初心者でも歩きやすい大野山(四王寺山)その魅力に迫る

福岡県民憩いの場として有名な『大野山』。家族連れまたは学校遠足の行楽先として、地元では子どもからお年寄りまでおなじみの山です。そんな県民から親しまれる『大野山』の歴史からおすすめコースなど魅力に迫ります。

四王寺山と親しまれる県民の憩いの山

10_1_20161023
引用:福岡県立四王寺県民の森

大野山(おおのやま)は、福岡県の太宰府市、大野城市、糟屋郡宇美町にまたがる標高410メートルのなだらかな台形の山です。平地から見て台形に見えるのは、山頂部分がすり鉢のような形をしているためで、この独特の形が人々に親近感を与え、古くから地元の人たちに大変愛されてきました。大野山を中心に、岩屋山・水瓶山・大原山の4つの山から構成され、四王寺山脈と呼ばれることもあります。

山頂からは玄界灘や筑紫平野が一望でき、史跡「焼米ヶ原」や「岩屋城跡」も近く、尾根伝いに残る全長約8キロの「大野城跡」の城壁跡づたいに歩く「土塁巡り」や、4つの山の縦走など、目的地となるポイントの組み合わせによって、自由自在に登山距離の調整ができる、登山初心者には理想的な山です。

また山頂中心部にある「福岡県県民の森」は自然林や人工林342ヘクタールの森を管理するほか、「福岡県県民の森センター」や森林について学べる「展示館」、子ども用遊具のある「こどもの国広場」などがあり、家族連れや学校遠足で訪れる際の休憩所も兼ねています。

桜や新緑の季節をはじめ。四季折々の植物や、キビタキやアカウソなどの野鳥が観察でき、特に紅葉の時期にはカエデ、モミジ、ヌルデ、イチョウ、コナラなどが美しく色づきます。

特別史跡「大野城跡」

10_2_20161023
引用:宇美町

地元では圧倒的に四王寺山(しおうじやま)やと呼ばれて親しまれている大野山ですが、またの名を大城山(おおきやま)とも言います。これは古代史に残る「白村江の戦い」で、唐と新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が、敵国からの報復を恐れ、翌年665(天智天皇4)年に「大宰府政庁」の護りとして、その北側に百済式山城を築いたことに由来します。大野山にある大野城跡はこの太宰府一帯にある「大宰府政庁(都府楼)跡」「水城跡」「基肄城跡」と並ぶ、国の特別史跡です。

特別史跡「大野城跡」は福岡県文化財保護課が発掘調査を行っており、山頂部にある土塁や「百間石垣」に代表される石垣群、9ヶ所の城門跡や倉庫群のあった「焼米ヶ原」、など、山のいたるところで当時の様子を垣間見ることができます。日本史の教科書で習った、全国からの防人が配置された軍事施設の一箇所であり、峰伝いに博多湾からの烽(とぶひ)が置かれていたことでも知られる、古代の歴史ロマンあふれる山です。

その風情ある姿は『万葉集』にも詠まれています。

「大野山 霧立ち渡る わが嘆く 息嘯(おきそ)の風に 霧立ち渡る」(巻五 七九九)山上憶良
「いちしろく しぐれの雨は 降らなくに 大城山は いろづきにけり」(巻十 二一九七)

また四王寺(しおうじ)山と呼ばれるようになったのは、774(宝亀5)年、「四天王」を奉納して外的撃退を祈願した四王寺に由来します。
中世になると「岩屋城」が築かれ、1586(天正14)年には島津氏と大友氏が攻防戦を繰り広げた「岩屋城の戦い」で、大友氏の守将、高橋紹運が討死。二の丸のあった場所には石碑が建てられ、ひっそりと当時を偲ぶことができます。

はじめての大野山(四王寺山)登山おすすめコース

10_3_20161023
引用:http://jac.or.jp/oyako/f10/c5020.html

はじめて大野山(四王寺山)に登る場合は、初回は西日本鉄道太宰府駅、または太宰府天満宮大駐車場を起点として、「太宰府」交差点から「連歌屋」方面へ進み、「ルートイングランティア」経由で車道沿いを山頂入口まで上り、「岩屋城跡碑」を訪ねながら同じ道を下山するか、もしくは「焼米ヶ原」から「水瓶山(212メートル)」ルートへ下山して、「三条」または「連歌屋」方面へ降りるコースがおすすめです。

大野山(四王寺山)登山への装備

大野城山(四王寺山)はよく整備され、初心者にも比較的歩きやすい山ですが、一歩山林に迷い込むと、遭難の恐れもあります。以下、登山への装備で必要と思われるものを挙げておきます。

  • ・登山靴またはトレッキングシューズ
    ・レインウェア
    ・防寒着(フリース、セーター、ダウンジャケット、防寒帽子、手袋、ネックウォーマー、サバイバルシートなど)
    ・肌着(速乾性のある化繊の肌着)
    ・日除け帽
    ・飲料水(ミネラルウォーター)1~2リットル
    ・行動食(チョコレート、ナッツ、スポーツフード、キャンディー、マヨネーズ、塩昆布など)
    ・ゴミ袋(ゴミは必ず全部自分で持ち帰ること)
    ・小銭と厳禁(トイレへのチップ用など)
    ・距離やコースタイムが記載されている地図
    ・必要であればストック
    ・タオル
    ・季節により魔法瓶、カイロ
    ・足首保護用スパッツ
    ・ハンカチとティッシュペーパー

いかがでしょうか。福岡市からも近いので、時には街の雑踏を離れて、悠久の時に身を任せながら、大らかな登山のひとときを楽しんでください。休日は家族連れでゆったり登山はいかがでしょうか?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。