キャンプ女子Kajoが行く!”泊まれる公園”INN THE PARK /パンプトラック体験〜vol.3〜

 

こんにちは、Kajoです。

本日は静岡県沼津市にある「INN THE PARK」にお邪魔しています。
地元で愛されてきた「少年自然の家」を現代的にリノベーションし、2017年10月にオープンした複合宿泊施設ということで、どんな風に生まれ変わったのか楽しみ!
ワクワク!
また、期間限定でモジュールパンプトラックも設置されており、こちらも体験してきました。

 

首都圏から90分、気軽に楽しむ非日常をお届け

 

INN THE PARKは首都圏から東名高速道路を利用して約90分、沼津インターからは約10分。「泊まれる公園」がコンセプトの、宿泊・飲食・自然体験アクティビティを組み合わせた宿泊施設です。
敷地面積は600,000㎡、代々木公園とほぼ同じくらいの広さというので驚き!
富士山の南に広がる愛鷹山麓の丘陵に位置するため、周囲は森に囲まれ、自然を肌で感じることのできる環境にあります。視線の先には駿河湾も。

 

森の中に浮かぶ球体、個性豊かな宿泊施設を見学!

 

さて。気になる宿泊施設ですが、現在3種類に分かれており、すべて1棟貸切となっています。

 

① 宿泊棟(定員8名、54000円/棟)×4棟

 


② ドームテント(定員2名、17280円/棟)×3棟

 


③ 吊テント(定員2名、21600円/棟)×1棟

食事は別料金で、朝・夕食付き一人あたり5400円となっています。

 

 

一番人気は③の吊テント!
森の中に突如浮かぶ球体型の吊テントは、海外のタイニーハウスやスモールハウスを彷彿とさせるビジュアル。
テント屋さんと共同で制作したというオリジナルテントです。
中に入ると、五角形の天窓から差し込む光が室内を照らし、窓の外に広がる森の気配に一瞬で非日常の空間に連れ込まれます。3ヶ月前から事前予約が可能ですが、この吊テントは一番人気ということもあり、すでに5月までの週末の予約は埋まっているそうです。

 

え、絶対泊まりたい。


オープン日は未定ですが、3月中にサロンをカフェとしても開放予定だそう。

現在、ペットと泊まれる宿泊施設も建設中で、敷地内のあちらこちらに、これから始まる、ワクワクする仕掛けの芽がいっぱい。

 

施設内を散策、自然の中で身も心ものびのび

 

宿泊棟の目の前、木立を抜けると芝生公園があります。
子供達が遊べるアスレチックがあり、奥行きのある芝生のスペースでは人も犬も、のびのび。
緩やかな傾斜に腰を下ろして、一息。

 

一瞬で力抜けた

空を見上げたら広がる青空に気付けば脱力、手も足も投げ出して大の字で寝転ぶ晴れた日の午後 is 最高
今後、この芝生広場のスペースを利用してのイベントも企画中とのこと。
皆さんにも味わって欲しいこの芝生、いとをかし。

 

せせらぎのみちのマイナスイオン

こちらは、5月下旬〜7月中旬までゲンジボタルが乱舞するというせせらぎの道。
青々とした緑、澄んだ水辺、ホタルが放つα波(この世で一番優しい光)の灯。
・・・テント、張りたくなっちゃいますね。

キャンプファイヤーができるスペースがそのまま生きていたり(マイムマイム、踊った!)

 

どこか懐かしさを感じさせる大浴場

 

お風呂は広々とした大浴場!脱衣所のロッカースペースやステンレスの浴槽などに、林間学校時代の面影が。アメニティはシャンプー・リンス・ボディソープが備えつけられています。

 

INN THE PARKでのオススメの過ごし方は、自由にのんびり、ゆったりと気を抜いて!

 

続いて、期間限定でINN THE PARKに設置中の、モジュールパンプトラックに挑戦

1 2

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。