あなたの登山はインソールで変わる|インソール交換が必要なワケ

引用:アマゾン
インソールって、購入した事ありますか?
インソールなんて買ったことが無いよ、という方。実は、登山靴を購入すると、最初から中敷きが敷かれていますが、それがインソール(中敷き)です。つまり、登山靴を購入すると、純正のインソールを購入しているようなものなのです。そのインソールは、交換可能で、最適なインソールすることで、格段に歩行が変わってきます。今回は、おすすめのインソールをご紹介していきます。

インソールの役割は?

インソールの役割は、靴の中で足を安定させる為というのが、一番の役割です。安定性が悪くなれば、足腰が披露するのは当然です。また、市販のインソールには、付加機能が付いているものがほとんどです。衝撃吸収、姿勢矯正は代表的な付加機能です。

衝撃吸収

ひざや腰などへの衝撃を和らげることで足腰の疲労を軽減する。また、関節に不安がある場合のクッションとしての役割です。

姿勢矯正

かかとの安定と、土踏まずを支えて足のアーチ構造をサポートすることで、歩行時の姿勢を矯正し、長時間歩行の疲労を軽減する目的です。

そもそもインソールは交換すべきなのか?

Superfeetさん(@superfeet)がシェアした投稿


登山靴には、純正のインソールが敷かれています。これは、インソールが無いと靴としては成り立たないからです。自動車購入時に、純正のタイヤを履いているようなものです。純正のタイヤが好みではない場合や、交換時期には、より目的に沿ったタイヤに交換しますが、インソールも同じことです。自分の足や、歩行形態に合ったインソールに交換することは当然だと思いませんか?
登山で一番大事な「歩く」という基本を支えるインソール。しかし、重要性を一番感じていないパーツの筆頭ではないでしょうか?

純正のインソールではダメ?


ほとんどの方は、登山靴購入時のインソールをそのまま履き続けているのではないでしょうか?登山靴に敷かれている純正のインソールを出してみてみればわかりますが、薄くてペラペラでは無いですか?

純正インソールはすぐダメになる!?

残念ながら、ほとんどの登山靴のインソールは、性能が低いものであると言わざるを得ません。それでも、最初のうちは、なんとかなりますが、使用頻度によっては、2~3か月でインソールの性能は出ていないと考えていいでしょう。「最近、山歩きで足が疲れるようになったな」と思ったら、足腰が弱っているのではなく、インソールが悪くなっているのかもしれません。

次項からは、おすすめのインソールをご紹介していきましょう。

スーパーフィート トリムフィット~歩行の安定を求める方へ

Superfeetさん(@superfeet)がシェアした投稿


登山用品店でよく見かける、スーパーフィート トリムフィットです。スーパーフィートトリムフィットは固めの材料で足のアーチ構造をサポートし歩行の姿勢を矯正し、安定化することで、足腰へのストレスを軽減しています。
スーパーフィート トリムフィットは、色によって、サポートレベルを分けていますが、登山靴におすすすめの2色をご紹介します。

グリーン

SUPERFEET TRIMFIT GREEN スーパーフィート トリムフィット グリーン
SUPERFEET TRIMFIT GREEN スーパーフィート トリムフィット グリーン
素材 ホロファイバー(R)
サイズ(cm):17.0-19.0 19.0-21.0 21.0-23.0 23.0-25.0 25.0-27.0 26.0-28.0 27.0-30.0 29.0-32.0 31.0-34.0

深いヒールカップが特徴で、最もサポート力と衝撃吸収性能に優れたモデルです。土踏まず部分が高く作られている特殊な形状のため、なじめない人もいます。

【購入者のレビュー】

”足首等の痛みがなくなり,姿勢も良くなりました。”
”腰痛が楽になったように感じられる”
”ステップが安定したため、足の疲労も少ないようです。”
出典:アマゾン

ブルー

SUPERFEET TRIMFIT BLUE スーパーフィート トリムフィット ブルー
SUPERFEET TRIMFIT BLUE スーパーフィート トリムフィット ブルー
素材 ホロファイバー(R)
サイズ(cm):17.0-19.0 19.0-21.0 21.0-23.0 23.0-25.0 25.0-27.0 26.0-28.0 27.0-30.0 29.0-32.0 31.0-34.0

