ時に役立ちます。

雨天時のレインパンツとしても活躍する「パリセードパンツ」は通気性や耐久性、速乾性の高い「TerraTex」を使用しています。とても軽量でストレッチ性のあるパンツなので、激しい運動中でも全く気にならない作りになっています。ホワイトラインは他にもニットやフリース、雪山登山用のバックパックなど販売しています。

ARCTERYX アークテリクス パリセードパンツ男性用 17520
ARCTERYX アークテリクス パリセードパンツ男性用 17520
カラー:ブラック・クオリー・ジョシュアツリー
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

ストリート男子必見。実は難しい!?ストリートの着こなし術

06_ストリート

出典
http://zozo.jp/shop/kojitusanso/goods/9860022/?did=24094217&kid=13087

アウトドア以外に普段のストリートでもよくみかけるようになった、アークテリクスのアパレル。

落ち着いたカラーリングにシンプルなデザインを基本としているので、実は着こなしは難しい部類になります。全体をシックに着こなすと地味になってしまい、派手に飾るとシンプルな部分が浮いてしまう結果に。

コーディネートする時はファッションスタイルを決める事がポイントです。例えばタイトなスタイルにコーディネートする場合、トップスは「Slocan フーディー」といった裾の短いジャケットを選びましょう。また、トップスをゆったり仕様の「シータARジャケット」などにセレクトし、スキニーパンツと合わせるとコンパクトなコーディネートになります。

ARCTERYX アークテリクス Slocan Hoody
ARCTERYX アークテリクス Slocan Hoody
サイズ:XS M L
素材:ポリエステル100%
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

落ち着いたカラーリングの多いアークテリクスのアパレルアイテムをカジュアルにコーディネートする場合、シューズとインナーを原色カラーにするとさり気ないおしゃれの演出が可能です。

また、バックパックのサイズや種類でも着こなしが変わります。バックパックはウェアと同様、シックなデザインやカラーリングが多いのでエッジの効いた服装より、すっきりとした服装やキレイ目の古着がよく似合います。

メンズだけじゃない!!カッコかわいい女子にぴったりのバッグ

アークテリクスのバックパックはメンズ・レディースどちらにもフィットするバックパックが多く、ショルダーの調整もしやすいので女子におすすめのブランドです。

■ 幅広いシーンで使える。人気の「エアリオス10 デイパック」

07_女子エオリアス

出典
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&model=Aerios-10-Backpack

特に女子に人気モデルは「エアリオス10 デイパック」。シンプルなデザインですが収納性が高く、小旅行や日帰りキャンプ、タウンユースとして十分な機能を発揮します。また、フィット感を向上させるためにウエストベルトが付属されているので、シーンに応じて使い分けられるのも魅力です。

背面には蒸れにくいメッシュ加工が施されており、衝撃を吸収するパットなども備えられています。10L、420gとコンパクトなサイズなので手軽に持ち運べるバックパックです。女子の意見で多いのはスタンダートな形のバックパックではなく、デザイン性に優れたバックパックがほしいというものです。

ARCTERYX アークテリクス Aerios10 エアリオス10
ARCTERYX アークテリクス Aerios10 エアリオス10
カラー:ブラック (Raven)
サイズ:縦約 40.0 x 横約 20.0 x 厚約 6.5cm・10L(容量)
素材:ポリウレタン加工ナイロン
付属品:なし
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
■ スマートな直方体のバックパック「グランビル」

07_女子グランビル

出典
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&model=Granville-Backpack

「グランビル」はスマートな直方体のバックパックでおしゃれ女子におすすめの一品です。フロントがシングルラダーフックで固定されており、バックパック特有のゴツゴツしたイメージとかけ離れた一品です。

しかも収納力は20Lと大きく、ノートパソコンやタブレットなど簡単にしまうことが出来ます。また、角ばった形状のためノートや書類の形を崩さず収納出来るのも魅力です。耐久性・防水性にも優れているので雨の日でも安心して使用することができます。

ARCTERYX アークテリクス グランヴィル バックパック 20L
ARCTERYX アークテリクス グランヴィル バックパック 20L
サイズ:33cm×51cm 幅:14cm
容量:20L
重量:約750g
素材:ナイロン
カラー:ブラック・カッパー・バイオーム・マリン
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

