登山にぴったりのおやつはこれ!おいしくて身体も喜ぶおすすめおやつ

引用:Youtube by DELISH KITCHEN
登山に持って行くおやつは、普段の「3時のおやつ」とはちょっと違います。おいしさだけではなく、登山で消耗した体力を回復したり、疲れをいやしたりする働きがあるおやつを選ぶことが大切なのです。そして、軽くて食べやすいことも条件!重かったり、食べるときに手間がかかったりするおやつは登山には向きません。そこで、登山にぴったりのおやつをご紹介します。お好みのものを持って行ってくださいね。

登山に持っていくおやつの条件とは?


引用:Instagram by mt_cafe.71
エネルギーをたくさん消費する登山は、お腹も空きやすく疲労も溜まります。そこで、元気をチャージするためのおやつを持っていくことが大切なのです。登山のおやつは別名「行動食」とも呼ばれています。疲労回復・栄養補給・小腹を満たし、歩く意欲をチャージする……などの目的のために携帯するのです。また、万が一遭難したときの非常食にもなります。登山に持っていくおやつの条件としては、以下のことが挙げられるでしょう。

手軽に食べることができるもの

切り分ける必要がなく、取り皿やフォーク&スプーンなどがなくても食べられるものを選びましょう。

かさばらない、重くないもの

かさばったり重かったりするおやつは、リュックが重くなりますし、リュックの中で邪魔になってしまいます。

保存が効くもの

万が一の時に備える非常食にもしたいので、賞味期限が短いものはNGです。

カロリーや栄養を補給できるもの

登山はエネルギーを消費します。補給しないと歩き続けることが困難になるので、カロリーや栄養素が高いものにしましょう。

ゴミがあまり出ないもの

登山では極力ゴミの排出を控えるのがマナーです。過剰な包装のおやつは避けてください。

糖分の補給にピッタリな登山のおやつ

33_2_20170807引用:visualhunt
三大栄養素である「糖質」はエネルギー源になります。けれども、糖質は体内の蓄えが少ないので、補給しないとすぐに枯渇するのです。エネルギー源が不足することで疲労も増すので、手早く糖質を補給できる「チョコレート」は登山のおやつにピッタリでしょう。登山経験者に聞いた、とあるアンケートでも、「登山に持って行ってよかったおやつ」の第1位にチョコレートが入りました。「甘さに疲れが癒された」「空腹がチョコレートの甘さで満たされた」という理由が多いようです。

ただし、夏場は溶けやすいので、市販の「溶けにくいチョコレート」や「凍らせると美味しいチョコレート」を選ぶほうが良いでしょう。レーズンやナッツ入りのチョコレートも栄養価が高いので、登山のおやつに最適です。

疲労回復のための酸っぱい登山のおやつ

33_3_20170807引用:pixabay.com
疲れたなと感じたとき、酸っぱいものを食べたり飲んだりすると疲れが取れますよね。登山のときに疲労を感じたら、酸味のあるおやつを食べるのがおすすめです。乾燥梅干やカリカリ梅は、クエン酸効果で疲労を回復でき、塩分も補給できます。また、レモン果汁が配合してある甘酸っぱいフルーツのグミもおすすめです。
さらに、「レモンのはちみつ漬け」を冷凍して持っていくのもいいでしょう。

「レモンのはちみつ漬け」レシピ

1.レモン(国産の無農薬のもの)をよく洗い、薄くスライスします。
2.煮沸した瓶にレモンを入れ、はちみつをヒタヒタになるまで注ぎます。
3.ふたを閉め、冷蔵庫で1〜2日漬けましょう。
4.ラップを長めに切り、右端にレモンを1枚置いたら左側にくるっと巻きます。次に、その上にまたレモンを1枚乗せて左側に巻きます。
5.4を繰り返して10枚ほど巻いたらそのまま冷凍します。

凍ったレモンは、ファスナー付きのビニール袋に入れて持って行きましょう。

糖分と酸味を両方摂取できる登山のおやつ

33_4_20170807引用:pixabay.com
酸味やさわやかな香りでリフレッシュできるとともに、糖分も補給できるのがドライフルーツです。加工度が低いので栄養価も高く、ミス・ユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントが「おすすめのおやつ」として紹介したことから、女性の間で一躍ブームになりました。もちろん、男性にもおすすめです。

ドライフルーツには、マンゴ・パイナップル・バナナチップス・いちじく・りんご・レーズンなど種類があるので、お好みのものが選べます。チャック付きのビニール袋に少しずつ、いろいろ詰めて持っていくのもいいでしょう。また、ナッツも手軽に食べることができます。特に栄養価が高い、くるみ・ピスタチオ・アーモンドなどがおすすめです。ドライフルーツと同様に、チャック付きのビニール袋にいろいろ混ぜて持って行くと、飽きずに食べ続けることができます。

甘いものが苦手な人におすすめの登山のおやつ


引用:Instagram by j_mart_vb
甘いものは苦手という人におすすめの、登山のおやつは以下のようなものがあります。

■ 魚肉ソーセージ
■ チーカマ
■ スティック状のチーズ

適度な塩分とタンパク質を補給することができます。

また、登山のおやつの定番として長年人気があるのが「おにぎり」です。おにぎりは、コンビニでも購入できますが、やはり山で食べるなら自分で作ったおにぎりのほうが、格段においしく感じます。

炭水化物は即効性のあるエネルギー源です。中身は梅干しの種を取って果肉をたたいたもの・焼きたらこ(傷みやすいので完全に火を通しましょう)・おかか・塩鮭などがおすすめです。握るときには天然塩か粗塩を多めに手に付けて握りましょう。

持って行くときには、完全におにぎりの熱を冷ましてからラップやアルミホイルに包んでください。夏場は少し重くなりますが、保冷剤といっしょに保冷バッグに入れたり、凍らせたペットボトルのお茶などと一緒に包んだりするのもおすすめです。

登山には必ずおやつを持って行くのを忘れずに!

登山は体力を消耗するので、突然お腹が空いて歩けなくなることもあります。そんなときのために、手軽にエネルギーと栄養を補給できるおやつは必ず持って行きましょう。ご紹介したおやつを数種類持って行くのがおすすめです。また、スポーツマンにも評判の「スポーツようかん」などもあるので、お好みで取り入れてください!

井村屋 スポーツようかんプラス40g(5本入)
井村屋 スポーツようかんプラス40g(5本入)
商品サイズ(高さx奥行x幅):75mmx128mmx30mm
重量:222g

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。