遭難・震災防災備蓄品に!サバイバルグッズおすすめ8選

引用:アマゾン 

いざという時に役立つサバイバルグッズ。遭難した時や緊急時にも心強い味方となってくれます。今回はサバイバルグッズのおすすめをまとめて8個ご紹介します。日本は自然災害の多い国ですから、万が一の備えとして持っておくことも有効ですよ。
 

サバイバルグッズとは?

シバさん(@bbkenz_life)がシェアした投稿

一口にサバイバルグッズと言ってもたくさんの種類があります。登山用品店やホームセンターなどで購入することが可能です。

おすすめのサバイバルグッズ

テツろうさん(@tetsu_ro2)がシェアした投稿

①SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット
SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット
サイズ:約142×213cm
重量:約70g

人間は適切な体温が保てないとわずか3時間しか生きられません。緊急時には、体温を確保することが重要な要素の一つです。こちらのブランケットは、体熱の90%を反射させて体温を維持する特殊な素材「ヒートシート(R)」を採用しており、アウトドアや緊急時に体温を確保してくれます。軽量でコンパクトなだけでなくシンプルな作りで誰でも使える点も高評価ポイントです。鮮やかなオレンジの色合いは、いざという時の目印にもなります。

簡単に広げることが可能で、音も静かです。引き裂き強度が強いので避ける心配もありません。「ヒートシート(R)」を使用した商品には宇宙財団の認証マークの使用が許可されており、信頼度も抜群と言えます。ポケットティッシュほどの大きさで収納できますので、万が一に備えて購入しておくと良いでしょう。

②SAWYER ソーヤー ミニ 携帯用浄水器

SAWYER ソーヤー ミニ 携帯用浄水器
SAWYER ソーヤー ミニ 携帯用浄水器
重量:約55g
全長:13.5cm

水の確保も大事です。人間は食料がなくても1週間は生きられますが、水分がないと3日しか生きることができません。もし遭難をしてしまって沢などを見つけても、飲めるとは限りませんよね。そんな時に役立つのがこの携帯用浄水器です。こちらの商品は、高性能浄水フィルターを採用しており、付属の注射器で洗浄することでフィルター交換せずに約38万リットル使用可能となっています。いざという時のために持っておくと良いでしょう

③UCO ストームプルーフマッチキット

UCO ストームプルーフマッチキット
UCO ストームプルーフマッチキット
ブランド:UCO
色:Yellow (2 Pack)

水に濡れても、風に吹かれていてもつく頼もしいマッチです。普通のマッチではつかないような状況下でも15秒ほど燃え続けます。緊急時の備えとして1セット持っておくと心強いでしょう。値段は高めなので、常用するのは難しいかもしれませんが、非常時には役に立ちます。万が一の備えとして、持っておくことは有効です。ケースも防水なので、持ち運び時に重宝します。

④SOL ポケットサバイバルパック

SOL ポケットサバイバルパック
SOL ポケットサバイバルパック
サイズ : 10×13×1.7cm
重さ : 110g

緊急に際して役に立つアイテムは多岐に渡ります。個々に購入することが大変という方にはこちらのサバイバルパックがおすすめです。ミラー、ホイッスル、ライター、コンパスなど、いざという時に必要なアイテムが一式揃っています。もちろん、アウトドアの時にも重宝するアイテムです。

こちらの商品は確実に生き延びられることをコンセプトに作られています。サバイバルグッズとはどのようなものを指すのか学びたい人にも有益な情報を提供してくれるアイテムです。ポケットに収まるサイズの防水ビニールケースに入っているので、持ち運びも楽にできます。

⑤サバイバルブレスレット 多機能ブレスレット

サバイバルブレスレット 多機能ブレスレット
サバイバルブレスレット 多機能ブレスレット
色:ブラック
素材:ナイロン

ロープがあるといざという時に便利です。こちらのブレスレットは、緊急時にほどくことでロープとして活用することができます。デザイン性も高く、普段のアウトドアの実用品かつオシャレアイテムとして利用できる点も魅力的です。持っておいて損のないアイテムと言えます。

お値段がリーズナブルな点も高評価ポイントです。サバイバルグッズを持っていない方は、このブレスレットから手にとってみてはいかがでしょうか。キャンプやハイキングの際にも役に立ちます。

⑥VICTORINOXスイスチャンプ サバイバルグッズ

VICTORINOX(ビクトリノックス) スイスチャンプ サバイバルグッズ
VICTORINOX(ビクトリノックス) スイスチャンプ サバイバルグッズ
サイズ:ハンドル長さ/91mm、収納サイズ/縦91×横26×厚さ33mm
重量:約188g

サバイバルに役立つ多機能ナイフです。ポケットマルチツールブランドとして世界的に有名なビクトリノックスのアイテムだけに安心して使うことができます。デザインもユニークであり、サバイバルやアウトドアだけでなく日常のちょっとした用事にも重宝する便利なアイテムです。

1つでたくさんの機能を使うことができるので、道具を複数持つ手間が省けます。最初は「こんなに多くの機能は要らない」と思っていた方も、実際に使ってみると使い勝手の良さにファンになることが多いです。他にもっと安い多機能ナイフはありますが、耐久性や使いやすさを考えると、こちらの商品を持っておくことがおすすめと言えます。一度購入し、手入れを行っていれば長く使えるアイテムです。

⑦ATEPA エマージェンシーテント 簡易テント

ATEPA エマージェンシーテント 簡易テント
ATEPA エマージェンシーテント 簡易テント
重さ:0.7kg
サイズ:210×92×92cm 一人用

防水、防風性が良い便利なテントです。緊急時はもとよりアウトドアなどにも使えます。視認性が高い鮮やかな色合いは、もしもの時にも発見されやすく優秀な防災品です。特殊な遮熱膜材質によって、体の90%熱量を反射してくれます。

テントなので重いと思う方がいるかもしれませんが、こちらの商品は、わずか700gと軽量なので持ち運びしやすい仕上がりとなっています。非常時だけでなく、マットといて役立てたり、風防カバーに使えるなど用途は多いです。

⑧井村屋 えいようかん 5本

井村屋 えいようかん 5本
井村屋 えいようかん 5本
内容量:60g×5本
カロリー:1本あたり/171kcal

サバイバルグッズとして使える食料として井村屋の「えいようかん」はおすすめと言えます。長期保存できる上に、手軽にカロリー補給が可能です。食品衛生法で対象とされるアレルギー物質を含んでいないので、基本的に誰でも食べられる点もポイントが高いでしょう。持っておいて損のないアイテムです。

ワンハンドで食べやすい商品であるので、移動中などにも気軽に食べることができます。シリーズ物として「チョコえいようかん」もありますので、自分の好みに応じて味を選ぶと楽しいでしょう。

次ページからは、便利なセット品のご紹介です。

1 2

おまけ:買い換えるときのこと

ほしい商品は見つかりましたか?

新しいものに買い換えたとき、今まで使っていたギアはどうしていますか?

「まだ使える…いつか使うかも…」と保管していたけれど、結局使わないままに経年劣化でボロボロになって、捨てるしかなくなる…なんてことは、残念なあるあるパターン。
かといって、まだ使えるものを捨てるのももったいないですよね。

そんなとき、いまどきの登山家・キャンパーは、アウトドア用品の買取専門店に売っています。
こういうお店も上手に利用して、エコ&おトクにアウトドアを楽しんでくださいね!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。