快適で安全なアウトドアライフに欠かせない!ハイスペックインナー「フェーズシリーズ」

08_phaseシリーズ

出典
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&gender=mens&model=Phase-AR-Zip-Neck-LS

インナーウェアも高機能な必須アイテムです。なかでも「保温性」と「速乾性」に優れたTシャツ、「フェーズ(Phase)シリーズ」はオススメ。

こちらは、保温性に優れたポリエステルと速乾性に優れたポリプロピレンの二つを重ねた「PHASIC」を採用したTシャツです。皮膚呼吸や体温調整を快適にし、疲労の蓄積やストレス、汗冷えを防ぐ優れもの。

また、防臭効果も高く夏場のアウトドアシーンには最適です。フェーズシリーズは春や夏に適した薄手の「SL」や秋や初冬用の「AR」、本格雪山登山やスノースポーツ用に作られた「SV」など細かく分類されています。価格は約8000〜12000円前後と高めですが、快適で安全なアウトドアライフには欠かせないアイテムになります。

ARCTERYX アークテリクス フェーズSLクルーロングスリーブ男性用
ARCTERYX アークテリクス フェーズSLクルーロングスリーブ男性用
カラー:ブラック、グレー、ローデ
サイズ:S 〜 L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!
ARCTERYX アークテリクス フェイズ SL クルー SS ウィメンズ
ARCTERYX アークテリクス フェイズ SL クルー SS ウィメンズ
カラー:ブルー、ブラック
サイズ:XS 〜 L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

失敗しないアウターのサイズ選びとコツ

09_サイズの選び方

大変高価なアークテリクス。せっかく購入したアパレルのサイズがあわなかったら悲惨ですよね。

カナダのメーカーである、アークテリクスも日本とサイズ感が違うので注意が必要です。通販サイトなどで購入し、実際に着てみたら「サイズが合わない」という事も十分あり得ます。

カナダ人の体格は日本人より一回り大きく、手足なども長いという特徴があります。また、がっちり体系という事からゆったり設計となっています。基本的にはジャケットなどを購入する時はワンランクかツーランク下のサイズを選ぶようにしましょう。

■「Alpha SVジャケット」のサイズ感
例えば、アークテリクスのロングセーラー商品である「Alpha SVジャケット」を身長179cm、体重65kgの男性が購入する際は、「Mサイズ」がフィットするようです。しかし、若干ダボダボ感を感じてしまうので、厚めのセーターなどを着込みましょう。

身長172cm、体重70kgの男性が着用した場合は「Sサイズ」がジャストフィットするようです。しかし「Mサイズ」の場合は胸部や肩周りにダボダボ感があるので注意が必要です。がっちり体系の人にはいいかも知れません。

■「Atom LT フーディー」のサイズ感
定番ジャケット「Atom LT フーディー」は他のアウターより小さめに作られているので身長170cm、体重60kg前後の人ならMサイズでジャストフィットするでしょう。タイトにコーディネートしたいという人にはSサイズがおすすめです。

■気をつけたい袖サイズ
アークテリクスのアウターを購入してジャストフィットした場合でも、袖の長さが気になる人もいると思います。これはカナダ人の腕が、日本人の腕に比べて長いという理由もありますが、基本的にアウトドアブランドのジャケットは普通のアパレルジャケットより袖が長く設計されているのです。これは防寒の役割と登山中の怪我を防止するための仕様となっています。

本物とコピー商品の見分け方

10_正しい商品

引用
http://arcteryxstyle.com/?mode=f9

アークテリクスのコピー品の見分け方の一つはタグ部分になります。コピー品にはタグが付いてる事が少なく、付いていてもタグの表記が粗悪で、プリントのズレなどが見受けられます。

また、ジッパーにも注目しましょう。正規品のジッパーは防水加工され、丁寧にカラーリングされていますが、コピー品のジッパーは量販品のジッパーを使用している事が多く、カラーリングも雑です。またジッパーの下部に付いているシームテープの縫製がずれていたりします。この「縫製」という箇所はコピー品の見分け方で最も重要視する箇所になります。コピー品の縫い目は荒く、ほつれなど雑な縫製となっています。

