ハードシェルの選び方とおすすめ|雪山登山に使えるウェアはどれ?

広告
2017.07.04

引用:Visual Hunt

雪山登山に使うアウターはハードシェルです。初心者の方は、アウター、ミッドウェア、アンダーウェアの3層構造までしかよくわからないということがあるかもしれませんが、アウターの中にも種類があります。今回は、雪山登山に適したハードシェルの選び方をまとめてみました。登山の経験が積み重なり、雪山を視野に入れているという方は、必見です。

 

アウターの種類を考えて選んでいますか?

33_1_201706

引用:Visual Hunt

登山のウェアは3層構造であり、初心者を脱却した方なら、アンダーウェアやミッドウェアをきちんと揃えていることでしょう。その上に着るアウターは自分の身を守ってくれる重要なものです。アウターの種類を理解して、適切なものを選択しましょう。

アウターには大きく分けて3種類あります。

①ハードシェル

 

防水透湿性に優れたゴアテックスなどの素材を活用した、防水防風アウターのことです。シェルとは、貝殻を意味する名詞ですが、登山業界においてはアウターの意味合いで使われることがあります。ハードシェルはアウターの中でも、完全防水で風雪に耐えられるという特徴があります。

パタゴニアの「M’s Torrentshell Jkt」は、2.5層構造であり防水透湿性を備えています。

(パタゴニア)patagonia M
(パタゴニア)patagonia M's Torrentshell Jkt
重 量:343g
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

②ソフトシェル

 

ソフトシェルは、完全防水ではありません。ハードシャルに比べるとしなやかな素材が活用されており、運動性能に優れています。身体の動きに合わせて柔軟に動いてくれるので、着心地の良さがあることも特徴です。

有名なソフトシェルとしては、マウンテンハードのシンクロジャケットがあげられます。縫い目を保護するシームシーリングがあり、高い防風性を誇っています。柔らかな着心地は、一度着ると手放しづらい魅力があると言えるでしょう。

マウンテンハードウェア シンクロジャケット
マウンテンハードウェア シンクロジャケット
素材:ポリエステル100%
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

③レインウェア

 

主に雨天時に着用するウェアです。雨から身を守ることを目的に作られています。

 

雪山登山に使うハードシェルの選び方

33_2_201706

引用:Visual Hunt

山の中でも最も過酷な環境である雪山登山にはハードシェルを使います。ハードシェルは雨だけでなく、風雪に耐えられる工夫がされています。また、ザラザラした作りになっているものが多く、万が一滑り落ちた時にも引っかかりやすいように考えられて作られているのです。雪山登山には欠かせないアイテムと言えるでしょう。

選ぶ方法として、まず素材に注目しましょう。定番のゴアテックスは特にオススメと言えます。現在は研究が進みゴアテックスに代わる撥水性などに優れた素材を提供しているアウトドアブランドも多いですが、ゴアテックスに敵うものはまだ誕生していません。雪山において、信頼できる素材のハードシェルを選ぶことは命を守ることに繋がります。安くはありませんが、値段に見合った安心感を提供してくれるゴアテックスは、やはりとても優秀な素材と言えるでしょう。

次に試着してみて細かい性能を確かめることが重要です。雪山登山に挑戦する時は重ね着をしています。試着時も、実際に着る時のことを想定してゆとりがあることを確かめるようにしましょう。できるだけ雪山のシーンに近づけるように工夫して確認するとより細かく見ることができます。ハードな環境でもジッパーの開閉ができそうか、スノースカートやベンチレーションはどうかなど、気になるところをチェックして選ぶことがポイントです。店員さんなどの意見を聞きながら選ぶとわかりやすいでしょう。

 

ハードシェルのオススメ3選

ni-yamaさん(@niym_uw)がシェアした投稿


引用:Instagram by niym_uw
オススメできるハードシェルを3つご紹介します。

①MAMMUT:GORE-TEX GLACIER Jacket

 

ヨーロッパで圧倒的なシェアを誇るMAMMUTのハードシェルです。GORE-TEX 40D Stretch 3layerを採用しています。耐久性と機能性に優れたアイテムです。

MAMMUT ジャケット GORE-TEX GLACIER
MAMMUT ジャケット GORE-TEX GLACIER
メイン素材: ナイロン
重量:約670g (EU-Mサイズ)
サイズレンジ:XS,S,M,L,XL
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

②mont-bell:ストリーム ジャケット

 

有名な日本のアウトドアブランドであるmont-bellのハードシェル。ゴアテックスの中でも最高性能を誇るゴアテックス®プロを組み合わせておりハードな環境でも高いパフォーマンス力を発揮します。

mont-bell ストリーム ジャケット Men
mont-bell ストリーム ジャケット Men's
メイン素材: ポリエステル
サイズレンジ:S、M、L、XL
対象 メンズ
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

③ARCTERYX: アルファSVジャケット

 

技術力に定評があるARCTERYXのアイテムであり、過酷な環境下でも身を守ってくれます。高額ですが、その分の価値は十分に有していると言えるでしょう。

ARCTERYX(アークテリクス) アルファSVジャケット男性用
ARCTERYX(アークテリクス) アルファSVジャケット男性用
カラー:オデュッセウス、ブラック
サイズ:S、M
重量:490g(Mサイズ)
いらないアウトドア用品を売るならマウンテンシティ!

 

ソフトシェルの上にハードシェルを重ねる

33_4_201706

引用:Visual Hunt

実際に使う時は、ソフトシェルの上にハードシェルを着る方法もオススメと言えます。動きやすいソフトシェルを中に着ることで、より高い保温性を実現し、かつハードシェルの効果も得ることが可能です。ウェアの着方を工夫して、相乗効果を生み出す方法と言えるでしょう。

ウェアも日々進化していますので、持っているウェアが古くなり、雪山登山には不安という方は思い切って新しいアイテムを見てみることも推奨できます。たいてい高性能になっていますので、より快適な登山に近づける確率が高まります。もちろん安全性も向上する可能性が高いです。

 

適切なウェアを選んで雪山登山に挑戦してみよう!

適切なウェア選びは雪山登山への第一歩と言えます。自分に合ったハードシェルを選んで、身を守りましょう。雪山登山には他にはない魅力があります。山のまた別の一面を楽しむことができるようになりますので、挑戦してみる価値はあります。

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。