実は同じ!?バックパックとリュックの呼び名の違いについて

2016.09.13

クライミングやトレッキング、キャンプなどアウトドアに必需品のバックパックですが、バックパックは別名「リュックサック」と呼ぶ事もありますよね。この二つ言葉の違いはあるのでしょうか?

「バックパック」は英語。「リュックサック」はドイツ語

バックパックを背負いながら世界中を旅する人のことを「バックパッカー」と呼びます。この言葉の語源はバックパックからきています。バックパックは英語で「背負う荷物袋=backpack」という意味です。ではリュックサックとはどのような意味なのでしょうか?リュックサックは英語ではなくドイツ語です。つまり意味は同じなのですが言語が違うだけなのです。

バックパックという言葉が広まった理由は?

mc_bp01_02backpacker

引用:Wikipedia

言語が違うだけで「リュックサック=バックパック」ですが、日本では少し前までバックパックという単語は今よりメジャーな言葉ではありませんでした。しかし、1970年代後半から1980年代にかけてアメリカ文化の一つと言える「バックパッキング」という行為が日本に紹介されると同時に、バックパックと英語で呼ぶことが徐々に一般化していきました。他にも、軽いハイキングなど日帰り分の荷物を入れるために作られた「デイパック」やクライミングなど激しい登山に適した「アタックザック」、「サブザック」など様々なバックパックが誕生してます。

【まとめ】バックパック=大きいリュックという認識は間違い!?

mc_bp01_03matome

引用:アークテリクス

日本でバックパックというと「大型のリュックサック」をイメージする人が多いのですが、それは日本特有のもので、実際は旅行用・登山用・軍事用・タウンユースを総称したものを指します。英語圏では「バックパック」、ヨーロッパ圏では「ルックザック(リュックサック)」と使い分けるようにしましょう。

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 安いおすすめテント12選|初心者向け入門用、ソロから家族向けも!
  2. 山って買えるの?はじめて山の購入を考えている人が読むまとめ
  3. 由布岳の登山は初心者OK!おすすめのコースやアクセス情報を紹介!
  4. ブッシュクラフトナイフ選び方|キャンプに使えるおすすめ人気ブランド
  5. サコッシュとは?他のカバンとの違いからおすすめ品まで一気にまとめてみた

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。