コピー品の特徴は「外見は似ているけど、細かい部分が雑」という事です。明らかに格安な商品や公式ショップじゃないお店で購入する時は注意が必要です。

高いからこそ正しく洗いたい。製品のお手入れ方法

11_洗濯方法

引用
http://arcteryx.com/Product-Care.aspx?JP

アークテリクスのウェアやバックパックの多くに、「ゴアテックス」という素材が使われており、撥水性が高く、蒸れにくくなっています。

洗浄を怠ると、このゴアテックスに油や汚れが付着してしまい、撥水力を劣化させてしまう恐れがあります。ただし、正しい洗濯をしないと商品を悪化させる原因になりますので注意が必要です。

洗浄方法は二つあり、「洗濯機」で洗う方法と「手洗い」する方法に分かれます。ゴアテックスを洗浄する際は、ダウンジャケットやスリーピングバッグ専用洗剤の「NIKWAX」を使用しましょう。もし手に入らない場合は液体の洗剤を使用してください。顆粒の洗剤を使用すると生地に洗剤の粒が詰まってしまう事があるので注意しましょう。

また、柔軟剤や漂白剤の使用も生地の劣化に繋がるので控えてください。まず、洗濯器に入れる場合は40℃ほどのぬるま湯にし、コースは標準、もしくは弱洗いを選択してください。ランドリーバッグなどに入れてから洗濯すると生地の傷みが減少します。

手洗いでは、レインウェア一着あたり20リットル程度のぬるま湯を用意して、洗剤を適量注ぎます。全体を回すようにかき混ぜ、15分ほど放置します。最後は全体をよくすすいで完了です。

乾燥ですが、天日干しより乾燥機を使用したほうが生地のダメージを減らす事が出来ます。バックパックやウェアは高温下に置くと傷む場合があるので、注意しましょう。

乾燥機を使用する場合は速乾モードなどにせず、標準温度で乾燥させましょう。また、アイロンなどを使用する際は80℃ほどに設定し、ウェアの上に布を敷いてから使ってください。

公式サイトに洗濯方法など製品のお手入れ情報がありますので、お手入れ前に必ず確認するようにしてください。

↓製品のお手入れ
http://arcteryx.com/Product-Care.aspx?JP

高難度のクライミングを可能にする、アークテリクスの起源「ハーネス」とは?

12_ハーネス

引用
http://arcteryx.com/product.aspx?language=JP&gender=womens&model=AR-385a-Harness-W

今では高機能バックパックや品質の高いウェアなどで話題になっているアークテリクスですが、元々は「ハーネス」の製造から始まった会社です。

アークテリクスが長年培った技術で作り上げたハイスペックハーネスは、無駄な機能を省きシンプルにまとめた製品。ハーネス「Ar 395A」は人間工学から足腰の動作を計算し、岩場や雪山でアクティブに活動できるよう設計されています。

また、ワープ強度を重点に置いているのでテンションが掛かった際も圧力を分散する効果があります。素材はダブル織りになっているので耐久性が強く、高難度のクライミングが可能となっています。

重量は約490gとなっていますが、もう少し軽量なハーネスが欲しいという人には「SL-340マグマ」がおすすめです。重量340gとアークテリクスのハーネスの中でもトップクラスの軽量仕様となっています。

墜落加重をウエストバンドで分散させる事で、腰の負担を軽減させる事にも可能に。ギアループは前と後ろに方向を変えることができ、取り外しができます。

また、ハーネスの限界点を知らせるマーカーサインなども備えられている安心設計なのも非常に魅力。非常に高いフィット感を誇りますが、脱着もスピーディーに行えるのも特徴です。

ARCTERYX アークテリクス AR-395a harness Mens 15-16FW-sj
ARCTERYX アークテリクス AR-395a harness Mens 15-16FW-sj
サイズ:S 〜 L
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

通販情報やお得な購入方法

13_zozoタウン
引用
ZOZOTOWN販売ページ

高級アウトドアブランドに分類されるアークテリクスはやや高めの価格設定となっています。特に最高級・最先端の生地を使用し、高い技術力で製法しているジャケット類は10万円以上のものも珍しくありません。

出来る事なら安く購入したい人におすすめなのは大手アパレル通販メーカーの「ZOZOTOWN」がおすすめです。人気のバックパックやジャケットも取り揃えており、割引も定期的の行われているので要チェックです。