中程度の形状のヒールカップで、足をサポートします。アーチ部分は、グリーンよりも低く作られているため、グリーンでは足に違和感がある場合に選択します。
ちなみに筆者は、登山用品店で試着して、グリーンでは土踏まずが痛かったので、ブルーを選びました。結果、ひざの疲れと痛みが少なくなりました。

【購入者のレビュー】

”最初は、硬いと思いましたが、すぐに慣れました。疲れにくいです。”
”足への負担が少なくて歩きやすい。”
”右脚だけにかかっていた負担が左右均等になりました。”
出典:アマゾン

シダス~かかとや膝の痛みを軽減

Sidasさん(@sidassportfrance)がシェアした投稿


ここ最近、大注目のインソールです。独自の立体形状加工により、足全体にフィットして、アーチ構造をサポートします。

OUTDOOR 3D

【SIDAS】シダス インソール アウトドアモデル OUTDOOR 3D ベージュ
【SIDAS】シダス インソール アウトドアモデル OUTDOOR 3D ベージュ
サイズ : XS:22.0〜23.0cm、S:23.5〜24.5cm、M:25.0〜26.5cm、L:27.0〜28.0cm、XL:28.5〜29.5cm
素材 : オーソライトエコ、コンプレックスEVAフォーム、
ナイロンアーチフレックスシェル、マイクロファイバートップ
つま先の厚さ : 4.0mm

かかとに衝撃吸収ジェルを使用しているため、かかとの保護と、足腰全体への衝撃を和らげます。特に衝撃吸収を意識しているインソールです。スーパーフィート トリムフィットよりも、従来のインソールに近い製品です。

【購入者のレビュー】
”足裏にフィットして歩きやすく、疲れも軽減されました”
”靴の中で、足が気持ち良くフィットします”
”かかとの痛みを解消したくて購入しました。痛みが和らぎました”

RUN 3D

【SIDAS】シダス インソール ランニング用 ラン 3D
【SIDAS】シダス インソール ランニング用 ラン 3D
サイズ : XS:22.0〜23.0cm、S:23.5〜24.5cm、M:25.0〜26.5cm、L:27.0〜28.0cm、XL:28.5〜29.5cm
素材 : オーソライトX40、コンプレックスEVAフォーム、ナイロンアーチフレックスシェル
つま先の厚さ : 4.0mm

トレイルランニングなど、ランニングに特化したインソールです。OUTDOOR 3Dに比べ、40%以上クッション性を高め、地面からの衝撃を和らげます。クッション性だけはでは無く、しっかりと足を支える事から評価が高いインソールです。
OUTDOOR 3Dよりもクッション性が欲しい登山者にも有効です。

【購入者のレビュー】

”このインソールは剛性感があるため、コシがあって疲れない”
”クッション性は素晴らしい。足にフィットし、しかも長持ち。”
”クッション感,階段下山時の衝撃緩和に効果あります。”
出典:アマゾン

インソール選びの注意点

できれば試着してみる

インソールの中には、試着できるものがあります。その場合は、実際に使っている登山靴を持って行き、試着してみることをおすすめします。インソールと登山靴の関係は密接で、場合によっては、改悪になる可能性もありますので、しっかと選びましょう。

インソールはカットが必要


インソールは、自分の登山靴に合わせてカットする必要があります。登山用品店によっては、購入後、登山靴に合わせカットしてくれるところもあるので、購入時に問い合わせてみればいいでしょう。

インソールは縁の下の力持ち

重要度が高いのに、なかなか必要性を感じないインソール交換。意外と大事であることは、わかって頂けたでしょうか?まさに、インソールは縁の下の力持ちと言えるでしょう。
安いものでは無いので、簡単に交換とはいきませんが、もし、登山時に、足が疲れる、長時間歩けない、などの悩みが有れば、インソールを交換してみてはいかがですか?

こちらの記事もいかがですか?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。