↓販売サイトURL(ZOZOTOWN)
http://zozo.jp/

また、手に入りにくいアイテムを購入するなら「Hermit’s Hut(https://www.hermitshut.com/)」がオススメ。海外サイトなのでオーダーしにくいという難点もありますが、ツイッターなどで割引クーポンなども発行しておりお得です。日本への配送料は約35ドル〜50ドルほどとなっています。

スタンダートに安く購入するのであれば、楽天市場やアマゾンで中古品を購入するのも一つの手段です。注意したいのは中古品やオークションに出品されたアイテムです。これらはコピー品も多く、特にウェア類は要注意です。通販サイトを利用する際は公式ショップまたは、返品保障のあるショップを選ぶようにしましょう。

実は世界で一番お得!?アウトレット併設のアークテリクス本社

14_本社

引用
http://joujoushka.blogspot.jp/2012/06/arcteryx-factory-store.html

アークテリクスのアイテムを扱うショップは日本全国にありますが、アウトレット価格で販売しているショップはかなり少なく、ましてや格安価格で販売しているショップはほとんどありません。

中古品などはコンディションやコピー品が不安ですよね。しかし、新品のアークテリクスのアイテムが格安販売されてるショップがあるのはご存知でしょうか。それはショップというより「アークテリクス本社」になります。

アークテリクスはカナダの北を位置するノースバンクーバーに本社を構えています。黒い縦看板に始祖鳥のロゴが目印です。新作や人気モデル、展示品などを販売していますが、ややアウトレット品が多く販売されているようです。サイズは若干大きめなのものが多いので、男性の人はレディースコーナーも覗いてみるといいかもしれません。

世界唯一のアークテリクスアウトレットショップという事なので、とにかく値段が凄い!セール品は半額以下のものも珍しくなく、新作のアイテムの場合でも直接取引なので通常の値段より安く販売されています。また、アークテリクス本社にはスーツ姿の人はほとんどいなく、カジュアルな格好の人が多いようです。また、スタッフ専用のクライミングウォールなどもありアクティブな社風となっています。

品揃えも豊富でおすすめ!アークテリクスのお店 (東京、大阪、福岡、名古屋)

スクリーンショット 2016-09-01 22.17.56

引用
アークテリクス ici club 神田店 | ARC’TERYX KANDA
http://goo.gl/MhIrhO

日本国内でも人気が高いアークテリクスは各地にマーケットを広げており、東京、大阪、福岡、名古屋といった主要都市に展開しています。

東京では、「アークテリクス ici club 神田店」がオススメ。このショップにはアークテリクス専門アドバイザーが常駐しており、登山の知識も豊富です。またアークテリクス公式ショップという事もあり、新作アイテムの情報などもいち早く紹介しています。定期的にポイント還元セールを行っています。

大阪では「IBS石井スポーツ 大阪本店」です。スポーツ用品最大手の石井スポーツは割引セールなども頻繁に行っており、最大70%オフのセールを行う事で知られています。アークテリクスだけではなく色々なアウトドアブランドを見たいという人におすすめです。

福岡県でアークテリクスのアイテムを手に入れるなら「ミリタリーセレクトショップWIP」。WIPはミリタリーファッションが好きな人の聖地と言われており、ミリタリーブランド・アウトドアブランドを共に多数取り揃えています。期間限定の割引やセールなどおこなっており、お得です。

名古屋には、名古屋駅前にショップを構える「好日山荘 名古屋駅前店」がオススメ。アウトドアファンならご存知の人も多いかも知れませんが「好日山荘」は「品揃え・スタッフ・価格」このどれもが優れており、連日多くの人で賑わっています。また、HPでは全国の登山情報を随時更新しているのも好印象です。

PR:アークテリクスの買取はマウンテンシティへ

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 安いおすすめテント12選|初心者向け入門用、ソロから家族向けも!
  2. 山って買えるの?はじめて山の購入を考えている人が読むまとめ
  3. 由布岳の登山は初心者OK!おすすめのコースやアクセス情報を紹介!
  4. ブッシュクラフトナイフ選び方|キャンプに使えるおすすめ人気ブランド
  5. サコッシュとは?他のカバンとの違いからおすすめ品まで一気にまとめてみた

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。